<無料型紙つき>手作りマスク✳︎ベビー・キッズ・大人用も家族全員分ハンドメイド!

<無料型紙つき>手作りマスク✳︎ベビー・キッズ・大人用も家族全員分ハンドメイド!

インフルエンザや新型コロナウイルスなど、冬になり乾燥すると何かしら世間を騒がせるウイルス風邪。

マスク着用の機会も増えますが、下記のような問題も。。

 

・マスクが薬局で全部売り切れてしまった。

・子どもが市販の使い捨てマスクを嫌がってしまう。

・小学校の給食当番等で毎日マスク着用する。使い捨てタイプだと、何枚買っても足りない。

・肌が弱く、紙マスクだと肌が痒くなってしまう。

 

そんな方には、手作りマスクをハンドメイドしてみてはいかがですか?

布のマスクなら洗濯して何度も使用できますし、肌に優しい素材を選ぶこともできます。

今回は、顔のカーブに綺麗にフィットする立体マスクの作り方をご紹介します。

 

立体マスクの作り方

私たちが子どもの頃は、マスクと言えば、ガーゼ布の平たいものしかありませんでしたが、今は立体マスクの時代。

鼻と口の間に空間が生まれるのでつけ心地も楽チンに。

今回は上の画像のようなマスクを作っていくのですが、1つだけ最初に注意点を。

手作りマスクは繰り返し何度も洗濯して清潔に使用することができるのがいいところなのですが、市販の高機能マスクのように、ウイルス除去、花粉の除去99%とは言い切れません。

市販のマスクのように、科学的にフィルター効果を検証していないため、絶対にウイルスを通さないなどとは言えないので、もしウイルスからの飛沫感染を完璧に防ぎたい方は、マスクフィルター等を組み合わせて使うことをオススメします。

では、マスクの作り方を説明していきます。

 

生地の選び方

まずはマスクに最適な生地選び。今回は2種類の布をご紹介します。

ダブルガーゼ

マスクに適した生地の代表格といえば、ガーゼ生地。

綿100%の平織りの薄い布が2枚重なった布です。

 

柔らかく通気性・吸水性がよく、洗濯で乾きやすいのもいいところ。

肌に優しいので赤ちゃんの衣服や小物によく使われます。

 

さらっとしていて薄く肌触りが良い反面、引っ張りに弱い、引っかかりやすい、破れやすい、洗濯で縮みやすいなどの特徴もあります。

ガーゼ生地のみで作る時はあらかじめ生地を水通し(水につけて干して、アイロンかける作業)してから作ることをオススメします。

 

最近では、ベビー用品のハンドメイド需要に応えて、様々な柄のダブルガーゼが発売されています。

 

そして、今は100均などでも30cm角くらいのダブルガーゼ生地が手に入ります。マスク作りにはちょうどいい大きさなので、生地屋さんで生地を選ぶのは億劫という人にはオススメ。

 

そして、私の行きつけの生地屋さんのネットショップ「TOMATO」もご紹介↓↓

日暮里「TOMATO」ネットショップ ダブルガーゼ生地一覧

ダブルガーゼってこんなにいろんな柄があるのです。子どもが好きそうな可愛い柄物やまるでデニム?と錯覚する柄も。

どうぞお子さんが好きな柄を選んであげてくださいね。

 

綿ニットスムース

ガーゼの他に私が個人的にオススメしたいのが、綿ニットスムース。

伸縮性に優れたニット生地でもっちりと柔らかい肌触り。

 

綿100%でスリスリしたくなる気持ちいいなめらかな生地なので、赤ちゃんのロンパースや子供服などによく使われます。

上質なTシャツ・カットソーの生地って感じです。(伝わるだろうか?)

 

伸縮性の良い生地は、勢いよくミシンを走らせると、下糸が絡まったりしがち。ガーゼ生地のみで作った方が難易度は下がりますのでご了承の上、お選びください。

 

スムース生地はガーゼと比べると目が細かく、通気性には劣りますが、気持ち良さと保温性に優れているので、冬の寒い北風から顔を守れるのがありがたい。

筆者個人的にはガーゼより肌触りが好きです♡

 

そして、柄のバリエーションも豊富。

日暮里「TOMATO」ネットショップ スムースニット生地一覧

綿100%のものを選んでくださいね。

 

 

マスクに必要な生地の大きさは、大人用普通サイズでも30×30cm角でぴったりくらいです。余裕を持って40×40cmくらいで買っておいてもいいかもしれません。

(特にダブルガーゼは縮むので、少し大きめに買っておくのがオススメ!)

 

今回のマスクは、表は綿ニットスムース、裏の部分はガーゼ生地で作っていこうと思います。

(もちろん、裏も表もガーゼ生地だけ、綿スムースニットだけで作っても大丈夫です。好みの問題なので。)

 

その他の材料

マスク用のソフトゴム

マスク用のソフトゴムですが、細いタイプと幅広タイプなど、手芸店にはいろんな種類があります。そして、セリアやダイソーなどでも通常は売っています。

しかし、マスクが品切れ状態の今、筆者も近くのセリアに行ってみたのですが、なんとゴムも品切れ状態。昨今、需要が高まっているようです。

ということで、何かマスクゴムの代わりにできそうなものはないか?と探していたところ、いいものを見つけました。

 

ニッティングヤーン

ちょっと前から編み物業界で大人気の「スパゲッティニット」ってやつですね。Tシャツやカットソーの端材を糸状にした紐で毛糸のように玉で売ってます。

伸縮性もあるし、肌当たりも優しいし、百均で買えるし、売り切れてないし、色かわいいし、マスクゴムの代わりに最適かな。と思い、今回はこちらを使うことに。

 

型紙のダウンロード

さて、材料が揃ったら、下記のボタンから、型紙をダウンロードしてください。

ベビーサイズ(0~2歳)・キッズサイズ(幼児〜小学校低学年)・大人用小さめサイズ(小学校高学年〜大人)・大人用普通サイズの全4サイズの型紙がプリントアウトできます。

顔の大きさに合わせてお選びください。

 

立体マスクの作り方

①型紙を当てて、布を裁断します。その時、表布を左右対称に2枚、裏布左右対称に2枚の計4枚切ります。

このように計4枚切れたらOK!!

 

 

②マスクの中央部分を縫っていきます。下の画像の青線部分を重ねて(※布の表と表を合わせて)縫います。

 

裏布も同じように重ねて縫います。

開くとこんな感じ。マスクの形になってきました♪

 

 

③表布と裏布を重ねてまち針で留めます。下の図のように、ぬいしろが見えるように重ねてください。そしてぬいしろは開いて留めてください。

 

 

④重ねた布を下図の縫い線で縫い合わせる。

↑↑ 縫い終わったものがこちら。

 

 

⑤縫い線が切れているところ(下図のココのところ)からひっくり返します。

↑↑ひっくり返すとこんな感じです。

ちなみにココのところは縫い合わせず開いた状態で大丈夫です。この後の工程で上から縫ってしまうので、ご安心ください!

 

 

⑥ゴムを通す部分を作っていきます。マスクの裏布を上にして置き、端を1.5cmくらい(通すゴムの太さに合わせて調節。)折って、まち針で留めます。

 

 

⑦下の画像の点線部分を縫います。

縫い終わったものがこちら!あとはゴムを通すだけ!もう少し!!

 

 

⑧ゴムを通します。

ゴムの長さの目安は、大人で32cmくらい、子供で26cmくらいですが、あくまで目安なので、サイズは調節してくださいね。

こんな感じで2本通します。私はゴムはちょっと長めに切ってます。

 

 

⑨このマスクを使う人につけてもらい、ゴムの長さを調整します。

長さを決めたら結び、

結び目を回して布の中に隠したら完成♪

 

手作りマスク、実際に着用してみると。。

つけた感じはこんな感じです。ちゃんと立体的にフィットしてますね。

 

ベビー用も大人用も作り方は同じです。

 

ちなみに大人用の出来上がりはこんな感じ↓↓

保育園の送り迎えで、自転車通園の時にこのマスク、大活躍してます♪

冬の北風が顔に当たってもマスクのおかげで温かい♡

 

そしてベビー用なのですが、基本的に赤ちゃんはマスクをつけようとしても嫌がってつけてくれない可能性が高いです。。

我が息子(1歳半)につけて、出来上がったマスクの着用写真を取ろうとしたのですが、全力拒否して、床に投げつける始末 笑

仕方なく、一応寝ている間に、そ〜っとサイズ確認はしました。

ぴったりでしたよ 笑

 

素直にマスクをつけてくれる年齢って3歳〜4歳くらいからですかねぇ?

もちろんその子にもよりますが、好きな柄の布にすればつけてもらえる可能性が高くなると思います。

 

赤ちゃんの場合は、結構頑張ってハンドメイドしても、つけてもらえない可能性が高い。ということは覚悟して作ってくださいね。

 

ではでは、肌触りが気持ちよくて、洗濯で何回も使える手作りマスク。是非是非手作りしてみてくださいね!!

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Writer’s Profile この記事を書いた人

TOMの記事一覧