人気のバンボ!いつからいつまで使えるの?使い方やお手入れ方法、付属品を紹介

人気のバンボ!いつからいつまで使えるの?使い方やお手入れ方法、付属品を紹介

カラフルな見た目がとってもかわいい、赤ちゃん椅子の定番「バンボ」。友達の家にあったり、レストランに置いてあったりして気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バンボの基本情報やラインナップ、付属品について詳しくお伝えします。

バンボのお手入れ方法や使用上の注意点、便利な使い方など、先輩パパママの口コミも合わせて紹介するので購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもバンボ(Bumbo)とは?

バンボとは、お座りが上手にできない赤ちゃんでも安定して座れる、赤ちゃん専用のイスです。

バンボはもともと、「おすわりができない赤ちゃんが、じっと座っていられる方法はないかしら」と、娘に相談された南アフリカに住むおじいちゃんが作り始めました。娘と孫のためにおじいちゃんが試行錯誤し完成させたのが、象の足のような形で安定感抜群のベビーチェア、バンボです。

バンボに座れば視界が広がり、赤ちゃんのうちから好奇心を満たせられると評判になり、今では世界130カ国以上の国で愛されるブランドとなっています。 

バンボの特徴はなんといっても安定感です。赤ちゃんの足にやさしくフィットするフォルムで、腰が据わっていない生後半年ほどの赤ちゃんでも正しい姿勢で座ることができます。座ったときの重みで簡単には抜け出せないため、動きが活発になってきた赤ちゃんでも安心です。

ベッドに寝かしておくとグズってしまう赤ちゃんも、バンボに座ればパパやママの顔が見られるため、ご機嫌な時間が増えます。

いつから使える?バンボの対象年齢は1歳前後まで

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bumbo Japan(@bumbo_japan)がシェアした投稿

バンボは、首が据わった赤ちゃんから、体重が10kg前後の1歳頃まで使用可能です。対象年齢に関わらず、赤ちゃんの足やお尻がバンボに入らなくなったら使用は控えましょう。

■バンボベビーソファのサイズと重さ

約37.5㎝
奥行約37.5㎝
高さ約24㎝
足入れの周囲約28㎝
座面の高さ2.5㎝
重さ1.2㎏

ただし、公式ホームページによると、使用中に足まわりがキツく感じてもハイハイを始めて足がスッキリすれば、また使えるケースも多いそうです。

なお、赤ちゃんの首の据わりには個人差があります。赤ちゃんが自分の力で頭をしっかり支えられるようになってから使用しましょう

 一方、バンボには生後6ヶ月から3歳くらいまで使える、「バンボマルチシート」もあります。普通のバンボと同じように赤ちゃんイスとして使うのはもちろん、ベルトがついているので子どもの成長に合わせて大人用の椅子に取り付けることも可能です。

マルチシートには専用トレイもついているので、子どもの食事やおもちゃなどを置くこともできます。

バンボが世界中のパパママに人気の理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bumbo Japan(@bumbo_japan)がシェアした投稿

世界中で愛されるバンボは、多くのアワードを受賞するロングセラー商品です。ここでは、そんなバンボの人気の理由を探ります。

丸洗いができて清潔

バンボは、柔らかな樹脂、ポリウレタンでできています。そのため、汚れたらサッと拭くことができます。さらに、しつこい汚れがある場合は直接水をかけて丸洗いもOK

赤ちゃんのよだれや離乳食など、赤ちゃん椅子はとにかく汚れやすいもの。バンボならいつも清潔にできて、しかも汚れが落としやすいからシミにもなりにくいです。

先輩パパママからも「簡単に洗えて清潔な状態を保てるのが嬉しい」との声が多く聞かれました。丸洗いできるので、公園や庭で使っているパパママも多いようです。

軽くて柔らかいから安心・安全

安定感抜群なのに、軽くてコンパクトなのもバンボの魅力。ハイローチェアやバウンサーに比べて場所をとらないので、どこでも使いやすいメリットがあります。

さらに、柔らかいウレタン素材で作られているため、万が一赤ちゃんが体をぶつけてしまっても大丈夫。約1.2kgと軽いので、リビングで使ったり、子ども部屋で使ったりと、片手でもサッと持ち運べますよ。

カラーバリエーションが豊富でかわいい

バンボが人気の理由は、機能性だけではありません。見た目がかわいくカラーバリエーションが豊富なことも人気の理由です。

パステルカラーを中心にピンク・イエロー・グリーン・ホワイト・オレンジ・ベージュ・ブルー・パープルの8カラーを展開しているので、パパママの好みやお部屋のインテリアに合う色を選べます。置いておくだけでパッとお部屋が明るくなりますよ。

赤ちゃんの写真を撮るときにも、いいアクセントになり写真映えもします!

赤ちゃんが一人で座ってくれる

もちろん、一番の魅力は赤ちゃんが無理なくお座りできることです。バンボのフォルムは、赤ちゃんが正しい姿勢でお座りができるよう計算されています。

その結果、安定感抜群なうえ簡単には抜け出せません。動きが活発になってきた赤ちゃんでも、安心して座らせることができるイスというわけです。ベッドや布団に寝かせた状態だと機嫌が悪くなってしまう赤ちゃんも、バンボに座らせておけばご機嫌です。

 洗濯物を干したり、料理をしたり、パパママの日常には赤ちゃんを抱っこできないシーンもたくさんあります。そのようなときにバンボは大活躍!

先輩パパママの中には、「私の姿が見えればグズらないので、家事をするときはいつもバンボに座らせる」といった人もいるようです。

先輩パパママはどんなシーンでバンボを使ってるの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bumbo Japan(@bumbo_japan)がシェアした投稿

子育て中の日々の中で、バンボはどのようなシーンに役立つのでしょうか。ここでは、使い方のヒントやメリットをお伝えします。

食事中も赤ちゃんの姿勢が安定して便利

食事中の赤ちゃんの姿勢に悩むパパママも少なくありません。生後半年ほどではお座りが安定しておらず、赤ちゃんは食事中に体が傾いたり、後ろに倒れたりする心配があるからです。

バンボは赤ちゃんの体をやさしく包み込み、しっかり固定するため食べさせやすくなります。食べこぼしでもすぐに拭き取れ、清潔に保てるのもメリットです。

親子2人で遊ぶときや赤ちゃんの1人遊びのときにもおすすめ

赤ちゃんはパパやママと遊ぶのが大好きです。抱っこだとお互いの顔が見えませんが、バンボなら目と目を合わせて手遊びや歌遊びができます。

さらに、バンボのストッパー部分にかぶせて使用する専用のトレイを使えば、手元におもちゃや絵本などを置けます。お気に入りのおもちゃが手元にあれば、一人遊びができる赤ちゃんも多いですよ。

お外にも持ち運べる

軽量で水で丸洗いできるバンボは、屋外でも問題なく使える赤ちゃんイスです。たとえば、赤ちゃんと一緒にピクニックに行ったり、お花見をしたりといったシーンにバンボは役立ちます。

お外で過ごす時間は赤ちゃんの皮膚や粘膜を強くしたり、五感を刺激したりする効果だけでなく、パパママの気分転換にもなりますね。そのため、バンボを持って近所の公園でのんびり過ごすのもおすすめです。

ただし、バンボは折りたたみができないので荷物になります。無理のない範囲で利用してくださいね。

お風呂で使うときは注意が必要!

お風呂は、赤ちゃんがいる多くのパパやママが「大変!」と感じている時間ではないでしょうか。お座りが安定しない赤ちゃんの体や頭を洗うことも、パパママ自身が入浴することも容易ではありませんよね。

そんななか、バンボをお風呂場でも使っているという先輩パパママもいます。バンボは水に濡れても問題ないので、浴室でも使用可能です。

しかし、公式サイトには滑ると危険なのでお風呂場では使用しないよう書かれています。それでも浴室でバンボを使いたい場合は、赤ちゃんから絶対に目を離さないようにしましょう。

そして入浴後は、バンボの裏側にあるへこみに水が溜まっていないか確認したり、しっかり水気を拭き取ったり、逆さにして乾かしたりすることも大事です。

 なお、実際にバンボをお風呂で使ったママからは、「赤ちゃんの体がバンボにフィットしすぎてしまい、濡れた体をバンボから出すのが大変だった」という声もありました。

また、浴室内ではなく脱衣所で使う手もあります。脱衣所に置いて赤ちゃんを座らせておけば、浴室のドアを開ければすぐに赤ちゃんの様子を確認できるのでおすすめです。

教えて!バンボ(Bumbo)のラインナップや付属品

バンボ(Bumbo)ベビーソファ

バンボといえば、このベビーソファが基本です。首が据わった赤ちゃんから、1歳頃まで使えます。赤ちゃんが正しい姿勢で無理なく座れるよう考えられた、安定感抜群の赤ちゃん椅子です。

柔らかいウレタン素材でできているため、万が一赤ちゃんが体をぶつけてしまってもケガの心配がありません。1.2kgと軽いので、どこへでも運べるメリットもあります。見た目がかわいく、カラーバリエーションが豊富なのも人気の理由です。

バンボ(Bumbo)マルチシート

腰が据わった6ヶ月頃から3歳くらいまで使える、バンボベビーソファの進化系です。専用のトレイがついているため、離乳食を開始した赤ちゃんにもおすすめします。固定ベルトを使って大人イスに取り付ければ、大人と一緒にダイニングテーブルで食事することも可能です。

バンボベビーソファより少し値段が上がりますが、長く使える分コスパはいいと考えられます。また、バンボベビーソファよりも大きいサイズなので、大きめの赤ちゃんにも使えます。

 

専用プレートレイ(テーブル)

ベビーソファのストッパー部分にかぶせるだけで取り付けられる、専用のトレイです。このトレイがあれば、お気に入りのおもちゃを置いたり絵本を置いたりとバンボの使い方の幅が広がります。簡単に取り外しができるので、食事のときだけ付けることも可能です。単品でも販売されていますが、ベビーソファとセットになったタイプもあります。

赤ちゃんのはじめての椅子に便利なバンボを!プレゼントにもおすすめ!

はじめての赤ちゃん育児には、戸惑うことも多いですよね。なかには、抱っこばかりで家事が進まない……という悩みをもつパパママもいるかもしれません。そんなパパママを、見た目のかわいさだけでなく機能性もバッチリなバンボがサポートします。ベッドに寝かせておくとグズってしまう赤ちゃんも、バンボに座れば好奇心が満たされてご機嫌になるはずです。

バンボは出産祝いにも喜ばれます。ベビーチェアの購入や出産祝いのプレゼントに悩んでいる人は、ぜひバンボを検討してみてはいかがでしょうか。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami