ベビー服はいつからセパレート?新生児には早い?着せ方も解説します

ベビー服はいつからセパレート?新生児には早い?着せ方も解説します

ついに我が家に赤ちゃんを迎える!ということで、洋服を準備したいと考えても、ベビー服はどんなものを用意すればよいか戸惑ってしまいますね。

また、すでに赤ちゃんを育てているママのなかにも、セパレートの服はいつから着せたらよいのか迷っている人もいるかもしれません。

この記事では、そんなベビー服にまつわる疑問にお答えするとともに、オススメのベビー服もご紹介します。

セパレートの服とは?

セパレートの服とは、Tシャツとパンツのように、トップスとボトムスが別々になっている洋服のことを呼びます。いわゆる大人が普段着ている服のようなものですね。

セパレートの服を着せるとちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんに見えますね。アイテムもいろいろ増えて、上下の組み合わせを変えたり、重ね着をしたりファッションの幅もぐんと広がります。

親子でお揃いの服を楽しむなんてこともできますよ。

上下つながった服、セパレートの服、それぞれのメリット

ベビー服には、上下つながった服とセパレートの服がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?どちらもそれぞれの特徴やメリットがあります。ここでは両者の違いを解説します。

上下つながった服

上下つながった服は、「ロンパース」や「カバーオール」などと呼ばれています。

股下にスナップがついているので、おむつ替えがしやすいです。また上下がつながっているので、赤ちゃんがアクティブに動いてもお腹や背中が出てしまう心配がありません。抱っこをしても洋服がはだけることもなく、赤ちゃんのお世話がしやすいです。

ロンパースとカバーオールの違いは明確にはありません。メーカーやブランドによって定義が違うからです。

ただ、一般的にロンパースは、1枚で着用できて、アウターとしても肌着としても利用できるもの、カバーオールは、肌着の上に着用し、足も隠れるものを指すことが多いようです。

セパレートの服

セパレートの服は、トップスとボトムスをそれぞれチョイスしながらコーディネートできるので、選択肢が増え、おしゃれの幅がぐっと広がります。セパレートの服を着せると赤ちゃんらしさが抜け、成長が感じられますよ。

小物使いもいろいろできるようになり、親子リンクのおしゃれを楽しめるのもセパレートの服を着る頃です。

特にボトムスは、ズボン、スカート、スカッツ、レギンス、タイツ、レッグウォーマーなどアイテムがたくさんあるので、いろいろ欲しくなってしまいますね。

セパレートの服はいつから?

待望の赤ちゃん!赤ちゃんと一緒におしゃれをするのを楽しみにしていたママも多いのではないでしょうか?

では、セパレートの服はいつ頃から着ることができるのでしょうか?これには厳密に「いつから」と決まりがあるわけではありません。

赤ちゃんに早くおしゃれをさせたいと思ってしまいますが、赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃん自身が着心地のよい服、動きやすい服を着せてあげることを優先に考えてください。

おむつ替えなど、パパやママのお世話のしやすさも重要です。こちらではセパレートの服に移行する目安となるおすすめの時期や、成長のサインをご紹介します。

新生児にはセパレートの服は難しい

新生児はまだ首も据わっていないうえ、体がとても柔らかいので、セパレートの服を着せるのは難しいでしょう。

汗もかきやすく、授乳やおむつ替えで洋服を汚すことも多いので、着替えの回数も頻繁。着替えさせやすい上下つながった2wayタイプのカバーオールがおすすめです。

股下のスナップボタンを外せばスカート型になるので、おむつ替えもしやすいです。足をバタバタするようになったらスナップボタンを留めてズボン型としても活用できます。

おすすめは首が据わってから!

だいたい3~4ヶ月以降になると赤ちゃんの首が据わってきます。首が据わると体が少しずつ安定してきて、セパレートの服も着せやすくなるでしょう。

スナップボタンで留めていくカバーオールに比べて、ボタンの数も少なくなるので、よく動く赤ちゃんには、セパレートの服の方が楽になるかもしれません♪

うつぶせになってもボタンが気にならないのもメリットですね。でも、赤ちゃんらしい上下つながった服を着ている期間はほんのわずかです。その貴重な時期にねんねアートなど、その時ならではの楽しみ方をするのもよいですね。

より着せやすいのは腰がしっかりしてから

赤ちゃんの首が据わっても、まだセパレートの服を着せるのが怖いというママもいるでしょう。セパレートの服を着せるチャンスはいずれやってくるので焦る必要はありません!

腰がしっかりして、お座りができるようになると、セパレートの服がずいぶんと着せやすくなります。というより、今度はセパレートの服でないと着替えが難しくなるかもしれません!

赤ちゃんが寝返りやハイハイをするようになると、これまでのように着替えの時におとなしく仰向けの状態でいてくれません。

着替えをさせるのも一苦労というような元気な赤ちゃんには、セパレートの服の方が便利です。

保育園入園が決まるとつながった服はNGの場合も

赤ちゃんが保育園に入園することが決まった場合、保育園によっては上下つながった服はNGの場合があります。

保育園では、お散歩や食事で汚れることが多く、着替えの回数も頻繁です。保育士さんの数も限られているので、できるだけ着替えやすいセパレートの服を求められることがあります。

低月齢のうちはサイズにも注意

産まれた時の赤ちゃんの身長は、約50cm。その後1年間で約25cmも成長し、体重も生まれたときの約3倍に増えます。

ブランドやメーカーによって違いはありますが、新生児から3カ月は50、3カ月から6カ月は60、6カ月から1歳は70、1歳から1歳半は80がサイズの目安です。

特に、低月齢のうちはすぐに洋服がサイズアウトしてしまうので、サイズが合っているか、きつくなっていないか、こまめにチェックしてあげましょう。

また、赤ちゃんの成長には個人差があるので、月齢だけでなく、身長や体重に合わせて、赤ちゃんにぴったりなサイズのものを選んであげるようにしましょう。

セパレートの服の着せ方を解説

ではセパレートの服はどのように着せたらよいのでしょうか?首や腰が据わったとはいえ、赤ちゃんの身体はまだまだしっかりしていないので、注意が必要です。

また、赤ちゃんの発達の状況によっても着せ方が異なってきます。何に注意をしてどのように着せたらよいのか、ポイントを解説します。

首が据わったばかりの赤ちゃん

今まで前開きの上下つながった服を着ていた赤ちゃんにとって、服をかぶるときに視界がなくなることは恐怖です。着せるときは、無言ではなくやさしく声掛けをしてあげたいですね。

あらかじめ洋服をドーナツ状に丸めておいて、服が顔を通る時間をなるべく少なくするのがポイントです。首もまだまだおぼつかないので手で支えながらやさしく頭からかぶせましょう。

袖を手に通すときも、赤ちゃんの手首をもってそっと着せます。ボトムスは片足ずつはかせて、腰の下に手を入れてウエストまで引き上げます。

脱がせる場合も、トップスは首元までなるべく布地を集めて、顔を覆う時間をなるべく短くしてあげるのがコツです。

腰が据わった赤ちゃん

腰が据わるとおすわりができるので、座らせた状態でトップスを上からやさしくかぶせて着せましょう。赤ちゃんはじっとしていないので、これまでと同様に素早く顔を通すことがポイント!

ハイハイができるようになると、着替え中に脱走するなど、こちらが思うように着替えさせてくれません。優しく語りかけながら、ママが赤ちゃんと同じように動いて着せていきましょう。

ボトムスは、赤ちゃんがつかまり立ちできるなら、ママの肩につかまらせて立たせた状態ではかせるとラクです。動きが活発になると、どんどん着替えが大変になりますが、イライラせず根気よく楽しく行うことを心がけましょう。

おすすめのセパレート服4選

成長がめまぐるしい赤ちゃん。寝返り→ハイハイ→つかまり立ち→伝い歩きと、体の動かし方が変わってくるので、どんな赤ちゃんの動きにも対応できる服を選ぶことがポイントです。

初心者ママでも失敗しないセパレート服デビューができるよう、動きやすく、できるだけ長く活用できるおすすめの服をご紹介します。

男の子も女の子も!Anna Nicola(アンナニコラ) 水玉柄 モンキーパンツ

かわいい赤ちゃんのおしりを、さらにかわいく見せるモンキーパンツ。

綿100%で肌触りもよく、伸縮性もバツグンなので、赤ちゃんの動きによく対応してくれます。

おしりの部分は切り替えで裁縫してあるので、おむつを優しく包みます。ハイハイしている後ろ姿はキュートでたまりません♪

Anna Nicola(アンナニコラ)は、1951年の創業以来ベビー服やベビー肌着を作り続けているブランドで、豊富な経験と高い技術を活かした高品質な商品が特徴。

生地調達から、裁断、縫製、1点1点の検品などすべての工程を日本国内の熟練スタッフで行うので、安心して着せることができますね。

スポーティでおしゃれ!adidas(アディダス) ベビー Tシャツ ハーフパンツ上下セット

大人にも人気のスポーツメーカー「adidas(アディダス)」の上下セット。

元気に動き回る赤ちゃんに最適なデザインです。綿100%で肌触りがよく、吸湿性、放湿性に優れているので、肌トラブルになりにくいでしょう。洗濯もしやすいので、汚れても気になりません。

Tシャツの襟には斜め位置ボタンが、ハーフパンツには腰ひもがついていて、着替えさせやすい点もメリットです。

title=""

男の子におすすめ!カーターズ【男の子用 nb~24M】3点セット

1865年にアメリカで創業したベビー服ブランド「カーターズ」。今やアメリカの赤ちゃんは1人につき平均10点以上持っているといわれるほど人気。

快適な着心地、機能的で着せやすい設計、乾燥機で乾かしても平気な丈夫さ、そしてキュートなデザインで日本でも人気なアメカジブランドとなっています。

このボディスーツ、Tシャツ、ズボンの3点セットは、新生児用から展開していて、ギフトに最適♪

着回しもしやすく、綿素材なので洗濯もしやすく、ヘビロテ間違いなしです!

【ベルメゾン】 ベビー服 ワンピース & 裾スリットレギンス 2点セット

ウェストギャザーの切替え入りの女の子らしいワンピースは、レギンスと合わせても、1枚でワンピースとして着てもOK。朝の忙しい時間でもコーディネートに困らないので、使い勝手バツグンです♪

チュニックの左肩にはスナップボタンがついているので楽に脱いだり、着たりもできます。レギンスは裾の内側に入ったスリットがポイント。

さらっとした肌触りで爽やかな着心地の天竺素材は、通気性もよく、動くのが大好きな子どもにぴったりですね。

赤ちゃんやママに合った服を選ぼう!

こちらで紹介したベビー服の着せ方は、あくまで目安です。上下つながった服を一定の時期から着せてはいけないとか、ある時期になったらセパレートの服を着せなくてはならないとか、決してそんなことはありません。

赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃんが過ごしやすく、ママがお世話しやすい服装をしてあげるのが一番ですね。

その時期しか着られない、赤ちゃんらしい上下つながった服をできるだけ楽しむのもよいですし、早々にセパレート服にしてコーディネートを楽しむのもよいですよ♪

赤ちゃんのおしゃれを楽しむことで、育児が楽になることもあるでしょう。お互いがストレスにならない洋服選びをして、赤ちゃんとの生活を楽しく過ごしてください♡

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami