ワンオペ育児とは?当たり前になる理由や意味、解消法

ワンオペ育児とは?当たり前になる理由や意味、解消法

毎日子どものお世話に追われる日々…これってワンオペ育児かも?と思っているママも多いのではないでしょうか。1人で育児のすべてを背負うのは、とても大変で苦しいですよね。今回は、多くの夫婦が直面している問題、「ワンオペ育児」について取り上げていきます。

ワンオペ育児という言葉の意味をはじめ、そうなってしまう理由や、それが当たり前になってしまう理由について解説します。また、ワンオペ育児という言葉の軽さとは反対に、このまま1人だけで育児を続けていくと家庭崩壊など恐ろしいリスクが待ち受けていることも。

なぜワンオペ育児がつらいのか、パートナーにもぜひ知ってもらいたいポイントや解消法もまとめました。夫婦で話し合うきっかけにしてみてくださいね。

ワンオペ育児とは

メディアやSNSでよく見かける「ワンオペ育児」という言葉。最初はネット上で使われていましたが、『2017年のユーキャン・流行語大賞』にノミネートされ、社会にも広く認知される言葉となりました。

ワンオペ育児とは、ワンオペレーションの育児のこと。人手不足から、飲食店の従業員が1人ですべての業務をこなすブラックな労働環境が問題になり、「ワンオペ」と呼ばれるようになったことから、1人で育児を担うことを指す「ワンオペ育児」という言葉が生まれたようです。

日中や休日、そして仕事終わりから寝かしつけまでの家事育児をママ(もしくはパパ)が1人で行う場合がワンオペ育児になります。実は、ワンオペ育児には明確な区切りがありません。「夫の帰りが遅ければワンオペ」「夫が単身赴任ならワンオペ」とは言い切れないのです。

大切なのは、家事育児を担う人がワンオペだと感じているかどうか。もしパパママのどちらかが「1人ですべての家事育児をしていてツライ」と思っているなら、それはワンオペ育児といえるでしょう。

ワンオペ育児になる理由

ワンオペ育児は、気がついたらなっていたという人がほとんど。ワンオペ育児になってしまう3つの理由をご紹介します。

パパの仕事が遅い・休日出勤もある

ワンオペ育児の原因として大きいのがパパの仕事の忙しさ。パパが家にいる時間が少ないと、どうしてもママ1人で家事育児をする場面が多くなってしまいます。パパもワンオペ育児が大変だとわかってはいても、仕事が多忙すぎてサポートできないというケースも。

そうすると、ママに育児の負担がのしかかってきてしまいます。

単身赴任や転勤族

パパが単身赴任や転勤族の場合もワンオペ育児になりがち。単身赴任だとパパが家にいないので必然的にママが育児をすることになります。そして、転勤族の場合、ママは仕事が続けられないので正社員は難しくなってしまいます。

そうすると、短時間勤務のママにすべての家事育児の負担がかかりやすくなってしまうのです。

近くに頼れる実家がない

パパのサポートがないときに頼りになるのが、おばあちゃん・おじいちゃんです。里帰り出産のときは家事や育児を手伝ってもらえても、同居ではない限りずっとは甘えらないですよね。最近では核家族化も進み、近くに実家や義実家がないというママも少なくありません。

誰にも頼れない状態はワンオペ育児になってしまう原因の1つです。

ワンオペ育児は当たり前?

親や年配の方に「私のときは育児も家事も全部1人でやったわ」といわれると、自分に原因があるのかと思ってしまいますよね。確かに昔は「男が外で働き、女が家を守る」というのが当たり前だったかもしれません。

でも、それは昔だからできたこと。今は夫婦で協力して育児をするのがスタンダードです。しかし、日本の男性の家事育児に費やす時間はとても少ないといわれています。

平成28年に行った6歳未満の子どもを持つ夫の家事・育児をする時間は、1日当たり83分。これはほかの先進国と比べてもかなり低水準です。これには、労働時間の長さも関係しています。というのも、子育て真っ只中の30代・40代の男性は働き盛り。ほかの年代よりも働く時間が長くなります。

それに加えて、女性の社会進出もあり、共働き世帯は年々増え続けています。仕事をしながら家事と育児のワンオペを担う女性の負担がとても大きくなっているのです。

ワンオペ育児はなぜ大変?

ワンオペ育児の大変さは、なかなかわかってもらえないことが多いかもしれません。パートナーにワンオペ育児をさせているパパ・ママに、ぜひ知ってほしいポイントやその意味を紹介します。

一人で「命を預かる」つらさ

小さな子どもの頼りない命を自分1人で預かるというのは、精神的にもツライものです。まだ小さい子どもは、ちょっと目を離しただけで怪我をしてしまうことがあります。なので、洗濯物もささっと取り込まなければいけないし、料理をしているときも横目で子どもの様子を確認しながら作らなければなりません。

赤ちゃんが寝ている間さえも、毛布が顔にかかっていないか気になってしまうものです。休憩をするにも、常に子どもの様子を確認しながらになるので、リラックスできる瞬間がありません。24時間、常に緊張感を持っている状態でいれば、疲労やストレスがたまってしまうのは当然です。

さらに、子どもが病気や怪我をしたときも自分で判断して行動しなければいけません。病院に連れていくのか、救急車を呼ぶべきなのか、すぐに判断しなければならない重みは相当なものです。

お風呂や食事のお世話の手が足りない

オムツを替えて、ご飯を作って、汚した服を洗って…と、赤ちゃんと一緒だとやることがたくさん。当然、まだママのいうことが聞ける年齢ではないので、やりたい放題になってしまいます。赤ちゃん1人でも大変ですが、これが2人になると忙しさも倍以上!2人にご飯を食べさせなければならないので、手が足りません。

上の子が少し大きくなったとしても、ちゃんと残さず食べてるか、行儀が悪くないか、確認しながらになるので、赤ちゃんだけにかまっているわけにもいかず…。さらに修羅場なのが、お風呂です。子ども2人を同時に洗うことができないので、1人を洗っている間に、もう1人を待たせないといけません。

とくに冬場のお風呂は風邪を引かせてしまう恐怖と隣合わせ。お風呂も食事も自分のことは後回しになってしまいます。

大人と会話ができない

子どもとの生活は楽しいこともたくさんあるけれど、思い通りにいかなくてついイライラしてしまうことも。1日が終わるころにはぐったりしてしまいますよね。そんなときに、「疲れたー」「今日はこれが本当に大変だった」と話す相手はいますか?

大して意味のないことでも、誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが共有でき、息抜きになります。でも、小さな子どもや赤ちゃんとは会話ができません。ツライこともすべて1人で飲み込んでしまうのでフラストレーションがたまっていくのです。

ワンオペ育児のリスクと弊害

私が頑張らないと…と無理を続けていませんか?ワンオペ育児を続けていると恐ろしいリスクがあることも知っておくべきです。考えられる3つのリスクについて解説します。

体力的に疲れ切ってしまう

小さな子どものお世話は想像よりも大変!オムツ替えや離乳食の用意だけではなく、泣いたら家事の手を止めて抱っこしてあやしたり。次から次へとやることが押し寄せてきます。お世話に手がかかる赤ちゃんを卒業したとしても、幼児のうちは「ママ遊ぼー」「これやって」のオンパレード。心身ともに休まる暇がありません。

会社ではお昼休憩や同僚との会話で気分転換ができたとしても、ゆっくり食事をとることさえ難しいのが育児です。周りにサポートしてくれる人がいなければ、誰かに代わってもらうこともできず、疲れても休めません。

疲れた状態で育児にあたると注意力が落ち、子どもの事故などにつながることも。とくに、赤ちゃんの夜泣きで睡眠不足が続いているときはとても危険です。

精神的に追いつめられる

突然悲しくなって涙が出てしまう…誰にも会いたくない…という状態は、もしかしたら心が疲れているサインかも。妊娠や出産後はホルモンバランスが変化することでストレスに対する耐性が落ちてしまうことがあります。慣れない育児は大きなストレスになり、産後うつや育児うつになってしまう人も多いのです。

一度うつになってしまうと、長い間その症状に悩まされてしまうケースもあります。ママがうつになると、子どもやパパ、家族全員に影響が出てしまうことも。不安定な精神状態だと、虐待の可能性もないとはいえません。

とくに、ワンオペ育児で誰にも話せずにいると、自分の頭のなかで不安や悩みが膨れ上がってしまいます。悪い方向に考えてしまうので、頼る人のいないワンオペ育児は、精神的に追い詰められやすくなってしまうのです。

夫婦関係に支障をきたす

仕事終わりや休日関係なく、1人で育児をしていると疲れて余裕がなくなってしまうものです。バタバタと家事や育児に追われて、猫の手も借りたいぐらいなのに、テレビを見ながらくつろいでいるパパ。なんで私だけ…と不満もたまってしまいますよね。

小さな不満がつもりにつもって、パートナーへの信頼と愛情にヒビが入ってしまうこともあります。産後、急速に夫婦仲が悪くなる『産後クライシス』は誰もが一度は感じる危機だといわれています。原因は「愛情が子どもに移ってしまうから」と思われがちですが、実際は違うことも多いのです。

自分だけが大変で、パートナーの生活が変わらないことに対する不満が強くなり、愛情を持てなくなってしまうのです。人生で一番大変な産後に感じた不満は、一生忘れないもの。ずっと不満を持ち続けていれば、いつか夫婦関係を解消することになってしまうかもしれません。

ワンオペ育児の解消方法3つ

楽しいはずの育児がストレスになってしまうのは、とてもツライですよね。今、ワンオペ育児に悩んでいる人のために、おすすめの解消方法を3つ紹介します。

夫婦で話し合い、家事育児を分担する

ワンオペ育児を解消するには、まずは夫婦で話し合うことです。ワンオペ育児がツライこと、そのリスクも含めてお互いを理解しあうことが大切です。そして、家事育児を2人で分担しましょう。

夫の帰りが遅いなら、朝のゴミ出しや保育園への送りを担当してもらいます。時間に縛られない洗濯物たたみや皿洗いも難しくないはず。仕事の時間で制限されることや、それぞれの得意なこと・苦手なことで線引きするのもおすすめです。

ただ、家事や育児が大変だと言ってもなかなかパートナーに分かってもらえない人も多いでしょう。そこでおすすめなのが家事育児のリスト化です。名もなき家事育児も多いので、細かく合理化・見える化すれば、男性の理解の得られやすくなります

そのリストを使って、妻が担当している物と夫が担当しているものを色分けすれば、妻の負担の多さも一目瞭然!家事育児をタスク形式にして簡単に分担できるアプリもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

家事分担アプリ「Yieto」公式サイト

公共や企業のサービスに頼る

どうしても夫婦で負担しきれない分はお金で解決するのもひとつ。自治体や企業からさまざまなサービスが提供されているので家庭の事情にあったものを選びましょう。

ベビーシッター

シッターさんに自宅に来てもらい育児をサポートしてもらうサービスです。ベビーシッターと利用者を結びつけるサービスもあり、「明日来てほしい」「定期的に来てほしい」という希望にも柔軟に対応し、家庭に合ったサービスを提供してくれます。

ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」公式サイト

ファミリーサポート事業

いわゆる『ファミサポ』とよばれる自治体が主体で行っている子育てや介護の助け合い事業です。利用したい人が依頼会員となり、育児のお手伝いをしたい人が提供会員となって、双方を結び付けてくれます。

提供会員は資格不要ですが、保育に必要な講習を受けた人が対象になる場合がほとんど。地域によって内容が異なるので、各自治体に確認してみてください。

ファミリーサポートセンターについて(女性労働協会ホームページ)

延長保育

保育園やこども園の延長保育を活用する方法です。基本的には夕方までの保育ですが、園によっては延長保育を実施している場合があります。自治体に確認してみましょう。

内閣府 よくわかる「子ども・子育て支援新制度」

産後サポーター制度

自治体が行う産後の育児や簡単な家事をサポートする事業です。上の子どものお世話や赤ちゃんの沐浴などもお願いできます。サポート内容や期間は地域によって異なるため、こちらも各自治体に確認してみてください。

国立市育児支援サポーター派遣事業

家事代行

たまにはプロに家事をお願いして息抜きしましょう!普段のお掃除から、頑固な汚れが目立つ換気扇やトイレ掃除まで依頼することができます。時間にゆとりができるので、赤ちゃんのお世話に専念することができますよ。

家事代行のベアーズ 公式サイト

夫婦の働き方を考え直す

ベビーシッターや家事代行に頼ってもまかないきれないなら、働き方を考え直すほかありません。夫が早朝に出勤して帰り時間を早くしたり、時短勤務やフレックス勤務制度を活用してみるのも1つの方法です。男性の育児休暇の取得も少しずつ増えてきているので会社に相談してみてもいいもしれません。

もし、デスクワークがメインの仕事であれば、在宅勤務の交渉もアリです。最近ではテレワークの環境が整っている会社も多いので、在宅勤務ができれば自宅で家事や育児のサポートをしながら働くことができます。

仕事が忙しくて時間が足りないと八方塞がりになってしまいがちですが、転職までしなくても働き方を変えることでワンオペ育児を回避できる可能性もあります。

家族で楽しい時間を共有しよう

ワンオペ育児は、ママあるいはパパのどちらかに負担を強いている状態です。誰かが無理している状態は決して長くは続きません。小さい子どものお世話は精神的にも体力的にも疲れてしまいますが、大変すぎて育児が楽しめないのはもったいない!

ご飯を食べさせてあげるのも一緒に公園に行けるのも、子どもが小さいうちだけです。どうしてもツライときは、自治体や企業のサービスを利用して息抜きをしましょう。がんばりすぎず、気持ちの余裕を持つことで、子どもやパートナーと向き合うゆとりが生まれるかもしれません。

ワンオペ育児の大変さを夫婦で共有して、「今」しかない育児を家族で楽しみましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami