冬到来!赤ちゃんを寒さから守る服装は?屋内と屋外の体温調節のコツまで解説!

冬到来!赤ちゃんを寒さから守る服装は?屋内と屋外の体温調節のコツまで解説!

最終更新日 2020-11-30 by smarby編集部

気温が下がる冬は、赤ちゃんを寒さから守るために厚着をさせてしまいがちです。しかし、ショッピングセンターなどの施設に入ると暖かく、気が付いたら赤ちゃんが汗をかいていた!なんてことも少なくありません。

屋外でも屋内でも赤ちゃんが快適に過ごすにはどのような服装を選べばよいのか、悩んでしまうママもいるのではないでしょうか。そこで、今回は赤ちゃんのことを考えた冬の服装について解説していきます。

赤ちゃんの冬の服装は暖かい素材を選ぼう!

赤ちゃんには肌に優しい綿100%の服を選んでいるというママが多いようです。しかし、同じ綿でも織り方などを変えれば布の特徴が変わり、厚さや暖かさも違う仕上がりになります。それぞれどのような特徴があるのかチェックしてきましょう。

フライス

季節を問わず着られる素材で、柔らかい肌触りが特徴です。通気性にも優れており、肌着や重ね着をするときのインナーに向いています。伸縮性が高く動きにあわせてよく伸びるので、たくさん動く赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

スムース

フライスよりも厚みがあり、なめらかな肌触りで心地よく着られるのがスムースです。伸縮性も高く保温性に優れているため、赤ちゃん・子供服の素材でよく使われています。ほどよい厚みで秋冬用の服にはぴったりです。

ニットキルト

ニットキルトは綿のほか、毛やポリエステルを2枚の生地で挟んでキルティング加工をした素材です。2枚合わせになっていることで生地の間には空気も含まれ、ひときわ保温性が優れています。ふんわり優しい肌触りで赤ちゃんを優しく包み込んでくれる素材です。

接結天竺

天竺を2枚合わせにした生地が接結天竺で、天竺そのものはよくTシャツに使われています。通気性に優れているだけでなく、柔らかいので着心地もよいのが特徴です。天竺は主に夏用の服で使われますが、2枚合わせにすることで保温性も期待できます。

パイル

タオルのような素材で柔らかくふわふわで着ている赤ちゃんはもちろん、抱っこするママも気持ちのよい肌触りです。表面のリングに空気を含むため暖かく、吸水性・吸湿性に優れているので汗をかいても蒸れにくいです。

サイズも忘れずに確認を!

0~1歳児はぐんぐん成長するので、気がついたらこれまでの服が着られなくなっていたということも少なくありません。持っている服の種類が多ければ気温に合わせて組み合わせられるものの、たくさん準備しすぎると着ないうちにサイズアウトしてしまう可能性もあります。そのため、冬服はきちんとサイズを確認して、必要なだけ購入することが大切です。

サイズと月齢

ここで、赤ちゃんの月齢とサイズの目安を確認しておきましょう。新生児~生後半年までのサイズは「50~60」、半年から1歳までが「70」、1歳から2歳までが「80~90」が目安になります。

ただし、ブランドやアイテムのデザインによって規格が違ったり、服も大きめだったり小さめだったりすることもあるので注意が必要です。また、赤ちゃんの体格にも個人差があり、あくまでも目安として考えましょう。

インターネットで服を購入する場合は、ブランドやそのアイテムの口コミを見ると大きさについて書かれていることがあるので参考にしてみてください。

※ベビー・子供服のサイズについてもっと知りたい方はこちらをチェック!
【0〜6才】ベビー子供服のサイズ徹底解説【年齢別目安サイズ一覧表】

赤ちゃんの冬の服装の注意点

冬は寒いからといって、ついつい何枚も服を重ねて着せてしまいがち。赤ちゃんが感じる温度と大人が感じる温度は違うので、どのくらい着せるのが適切なのか難しいですよね。ここからは、赤ちゃんに冬服を着せる際の注意点を解説してきます。

アウターも使用前には水通しを

赤ちゃんの肌着は糊を落とすために水通しをしてから着せているというママは多いのではないでしょうか。しかし、アウターは直接肌に触れないから特にしていないというママもいるかもしれません。

確かに、肌に触れないならそのまま着せても問題はないような気がしますが、アウターも水通しをしておいたほうが安心です。なぜなら、水通しは糊を落とすとともに吸湿性や吸汗性を高くして、生地も柔らかくしてくれるからです。

ぜひアウターでも、赤ちゃんに着せる前には水通ししましょう。

着せ過ぎの判断基準を知ろう

赤ちゃんは基本的に体温が上がりやすいので大人より薄着で問題ありません。汗をかきやすく脱水症状になりやすいうえに、あせもができやすくなるため着せ過ぎに注意が必要です。

適切な服装かの判断は、赤ちゃんの顔色や様子を見て確認します。

たとえば、いつも以上に顔が赤い場合は暑くなっているサインです。また、ミルクやおむつ交換をしても機嫌が悪い場合も、暑くて不快に感じている可能性があります。

手のひらを触ってみて汗をかいていたら着せ過ぎなので1枚脱がせてあげましょう。

赤ちゃんの冬の服装:暖かい屋内編

寒さの厳しい冬はショッピングセンターや児童館など、屋内で遊べる施設に行くことも増えますが、屋外と屋内の気温差があるほど体温調節が難しくなります。

特に、外は寒いのに施設内に入ったらコートを着ていられないほど暖まっていることもあります。ここからは、屋内での服装選びのポイントと、おすすめのアイテムを紹介していきます。

基本は肌着+カバーオールなど

体温が上がりやすい赤ちゃんは、屋内であれば基本的に肌着に冬用のカバーオールなどを1枚着せれば十分です。ただし、足まで覆うカバーオールを着せてしまうと、赤ちゃんは体温調節しにくくなってしまいます。体温調節を考えると、足を出せないタイプは避けたほうが安心です。

▼おすすめアイテム▼【Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフ ローレン)】コットン ポロ カバーオール

シンプルで上品なデザインの多い「Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフ ローレン)」のカバーオールです。柔らかく洗濯をしても型崩れがしにくい丈夫な生地なので赤ちゃんもママも嬉しいですよね。

前ボタンで脱ぎ着させやすく、ママやパパとお揃いコーデをしても楽しめるでしょう。こちらは作りが小さめなので、サイズ選びに迷ったらワンサイズ上を選ぶと安心です。

価格:3,650円(税込・送料別)
サイズ:3~12カ月
カラー:White・Hint pink・Delicate pink

▼おすすめアイテム▼【Pehr(ペア)】長袖ロンパース

「Pehr(ペア)」はカナダ発のブランド。こちらのロンパースは、オーガニックコットン100%を使用し染料にまでこだわっています。デザインもおしゃれでお出かけ用にも。

デザインも大切ですが、素材にこだわった服なら大切な赤ちゃんにも安心して着せれます。

価格:4,950円(税込・送料無料)
サイズ:0~12カ月
カラー:Little Lamb・Magical Forest・Strips Away Petal Beige・Strips Away Petal Pink・Strips Away Marigold・Strips Away Pebble Grey・Strips Away Dark Pink

肌寒かったらカーディガンやベストを羽織って

同じ施設内でも扉の開閉が多かったり室温をあまり高くできなかったりすると、ほかの場所よりも肌寒く感じることもあります。屋内でも少し肌寒いと感じる場合は、カーディガンやベストを活用しましょう。

カーディガンやベストは着回しできるので1枚は持っていると便利です。

▼おすすめアイテム▼【Anna Nicola(アンナニコラ)】 ベビー パイルベストA

生地の調達から縫製、パッケージまですべて日本国内で行われた日本製のベストです。

胸元にワンポイントが入ったシンプルなデザイン。少しくすんだ色使いが可愛く、カラーバリエーションも豊富なので赤ちゃんにぴったりな色を見つけられます。

価格:1,650円(税込・送料無料)
サイズ:60~100cm
カラー:サーモンピンク・グルー・グレー・ブラウン・アイボリー・オレンジ・ベージュ・パープル・グリーン

▼おすすめアイテム▼【MARLMARL(マールマール)】カーディガン

カーディガンとしてもプルオーバーニットとしても使える2wayのカーディガンは着回ししやすいアイテム。縫い目のないデザインなので赤ちゃんも心地よく着られるでしょう。

落ち着いたスモーキーな色合いが素敵です。

価格:7,700円(税込・送料無料)
サイズ:ワンサイズ(着丈:31cm、身丈:31cm)
カラー:サクラ・セイジ・ハクジ・スミ

▼おすすめアイテム▼【AnnaNicola(アンナニコラ)】パイル カーディガン

キュートなパステルカラーが揃った日本製のふんわり柔らかパイル地カーディガン。

薄手のパイル地なので洗濯後も乾きやすく、おでかけ時は畳んで持ち歩いても邪魔になりません。スナップボタンでささっと脱ぎ着をさせられるのも嬉しいポイントです。

価格:2,420円(税込・送料無料)
サイズ:60~90cm
カラー:パウダーブルー・パウダーイエロー・パウダーパープル・パウダーピンク・パウダーグリーン

▼おすすめアイテム▼【BAREFOOT DREAMS(ベアフットドリームス)】カーディガン

マシュマロのようなもこもこ素材がたまらないカーディガンは、抗菌性・吸水性・放湿性に優れた独自のマイクロファイバー素材を使用しています。

世界中の5つ星ホテルやスパでも使われているほど極上な手触りなのに、お家で洗濯・乾燥ができる優れものです。真冬でなければ、このカーディガンをコート代わりにしても十分暖かそうですね。

価格:6,480円(税込・送料無料)
サイズ:XS(約60cm)~L(約90cm)
カラー:Blue/white

赤ちゃんの冬の服装:寒い屋外編

お散歩などで屋外に行くときは、途中で体が冷えてしまわないか心配です。大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまわないよう万全な対策をしてお出かけしましょう。

厚手のアウターで防寒対策!

ベビーカーでお出かけするときなど、赤ちゃんは冷たい地面の近くにいることになるのでママやパパよりも寒さを感じてしまいます。基本的には屋内用の服装にアウターをプラスすれば問題はないものの、住んている地域や外出する時間帯によっては完全防備できるアウターの準備が必要です。

月齢が小さいうちは赤ちゃんの全身を覆えるポンチョやジャンプスーツがよいでしょう。特に、ジャンプスーツは1枚着るだけで頭から足先まで暖かなので、帽子や手袋を準備する手間がありません。

▼おすすめアイテム▼【POLO by Ralph Lauren(ポロ ラルフローレン)】ベイビーサイズ ボーイズ ダウンジャケット

紺と赤の組み合わせが大人っぽく、どんな服にも合わせやすいダウンジャケット。

中身はダウン60%とフェザー40%が使用されているので、赤ちゃんをしっかり温めてくれること間違いなしです。ボタンの下はフルジップで風を通しにくく、帽子は取り外し可能です。

価格:6,980円(税込・送料無料)
サイズ:3M~24M
カラー:紺

▼おすすめアイテム▼【Piccolo (ピッコロ ) 】ジャンプスーツ

赤ちゃんの頭からつま先まで、しっかり覆ってくれるジャンプスーツです。撥水加工がされている生地は汚れを防ぎ、散歩の途中で雨や雪が降ってしまっても水分をはじいてくれます。

中綿が入っているだけでなく、内側がボア素材になっているのでとっても暖かです。足首部分を折り返せるので、赤ちゃんが暑くなってきたら足を出して体温調節してあげることもできます。

価格:5,390円(税込・送料無料)
サイズ:70、80
カラー:ワイン・サックス

小物もうまく取り入れて

小物を取り入れると赤ちゃんが暖かいだけでなく、ママの選ぶ楽しみも増えます。

たとえば、頭を寒さから守ってくれる帽子はデリケートな肌に触れても安心な優しい素材を選ぶのがポイントです。耳やリボンが付いたデザインなら赤ちゃんをより可愛らしくしてくれます。

ミトンや靴下、レッグウォーマーなどがあれば赤ちゃんの体温調節をしやすくなるので、1つは持っていると便利なアイテムです。

▼おすすめアイテム▼【THE NORTH FACE(ザノースフェイス)】ベビーカプッチョリッド

継ぎ目がないホールガーメント製法で作られた「THE NORTH FACE(ザノースフェイス)」のニット帽です。ポンポンとロゴワッペンがポイントで、素材には毛が5%含まれているためより暖かさを感じられるでしょう。

優しい色からビビットな色まで揃っていて選ぶ楽しみが広がりそうです。

価格:3,300円(税込・送料無料)
サイズ:ベビーフリー(頭囲47~49cm)
カラー:NY.TNFネイビー・PC.ピンククレイ・SG.サミットゴールド・TB.TNFブルー・OM.オートミール

▼おすすめアイテム▼【THE NORTH FACE(ザノースフェイス)】ベビーレッグウォーマー

撥水加工が施されたレッグウォーマーは雨や汚れをはじいてくれます。中に入っている蛇腹状の中綿は保温性に優れているため暖かく、軽量なので赤ちゃんの負担になりません。

中綿素材ではありますが、汚れたら自宅で洗え清潔をキープできるところも高ポイントです。

価格:4,180円(税込・送料無料)
サイズ:ベビーフリー
カラー:PG・SG・BG・K

▼おすすめアイテム▼【Gelato pique Kids&Baby(ジェラートピケ キッズアンドベイビー)】モコモコウサギ ベビーレッグウォーマー

女性からの人気を集める「Gelato pique(ジェラートピケ)」は、自分も愛用しているというママも多いかもしれません。こちらのレッグウォーマーはうさぎのマスコットがあしらわれた何ともキュートなデザインです。

肌触りもよく、安心して赤ちゃんにも履かせることができるでしょう。ネームバリューのあるブランドなので、プレゼントにも最適です。

価格:4,900円(送料込)
サイズ:フリー

▼おすすめアイテム▼【Sweet Mommy】ダウンブランマフ ブランケット フットマフ

ベビーカーのフットマフにもブランケットにもなるダウンブランマフ。
抱っこひもの防寒対策やおくるみなど8通りの使い方ができる便利グッズです。

上質なダウンを90%も使用しており、暖かいのにふわっと軽いのが特徴です。赤ちゃんに優しいうえ、お出かけにも便利ですね。
内側は肌触りのよいオーガニックコットンベロア素材を採用しているので、月齢の小さい赤ちゃんにも安心です。冬生まれの赤ちゃんなら、退院のときのおくるみとしてもよいですね。

抱っこひもの防寒やベビーカーのフットマフに使用する場合でも、多くのメーカーに対応しているのも嬉しいポイントです。

価格:9,570円(税込・送料無料)
カラー:ピンク、ベージュ、ブラック、ネイビー
サイズ:フリー

暖かい服装で冬のおでかけをもっと楽しく

冬のおでかけは赤ちゃんが快適に過ごせるよう、暖かく体温調節がしやすい服にしてあげるのがおすすめです。

基本的には大人よりも暑がりで汗をかきやすいので着せ過ぎないように気を付けなければいけません。屋内のときは着せすぎず、屋外のときは小物を使うと調節しやすくなります。

寒い時期でも快適でおしゃれな服装をチョイスし、おでかけを楽しみましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami