【恵方巻】2021年節分で食べる方角は?恵方巻の意味や食べ方のルールも紹介

【恵方巻】2021年節分で食べる方角は?恵方巻の意味や食べ方のルールも紹介

節分といえば、豆まきと恵方巻を思い浮かべる人も多いでしょう。毎年2月3日の節分には、スーパーやコンビニなどでもさまざまな太巻きが恵方巻として売り出されていますよね♪

その年の恵方は毎年変わるため、今年はどの方位を向いて食べたらいいの?と毎年迷ってしまいますよね。2020年は西南西でしたが、2021年の恵方は南南東です。そもそも何で恵方巻と呼ばれる巻き寿司を食べると縁起がいいの?無言で丸かじりをする理由は?などなど、恵方巻についてさまざまな方向から紹介します。

2021年の節分は2月2日!

恵方巻の話の前に忘れてはならないことは、今年の節分は2月3日ではないということです。そもそも節分とは季節を分けるという意味があり、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。現在の節分は、1年の始まりの日として重視されていた立春の前日の行事が受け継がれたものです。

2021年は立春が2月3日になるため、節分は2月2日になります。なぜ立春の日がずれるのかといえば、1年は365日といっていますが、厳密にいうと1太陽年は365.2422日であり、365日と6時間ほど。

そのため、毎年6時間ずつずれが生じていき、うるう年には1日プラスすることで4年前よりも少し早まるのです。結果、今年は立春が2月2日に。節分が2月3日でなくなるのは昭和59年(1985年)に2月4日だったとき以来37年ぶりで、2月2日になるのは明治30年(1897年)以来124年ぶりです。

恵方巻とは?

恵方とは、陰陽道でその年の福徳をつかさどるといわれている年神(としがみ)様、歳徳神(としとくじん)がいるといわれている方位のことです。その方向に向かって物事を行うとすべて吉といわれる縁起の良い方向とされており、毎年変わります。

豆まきは昔から節分の伝統行事としてありますが、恵方巻はいつの間にか節分行事の一環として定着したため、何がきっかけでそうなったのか、またいつどこで生まれたものなのか不思議に思う人もいるかもしれませんね。ここからは、恵方巻の由来や中身について紹介していきます。

2021年の恵方は「南南東」

恵方巻を食べる際に向く2021年の恵方は南南東になります。正しい方向を向いて恵方巻を食べるためには、方位磁石で方位を知ることが大切です。方位磁石を持っていれば、ぜひ出してきて調べましょう。

方位磁石を持っていない場合、スマホのアプリでコンパスアプリをダウンロードすることもできます。コンパスアプリは複数あり無料で入手できますので、使い勝手の良いものを探してみましょう。子どもと方向を調べる経験にもなりますね。

恵方巻の由来

そもそも、なぜ節分に恵方巻が食べられるようになったのでしょうか?その由来を簡単に振り返ってみましょう。

恵方巻は関西の節分風習だった?

節分のように昔からの伝統行事や風習は地域によってお祝いの仕方が異なります。恵方巻の由来については諸説ありますが、関西地方で始まったようです。

恵方巻が食べられ始めた時期は、江戸時代から明治時代にかけての頃で、発祥の地は大阪の船場、いわゆる花街だったそうです。節分はお新香が浸かる時期と重なるため、お新香を具にした海苔巻きを恵方に向いて食べることで縁起を担いでいたそうです。ただ、これは大阪の花街で行われていたことで、一般庶民にはまだ浸透していなかったともいわれています。

恵方巻について書かれている現存する最古の資料は、昭和7年に「大阪鮓商組合後援会」から発行されたチラシです。そこには、節分の日にその年の恵方を向いて巻き寿司を1本丸かぶりすると、その年は幸せに恵まれると記載されています。

その後も、1年のうちで一番売上が少ない2月に集客したいお寿司屋さんや海苔屋さんの販促活動として恵方巻が取り上げられるようになりました。

恵方巻の普及は企業が仕掛けたもの?

恵方巻は、バレンタインデーのチョコレート商戦などと同様に、企業が仕掛けたのではないかと思っている人もいるかもしれませんね。確かに、恵方巻が普及したのは企業の影響も大きいですが、関西では古くから節分に巻き寿司を食べる風習があったため、まったく由来がないわけではありません。

恵方巻が関西から全国に広がったのは、コンビニの販売合戦も影響しているといわれています。1983年にファミリーマートが大阪と兵庫で節分の巻き寿司を初めて販売しました。

そして、1989年にはセブンイレブンが広島県内の店舗で発売。このときある店舗の個人オーナーが、大阪の縁起の良い風習という紹介と共に節分の巻き寿司を「恵方巻」と名付けて販売したことで、その名が広まったとか。その後セブンイレブンは販路を拡大し、1998年に全国販売を開始しました。

その後、他のコンビニチェーンも全国販売を手掛けるようになり、恵方巻は節分に食べるものとして全国的に周知されるようになりました。

恵方巻の中身は?

恵方巻には、7種類の具材を入れて巻くとよいといわれています。7という数字は七福神の7に由来するもの。七福神にあやかって具材を7種類入れて巻いた恵方巻を食べることで、福を巻く、身体の中に福を招き入れるという意味を持ちます。具材は7種類であればなんでもいいというわけではなく、一つ一つの具に意味があります。恵方巻の定番の具材に込められた意味を紹介しましょう。

かんぴょう

かんぴょうは細長い形をしているので、長生きできるようにという願いが込められています。また、具材を結ぶことにも使われるため、縁結びのご利益もある食材とされています。

しいたけ煮

しいたけは昔から神様へのお供え物に用いられてきました。しいたけの傘の形が陣笠に似ているため、身を守るという意味もあります。

伊達巻き、厚焼き玉子、出し巻き卵など

伊達巻きや卵焼きの黄色い色は金を連想させるため、金運のゲン担ぎにおせち料理などでも使われます。

ウナギまたはアナゴ

ウナギも縁起の良い食べ物として知られており、「うなぎのぼり」という言葉にもあるように出世や上昇を意味する食材です。また、長い形状であることから長寿への願いが込められています。

桜でんぶ

桜でんぶは、鯛などの白身魚を細かくほぐしてピンク色に色付けされたものです。鯛は「めでたい」につながるお祝い事に欠かせない魚であり、鮮やかなピンク色が彩りを添えてくれます。

海老

海老は紅白の色をしており、目が飛び出していることから「めでたしめでたし」の語呂合わせにも使われるおめでたい食材です。長いひげがあり腰が曲がっていることから長寿の象徴ともされています。

きゅうり

きゅうりは、「九つの利」をもたらしてくれるという意味を持つ食材です。

恵方巻の食べ方のルールをおさらい

恵方巻の食べ方のルールについて、念のためおさらいしておきましょう。

ルール① その年の恵方を向いて食べる

先にも説明しましたが、恵方巻は節分の日にその年の恵方を向いて食べることがルールとなっています。恵方はその年の縁起の良い方角なので、その方向を向いて食べることでご利益を得られるといわれています。

ルール② 無言で丸かじりする

恵方巻を食べるときは切り分けることはせず、1本を丸かじりし、一気に食べるのがルールです。そして、食べ終わるまで話をしてはいけません。恵方巻を1本丸かじりする理由は、途中で食べるのをやめてしまうと縁が切れるといわれているからです。

恵方巻は身体の中に福を取り入れるという意味があるため、無言で食べることによって福が口から逃げていかないともいわれています。また、願い事をしながら無言で食べることによって、願い事が叶うともいわれています。

恵方巻を子どもと食べるときのポイントと注意点

恵方巻を子どもと食べるときにはいくつかの注意点があります。

子どもが好きな具材で細めに巻く

恵方巻は七福神にちなんで7種類の具材を入れて巻くと縁起が良いといわれています。しかし、具材を7種類入れると結構な太さになってしまうため、子どもがそれを丸かじりするのは難しい場合もあるでしょう。また、恵方巻に入れる定番の具材は、必ずしも子ども受けするものばかりとは限りません。

恵方巻の具材については、定番のものがあるという知識だけにしておき、実際に作るときは子どもが食べやすい具材に変更してはいかがでしょうか。たとえば、魚肉ソーセージやたくあん、ツナマヨ、かにかまなどはおすすめの具材です。変わり種として牛肉を甘辛く煮たものなども美味しく食べられますよ。

子どもが食べる場合、少し細めに巻いたり、長さも通常の半分の長さにしたりすると食べやすくなります。恵方巻の海苔は噛み切りにくく喉に詰まりやすいので、食べるときは大人が注意してあげましょう。

ご家庭で手作りするときのために、レシピも紹介しておきます。

▼一般的な恵方巻のレシピはこちら▼

AJINOMOTO PARK「恵方巻き」

▼恵方巻の子供向けアレンジレシピはこちら▼

COOKPAD 恵方巻 子供

恵方を向いて食べるのは最初だけ

恵方についても、年齢によっては食べこぼしの心配など、最後まで恵方を向いたままで食べるのは難しい場合があるでしょう。最初だけ恵方を向いて食べ、途中からはテーブルのほうを向いて食べるほうが落ち着いて食べられます。

1本を無言で丸かじりという恵方巻のルールにとらわれず、お子さんの年齢にあった方法で恵方巻を楽しんでくださいね。

豆まきとセットでイベント感もアップ

豆まきと恵方巻をセットにすれば、イベント感もアップして子どもの印象に残りやすいはず。また、恵方巻はご飯の中に多くの具材が巻き込んであるので、主食と副菜が一緒に取れる便利なメニュー。ママにとっては献立を考える手間が省けるので、節分の晩御飯に取り入れてみてはいかがでしょうか。

今年の節分は、恵方巻を囲んで家族で楽しく過ごしましょう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami