おせちの意味を正しく子どもに説明しよう!子ども向けおすすめおせちも紹介

おせちの意味を正しく子どもに説明しよう!子ども向けおすすめおせちも紹介

最終更新日 2020-12-28 by smarby編集部

新しい年を迎えるときにかかせないのがおせち料理。

このおせち料理、 一つひとつにおめでたい意味があるといわれていますが、細かい内容まで知っていますか?

食材や料理に込められた願いを知り、縁起のよい食材を揃えると、おせち料理をいただくのも一層楽しくなりますね。

この記事では、おせち料理の意味をご紹介し、子どもにはどのように説明したらよいかをお伝えします。それぞれの食材の意味や由来を知ると、子どももおせち料理にも興味をもつでしょう。

また子ども向けのおせち料理のご紹介もします。楽しいお正月を迎える参考にしてみてくださいね。

おせち料理とは?

「おせち料理」は「御節料理」と書き、もともとは季節の変わり目の節句に神様にお供えした料理でした。しかし、お正月が1年の始まりとして最も重要な節句なので、「おせち料理」といえばお正月の料理を意味するようになりました。

昔から元旦には「年神様」(としがみさま)という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされていました。

年神様は祖霊神(それいしん)、つまり私たちのご先祖様で、田の神や山の神になり、家の災いから守ってくれるといわれています。お正月に向け大掃除をしてお正月飾りを飾るのは、年神様をお迎えするためです。

おせち料理は年神様へのお供え料理であり、家族が1年幸せであるよう願いを込めた縁起のよい料理です。五穀豊穣、子孫繁栄、家族の安全と健康などの祈りを込めて山の幸や海の幸が盛り込まれているのですね。

おせち料理の由来 

おせち料理はいつから食べられているのでしょうか?その歴史については諸説あります。

弥生時代に、中国から季節の変わり目を「節」とする暦が伝わり、季節ごとの収穫を神様に感謝するお供えの風習が「御節料理」のもとになったとされています。

奈良時代には節の儀式が宮中行事となり、季節の節目の日に邪気を祓い、健康を願う「節会」が開かれ、「御節供(おせちく)」と呼ばれる料理が振舞われました。

江戸時代になると幕府が1年に5回の節句を設け、公式行事として位置付けたことで、庶民の間にも「御節供」が広まりました。

5回のなかでも新年を迎える節句の料理が重要とされ、お正月料理として定着し、山や海の幸が取り入れられるようになりました。

現代のように一つひとつの料理に意味が込めらたものとなり、お正月におせちを家族で囲む風習が生まれたのもこの頃です。

長い歴史を経て、おせち料理は現在の形に進化してきたのですね。

重箱の秘密

おせち料理を詰める重箱。料理を豪華に引き立ててくれる重箱は、「めでたさを重ねる」という意味があります。

地域や家庭によっても異なりますが、五段重が基本です。最近は大家族で囲むこともまれになり、三段重のおせち料理も増えています。

重箱に詰める料理も段によって異なり、何を詰めるかのルールとその素材や料理に込める意味があります。

一番上の「一の重」には、開けた瞬間にお正月らしさが感じられる祝い肴が詰められることが多いようです。祝い肴とは、祝い膳のなかの酒の肴のことです。

「二の重」には口取りです。おせち料理の口取りとは、甘めの料理が一般的です。

「三の重」は縁起の良い海の幸の焼き物が、「与の重」には山の幸の煮しめが詰められています。「四の重」と言わないのは、四は死を連想するからです。

「五の重」は、年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておく場合が多いそうです。

おせち料理を食べるときの「祝箸」とは?

おせち料理は、「祝箸」でいただくとされています。祝箸に使われている柳は厄を払うといわれています。また柳は丈夫で折れにくいので、お祝いの席で折れるなんてことがありません。

水で清められた神聖な木とされ、春一番に芽吹くおめでたい木でもあります。

箸の両方の先端が細くなっていて、一方は年神様、もう一方を私たちが使うことで、年神様と一緒に食事をするという意味があります。両方使えることから、片方は取り箸と認識してしまいがちなので気を付けましょう。

箸の中ほどが太めなのは、五穀豊穣や「はらみ箸」といって子孫繁栄を表します。長さは縁起のよい末広がりの八寸(約24センチ)です。

祝箸を使ったら自分で洗い、1月7日の松の内まで同じ箸を使います。華やかで美しい箸袋に入った祝箸が売られていますが、子どもと一緒に和紙や折り紙で手作りしても楽しいですよ。

おせち料理の意味を徹底解説!(一の重編)

一の重に入るおせちの祝い肴三種といえば、黒豆、田作り、数の子のおせち料理にかかせない三種類をいいます。

いずれも子孫繁栄や長寿などの願いが込められた縁起のよい料理が中心です。関西地方では、黒豆のかわりにたたきごぼうが選ばれる場合もあります。

お重はなくても祝い肴さえあればお正月を迎えられるといわれるほど、これらの料理は、重要なお正月料理とされています。

重箱の蓋を開けたら最初に目にするものなので、お正月らしく豪華で色鮮やかなものが多いですね。具材の種類がもっとも多いので、ご家庭で作る際にはいろいろな種類の具材をすき間なく詰めるのがポイントです。

数の子

数の子はニシンの卵です。ニシンのことを「カド」というので、カドの子がなまって数の子になったといわれています。

数の子にはとてもたくさんの卵があるので、数多い子、つまりわが家がこれからも子どもがたくさん生まれて代々栄えますように、という子孫繁栄を願う縁起物とされています。

ニシンの子なので、「二親健在」という意味もあり、両親ともに健在でありますようにという意味もあります。

家族みんながそろって、さらに家族が増えますようにという願いが込められているんですね。

黒豆 

「まめ」は丈夫で健康であることを意味します。また「まめまめしい」とは「勤勉に働く」という意味もあります。

家族みんなが今年も1年まめで元気に働けますように、まめに心配りをして生活できますようにという願いが込められています。

また「黒」という色は、昔から「悪い気を払う色」とされていました。豆が「黒豆」であるのも理由があるんですね。

おせち料理は、お正月に台所作業をせずにゆっくり過ごせるよう保存がきくように工夫されています。常温でも日持ちする黒豆は、お正月の料理にピッタリですね。

田作り

カタクチイワシの稚魚を干して乾燥させ、砂糖とお醤油とみりんで飴炊きにしたものを「田作り」と呼びます。

かつてカタクチワシを田畑に農作物の肥料として撒いたら豊作になり、五万俵もの米が収穫できたといわれています。田を作ることにちなんで「田作り」と呼ばれるようになり、五穀豊穣を願った料理となっています。

小さくても尾も頭もついていて、たくさんの稚魚を使っていることから、子宝にも恵まれるともいわれています。

カタクチイワシは、カルシウムやたんぱく質が豊富で子どものおやつにもぴったりです。田作りはカリッと甘く食べやすいので、子どもにも好まれるでしょう。

かまぼこ 

保存のきかない生魚の代わりに、かまぼこは古くから重宝されていました。江戸時代には、 鯛を使って作られていたそうですよ。

紅(あか)と白は縁起のよい色です。紅白のかまぼこは、おせち料理を華やかにし、めでたさを強調してくれます。

紅は「めでたさ」と「よろこび」そして「魔除け」、白は「神聖さ」や「清浄」という意味があります。

半円形は「初日の出」をイメージしており、一年の始まりである元旦には欠かせないものとされています。

薔薇や孔雀、三つ編みなど、飾り切りをして重箱を彩ることができるかまぼこ。いろいろな形の飾り切りに挑戦してみるのも楽しいですね。

おせち料理の意味を徹底解説!(二の重編)

二の重はいわゆる「口取り」が詰められています。「口取り」とは、「八寸」と呼ばれるもので、会席料理の際に最初に出されるおもてなしの料理です。

肉、野菜、魚など海の幸と山の幸をどちらも使用した甘みのある料理が中心で、それぞれの食材におめでたい意味やいわれが込められていて、年始めにふさわしい演技を担ぐ料理が詰められています。

また日本では、奇数を陽、偶数を陰とする考え方があり、奇数をめでたいものとしています。ですから、口取りも3・5・7・9の奇数の種類にします。

栗きんとん 

きんとんは「金団」と書きます。黄金色の見た目を金塊や小判に見立て、金運上昇を願う料理になりました。

金色にかがやく宝物みたいなので、「豊かな1年であるように」という願いも込められています。

また栗は「勝ち栗(かちぐり)」といって、かつて武家社会だった日本では戦いの勝利を願った縁起物として重宝されていました。1年の始まりの日に栗をいただくことで「勝負強い1年でありますように」という縁起担ぎにもなります。

甘露煮にした栗をさつまいもや栗でできた餡とあえて作られた栗きんとんは、子どもも喜ぶ一品ですね。

伊達巻き 

伊達巻は、長崎で中国と西洋の料理が日本人好みにアレンジされた卓袱(しっぽく)料理の「カステラかまぼこ」がルーツといわれています。

このカステラかまぼこは江戸に伝わり、江戸っ子の気だてを表す伊達(だて)の意味と、巻物(まきもの)の巻きがあわさって伊達巻と呼ばれるようになりました。

また、おしゃれな若者たちを伊達者(だてしゃ)と呼び、その人たちが着ていた着物の柄に似ていて名づけられたともいわれています。

昔は本のような読み物は巻き物になっていたので、伊達巻は書物を連想させ、「知性の象徴」としても考えられ、「学業が成就しますように」との願いが込められています。

昆布巻 

昆布はお正月の鏡飾りにも用いられる縁起ものの食材で、「養老昆布(ようろうこんぶ)」を「喜ぶ(よろこぶ)」という言葉にかけています。

昆布巻きのなかに入れる魚の「ニシン」を「二親(ニシン)」と当て、「二親(ニシン)」が「養老昆布(よろこぶ)」と解釈し、両親がいつまでも健康で長生きできますようにと「不老長寿」を願った食材とされています。

さらに「子生(こぶ)」と漢字を当てることで、二人の親から子が生まれる「子孫繁栄」の意味もあります。

まるで巻物のように見える昆布巻きはかわいらしく、重箱を楽しく飾ってくれます。子どもが食べやすいようにニシンを鶏ひき肉で作るのもおすすめですよ。

紅白なます

大根とにんじんをお酢で合わせた紅白なますは、色合いがお祝いの水引のように紅白であることからおめでたい席に並べられる料理のひとつです。

かつては、生魚、大根、にんじん、酢を材料として作られていました。このことから「なます」と名付けられるようになりましたが、今は生の魚介の代わりに、主に干し柿や昆布、ゆずの千切りなどが用いられています。

色の白いダイコンは、清らかな生活を願っていただきます。また、大地に根をはるので、家の土台がしっかりして、栄えるともいわれています。

なますは、子どもウケは今ひとつですが、疲労回復効果があるほかさっぱりとしていて箸休めにもなるため、ぜひ取り入れたい料理ですね。

おせち料理の意味を徹底解説!(三の重編)

三の重は焼き物が中心で、主に海の幸を焼いたものを詰めていきます。メインとなる食事を詰めるので、一つひとつの具材が多い方と食べ応えあります。

食材は、焼くことによって保存性が高くなります。味が変わりにくいという理由からみそ漬けにすることもよくあります。

近頃は、おせち料理に肉を入れることも多く、鶏の松風焼き、ローストビーフ、鴨のロースなども見かけます。

鶏の松風焼きとは、鶏肉のすり身の表面にケシの実やごまなどをまぶして焼いた料理のことです。裏面は何もつけないことから「隠し事のない正直な生き方ができるように」という意味があります。

洋食が身近となった今では、子どもたちにとってはお肉料理も入った方が喜ばれるでしょう。

鰤(ブリ)

ぶりは、体が大きくなるにつれて「モジャコ」→「ワカシ(関東)・ワカナ(関西)」→「イナダ(関東)・ツバス(関西)」→「ワラサ(関東)・ハマチ(関西)」と成長し、最終的には「ブリ」と名称が変わります。

その様子を人が社会で出世していく姿に重ねて「出世魚」と呼び縁起物とされています。出世を願う人には、ゲン担ぎになる食材ですね。

ブリの寿命は7~8年と言われていて、生まれて1年のブリが平均32センチで、4年経つと75センチほどの大きさになります。子どもにとっても「大きく成長できる」という意味でご利益ありそうな食材です。

鯛(タイ)

「めでたい」にかけ合わせて、お祝いの席には定番の鯛。七福神のえびす様も持っている姿から、代表的なお祝いの魚とされています。

傷みにくく味も格別な鯛は、ハレの日の食卓にふさわしい魚です。「調和のとれた魚」として「魚」と「調」が組み合わさって「鯛」という漢字ができたという説があるほどです。

また鯛の姿は赤く、赤には魔よけの効果があると信じられてきました。祝い事に使われる鯛の多くは真鯛で、皮の赤さと身の白さで紅白となり縁起がよいとされています。

頭から尾まで姿焼きにすると、色鮮やかな上に豪華で食卓が華やかになりますね。

海老(えび) 

長いひげと曲がった腰、その見た目から長寿を表しているとされ、縁起ものの代表的な食材です。また目が飛び出しているので、「めでたし(目出たし)」とされています。

脱皮を繰り返す生態も、新たに生まれ変わるというイメージがあり、成長と発展のシンボルともいえます。

海老は熱を加えると赤くなるので、鯛と同様に魔よけの意味も持っています。

薬膳の世界では、疲れたときに海老料理を食べると、体を温めるほか、体に元気を与えたり胃を整えたりする働きがあるとされています。寒い冬を元気に乗り越え、一年を健康に過ごせますようにという願いも込められているんですね。

おせち料理の意味を徹底解説!(与の重編) 

四段目は、「四の重」ではなく「与の重」と呼びます。四は死を連想させ縁起が悪いとされる忌み言葉だからです。

海の幸を中心に入れた三の重とは対照的に、山の幸を使った煮しめを入れます。

煮しめは根菜類やこんにゃく、鶏肉などさまざまなものを一緒に鍋に入れて煮ることから、「家族が仲良く結ばれ、末永く繁栄する」という願いが込められています。

煮汁がなくなるまでじっくり煮るので日持ちし、人がたくさん集まるときに振る舞う料理として最適で料理として最適です。

人参や蓮根は飾り切りをして華やかに盛り付けられています。クッキーの型を利用すると子どもでも簡単にできるので、一緒に楽しみにながら作ってみてください。

ごぼう 

地中にまっすぐ根を張り、力強く成長するごぼうは、「家族が土地に根付いて代々続き、繁栄しますように」との願いが込められています。「細く長く幸せに」という延命長寿の願いもあります。

ごぼうは、煮しめに入れるだけでなく、たたきごぼうとしてもおせち料理にいれる地域もあります。たたきごぼうは、関東の田作りに変わる関西の祝い肴3種のひとつになっていて、「運が開く」という意味があります。

また、お正月に宮中で配られる和菓子の「花びら餅」の芯にごぼうが使われ、お正月料理には縁が深い食材です。

れんこん

れんこんの花である蓮の花は、昔から仏教では仏様のいる極楽の池にあるといわれ、神聖な植物とされ、「極楽浄土に最もふさわしい花」といわれています。その上、たくさんの穴があいていることから、将来の見通しがよい、先見性があるという縁起を担いだ食材です。

またれんこんは種が多くとれることから、「子孫繁栄」の意味もあります。

煮しめや酢れんこんなどの料理でお正月料理によく使われますが、蓮の花のように美しく飾り切りしたり、食紅で色付けしたりすると、一層華やかになりますよ。

八つ頭・さといも

八つ頭はさといもの仲間で、親芋と子芋が別れずひとつの塊になっているのが特徴です。

末広がりの「八」や組織のトップになる「頭」という意味から縁起ものとしておせち料理に入ります。

さといもは土から掘り起こした時、親芋の下に小芋、小芋の下に孫芋とたくさん出てくる様子から、子孫繁栄を願った食材です。またさといもの丸い形を「家庭円満」の象徴としています。

男性は、「人の頭になりますように」と親芋を、女性は、「子どもに恵まれますように」と願って小芋をいただきます。

くわい

ピンポン球のような塊茎から突き出た芽を「芽出たい(めでたい)」として縁起を担いでいます。

また、空に向かってまっすぐ伸びた芽を出すくわいの姿を、出世する人間の姿に重ね合わせ「立身出世」の象徴とも考えられています。

さらに、万年生きるといわれる亀の形に似ているとされ「不老長寿」という意味も。その縁起のよい形を崩さないように丁寧に皮を剥きましょう。

昔のかな遣いで「か」は「くわ」と書きました。「くわい」→「かい」→「快」と1年を快適に過ごすことができますようにという願いもこめられています。

日常の食卓にはなかなか並ぶことのない「くわい」は、お正月ならではの野菜ですね。

五の段は何も入れない? 

地域にもよりますが、五の重を「控えの重」として空にしておく地域もあります。

年神さまからの福を詰め、さらに幸せが入るように「空」にしておくという考えです。全てのお重を満杯にしてしまうと、今の状況で満足しているという意味になります。全てを埋め尽めつくさない日本料理の奥ゆかさが感じられますね。

最近では、特にしきたりにこだわらず、家族の好物や予備の料理を入れることが多いようです。

奇数は「喜数」と書けるので、縁起がよいとされています。あえて5段にするのも意味があるのですね。

子どもの喜ぶおせち料理とは?

では、子どもが喜ぶおせち料理には何があるのでしょうか?伝統的なおせち料理のなかでは、海老やかまぼこ、伊達巻などは子どもウケのよいメニューです。プチプチとした食感が楽しい数の子やいくらなどの魚卵系も喜ぶ子どもが多いでしょう。

最近だと洋風おせちなどもあるので、ハンバーグやローストビーフなどのお肉系のほか、グラタンやクリームチーズ和えなどクリーム系は子どもにも女性にも人気のあるメニューです。

おせちを購入する場合は、伝統的なおせちメニューもよいですが、食べ慣れないものがあるとそのメニューだけ誰も食べずに残ってしまうことも。

縁起のよい食材ですから食べ残さないよう、家族が好きなメニューが入っているおせちを選ぶのも大切です。

また、子ども用に特別なおせちメニューをプラスするのもおすすめです。以下で、簡単にできる子ども向けのおすすめおせち料理の作り方を紹介します。

簡単! 鶏ひき肉の松風焼き

子どもが大好きなお肉を使ったおせちメニューです。ケシの実を使うのが本来の松風焼きですが、子どもに合わせて黒ごまとチーズで何ともかわいらしい市松模様のできあがり。

子どもの喜ぶケチャップ味というのも嬉しいポイントです。

参照:市松模様の松風焼き by鈴木薫さんの料理レシピ – プロのレシピならレタスクラブ

数の子とかに缶マヨあえ

子どもが大好きな数の子を、お正月らしくカニとマヨネーズで和えた一品。和食が多いおせち料理に合わせると、彩も美しく、マヨネーズのコクと酸味がよい箸休めになること間違いなしです。

 お正月用に数の子を購入したけれど、量が多くて食べ飽きてしまったときにも使えるお正月のお役立ちレシピです。

参照:数の子とかに缶マヨあえ by井澤由美子さんの料理レシピ – プロのレシピならレタスクラブ

おせち購入派は要チェック♪子どもが喜ぶおすすめおせち

定番人気のおせち

縁起のよい食材がたくさん詰め込まれたおせち。しかし両親と子どもだけのおうちでそんなにたくさんの種類を用意するのは至難の業です。


少しずついろいろなおせち料理を楽しみたかったら、おせちを購入するのがおすすめです。ママもお正月の準備が楽になるぶん、子どもとの語らいの時間が増えることでしょう。

おせちは毎年大人気で、ほとんどの店舗で完売してしまうほど。販売店舗ごとにさまざまな工夫が凝らしてあるので、家族でどれにしようか悩みながら決めるのも楽しいですよね。

楽天市場で販売中の定番おせちはこちら

食べ終わってからも楽しい!キャラクターおせち

毎年子ども向けにかわいらしいキャラクター容器に入ったおせちが各社から発売されています。食べ終わってからも自分の好きなキャラクターの重箱を小物入れやお弁当箱にすることができるのが嬉しいですよね。

2021年のキャラクターおせちには、ディズニー、ポケモン、アンパンマンがあります。

子どもだけではなく大人も大好きなディズニーおせちは毎年完売必須の人気商品です。ディズニーのデザインが入ったかまぼこや切り餅など、家族の会話が盛り上がることでしょう。

また、子どもに絶大な人気を誇るポケモンおせちも、多くの家庭から支持される人気おせちです。もしかしたら子どものころ大好きだった、というパパもいるかもしれませんね。親子2代にわたって楽しめるおせちです。

ほかにも幼児用に食べやすさと栄養にまでこだわったアンパンマンのおせちも。アンパンマン好きの子どもなら、興味を持って食べてくれそうですね。

楽天市場で販売中のキャラクターおせちはこちら

子どもと一緒におせち料理を楽しもう

おせちに使われる食材やお料理の一つひとつに、長い歴史と伝統が育んだ深い意味があります。

子たちとそれぞれの意味について話しながら食事をすると、お正月の食卓も楽しくなりそうですね。どれも健康や幸せを願った意味が込められているので、日ごろは口にしない食材にも興味を持ってくれるかもしれません。

食生活が変わりつつありますが、おせち料理という文化には日本人の食へのこだわりが感じられます。日本の風習であるおせち料理をこれからも残していきたいですね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami