赤ちゃんのハイハイはいつから?ハイハイしない理由やママにできることを解説

赤ちゃんのハイハイはいつから?ハイハイしない理由やママにできることを解説

可愛い我が子は元気に成長してくれるだけで嬉しいものです。とはいえ、周りに月齢が近いお友達がいると発達の違いが気になってしまいますよね。

発達には個人差があることはわかっていても、ほかの子より遅れていると少し心配になってしまうこともあるでしょう。

特に、ハイハイは個人差があるので、お友達はできているのにうちの子はまだ…と不安になるママが少なくありません。この記事では赤ちゃんがハイハイをしない理由やママにできるサポート方法を解説していきます。

ハイハイ時期の赤ちゃんの発達

赤ちゃんは寝返りができたら、すぐにハイハイをするようになるわけではありません。一般的には、おすわりやずりばいをしてからハイハイという流れになります。まずは、ハイハイ時期の成長過程について確認しておきましょう。

おすわり(生後6~8カ月頃)

寝返りができるようになった赤ちゃんは背中の筋肉が発達してくることで、おすわりもできるようになります。

生後6カ月くらいになるとおすわりをしはじめる赤ちゃんが多いものの、はじめは筋肉が十分ついておらず不安定なので支えが必要です。

全身に筋肉がついてくると、床に手をついて座っていた赤ちゃんも1人で安定して座れるようになります。

安定して座れるようになったのち、床に手を付いたまま前後に揺れるような動作をするようになったらもうすぐハイハイをはじめるかもしれません。

ずりばい(生後6~8カ月頃)

生後6~8カ月頃からはじめるずりばいとは、うつ伏せの状態で手や足を使って移動することをいいます。 ほふく前進のような体勢を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

この頃はまだ腕や脚の筋肉がほとんど発達していないうえに、両手両足を交互に動かすのが難しく、うまく前に進めません。

しかし、腕や脚の筋肉が発達して慣れてくると前だけでなく後ろに進むこともできるようになります。

ずりばいの姿勢からお尻を持ち上げようとしはじめたら、ハイハイに近づいているサインです。

ハイハイ(生後8カ月前後)

四つんばいの姿勢で手足を交互に動かして進む動作がハイハイです。多くの赤ちゃんは生後8カ月前後になるとハイハイができるようになります。

ハイハイが上手になると勢いよく動くようになるため、家具の角や床に滑るものがないかなど注意しましょう。

1歳くらいになり、つかまり立ちをしたり歩けるようになったりするとハイハイをしなくなる赤ちゃんがほとんどです。ハイハイをする期間は意外とあっという間ですよね。

ただし、歩きはじめの頃は慣れているハイハイで移動するほうが早いため、急いでいるときにハイハイをする子もいます。

高ばい(生後10カ月)

生後10カ月くらいになると、赤ちゃんによっては高ばいという動作をします。高ばいとは四つんばいの状態から膝を伸ばしたような姿勢のことです。

この姿勢で手足を交互に動かしてハイハイのように移動することもあります。

高ばいはみんながみんなするわけではないので、もしも赤ちゃんが高ばいをしなくても心配はいりません。

発達にはいろいろなパターンがある

ハイハイをする前後には「おすわり」「ずりばい」「高ばい」などの動作をしますが、順番は人それぞれです。

赤ちゃんによってはずりばいをしないでハイハイがはじまることもあるでしょう。なかにはハイハイをしないままつかまり立ちをする赤ちゃんもいます。

また、ハイハイをしないまま歩き始めると転んだときに手が出せなくなるという説もありますが、いざというときは反射で手が出るので大丈夫です。

周りのお友達よりも遅れている、順番が違うので不安という場合は個人差があることを思い出しましょう。

ハイハイのメリット

ハイハイには、頭と身体の発達をサポートするというメリットがあります。

ハイハイをして自由に動き回れるようになると、興味をもつ対象が増えるので脳への刺激にもなるのです。さらに、自分の意志で行きたい場所に行けるようになると欲求が満たされ、満足感も得られて情緒が安定します。

また、ハイハイは全身の筋肉を使う運動になるため、筋力アップにも繋がるのもメリットです。実際に四つんばいの状態になるとわかりますが、ハイハイの姿勢は意外と楽ではありません。四つんばいの姿勢でバランスをとりながら全身で移動しているうちに全身に筋肉がつき、バランス感覚も養われます。

それから、ハイハイは手と脚、右手と左手など身体の2つの部位を同時に動かす協応動作という動作の発達もサポートしてくれます。

ほかの赤ちゃんはいつからハイハイをしているの?

ほかの赤ちゃんは生後何カ月くらいからハイハイをはじめているのかチェックしてみましょう。

参照:厚生労働省 平成22年度乳幼児身体発達調査9ページ「表9 一般調査による乳幼児の運動機能通過率」をもとに作成

この表を見てみると生後4~5カ月にはハイハイをしている子がいれば、生後10カ月になってもしない子もいます。ハイハイをはじめる時期の目安は一般的に生後8カ月前後とはいわれていますが、これだけ個人差が大きいのです。

ですから、生後8カ月を過ぎてもハイハイをしないからといって焦る必要はまったくありません。1歳過ぎてからハイハイをはじめる赤ちゃんも多くいます。

生後16~17カ月になればほとんどの赤ちゃんはハイハイができるようになるので、安心してくださいね。

赤ちゃんがハイハイしない理由

赤ちゃんがハイハイをしない理由は、気持ちや物理的なことなど赤ちゃんによって違います。そこで、よく考えられる赤ちゃんがハイハイしない理由をピックアップしてみました。

自分で移動する気がない

赤ちゃんがハイハイしない理由のひとつに、自分で移動する気がないということが考えられます。

例えば、気になるものはいつもママが持ってきてくれる、行きたい場所には連れて行ってくれるという場合です。

先回りして赤ちゃんの希望を叶えてあげられるのは、それだけ赤ちゃんのことをよく理解しているということ。しかし、赤ちゃんからすると、自分で移動しなくても触りたいものに触って行きたい場所に行けるということです。

また、自分で移動するよりもママの抱っこのほうが好き、ずりばいだけで十分移動できると考えている赤ちゃんもいるかもしれません。歩行器を利用している場合も、ハイハイをせずに自由に移動できるため満足している可能性があります。

ハイハイするスペースが足りない

自分で移動したい気持ちはあっても、安全に動き回れるスペースがないという理由も考えられます。移動したくても途中に家具があって進めない、そもそも床にハイハイするために必要なスペースがないという場合です。

さらに、手を伸ばせばすぐに家具がある状況だと、ハイハイをせずにつかまり立ちをするようになる赤ちゃんもいます。

そのまま伝い歩きをするようになり、ハイハイをしないまま1人歩きをはじめることもあるのです。

ハイハイしないのは病気や障がいのせい?

ほとんどは気持ちや物理的な理由ですが、まれに病気や障がいでハイハイをしない赤ちゃんもいます。例えば、股関節の脱臼や低緊張(筋緊張低下症)によってハイハイができないケースも考えられるでしょう。

とはいえ、これはあくまでも考えられる可能性のひとつであって、ハイハイをしないだけで病気や障がいと判断してはいけません。仮に病気や障がいがあるのなら定期検診をしっかり受けることで発見できる可能性が高まります。

もしも、1歳を過ぎても1人でおすわりができなかったり、寝返りやずりばいができなかったりしたら、かかりつけの小児科に相談してみましょう。

おすわりのまま移動するシャフリングベビー

シャフリングベビーという言葉を聞いたことはありませんか。シャフリングベビーとはおすわりの状態でお尻を引きずって移動する赤ちゃんのことです。英語の「shuffle(引きずって歩く)」という言葉から「シャフリングベビー」といわれるようになりました。

シャフリングベビーには、お尻を引きずって歩くこと以外にもいくつか特徴があります。寝返りが遅い、うつ伏せになったり足を床に付けたりすることを嫌がるなどの特徴です。

床に足を付けるのが嫌なので、おすわりしているときに抱っこをすると足を曲げて座ったままの姿勢を保ちます。立つことも嫌うため、歩きはじめるのが目安とされる時期より遅めになる傾向もあるようです。

寝返りやハイハイ以外の運動機能や知能には遅れがなく、これから成長して歩きはじめると運動機能もほかの子と変わらなくなります。ママは少し心配になるかもしれませんが、これもハイハイの一種とする意見もあるので安心してくださいね。

首すわりやおすわりをするのが遅い、赤ちゃんとの視線が合わない、なかなか指先を使うことができないといった場合は、かかりつけの小児科に相談してみましょう。

赤ちゃんにハイハイさせるためにママができることは?

赤ちゃんにハイハイさせるためにママにできる一番のことは、ハイハイしないことを気にしすぎず、いつも笑顔で見守ってあげることです。仮に周りの子より遅れていても、赤ちゃんは毎日少しずつ着実に成長しています。

とはいえ、頭ではわかっていても、自分にできることがあるのならサポートしてあげたいと思うのが親心ですよね。ここからは、ハイハイするようになるコツを紹介していきます。

ただし、「やらなくてはならない!」ではなく、できることはやりつつ焦らず見守ることが大切です。

床を片付けてスペースを広く

まずは、赤ちゃんが自由に動き回れるスペースを作りましょう。ある程度のスペースができるように模様替えをしたり、なくても困らない家具や小物を片付けたりします。

家のスペースを広げられない場合は、広いスペースで遊べる児童館を利用するのもよいでしょう。

スペースを広く確保したら、今度は赤ちゃんが安全にハイハイできるように環境を整えていきましょう。

例えば、ハイハイする場所に角ばった家具や延長コードがないかをチェックしてみましょう。赤ちゃんが夢中になってハイハイをしているとテーブルや棚などの角に頭をぶつけてしまうこともあるからです。

そこで、角ばっている部分をガードするコーナークッションを施しておきます。延長コードが床を横断している場合は、壁際に沿って固定すると安心です。

また、赤ちゃんがハイハイする床は、コルクマットやクッションフロアなど柔らかめの素材がおすすめです。床をこまめに掃除して清潔にしておくことも忘れてはいけません。

パパやママがお手本を見せてみる

好奇心旺盛な赤ちゃんは真似っこが大好きです。パパやママがお手本を見せてみると、赤ちゃんも真似してハイハイをはじめるかもしれません。

パパやママが赤ちゃんの横で楽しそうにハイハイをしているのを見れば、自分も一緒にやってみたいと思うはずです。少し大げさにハイハイをすれば手足の動かし方もわかります。

兄弟がいる場合は、お兄ちゃんやお姉ちゃんがお手本になるのもよさそうです。

また、お友達がハイハイで楽しそうに動き回っているのを見せるのもよい刺激になります。周りにハイハイをするお友達がいないのであれば、児童館に行ってみましょう。

月齢の近い赤ちゃん同士で遊べるイベントを開催する児童館も多く、ほかのママと交流することもできます。赤ちゃんの月齢が近いママのお話が聞けると、いろいろ参考になりますよね。

赤ちゃんの「動きたい!」を引き出す

いつも赤ちゃんのことを気にかけ、赤ちゃんが快適に過ごせるよう先回りして万全の準備をしてあげていませんか。

赤ちゃんが見つめているおもちゃを持ってきてあげる、窓のほうを見ていたら抱っこして連れて行ってあげるなど…赤ちゃんの気持ちを理解して快適な環境を作ってあげられるのはとてもよいことです。

しかし、ハイハイをさせたいときは、少し控えたほうが赤ちゃんの「動きたい!」という気持ちを引き出せるかもしれません。

例えば、赤ちゃんがお気に入りのおもちゃを見つめていたら直接渡してあげるのではなく、少し前に置くというのもよい練習方法です。

抱っこをして欲しそうなときは少し前に座って「ママのところにおいで!」と声をかけてあげるのもよいでしょう。

ほかにも、鏡や絵本など赤ちゃんの興味を引きそうなものを、少し離れた場所に置いてみます。

はじめは上手く進めなくても、挑戦しようとする気持ちを引き出すことが大切です。赤ちゃんが頑張ったなら、たとえ進めなかったとしてもスキンシップを取りながら思い切り褒めてあげます。

また、赤ちゃんが不機嫌になったり泣き出したりしたらすぐに終了することも大切です。無理に練習をさせると「ハイハイ=嫌なこと」と認識してしまうからです。

赤ちゃんがハイハイするのを楽しみに見守ろう

赤ちゃんがハイハイをはじめるのは一般的に8カ月前後といわれていますが、これはあくまでも目安です。ハイハイ前後の過程も赤ちゃんによって異なるので、順番が違うからと不安に感じる必要はありません。

赤ちゃんがハイハイをしないのは赤ちゃんなりの理由があることも考えられます。ママはハイハイができるスペースを作る、ハイハイしたい気持ち刺激するのがポイントです。

ママが焦ると赤ちゃんにも伝わってしまいます。ママはそのときできるサポートをしつつ、「そのうちできる」と赤ちゃんがハイハイするのを楽しみに見守ってあげましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami