赤ちゃんが笑うのは生後いつから?笑顔のためにパパやママができること

赤ちゃんが笑うのは生後いつから?笑顔のためにパパやママができること

赤ちゃんが笑う表情はとてもかわいいものですが、「なかなか笑ってくれない」と心配しているパパやママもいることでしょう。

赤ちゃんは生後、どのくらいから笑うのでしょうか。また、赤ちゃんが笑うために、パパやママにできることはどんなことがあるのでしょうか。詳しくご紹介します!

赤ちゃんが笑う3つの成長段階

生後まもない赤ちゃんはまだ、「楽しい」とか「嬉しい」という感情を笑うことで表現できません。でもときどき、ニコッ! と笑顔を見せてくれることがありますよね。赤ちゃんが笑うのには、成長段階と関係があると言われており、大きく次の3つの成長段階に分けられます。

生後間もない生理的微笑

生後間もない赤ちゃんが笑っているのは、主に反射神経によるものです。まだ顔の筋肉を自由に動かすことができないので、反射神経により筋肉が動き、笑っているような表情になるのです。この現象は、赤ちゃんが胎内にいるときから始まっているとも言われています。

また、本能的に笑っているとも考えられています。生まれて間もない赤ちゃんは、パパやママにお世話をしてもらわないと生きていけません。少しでも可愛がってもらうために、本能的に笑顔を見せているとも言われているのです。

新生児期の新生児微笑

生後4週目くらいまでの新生児期にみられる笑顔です。すやすやと眠っているときに、ふいにニコッ! と笑うことがありますよね。これも、反射神経によるものです。授乳後や睡眠時にみられるため、満足感や心地良さで笑っているとも言われています。

生後2ヶ月頃の社会的微笑

生後2ヶ月頃に赤ちゃんが笑うのは、生理的微笑から発育した証拠です。外からの刺激に反応することを示しており、視覚の発達の現れでもあります。

人形や写真など、人の顔のようなものに対して笑うこともしばしば。しばらくすると、パパやママの顔も認識して、笑うようになるでしょう。だんだんと声を出して笑う姿も見られます。

赤ちゃんが笑う意味とは?

反射神経による生理的・本能的な笑顔や新生児微笑みを見せてくれる赤ちゃんですが、成長に応じてママやパパを認識し、社会的な笑顔に変化してきます。赤ちゃんが笑うことは、どんな意味をもたらすのでしょうか。

自尊心をはぐくむ

赤ちゃんがパパやママを認識し、笑顔を見せることは、パパとママにとって大切な赤ちゃんとのコミュニケーションです。

パパやママからやさしく話しかけられたり、触れ合ったりすることは、赤ちゃんに「愛されている」という自尊心をはぐくみます。日々のこのようなコミュニケーションは、赤ちゃんの情緒を安定させることにもつながります。

言葉の獲得につながる

赤ちゃんは成長するにつれて「キャッキャッ!」とか「ブーブー」と笑い声を出すようになります。

声を出して笑うことは、舌や喉の動かし方や息継ぎなど、言葉を発する際の体の使い方を自然と覚えることにつながります。この体の使い方が発語を促し、赤ちゃんはどんどんと言葉を獲得していくのです。

心身の健康につながる

パパやママとのスキンシップのなかで、赤ちゃんには楽しさや嬉しさの感情が芽生えていきます。この感情でストレスが減り、不快感や欲求不満などがなくなるので心身の健康につながります。

そのほかにも、笑うことは記憶力や免疫力を高めるともいわれています。笑うことは、健やかな成長のために非常に大切なプロセスなんですね。

赤ちゃんが笑うためにパパやママができることとは?

心身にたくさんの良い効果をもたらす赤ちゃんの笑顔。赤ちゃんが笑ってくれるだけで、見ている方は幸せな気持ちでいっぱいになりますよね。

「もっとたくさん赤ちゃんの笑顔が見たい!」そう思うパパやママもきっと多いことでしょう。赤ちゃんが笑うためにパパやママができることとは?ポイントを紹介します!

たくさんスキンシップをする

赤ちゃんが笑顔になるには、まず赤ちゃんに安心してもらうことが大切です。そして、赤ちゃんに積極的に話しかけたり、触ったりしてスキンシップをたくさんとると、赤ちゃんの情緒が安定し、豊かな感情が育ちます。

黄昏泣きをする赤ちゃんを抱っこして胸に密着させ、心音を聞かせると泣き止むことがあるように、スキンシップは赤ちゃんにとって安心感を高める非常に大切な接し方のひとつです。

赤ちゃんの笑顔を引き出すおすすめスキンシップの方法も、後ほど紹介します。

パパやママが笑って接する

赤ちゃんとスキンシップをする際に何より大切なのは、真顔ではなく、できるだけ笑顔で接することです。笑顔で話しかけられると、話しかけられた方は自然と笑顔になるもの。日ごろから積極的に笑顔で接することで、赤ちゃんの笑顔も増えていくでしょう。

赤ちゃんが笑顔になったときは、笑顔を返すようにすることも大事なポイントです。

赤ちゃんの興味を惹く音であやす

赤ちゃんは、身の回りのさまざまな音に反応します。パパやママの声だけでなく、足音やテレビの音など、身近な生活音は赤ちゃんにとってとっても刺激的。赤ちゃんの興味を惹くような音であやしてあげると、笑うことが多いのです。

でも、赤ちゃんによって興味のある音は違うので、赤ちゃんが反応する好きな音を見つけるとよいでしょう。音が鳴るおもちゃや、唇で「ぱっ」と音を出すのも効果的です。

赤ちゃんが笑うためのスキンシップを紹介

今すぐできる赤ちゃんが笑うおすすめのスキンシップ方法について紹介します。

体をくすぐる

パパやママの温もりを感じることで赤ちゃんは安心するため、自然と笑顔になります。体を優しくくすぐることも効果的。指先を小刻みに動かしてこちょこちょとくすぐると、笑いながら高い声を出して喜んでくれますよ。反射的に体もよく動かしてくれます。

赤ちゃんによってはツボがあるようなので、色んなところをくすぐってみましょう。ただし、触れるときは赤ちゃんの皮膚を傷つけないよう、小鳥をなでるように優しくくすぐることが大事です。

赤ちゃんの体を使って音を出す

赤ちゃんのお腹や足の裏などに口をつけて、「ぶー」という音を出してみてください。生後3ヶ月以降の赤ちゃんは、音の振動がくすぐったかったり、おもしろかったりして声を上げて笑うことがあります。

音にリズムをつけるとテンポが良くなって、ますます笑ってくれるように。音楽のように音程を変えて「ぶー」と音を出せば、赤ちゃんにも楽しさが伝わるようです。音を出すときはゆっくり優しく、息を出しましょう。

たかいたかいをする

赤ちゃんをあやす方法の定番のひとつ、「たかいたかい」も効果的です。体が上下する感覚が新鮮なのか、体を持ち上げると楽しそうに笑う赤ちゃんは多いです。

体を持ち上げたとき、何秒間かそのままの状態でストップし、赤ちゃんと目を合わせて笑ってみると、喜んで笑い返してくれますよ。いつもとは違う高さから見える景色も、赤ちゃんにとっては面白いものなのでしょう。ただし、強く持ち上げたり、何度も連続でやりすぎたりしないように注意しましょう。

いないいないばぁをする

これも定番のひとつです。顔を両手で覆い、「いないいない」と言って、大げさな顔で「ばぁ!」とすると、赤ちゃんはますます笑ってくれます。コツは、「いないいない」を少し溜めること。すると赤ちゃんは期待感が高まり、顔を見たときの喜びは一層増します。

連続でするときは、顔の表情を変えてリズミカルにやってみてください。赤ちゃんも顔を見るたびに、嬉しそうに笑ってくれますよ。ときには、赤ちゃんの目をそっと手で覆い、ぱっと離してみるのも良いでしょう。暗いところから突然パパやママの笑顔が現れる様子に、驚きと喜びが一緒になって、笑ってくれます。

口や足の裏をつんつんする

口や足の裏は皮膚が薄いのでくすぐったさを感じやすいのでしょう、指でつんつんすると笑顔になります。特に授乳後など満足な状態のときに、口をつんつんすると、「ばぁ!」と笑顔を見せてくれます。足の裏も同じです。

ご機嫌なときはまるで、「もっとして~!」とも言わんばかりに足をバタバタと動かして、興奮する様子も見られます。ただしこれも、赤ちゃんの皮膚を傷つけないよう、優しく触れましょう。

人形をつかってあやす

パパやママが話しかけること以外にも、時には人形を通じて話してみることも新鮮です。指人形や手が入れられる人形を赤ちゃんに向かって動かしてみましょう。

ポイントは、人形の動きに合わせて声を出すことです。声の大きさやトーンを変えて赤ちゃんの名前を呼んだり、動物の鳴き声を真似たりしてみると赤ちゃんはより興味を示し、笑ってくれますよ。

人形の動きにもバリエーションをつけると、飽きずに反応を示してくれます。赤ちゃんお気に入りの人形を見つけてあげて、試してみてください。

歌をうたってあげる

昔ながらの童謡には、赤ちゃんを笑わせる効果があります。「ちょうちょう」や「ぞうさん」など、定番の歌をうたってあげてみてください。赤ちゃんが聞き取れるよう、ゆっくりと優しい声でうたうのがポイント。

抱っこして、ゆらゆらと体を揺らしながらうたうのもより効果的です。歌声に合わせて手や足を動かし、よく笑ってくれますよ。

月齢の進んでいる赤ちゃんなら、「ひげじいさん」や「グーチョキパーでなにつくろう」など、手遊び歌をうたうのも良いでしょう。パパやママの手振りを真似して赤ちゃんも手を動かすようになるので、リズム感覚や表現力も養われます。

赤ちゃんがあまり笑わないけど心配ない?

赤ちゃんが生後3ヶ月ごろになっても、あまり笑わない気がする…と心配になるパパやママもいます。「発達に問題があるのかな」とか「どこか痛いのかな」と、不安になりますよね。中には、「育て方が悪いのかな」と自分を責めるパパやママもいます。笑わない赤ちゃん、心配ないのでしょうか。

笑う時期や反応には個人差がある

赤ちゃんが笑う成長段階についてすでにお話しした通りですが、その時期や反応には個人差があります。したがって、多くの場合は心配ありません。

よく、無表情だったり、声を出さなかったりする赤ちゃんは、発達障害ではないかと疑うパパやママもいるかと思いますが、発達障害の特性が現れ始めるのは3歳~5歳くらいからと言われています。生後まもない段階ではまだ、発達障害やその他の病気であるとは断定できないのです。

笑って欲しくて、頑張ってあれこれあやすのも、ときにパパとママは疲れてしまいますし、赤ちゃんにも負担がかかります。赤ちゃんにはそれぞれ成長スピードがありますので、慌てず様子を見ながらあやしましょう。

人見知りの時期は笑顔が見られなくなることがある

生後6ヶ月頃は、人見知りが始まる時期でもあります。見知らぬ人が近くにいると、表情が固まって泣いてしまうことも多いもの。中にはママのそばを離れず、パパでさえも嫌がる赤ちゃんもいます。おじいちゃん、おばあちゃんが相手をしようとすると激しく泣く赤ちゃんも。

人見知りは、ほとんどの赤ちゃんに見られる発達の過程です。その時期は何かと不機嫌で笑わないこともありますが、個性のひとつなので、過度な心配はいりません。泣いてしまうときは、先にお話ししたあやしかたを試してみてください。

どうしても気になる場合は専門医に相談してみる

あやしても全然反応しないなど、気になる様子がある場合は、ひとりで悩まずにかかりつけの専門医に相談してみましょう。自治体が開いている定期健診や育児相談のときに、保健婦さんに話したり、身近に開かれているママサークルなどで、先輩ママたちから話しをきかせてもらったりするのも良いかもしれません。

とくに初めての子育ての場合は、何かと不安を抱え込んでしまいがちです。第三者から的確なアドバイスをもらうことで悩みや困りごとが解消され、子育てのストレスも軽減されるでしょう。赤ちゃんの笑顔を引き出すあやしかたについても、教えてもらうことができますよ。

赤ちゃんが笑うような環境づくりとスキンシップが大切

周りの人を幸せにする赤ちゃんの笑顔。「天使の微笑み」ともいわれる赤ちゃんの笑顔は、無条件に可愛いものです。そんな笑顔とともに、健やかに成長して欲しい。ママやパパの何よりの願いでしょう。

赤ちゃんが楽しく笑い、スクスク育つためには、雰囲気づくりも大切です。日々赤ちゃんが過ごすベッドや部屋の中の照明やおもちゃの配置などに気を配り、赤ちゃんが安心できる環境にしてあげましょう。

そして、ママやパパが日ごろから笑顔で過ごし、積極的にスキンシップをとることで愛情が伝わり、赤ちゃんはより笑顔を見せてくれるようになります。

環境や接し方に気をつけているのになかなか笑ってくれなくても、成長段階には赤ちゃんそれぞれのスピードがあるので心配いりません。どうしても気になる場合は、専門医などに相談してみましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami