メンタルリープの時期や計算方法は?赤ちゃんの変化やママたちの体験談を紹介

メンタルリープの時期や計算方法は?赤ちゃんの変化やママたちの体験談を紹介

最終更新日 2021-03-07 by smarby編集部

赤ちゃんのぐずりに悩んでいるママやパパは多いのではないでしょうか。それはもしかすると、メンタルリープが原因かもしれません。この記事では、生後20週で10回起きるといわれているメンタルリープについて詳しく説明します。

メンタルリープを理解することで、イライラや不安を軽減することができるかもしれませんよ。何をしても赤ちゃんが泣き止まないと心配しているママ・パパは、ぜひ参考にしてください。

メンタルリープとは?

最近赤ちゃんがなかなか泣き止んでくれなくなった……と途方に暮れているのであれば、それはメンタルリープが原因かもしれません。

メンタルリープとは、赤ちゃんの知能が急激に発達することで、赤ちゃん自身がその成長に戸惑い、ぐずりやすくなる時期をいいます。生まれてから20ヶ月になるまで、2ヶ月に1回、合計10回程度あるといわれています。

メンタルリープの由来

メンタルリープは、オランダのFプローイュ博士が提唱した現象です。この知能の急激な成長にともなう”ぐずり期”のことを、博士は「ワンダーウィーク」と名付けました。35年以上にわたり観察をした結果、赤ちゃんが扱いにくくなる時期がどの子もほぼ同じであることを発見したのです。

そしてこの「ワンダーウィーク」を週齢ごとにまとめたのが、メンタルリープの始まりです。メンタルリープと呼ばれるようになったのは、博士が書いた本「不思議な週齢ワンダーウィークス」という本の日本語版が由来です。もともと博士は、心の成長期のことを「LEAP」と呼んでいました。

それを「メンタルリープ」と日本語訳者が訳したことにより、日本でもメンタルリープという言葉が広まったようですね。

メンタルリープの赤ちゃんの様子

メンタルリープの様子は、何をしても泣き止んでくれなくなったり、なかなか寝てくれなかったりと赤ちゃんによってさまざまな状態で現れます。個人差はあるものの、例えば以下の状態が見られたらメンタルリープと考えてよいでしょう。

  • 1度に何度も泣く
  • あやしても抱っこしても泣き止まない
  • ママから離れようとしない
  • ミルクやおっぱいを飲もうとしない
  • 寝てもすぐに目を覚ます
  • 夜泣きをする

とはいえ、これらは多くのママやパパが経験しているであろう、赤ちゃんにとって当たり前ともいえる現象です。つまり、赤ちゃんの原因不明のぐずりはこのメンタルリープによるものだったということがわかります。

メンタルリープのメリットとは?

育児がうまくいかなくて悩む前に、メンタルリープが原因かも?と考えることで冷静に対処できるかもしれません。ここでは、メンタルリープを理解することのメリットを、体験談を交えて紹介します。

メンタルリープは成長の証!過ぎてしまえばできなかったことができるように

メンタルリープは、赤ちゃんの知能が急激に発達する時期といわれています。生まれて間もない赤ちゃんにとっては、毎日が刺激的な出来事であふれているはず。目の前で起こるめまぐるしい変化による脳の成長に、赤ちゃん自身がついていけず、ぐずりにつながっているという考え方です。

そのため、メンタルリープを乗り越えるごとに赤ちゃんの能力は急激に成長します。今までできなかったことができるようになるので、パパやママの喜びや感動にもつながっていくんです。

ママの心の準備ができる

メンタルリープを理解することであらかじめぐずりの原因や時期がわかるため、心の準備ができるようになります。ママやパパも余裕を持って接することができるため、必要以上に不安になったりイライラしたりしなくてよくなることは大きなメリットといえるでしょう。

実際に、メンタルリープを理解したパパやママは以下のような準備ができたようです。

【体験談】

  • ぐずり期が予測できることで、お出かけの時期や予定を組みやすくなった
  • ぐずり期を乗り越えるために、自分へのご褒美のスィーツを備蓄した
  • 成長の指標になり、与えるおもちゃの参考にもできた

成長に気がつき対応できる

メンタルリープを理解すると、ぐずり期と同時に、赤ちゃんの典型的な行動パターンやそれらの対処方法もわかってきます。自分だけでなく赤ちゃんも頑張っているんだ、と感じられることで、より我が子を愛おしく感じられるようになるはずです。

【体験談】

  • メンタルリープを理解していたので、ぐずりの意味や対処方法がわかって育児がラクになった
  • 赤ちゃんが一生懸命新しい世界を模索しているように見えて、暖かい気持ちで見守れるようになった
  • よく泣いたりぐずったりするのは成長している証!と客観的に観察でき、育児を楽しめるようになった 

不安を解消できる

毎日の赤ちゃんのお世話や寝不足などで疲れ切っているところに、原因不明のぐずり……いつまで続くんだろう、と先の見えない不安に襲われてしまいますよね。

しかしメンタルリープを知っておけば、「そういう時期だから」と一種の諦めを持って接することができます。またいつ終わるかの目安もわかるので、もう少しの辛抱!と自分を励ますこともできるようになります。

【体験談】

  • 以前は、泣かせてばかりの悪いママだと自分を責めていたけど、そうでないことがわかって気持ちが随分ラクになった
  • 赤ちゃんも成長しているんだから、自分も成長しようと前向きな気持ちになった
  • できるだけ子供のことを理解して、広い心で受け止めるヒントになった

メンタルリープはいつからいつまで続くの?

赤ちゃんの急激な成長期であるメンタルリープはいつ頃はじまって、いつ頃終わるのでしょうか。期間や回数の目安を説明します。

生後1ヶ月頃から1歳8ケ月頃まで

「メンタルリープの由来」の項目で説明した、メンタルリープの提唱者であるFプローイュ博士のデータによると、赤ちゃんは生後20ヶ月の間にぐずぐず期が10回あるとされています。月齢でいうと、生後1ヶ月を過ぎた頃から1歳8ヶ月頃まで、ということです。この時期が過ぎれば我が子の急激な知能の発達がみられるとともに、育児も少しずつラクになっていきますよ。この10回のメンタルリープで起こる具体的な内容は、のちほど紹介します。

メンタルリープの計算方法

先ほどメンタルリープが始まるのは「生後1ヶ月頃から」と説明しましたが、実はメンタルリープは「生まれた日」からのカウントではなく、「出産予定日」からカウントすることがポイントです。例えば、予定日よりも1週間遅く生まれた場合には、その赤ちゃんの最初のメンタルリープは、生まれた日から計算するよりも1週間早く訪れるということです。わかりにくい場合は、「出産予定日から何週か」とだけ頭に入れておきましょう。

メンタルリープの10回の時期と特徴

ここでは、10回あるといわれているメンタルリープの具体的な時期とそれぞれの特徴を説明します。とはいえ、時期やぐずりの内容には個人差があるため、その通りの反応でないからといって心配する必要はないのでご安心ください。

出産予定日から5週頃|五感のリープ

生後間もない時に比べて、表情が少し出てくる時期です。体を触ると笑う、などの反応が見られることもあります。感覚を新たに獲得したことで赤ちゃんが戸惑い、ぐずりにつながっていると考えられています。

出産予定日から8週頃|パターンのリープ

「アー」「ウー」などの音を言えるようになる頃です。音の方向に顔をむけるなど、より一層周囲の出来事や変化を感じ取ったり、反応したりできるようになります。感覚がすぐれてきた反面、新しい世界に適応しきれず、ぐずりが出てしまうことがあります。

ここで大事なことは、ぐずった時にそのままにせず、しっかりと反応を示してあげることです。たとえ泣き止まなかったとしても、抱っこしたり、穏やかな声で話しかけたりしていることは、赤ちゃんには伝わっています。できるだけ成長を受け止め、優しい気持ちでアクションを起こしてあげるよう心がけましょう。

出産予定日から12週頃|推移のリープ

体重が増えふっくらしてくると同時に、首が座る赤ちゃんも出てくる頃です。この頃になると脳が発達し、夜まとまって寝てくれる子も増えてきます。夕方になると意味もなく泣いてしまう「たそがれ泣き」が出てくる子もいますよ。

夕方のもの悲しさとあいまってママも悲しくなってしまうかもしれませんが、赤ちゃんにとってそういう時期と割り切って、自分を責めないように過ごしましょう。

出産予定日から19週頃|出来事のリープ

つかもうとしたものがつかめるなど、距離感を理解しはじめる頃です。ブーブーやポッポーなどの音マネをすることもあり、いっきに五感の発達が進む時期でもあります。

多くの刺激を感じ取ることで寝つきが悪くなり、ぐずることが頻繁に出てくるのもこの頃。夕方などの遅い時間にはお昼寝をしないなど、できる範囲で生活リズムを整えておくことが大切です。

出産予定日から26週頃|関係のリープ

6ヶ月くらいの赤ちゃんから一般的に見られる、後追いや人見知り。これも、メンタルリープが原因で起こっているようです。知能が発達してママやパパをはっきり認識できるようになったからこそ起きる、知らないものへの恐怖心ともいえます。少しずつ慣れていけるよう、知らない人と接する機会を早めに設けるなどのサポートをしてあげましょう。

出産予定日から37週頃|分類のリープ

物などに対して「これは何か?」と分類しはじめる時期です。周りのものを投げたり、つぶしたりと自分なりの実験を繰り返すことで、それぞれがどのようなカテゴリーに分類するかを判別できるようになります。

同時に言語能力もアップし、少しずつ言葉を理解できるようになる時期でもあります。しかし脳の発達とは裏腹に、できないこともまだまだ多く、それがかんしゃくとなって現れることも。

また、後追いや人見知りがさらに激しくなり、夜泣きが強くなる傾向も見られます。「8ヶ月不安」ともいわれるこの時期は、扱いにくいと感じることも多いのですが、赤ちゃんを安心させてあげられるよう、スキンシップを特に意識してとるようにしましょう。

出産予定日から46週頃|順序のリープ

ものをなりふり構わず放り投げたり、バラバラにしたりしていた1つ前のリープとは打って変わり、今度はものごとの順序を理解しはじめるようになります。積み木や型はめなどのおもちゃに興味を示し、目的を達成するために順序を考えて取り組もうとするのです。

この頃になるとハイハイや伝い歩きなどの動きも増えてきます。お昼寝の時間が減るため、疲れすぎがぐずりの原因になることも。早めに寝る準備をととのえておくとよいでしょう。

出産予定日から55週頃|工程のリープ

1歳を過ぎたこの頃には自分で歩ける赤ちゃんも増え、行動範囲が広がります。感情表現が豊かになり、自分の要求が満たされないと駄々をこねるなど、ぐずりの幅も増えてきます。

出産予定日から64週頃|原則のリープ

自分のものと他人のものとの区別がついたり、自分の欲求をYES・NOで示したりできるようになります。ときには演技をしたり、ママの機嫌をとったりと雰囲気を読み取りながら行動を起こすことも。思い通りにならないとかみつくなど、暴力が出てくることもあります。

この時期は、ママやパパが社会のルールをしっかりと教えてあげることが重要なポイントです。ものごとを理解できるようになったこの時期に、周りの大人が良いことと悪いことを区別して教えることで、その後の社会性に大きく差が出てくるのだとか。ただ叱るだけでなく、できる範囲で、どうするべきかを一緒に考えてあげられるとでしょう。

出産予定日から75週頃|体系のリープ

価値観が芽生え、自己主張をするようになります。なんでも「自分でやりたい!」という気持ちも出てくるため、できるだけ自分でやらせてあげるようにしましょう。子供が自分でやるとなると何事も時間がかかるため、できるだけ時間に余裕を持った行動がおすすめです。

また、選択肢を出してあげると自分で選ぶこともできるようになります。ルールを教えつつも、意思を尊重してあげる……少し難しいですが、できるだけおおらかな気持ちで接することを心がけましょう。

メンタルリープの育児におすすめ!便利なアプリと本

実は、メンタルリープをかんたんに予測できるアプリがあるんです。出産予定日を登録しておけば、メンタルリープに入る時期が表示され、自分で計算しなくても知ることができてとっても便利。

また、ママやパパの強い味方になる、メンタルリープ公式育児書もあります。こちらも育児のバイブルとして持っておいて損はないので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

メンタルリープ公式育児書「ワンダーウィーク〜0歳児の8つのぐずり期を最大限に和らげて発達を促してあげる方法とは〜」

世界累計200万部を売り上げた世界的ベストセラーです。週齢にあわせたぐずり期を詳しく解説しています。メンタルリープの細かい内容まで理解できるため、赤ちゃんが喜ぶケアはもちろん、ママやパパの育児の不安解消にも役立ちます。

メンタルリープ公式アプリ「ワンダーウィーク」

上で紹介した、メンタルリープ公式育児書のアプリです。週齢単位でメンタルリープの時期が提示されるので、今の赤ちゃんの状態を一目で把握できます。また、それぞれのリープへの対処法やあやし方、適しているおもちゃ、ママ・パパのストレス解消法なども記載されています。

メンタルリープ公式アプリ|ワンダーウィークApp Store 

メンタルリープ公式アプリ|ワンダーウィークGoogle Playアプリ

メンタルリープを理解して赤ちゃんとの生活を楽しもう

赤ちゃんがなかなか泣きやまず、イライラしたり心配になったりするパパやママは少なくありません。しかしメンタルリープが原因と分かれば、赤ちゃんが成長している証拠と思えてむしろほっこりした気分になれるのではないでしょうか。

泣きやまなくても自分を責めなくて大丈夫。その後の成長を思い浮かべて、できるだけ穏やかな気持ちで過ごしましょう。また、目に見えて改善はしないかもしれませんが、コミュニケーションをしっかりとっていると赤ちゃんには気持ちが伝わるものです。優しく語りかけるなど、できる範囲のことをしてあげましょう。

我が子のメンタルリープ時期をあらかじめ知るには、先ほど紹介したアプリの活用もおすすめです。自分なりの不安な気持ちをラクにする方法で、かわいい赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami