男の子の小学校卒業式の服装は?スーツ、カーディガンなどおしゃれなおすすめアイテムを紹介

男の子の小学校卒業式の服装は?スーツ、カーディガンなどおしゃれなおすすめアイテムを紹介

男の子が小学校で卒業式を迎えるとき、どのような服装を準備すれば良いか困っているというママは多いものです。

女の子は袴やジャケットにスカートというイメージがありますが、男の子はフォーマルなスーツが良いのか、少しカジュアルダウンするとしたらどんなパターンがあるのか悩んでしまいますよね。

そこで、小学生男児の卒業式におすすめの服装についてご紹介します。

まずは小学校卒業式での男児の服装の選び方を解説。次にフォーマルスーツ、シャツやジャケット、パンツなどの単品商品、ネクタイなどのおすすめ小物、袴などのおすすめアイテムをご紹介します。これを読めば、きっと小学校卒業式の準備がはかどるはず!

【男の子向け】小学校卒業式の服装の選び方

人生に一度きりの小学校の卒業式。「バッチリおしゃれに決めたい」「スーツはあまり着ないから安く済ませたい」など親としての希望もありますよね。しかし、自分たちの思いだけで選んだら、周りから浮いてしまったなんてことにもなりかねません。

卒業式の服装を選ぶときは、その学校の去年の卒業式がどんな感じだったかを事前にリサーチするのがおすすめ。それを踏まえて、以下のポイントを押さえて選びましょう。

フォーマルスーツ

フォーマルスーツはあらたまった席で着用するスーツです。卒業式だけではなく、冠婚葬祭、発表会、表彰式などにも使えるので、持っていて損はありません。

小学校の卒業式向けのフォーマルスーツには、ジャケット、パンツのほかにシャツやネクタイ・ポケットチーフなどのアイテムがセットになっているものがおすすめ。コーディネートに困りません。

ジャケット+チノパン

フォーマルスーツではかしこまりすぎるから、もう少しカジュアルにしたいという場合は、ジャケットにチノパンを合わせたコーディネートはいかがでしょう。

ジャケットできちんとした雰囲気を保ちつつも、気取りすぎないリラックスした雰囲気を演出できます。ジャケットの中は色や柄のあるシャツを合わせたり、ニットベストを組み合わせるのもおすすめ!トラッドな雰囲気が出ますよ。

きちんと感をアップさせたいときは、ネクタイやローファーなどのアイテムを加えると、よりフォーマルに仕上がります。

カーディガン+パンツ

通っている小学校の卒業式がカジュアルめで、スーツは少数派、という人におすすめなのが、ジャケットを着ずにカーディガンとパンツを合わせるコーディネートです。動きやすいので、窮屈さが苦手な男の子にもおすすめです。

ただし、カーディガンの色柄によってはカジュアル過ぎる印象に。ネイビー、グレー、茶系など落ち着いた色合いで、清潔感のあるシンプルなデザインのものを選びましょう。

最近では卒業式で袴を着る女の子が多いですよね。女の子の袴人気に合わせて、男児の袴も注目されています。日本男児らしく、凛々しくかっこいい服装がしたいという人にはおすすめです。

自宅でも着せやすいような簡単な作りになっていたり、着付け手順がついているものも。袴を着せるとトイレに困るのでは?と心配するママも多いかもしれませんが、最近ではズボン型の馬乗袴やスカート型の行灯袴(あんどんばかま)も販売されています。

子どもの好みから選ぶ

小学校の卒業式の雰囲気が比較的自由で、スーツあり、カジュアルあり、袴ありということもありますよね。

親がこれを着せたい!と思っても、子どもが嫌がったり、友だちとお揃いの雰囲気のものを着たがったりします。あまり無理強いをせず、親子でしっかりと話し合いをして決めるのがおすすめです。

いくつかの候補を選んで、子どもに決めてもらうのも良いでしょう。小学校卒業ともなると、子どもの記憶にもしっかり刻まれるので、お互いに納得したものを選びたいですね。

予算から選ぶ

小学校の卒業式は一度きり。中学校の入学式は制服がほとんどなので、卒業式が終わったら準備した服を着る機会がないという人も多いですよね。一度しか着ないのか、習い事などの発表会やフォーマルな集まりなどで今後も着る予定があるのかを検討してから購入することをおすすめします。

一度しか着ないという場合はレンタルするという手も。ただし、レンタル料金もさまざまです。実は買ったほうが安かったということもあるので、予算を決めてから購入かレンタルかを検討すると良いでしょう。

男の子の卒業式におすすめのスーツ

フォーマルスーツを揃えれば、上下のコーディネートも安心!小学校の卒業式におすすめのスーツをご紹介します。

【Catherin Cottage(キャサリンコテージ)】大人っぽいエレガントスーツ 

英国風オーダーメイドスーツの手法で仕立てた立体縫製なので、シルエットがかっこいいと評判のスーツ。素材や仕立て、アイロンワークにまでこだわり、ていねいに作られているだけあって、いつもはちょっとやんちゃな男の子もエレガントにきまります。生地は黒か紺で、ネクタイとのコーディネートは5タイプから選択可能。

ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフがついているので、靴さえあれば届いたその日に着られますよ。サイズは140~165cmで展開。

【ROBE(ローブ)】すっきりスマートなシンプルスーツ

ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフがセットになったフォーマルスーツです。スーツ生地は黒かグレーで4つのタイプから選べます。気取りすぎずカジュアルでもないシンプルなデザインが人気。5点セットなのに1万円もしない安さも魅力です。

サイズ展開が豊富なのも特徴的。通常・ゆったり・もっとゆったり・さらにもっとゆったりの4タイプから選択可能です。

【GENERATOR(ジェネレーター)】カジュアルスーツ

近年人気のポンチ素材を使用したカジュアルタイプのスーツです。着心地が良く、しわになりにくいのが特徴。家で洗濯可能なので、普段着としても着まわせます。

シャツやネクタイと合わせればきちんとして見えますが、普段着として着るならTシャツと合わせるのもおすすめ。スーツはグレーですが、裏地が黄色なので袖や裾をまくればさらにおしゃれに見えますよ。サイズは110~160cmを用意。

【CHOPIN(ショパン)】サテントリミングスーツ

スーツのピークドラペル(襟部分)をサテンでトリミングした華やかなスーツです。シンプルな黒のスーツですが、サテン使いや細めのネクタイの効果によってシャープな印象を与えます。

ジャケット 、 シャツ 、 パンツ、ネクタイ、ポケットチーフ、ピンバッチの豪華6点セット。ほかの人と差をつけたいという人におすすめです。140~170cmと幅広いサイズ展開で、背が高い子にも安心。

【ROBE(ローブ)】ベスト付きできちんと感アップ

ジャケット 、ベスト、 シャツ 、パンツ、ネクタイ、ポケットチーフの6点セットです。ベストがつくことによって、上質感やきちんと感がアップします。全10タイプで、シンプルな無地のスーツからストライプやチェックまで種類が豊富なのも特徴。

サイズは140~170cmまで10cm刻みの4種類。大きめの男の子にも安心のサイズ展開です。

男の子の卒業式におすすめのジャケット、シャツ、パンツ

手持ちの服に合わせたいという人はジャケットやシャツなど単品アイテムを選ぶのがおすすめです。

【GLAZOS(グラソス)】ストレッチ・テーラードジャケット

シンプルな黒のジャケットです。フェイクは一切なしで、細かい部分まで本格的にこだわっています。程よい深さの胸ポケットやスーツの定番である袖の3つボタンなど、大人のスーツのような仕上がり。

ユーザーの声を反映し、ゆとりがあった肩部分をフィットする仕様に変更。着心地が良いのにすっきり見えると評判です。サイズは150~170cm。

【GENERATOR(ジェネレーター)】ドットシャツ

GENERATOR(ジェネレーター)は「大人がうらやむ子供服」がコンセプト。モノトーンカラーのスーツと合わせやすいドット柄のシャツは、細身シルエットでシャープに着こなせそう。

クールにかっこよくスーツを着こなしたいという人におすすめのシャツです。シンプルな柄なので、ちょっとおめかししたい日の普段着としても愛用できそうですね。サイズは110~140cm。

【L.COPECK(エルコペック)】 定番チノパン

ストレッチチノを使用した定番のチノパンです。前開きですが、半分がゴムなので履きやすいのが特徴。有名ブランドの製品を請け負う縫製工場から直接仕入れているので、リーズナブルでも品質がいいのが魅力です。

サイズは130~170cm。ジャケットやカーディガンとも合わせやすいシンプルなデザインなので、普段着としてもヘビロテできそう!

【J.PRESS KIDS(ジェイプレスキッズ)】カーディガン

トラディショナルブランドとして人気のJ.PRESS(ジェイプレス)。そのキッズラインのカーディガンは、着るだけできちんとして見えます。ラインのデザインとメタリオンボタンがアクセント。

サイズは150~170cm。ベーシックなデザインで、アウター感覚で着こなせそう。卒業式で着るだけではなく、食事会やお出かけにも使えますよ。

小物も凛々しくおしゃれにまとめよう

卒業式ではネクタイや靴などの小物にも気を配りたいもの。いつもよりちょっと背伸びできそうなおしゃれ小物をご紹介します。

【GLAZOS(グラソス)】 ネクタイ

ネクタイを結ぶのが苦手な人でも簡単に着脱できるネクタイです。アジャスター調整できるので、子どもでも着用したまま簡単に調節できます。定番のドットやブルーストライプ柄に加え、落ち着いた赤色のストライプ柄の3タイプから選択可能。

サイズはS(120~140cm用)とM(150~160cm用)の2種類があります。

フォーマルシューズ 紐タイプ

フォーマルスーツを準備しても、使い古した靴で残念……ということはよくあります。心配な場合は、どのスーツにもマッチしやすいシンプルな紐タイプの黒のフォーマルシューズを用意しておきましょう。

光沢があるタイプとないタイプから選べ、サイズは20~24cmまで0.5cm刻みで展開しています。きちんとして見えるのに安くで購入できるのがうれしいですね。

男の子の卒業式におすすめの袴

小学校の卒業式には袴を着たいという人におすすめしたい羽織袴のセットをご紹介します。

【Catherin Cottage(キャサリンコテージ)】着付け簡単羽織袴セット

羽織、着物、袴、長襦袢、懐剣、お守り、羽織紐、帯と必要なものが全部セットになっています。結ぶのが難しい帯はマジックテープで留めるだけなので簡単。着付けの手順が書かれた説明書も同梱されているので、初めての袴でも安心です。

サイズは100cmから165cmまで6段階で展開。袴はスカート型の行灯袴(あんどんばかま)です。お手洗いにも行きやすいので安心ですね。

お気に入りのファッションで思い出に残る卒業式を

小学校の卒業式は人生に一度きり。お気に入りのファッションで参加した卒業式は、親子の思い出にも友だちとの記念写真にもしっかり残ります。せっかく選ぶなら親子で納得したお気に入りのものを着たいですよね。

フォーマル、カジュアル、袴などさまざまなタイプの卒業式ファッションがあるので、好みのスタイルを選びましょう。

小学校の雰囲気や親子の好みで、大切な一着を楽しみながら選んでくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami