生後6ヶ月の赤ちゃんの服装は?春夏秋冬の着せ方やおすすめアイテムを紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんの服装は?春夏秋冬の着せ方やおすすめアイテムを紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝返りができるようになったり、少しの間ならおすわりができるようになってきたりします。寝返りができるようになると、寝かせていた場所から思いもよらない場所まで移動していて、ママがびっくりすることもあるかもしれませんね。

おすわりができるようになると、ねんねのときよりも赤ちゃん自身の視線が高くなり、ものの認知の仕方や遊びに幅が出てきます。また、赤ちゃんが生後6ヶ月頃になると、離乳食を始めるママも増えてくるでしょう。

そんな生後6ヶ月の赤ちゃんにはどのような服装を選べばよいのでしょうか。洋服を選ぶときのサイズの目安も知っておきたいですね。今回は、生後6ヶ月の赤ちゃんにおすすめの季節ごとの洋服・肌着の選び方や、ママが楽にお世話できるコーデなどを紹介します。

生後6ヶ月の赤ちゃんにおすすめの服装

まずは、生後6ヶ月の赤ちゃんにどのような洋服を着せればよいのかを紹介します。

サイズは70cmが目安

生後6ヶ月頃の赤ちゃんの洋服のサイズは70cmが目安。1歳頃は80cmが目安となります。洋服のタイプにもよりますが、80cmのサイズを選ぶと、袖を少し折ったりしながら、1歳まで長く着られるでしょう。帽子のサイズは、生後6~12ヶ月で44~46cm、靴下のサイズは9~12cmがそれぞれ目安です。

ただし、赤ちゃんの身長や体重などは個人差があります。洋服は同じサイズ表記でもメーカー・ブランドによって大きめ、小さめなどサイズ感が異なるため、体に合わせてみたり、可能であれば試着させたりしてから購入すると安心です。

上下セパレートだとおむつ替えが楽チン

生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝返りをするようになり、腰もしっかりしてきて、少しの間ならママが支えてあげなくてもおすわりができるようになってきます。手足をさかんに動かすようになり、おむつ替えのときにもなかなかじっとしてくれなくなるので、おむつ替えのたびにママは元気いっぱいの赤ちゃんと格闘しなければいけません。

そのため、ボタンがたくさんついたカバーオールを着せていると、着替えにも時間がかかって大変。よだれが多くなり、離乳食を始める時期とも重なることから、1日のうちに何度も着替えさせることになるでしょう。

上下セパレートの洋服なら汚れてしまった上か下だけを着替えさせればよいので、お出かけのときにもすぐに対応できて楽です。

赤ちゃんならではのカバーオールも楽しみたい

股下までの長さのロンパースや膝丈、足先までつながっているつなぎタイプのカバーオールは、赤ちゃんのときしか着せられない洋服です。ロンパースやカバーオールを着た赤ちゃんには、この時期だけに特有のかわいらしさがありますよね。

せっかくなので、その時期を存分に楽しみましょう!ロンパースやカバーオールはホームウェアにしたり、寝るときのパジャマとして着せてあげたりするといいですね。

1枚で上下を兼ねているので洗濯物が少なく済みますし、動き回ってもお腹が出てしまうことがないので、ママも安心です。

【季節別】生後6ヶ月の赤ちゃんの洋服の着せ方

ここからは、生後6ヶ月の赤ちゃんにどのような洋服を着せたらいいのかを季節ごとに紹介します。

<春>(最高気温12度~26度程度)

室内/ランニングボディ肌着+長袖Tシャツ+七分丈パンツ、またはスカート 

お出かけ時/ランニングボディ肌着+長袖Tシャツ+十分丈パンツ、またはスカート+スパッツ(調整用:カーディガンまたは薄手のアウター)

室内で過ごすときは、股下をボタンで留められるランニングボディ肌着を着せ、トップスに長袖のTシャツ、下は七分丈のパンツもしくはスカートを着せます。ランニングボディ肌着は上からかぶれるものだと着せ替えが楽ですよ。

お出かけのときは、ランニングボディ肌着にセパレートの洋服を着せましょう。春は日によって肌寒いときと汗ばむときがあり、服装選びが難しい季節です。アウターに着るものは、気温が20度以下なら長袖を、20度を超えるようなら半袖を着せ、体温調節のために薄手のカーディガンを持っていくと重宝します。

<夏>(最高気温28度以上)

室内/ランニングボディ肌着+Tシャツ+短パンまたはスカート

お出かけ時/ランニングボディ肌着+Tシャツ+短パンまたはスカート+帽子(エアコンなどの調整用に薄手のカーディガン)

室内で過ごすときは、ランニングボディ肌着の上に半袖Tシャツと短パンもしくはスカートを履かせるのが基本スタイルです。

真夏でも電車の中やお店に入ったときなどにクーラーが効いていて寒い場合があるので、さっと羽織れるように薄手のカーディガンを持っていると便利です。また、熱中症や紫外線対策として帽子も忘れずにかぶせてあげましょう。

<秋>(最高気温18度~27度程度)

室内/半袖のボディ肌着+カバーオール(調整用:カーディガン)

お出かけ時/半袖のボディ肌着+長袖Tシャツまたはトレーナー(調整用:カーディガンやウィンドブレーカー)

室内で過ごすときは、半袖のボディ肌着の上にカバーオールを着せて保温性に気を配ってあげましょう。肌寒いときはカーディガンで調節。お出かけのときは、半袖のボディ肌着の上に長袖のTシャツや薄手のトレーナーと長ズボンを着せましょう。

秋は朝晩に冷え込んで冷たい風が吹くことがあるので、お出かけのときはウィンドブレーカーを持っていると風よけにもなりますし、コンパクトにたためるので荷物になりにくく便利です。

<冬>(最高気温10度~12度程度)

室内/半袖のボディ肌着+トレーナー+パンツまたはスカート+タイツ

お出かけ時/半袖のボディ肌着+トレーナー+パンツまたはスカート+タイツ+ポンチョ

室内で過ごすときは、半袖のボディ肌着の上にトレーナーを着せ、下はパンツもしくはスカートとタイツを履かせてあげましょう。身体を冷やさないようにすることがポイントです。肌着やトレーナーは裏地に起毛素材が使われている厚手の生地やキルト生地など、冬向けの暖かい素材を選びましょう。

お出かけのときは、半袖のボディ肌着の上にトレーナー、パンツまたはスカートとタイツを履かせます。上に羽織るものは頭からかぶれるポンチョだと脱着させやすくて便利です。

生後6ヶ月の赤ちゃんにおすすめのアイテム

それでは、生後6ヶ月の赤ちゃんのかわいらしさを引き立てるおすすめのアイテムを紹介します。

お腹が出なくて安心♪ボディ肌着

股にスナップがついたボディ肌着はどんなに動いてもお腹が出ないので、動きが活発になってくるこの時期の赤ちゃんの基本アイテム。おむつ替えも楽にできるのが、ママにとって嬉しいポイントです。

ランニングタイプと半袖タイプがあるので、季節に合わせて選びましょう。真冬の寒い日には長袖タイプを着せてあげると暖かく過ごせます。

まあるいお尻がかわいい♡ブルマ

おむつの上からさっと履かせることができ、お腹も冷やさないのでとても便利なアイテムです。足口にもゴムが入っており、ぷっくりとしたまあるいフォルムが赤ちゃんのかわいらしさを引き立ててくれます。

やや透け感のある生地なので、ボディ肌着やロンパース、タイツの上に履かせてあげるといいでしょう。夏ならパンツ替わりにもなりますよ。デザインも豊富なので、何枚か揃えておきたいですね。ねんねの赤ちゃんから3歳頃まで長く使えるのも魅力です。

オムツでも履かせやすい!モンキーパンツ

お尻まわりがゆったりしているので、おむつの赤ちゃんにも履かせやすいのがモンキーパンツ。

こちらはインド製のオーガニックコットンで作られているので、敏感な赤ちゃんの肌にも安心して履かせられます。ラビットやライオンなど、たくさんの動物たちが賑やかに描かれた楽しいデザイン。イエロー系なので、男の子にも女の子にも使えますよ。

足首も締め付けないように、すとんとした形になっているので、履き心地が良さそう。ギフトにもおすすめです。

ロングシーズン着られるサロペットやキャミオール

サロペットは、中に着るものを替えればロングシーズン着用できるのが特徴。どんなに動いてもお腹が出ないので、冷えることがなく安心です。男の子の普段着に大活躍のアイテムです。

この時期の女の子にたくさん着せてあげたいのがキャミオール。ロンパースやTシャツに合わせれば、おしゃれなお出かけコーデになりますよ。ぷっくりとした形が赤ちゃんのかわいらしさをより一層引き立ててくれます。

生後6ヶ月の赤ちゃんの外出時の体温調節におすすめのアイテム

生後6ヶ月の赤ちゃんとお出かけするときに、体温調節のためにあると便利なおすすめアイテムを紹介します。

靴下

夏でも冷房が効いた電車内やお店の中などでは寒く感じることもあります。そんなときに靴下を持っていると、さっと履かせられて便利です。

こちらは、まるでバレエシューズを履いているかのようなおしゃれなデザインの靴下。まだ歩かない赤ちゃんの靴の代わりにぴったりですね。足の大きさに合わせて伸びる素材が使われているので、靴下が大きすぎて脱げてしまったり、小さすぎて入らなかったりすることもなく、履き心地も良さそうです。

ベスト

気温の変動や周囲の状況に合わせてさっと羽織れるベストは、かさばらないのでお出かけのときに重宝なアイテムです。

袖がついた上着を着ると動きにくくなるので、なかなかすんなり着てくれない赤ちゃんもいます。ベストなら腕の動きが妨げられないので嫌がらずに着てくれそう。胴体の部分に1枚重ねるだけで、寒さは随分和らぎますよ。

お出かけのときだけでなく、家の中でも少し肌寒く感じたときに大活躍します。

ポンチョ

ポンチョはコートとは違って、上からすっぽりとかぶせるだけで簡単に着せられます。ふわふわとしたボアの生地とフードについた耳がまるで本物の猫みたいなかわいらしさ。フードの後ろにはスナップでしっぽも付けられるようになっています。

後姿でもキュートさをアピールしてくれるので、冬のお出かけが楽しみになりそうですね。お揃いのちびねこパンツと合わせると暖かく、注目度も抜群です。生後6ヶ月~2歳頃まで長く使えるのも嬉しいポイント。

生後6ヶ月のかわいい時期をおしゃれな服で満喫しよう

生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝返りやおすわりができるようになり、ねんねの頃より少し活発に動くようになってきます。おむつ替えがしやすく汚れたときもさっと着替えさせられる上下分かれたセパレートを着せ始めるママも多い頃。

一方、赤ちゃんの頃しか着られないカバーオールやロンパースもまだ大活躍です。赤ちゃんの洋服は、小さい頃しか着られないものもたくさんあります。この時期ならではの赤ちゃんのかわいらしさを引き立ててくれるおしゃれな洋服を着せて、ママも赤ちゃんとの毎日を楽しみましょう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami