七草粥はいつ食べる?食べる意味や効能、おすすめレシピも解説!

七草粥はいつ食べる?食べる意味や効能、おすすめレシピも解説!

七草粥は日本の食文化であり、季節の習慣です。子どもに日本の風習を伝えたい、教えたいとの思いから、今年こそ作ってみよう!という人もいるのではないでしょうか?

この記事では、七草粥の意味や効能のほか、おすすめレシピも紹介しています。子どもに教えながら食べるもよし、一緒に作るもよし!ぜひ楽しいひとときの参考にしてください。

七草粥とは?

1月7日は七草粥の日として知られていますね。

春の七草とは「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」の7種の野草。かつては畑や川原、野道で探しながら摘んできたものを料理していたようですが、現在ではスーパーなどで「七草セット」としてパック売りされていますね。

「ドライ七草」という乾燥させた七草も販売されていて、七草粥は手軽に作れるようになりました。

七草粥はいつ食べる?

一般的に七草粥は1月7日に食べます。地域によっては小正月の1月15日や、月遅れの2月7日に食べられることも。特に食べる時間までは決まっていませんが、七草粥は朝食として食べることが多いようです。

七草粥は、日本の風習と中国の節句の考えが融合したものと考えられています。

古来日本には7種類の食材を食べて健康を願うという考えがありました。さらには野草の生命力を自らに取り入れようと、若菜を摘んで食していたそうです。

また、昔中国では新しい年が始まる1月を特別な月とし、元日から六日までの各日にそれぞれ鶏、狗(いぬ)、羊、いのしし、牛、馬を占い、その占いの対象となるその動物を大切にする習わしがありました。そして7日目は人を占い「人を大切にする日」とし、これを「人日(じんじつ)」という節句としました。

これらが合わさり、1月7日は「七草の節句」という風習になったと言われています。日本では3月3日「桃の節句」や5月5日「端午の節句」などと同様に、伝統的な年間行事「五節句」のひとつです。

なぜ七草粥を食べるの?

1月7日が節句のひとつということはわかりましたが、ではどうして七草をおかゆにして食べるのでしょうか?

1月7日に七草粥を食べるということは、実に理にかなったことなのです。なぜ食べるのか、主に3つの理由があるので紹介します。

理由その1:お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を労うため

お正月はおせち料理やお雑煮といったごちそうがたくさんありますね。お屠蘇(おとそ)を皮切りに、昼間からお酒を飲むことも多いでしょう。日頃とは違う食事や飲酒によって1月7日になる頃には胃腸が重くなったり、疲れが出たりすることも。

そこでお正月に酷使した胃腸を労わるためにも、消化の良いおかゆを1月7日に食べるようになったといわれています。おかゆは病中病後にも食べる胃に負担をかけない食事ですから、お正月の疲れた胃にも優しいのですね。

さらにおかゆに加えるのは野草だけですから、過剰なたんぱく質や脂質などがなく、しっかり胃腸をリセットできます。

理由その2:冬に不足しがちな栄養素を補うため

現代では季節に関係なく、いつでも新鮮な野菜が手に入ります。しかしそれも昭和の後半になってからのことで、昔はお正月の時期に葉物野菜は貴重品でした。当然ながら、野菜不足になりやすくビタミンやミネラルなどが不足しがちだったのでしょう。

そこで1月の寒い時期でも芽吹いて葉をつける七草は、この季節の野菜不足を補う食材でもありました。詳しい栄養素は後の項目で説明しますが、風邪をひきやすく免疫力が下がる冬には、重宝したのです。

七草は、いわば日本のハーブ。おかゆにして食べることで栄養補給ができ、お正月で胃腸が疲れた頃にいただくのは理にかなっていると言えるでしょう。

理由その3:無病息災を願うため

春の七草は、これから大寒を迎える時期にあっても力強く芽吹くことから、邪気を払うとされました。その邪気を払う「気」を食べることによってもらい、1年間の無病息災を願ったのです。

それぞれの節句には無病息災を願って節句料理を食べるという風習もあり、1年間健康に過ごせますようにという、人々の願いが込められているのですね。

昔は七草をまないたの上で刻む回数も決められていたところもあるそうで、おまじないや祈りの意味合いも込められていたようです。とはいえ、1月7日に七草粥を食べるのはとても合理的なので、現代の日本にも伝わっているのでしょう。

春の七草、その効能は?

子どもの頃「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」と、春の七草を頑張って覚えた人もいるのでは?ここでは七草のそれぞれの説明をしていきます。

「実はこの野草って○○だったんだ!」という、身近な冬野菜があったり、道の脇に生えていてよく遊んだ草だったりして興味深いですよ。

一つひとつの効能や縁起を紹介しますので、七草粥を食べる時にご家族やお子さんに教えてあげてくださいね。

セリ(せり、芹)

セリは白くかわいい花を咲かせる野草です。栄養素は鉄分が多く含まれており、造血作用が期待できるので、妊娠中の人にもおすすめ。

さらに体温を上げたり発汗を促したりする効果もあるので、風邪の時にもよいでしょう。他にもビタミンCやカルシウムなどを含み、栄養価が高いことで古くから親しまれてきました。

漢字では「芹」と書きますが、1カ所に競り合う(せりあう)ように生えることから、セリという名前が付いたという言われがあります。競争に競り勝つ、という意味合いが、この時期の受験生にも縁起のよい食材ですね。

和え物や天ぷらにしても美味しいですよ!

ナズナ(なずな、薺)

別名を「ペンペン草」としても知られるナズナは、子どもの頃に細い茎の先についた三角の部分をガラガラと鳴らして遊んだ人も多いのではないでしょうか?実はあの部分は、ナズナの果実です。

生命力が旺盛で、どこにでも生えているので食べられる野草だとはあまり知られていませんが、熱を下げたり、利尿作用があったりして民間療法で薬として使われていたこともあるようです。

ナズナには「なでて汚れを取り除く」という意味や「撫菜(なでな)」が語源と言われています。寒い時期は地面にピタリと葉を広げて効率的に光合成を行い越冬します。力強いですね。

ゴギョウ(ごぎょう、御形)

ゴギョウは母子草(ハハコグサ)とも呼ばれています。葉や茎など全体的に白い綿毛が生えていて「ほうけだつ」から「ほうこぐさ」と呼ばれ、それが転訛して「母子草」になりました。

母子草は元々草餅に使われていました。その母子草を使った草餅を「母子餅」と呼び、3月3日のひな祭りのときに雛人形にお供えしていました。時を経るごとに雛人形を御形(おぎょう)と呼んでいたものが、だんだん母子餅の材料を「オギョウ」と呼ぶようになったと言われています。

また「御形」とは仏様のからだを表すともされ、縁起がよい野草として愛されてきました。

ゴギョウは咳止めや痰を切る効能があり、ハーブティーにして飲むこともあるそうです。

ハコベラ(はこべら、繁縷)

ハコベラの語源は諸説あり、「繁栄がはびこる」「蔓延芽叢(はびこりめむら)」「歯覆(はこぼるる)」などから転訛したものと言われています。繁栄を願う縁起ものなのですね。

実はハコベラの原産はユーラシアで、農耕によって世界中に広まった植物なのだとか。英語では「chickweed(ヒヨコ草)」と呼ばれ、世界に約120もの種類があるとされています。

たんぱく質やカルシウムの他に、鉄などのミネラルも多く含み、腸を整える、止血などの作用があります。また昔はハコベラの汁で歯を磨いていたそうで、まさに天然の歯みがき粉ですね。

ホトケノザ(ほとけのざ、仏の座)

タンポポに似ている葉の形状が、仏様が座る「安座(蓮座)」に似ているのでこの名前が付きました。名前のごとく縁起がよいとされ、地面に放射状に葉を広げる姿が愛されてきました。

注意したいのは、春の七草におけるホトケノザは「コオニタビラコ」という植物のことです。道端に群生している紫の花のホトケノザと混同されがちですが、こちらは食用ではないので注意してくださいね。

ホトケノザはキク科の植物で食物繊維が豊富に含まれています。胃腸の働きをサポートするほか、高血圧の予防にもよいとされています。お正月に疲れた胃腸をスッキリさせてくれそうです。

スズナ(すずな、菘)

スズナはアブラナ科の越年草で、現在では「カブ」のことを指します。鈴のような根を、神を呼ぶ鈴に見立てて「鈴菜」と書いたことが語源と言われています。スズナは黄色い花をつけますが、咲き方も葉の形も菜の花にそっくりです。根を確認しないと区別がつかないほど、よく似ています。

七草粥では根の部分だけでなく、茎や葉の部分まで入れるのが一般的。両方に含まれる栄養素がそれぞれ違うので、無駄なく栄養を摂ることができます。茎にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨量の低下を予防できるでしょう。白い根の部分にはジアスターゼやアミラーゼが多く含まれ、消化を助けてくれます。

スズシロ(すずしろ、蘿蔔)

スズシロは「大根」のことです。春の七草のうち、現代でも食べられているのはスズナとスズシロだけですが、七草粥で食べるスズシロは驚くほどのミニサイズ。スズナ同様、葉や根も一緒に食べます。

スズシロは「清白」「涼白」とも書き、「涼しい」「清涼」の意と根の白さからその名前が付いたとされます。根だけでなく花も真っ白で「汚れのなき純白」として穢れを払う意味もあったようです。

スズシロにはビタミンA、ビタミンC、食物繊維、フラボノイド、ジアスターゼ、アミラーゼが含まれ、根と葉の両方を食べることで豊富な栄養素を摂ることができます。消化不良や二日酔いにもよく、頭痛や発熱など風邪の症状にも効果が期待できます。

地域によって入れる食材が違う

七草粥は日本の風習とはいえ、各地で食材や習慣も違うようです。「なるほど」と思える地域の理由もあるので、いくつか紹介します。

東北地方では、お正月はまだ雪深い季節。七草を手に入れることが難しいために、そもそも七草粥の風習がない地域もあるようです。山形県では七草の代わりにゴボウ、ニンジン、里芋、油揚げなどを入れた納豆汁を1月7日に食べるのだとか。

関東地方でも、埼玉県や茨城県、千葉県あたりではスズナが小松菜やアブラナになることもあります。細かく刻んで入れるので、味はそう変わらないかもしれませんね。

山間部である信州もやはり寒さのために七草が揃わず、ゴボウ、ニンジン、レンコン、セリ、ナズナ、カブ、大根の7種類を入れる地域があるそうです。

中部や北陸では七草の他に小豆の入ったぜんざいや雑煮を食べる風習もあり、全国各地でさまざまな七草粥が存在します。

七草粥の作り方

それでは、ここで基本の七草粥の作り方を紹介します。日本の風習を、おいしくいただきましょう!

【材料(4人分)】

・米 1合
・七草 各食材を適量
・塩 少々
・白ごま 適量
・黒ごま 適量

【作り方】

①米をといで土鍋に入れ、水900mlを入れます。
火を付けて沸騰したら弱火にし、30〜40分ほど炊きましょう。途中で吹きこぼれそうになったら、フタをずらして蒸気を逃がします。

②七草はよく洗って、それぞれを細かく刻みます。スズナとスズシロは茎や葉、根の部分もすべて刻みましょう。
※スズナ(カブ)、スズシロ(大根)もやわらかく煮たい場合は、おかゆを炊いている間に別の鍋で茹でておきます。他の葉や茎も、軽く茹でておくと子どもでも食べやすいでしょう。

③おかゆが炊き上がる5分前に、塩少々を入れ、七草を加えて全体を混ぜます。

④味を調えたら器に盛り、白ごま、黒ごまをお好みでふりかけます。

参照:七草がゆのレシピ・つくり方 | キッコーマン | ホームクッキング

無病息災を願って七草粥を食べよう

日本の五節句のひとつ、七草粥。1月7日にお正月に疲れた胃腸を休め、縁起ものとして無病息災を願う意味が込められています。冬の寒い季節に、野菜不足によるビタミンなどの栄養補給の意味もあり、合理的なメニューでもあります。

この記事では、七草粥の意味や由来、七草それぞれの言われや効能、地域の違いなどを紹介しました。一般的な七草粥のレシピも紹介していますので、作る時の参考にしてみてくださいね!

古くは「源氏物語」の注釈書「河海抄」にも出てくる春の七草。意味や効能を知れば、もっとおいしく日本の風習が楽しめますね!子どもたちにもぜひ伝えていきたい風習です。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami