【1歳】体重が増えないけど大丈夫?気になる体重の増減や食事内容

【1歳】体重が増えないけど大丈夫?気になる体重の増減や食事内容

赤ちゃんの体重が増えない、あるいは増えすぎ…?そんな不安を抱えているパパやママもいらっしゃることでしょう。子どもによって成長度合はさまざまだと頭でわかっていても、一度心配になると気になってしまうもの。

今回の記事では1歳頃の赤ちゃんの平均体重・身長(身体発育)や食事の内容についてまとめました。パパやママの悩みを少しでも減らし、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう!

1歳の体重や身長など身体発育について

生まれてからの1年間で赤ちゃんはどんどん成長します。いったいどれくらい大きくなるのでしょうか。平均の体重や身長など身体発育をまとめました。平均はあくまでも目安となりますが、ぜひ参考にしてください。

平均体重と身長

厚生労働省がおこなった平成22年の調査(※1)によると、生後1歳0ヶ月の平均体重は、男子が9.28kg、女子が8.71kgでした。出生時の平均体重は男子が2.98kg、女子が2.91kgなので、体重は1年間で男女ともに3倍近くになっていることがわかります。

同調査による生後1歳0ヶ月の平均身長は、男子が74.9cm、女子が73.3cmです。出生時の平均身長は男子が48.7cm、女子が48.3cmなので、1年間で男女ともに25~26cmほど伸びていることになります。

乳児の成長曲線(身体発育曲線)を見てもわかる通り、1歳になるまでの生まれてからの1年間は、赤ちゃんが大きく成長する時期なのです。

■男児の成長曲線

■女児の成長曲線

※1 平成 22 年乳幼児身体発育調査報告書(概要)

発育指数の目安「カウプ指数」「肥満度」

赤ちゃんが健康的に発育しているかどうかを知るための目安は、カウプ指数と肥満度を参考にするといいでしょう。

■カウプ指数
カウプ指数とは、乳幼児が肥満であるかどうかを知るための指標の1つです。大人の場合はBMIと呼ばれる数値を肥満かどうかの判断に活用しますが、カウプ指数は年齢による基準値が調整されていることが特徴です。

乳幼児は体重の増加が著しくBMIでは正確に肥満かどうかを判断しにくいことから、カウプ指数を使用します。計算式は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で一般的なBMIと同様です。基準範囲は15~18、20以上は肥満傾向にあるとされています。

■肥満度
肥満度とは、標準よりもどれだけ体重がオーバーしているのかを知るための指標です。計算式は「(実際の体重(kg)-標準体重(kg))÷標準体重(kg)×100(%)」で、+15~-15%は基準範囲、20%以上になると肥満であるとされています。

体重の悩みはいろいろ。ママたちはどんなことが気になる?

赤ちゃんの体重については、標準よりも少ないことで悩む場合だけでなく、多いことで悩む場合もありますよね。ここでは、パパやママたちが抱えている1歳児の体重に関する悩みの内容を細かく見てみましょう。

体重が増えない

赤ちゃんの体重が、思ったように増えないことに悩むケースは多いです。生まれてからの1年間は体重の増加が著しい時期とはいっても、増え方は赤ちゃんによって違います。生まれた時から小柄な赤ちゃんもいますし、体重の増え方が緩やかな赤ちゃんもいるでしょう。

ですが個人差があるとはいえ、赤ちゃんの体重が増えないことは、ママにとって大きな悩みになることも少なくありません。

食事の好き嫌いがはっきりし出す1歳前後は食べムラも多いので、体重が増えないことに加えて食事について悩むことも。しっかり食べてほしいのに食べる量が少ない、食べる量が減ってしまった……。体作りの基本となる食事だからこそ、赤ちゃんの食事が進まないとパパママはますます心配になりますよね。

体重が増えすぎる

体重が増えすぎてしまう悩みを抱えるパパママもいることでしょう。1歳頃になると離乳食は完了期になるため、なんでもどんどんと食べられるようになります。そのためついつい食べすぎてしまう、なんてこともあるものです。食べすぎが続けば、当然体重が増えてしまいます。

とはいえ、体重の増加が気になるからといって食事の量を減らしていいものか迷いますよね。動きが活発になってくる時期だからこそ、エネルギー補給のために必要な食事の量は守りたいところ。これ以上大きくなってしまうのも……というジレンマを抱えているパパママが多いようです。

食事を工夫してみよう

1歳頃の赤ちゃんの体重が気になる場合は、食事に工夫を加えてみましょう。体重が増えない場合も、逆に増えすぎてしまっている場合も、食事の内容を見直すと改善できるかもしれませんよ!

1歳の食事量や内容は?

1歳頃の赤ちゃんの食事量は、下記が目安です。

・軟飯 90g
・野菜 40g
・魚や肉 15g
・豆腐 50g

この時期は離乳食は完了期になっている赤ちゃんが多く、食べられる量も多くなってきますよね。食べられる量は赤ちゃんそれぞれに個人差がありますが、上記の量を目安として作ってみるといいでしょう。

食事内容は、さまざまな食材をバランスよく使って、食べることを楽しめるメニューがオススメです。色とりどりの食材を使ったり、かわいい形にカットしてあげたりすると、赤ちゃんも楽しんで食べることができます。歯茎で嚙める肉団子くらいの硬さを目安にし、味付けは風味付け程度に。素材の味を楽しみつつ、だしを使ってさまざまなアレンジを楽しめるといいでしょう。

1歳のおやつはどれくらいが適切?

大人にとってのおやつは、お菓子などで楽しむことがメインとなることが多いですよね。しかし1歳頃の子どもにとってのおやつは、食事で足りない栄養を補うための「補食」です。体作りに必要な栄養素をしっかり摂取するために、おやつは大切な存在であるといえます。

1歳頃ならば、1日に100kcalのおやつが目安です。おやつの内容は、スナック菓子やチョコレートなどのお菓子ではなく、おにぎりや果物、さつまいもや野菜、乳製品がいいでしょう。市販の赤ちゃん用おやつを活用してももちろんOK。なるべく栄養になるものを選ぶことがポイントです。

体重が増えないことに悩んでいる場合は、おやつを毎日しっかりあげてみましょう。夕方近くの時間帯におやつにすると夕飯が食べられなくなってしまうので、午後早めの時間にあげましょう。お腹が空かないという場合は、なるべく体を動かしてお腹が空きやすい状況を作ってあげるのもいいかもしれませんよ。

体重が増えすぎて悩んでいる場合は、おやつを2~3日に1回などにしてみてはいかがでしょうか。どうしてもお腹が空いてしまうのであれば、おやつにお腹にたまりやすいイモ類やご飯類をあげるのがオススメです。

おやつは、なるべく決まった時間にあげて生活リズムを整えておくことが大切です。水分もしっかりと摂り、のどに詰まってしまわないように注意することも忘れてはいけません。おやつは子どもの栄養摂取という意味で大切ですが、子ども自身が楽しんで安全に食べられるように工夫してあげることもポイントなのです。

気になるようならかかりつけ医に相談も

1歳頃は、成長具合に個人差があるもの。ほかの子どもより大きく見えても、体重は急激に増えているわけではないこともあるでしょう。ゆるやかに体重が増加している赤ちゃんでも、着実にどんどん増えてしまうこともあります。

このようなケースでは、まずは毎日の食事・おやつの内容や量を見直してみることが大切です。食事を見直したうえで様子を見て、それでも気になるようであればかかりつけ医に相談します。ただし、急激に体重が増加したり減少したりして元気がない状態が続く場合には、すぐにかかりつけ医に相談してください。

体重の増え方は個人差があるもの

赤ちゃんの体重の増え方は、それぞれ違います。成長曲線はあくまでも目安であり、必ずしもその通りになるわけではないことを覚えておきましょう。

とはいえ、大切なわが子の体重について気になるのは当然のこと。その場合は食事やおやつを見直すなどして、まずは家でできることを実践してみることが大切です。赤ちゃんには赤ちゃんのペースがあることを念頭に置き、あまり悩みすぎずのびのびと子育てしていきましょう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami