男の子の初節句のお祝いはどうする?準備や料理を先輩ママがアドバイス!

男の子の初節句のお祝いはどうする?準備や料理を先輩ママがアドバイス!

男の子の初節句である「端午の節句」は五月人形や鯉のぼりを飾るお祝いの日です。しかし、男の子の初節句は、女の子の初節句と異なり何をすればいいのかわからないママも多いのでないでしょうか。

ここでは、端午の節句の由来や五月人形・鯉のぼりを飾る意味のほか、男の子の初節句の祝い方を詳しく解説します。また、子供が喜ぶおすすめメニューや、記念写真の撮り方について、男の子育児の経験者である先輩ママが詳しくアドバイスしちゃいますよ。

男の子の初節句とは?

男の子の節句の前に、そもそも「節句」とは何なのか知らないというママも多いのではないでしょうか。まずは、節句とは何か、意味や由来を紹介します。また、男の子の節句と女の子の節句の違いもチェックしておきましょう。

節句とは公的な行事のこと

「節句」とは中国に伝わる風習を日本に合った形で取り入れたものです。昔はさまざまな節句がありましたが、江戸時代に幕府が公的な行事として定めた「人日(じんじつ)」「上巳(じょうし/じょうみ)」「端午(たんご)」「七夕(たなばた)」「重陽(ちょうよう)」の五節句が、現代まで受け継がれることとなりました。このうち端午は男の子の節句であり、男の子が生まれてはじめて迎える端午の節句のことを「男の子の初節句」といいます。

端午の節句の由来

端午とは「はじめ」という意味の「端」と十二支のひとつの「うま」を表す「午」という言葉が合わさってできた言葉であり、毎月最初の午の日のことを指します。もともと端午の節句は5月に限らず、月の最初の午の日に行われていました。それが、「午」と「五」が同じ発音であるという理由で5月5日に行われるようになったのです。

ちなみに、菖蒲(しょうぶ)の花は、発音が武士の重んじる「尚武」や「勝負」と同じであることが由来で端午の節句に飾るようになったといわれます。同じく兜飾り(かぶとかざり)や鎧(よろい)を飾る習慣にも、強い武士のように立派な男性になってほしいという願いが込められています。

男の子の節句・女の子の節句、由来の違いは?

五節句のひとつの上巳(じょうし/じょうみ)は女の子の桃の節句(雛祭り)のこと。昔、子供の厄をかぶってくれるように紙制の人形を飾ることで、健康と幸せを願いました。これが、雛祭りに雛人形を飾るようになった由来です。男女一対の人形で女の子の幸せを願う雛人形は、女の子が結婚するまで飾るのが基本です。

一方、男の子を災難から守るという願いが込められた五月人形は何歳まで飾るという明確な決まりはありません。しかし一般的には成人式や20歳の誕生日など、子供が自立するまで飾るといわれます。

五月人形と雛人形はどちらも子供の幸せを想って飾るものなのです。

初節句はいつやる?0歳でやるべき?

初節句を行うのは0歳ではじめて迎える5月5日が基本です。とはいえ、4月や5月に生まれたばかりの赤ちゃんは、生活リズムが整っていないうえにママも大変な時期ですよね。生まれて間もない場合は無理に0歳のうちに行う必要はありません。1歳になってからでも問題はないので、落ち着いてから行いましょう。

<先輩ママからのアドバイス>

生活リズムが不安定な新生児の頃はママも睡眠不足になりがち。記念すべき初節句が疲れた思い出しか残らなかったとならないように、生まれて間もない場合は1歳児になってからがおすすめ!

男の子の初節句では何をやるの?

男の子の初節句では五月人形や鯉のぼりを飾るほか、食事会をしたり記念写真を撮ったりします。具体的にどのようなことをするのかチェックしてみましょう。

五月人形や鯉のぼりなど飾り物を準備

まずは、端午の節句には欠かせない五月人形や鯉のぼりを準備しましょう。五月人形は家の中に飾るため「内飾り」と呼ばれ、「兜飾り(かぶとかざり)」「鎧飾り(よろいかざり)」「人形飾り」の3種類があります。

兜飾りはスペースをとりませんし、幅広い価格帯から予算に合わせて選べるので人気です。鎧飾りは兜や鎧などパーツごとのセットになっており、なかには本当に着られるタイプもあります。人形飾りの種類も豊富で、金太郎のほかアンパンマンなど人気キャラクターの五月人形もあるんですよ。

一方、家の外に飾る鯉のぼりは「外飾り」と呼ばれています。中には室内に飾ることができるコンパクトなサイズの鯉のぼりもあって、ウォールステッカータイプやガーランドタイプなど、お部屋に合ったタイプを選べます。

端午の節句の食事会をする

子供の端午の節句の記念に、親戚や親しい友人を招いて食事会をするのもおすすめです。5月5日が正式な端午の節句の日ですが、平日だったりみんなのタイミングが合わなかったりする可能性もありますよね。その場合は、5月5日前後の土日や大安など縁起の良い日に行います。また、地域によっては旧暦に合わせて6月にお祝いをする場合があるので、調べておくと安心です。

記念写真を撮る

節目でもある端午の節句は記念写真を撮るのがおすすめです。端午の節句ならではの男の子らしい衣装で撮影すれば、ママやパパも誇らしい気分になれるのではないでしょうか。特に、初節句は男の子にとって一大イベントのひとつです。写真で形として残しておけば、子供が大きくなってからも家族で見て楽しめる一生の宝物になりますよ。

五月人形(鎧兜)・鯉のぼりの準備について

男の子の初節句を行うときは、五月人形や鯉のぼりを用意する人や飾る期間など確認しておきたいことがたくさんあります。それぞれ紹介するので、チェックして、準備万端にしておきましょう。

五月人形を飾る理由

五月人形は健康であることと、立派に成長することを願って飾ります。武士の命を守る鎧や兜は、「男の子を病気や事故といった災厄から守ってくれる」という言い伝えがあるからです。

一般的に五月人形は、3月のお彼岸明けに飾ります。〇日までにという決まりはないものの、早ければ早いほど縁起が良いといわれているんですよ。片付ける日も特に決まりはありません。とはいえ、梅雨に入ってからだと片付けの際に湿気が入り込んでしまうため、5月中旬くらいを目安に片付けるのが良いでしょう。

鯉のぼりを飾る理由

鯉のぼりは男の子がどんな環境でも立派にたくましく生きていけることを願って飾ります。鯉は沼や池でも生きていける強い魚です。たくましい鯉が滝を登り、龍(りゅう)になるという伝説にあやかって鯉のぼりが飾られるようになりました。

飾り始めるのは五月人形と同様にお彼岸明けが一般的です。旧暦で端午の節句のお祝いをする地域では6月まで飾ることがありますが、そうでなければ気候の良い5月中旬頃までに片付けましょう。

いつまでに、誰が買うべき?

「五月人形や鯉のぼりは、おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらった」という話も聞きますよね。五月人形や鯉のぼりは、誰が買うべきという決まりはなく、地域によっても考え方が異なります。

父方の祖父母が五月人形で母方の祖父母が鯉のぼりというパターンや、嫁入り道具として母方の祖父母が用意するというパターンも。そもそも、頼れる祖父母がいなければパパとママで用意してあげることになりますよね。

なお、五月人形や鯉のぼりは、初節句の2~3カ月前から購入しましょう。人気があるものはすぐに売り切れてしまうからです。

また、名前や家紋を入れる場合は1ヵ月以上かかる可能性もあるため、ゆとりをもって注文しなければいけません。

<先輩ママのアドバイス>

五月人形や鯉のぼりなど、両家の祖父母に買ってもらえるのはとってもありがたいですが、兜飾りが2つも届いてしまうといった事態は避けたいですよね。父方は五月人形で母方は鯉のぼりなど、早めにさりげなく手配して分担してもらいましょう。

ただし「向こうのご両親に買ってもらうからいらない」などと伝えるのはNG。祖父母から五月人形や鯉のぼりをどうするかという相談を受けたら、さりげなく希望を伝えてましょう。また、両家の祖父母に感謝の気持ちを伝えるのも忘れずに!

次男、三男の五月人形や鯉のぼりはどうする?

昔ながらの風習では、男の子を守る五月人形や鯉のぼりは子供1人につき1つずつとされています。とはいえ、購入をお願いできる祖父母がいない場合や年齢が近い兄弟が多い場合、初節句のたびに揃えるのは大変ですよね。

そのため、年子など、兄弟の年齢が近いのであれば、初節句のたびに無理して購入する必要はありません。例えば五月人形を2つ買うのがきついという場合、兄弟の分は名札だけ準備してあげればOKです。

また、お家によっては兄弟分を置くスペースがないこともあるでしょう。大きさよりも気持ちが大切なので、スペースがない場合はコンパクトなサイズのものでも問題ありません。

五月人形や鯉のぼりをしまう場所

五月人形や鯉のぼりを良い状態で保存するためにも、片付け方やしまう場所には注意が必要です。天気の良い日を選んで、風通りの良い場所でホコリや汚れをとってからしまいましょう。

また、長期間しまっておくと色あせやカビが心配ですよね。五月人形や鯉のぼりをしまうのは、押入れの天袋や上段など、比較的湿気が少なくて日光が当たらない、また、寒暖差が激しくない場所を選ぶようにしてください。防カビ剤などでしっかり対策することも大切です。

男の子の初節句の祝い方

男の子の初節句のお祝いはどこで、どんな料理を食べるのでしょうか。初節句のお祝いは堅く考えず、子供も親も楽しめたら素敵ですよね。初節句のお祝いの仕方について、先輩ママのアドバイスも一緒に紹介するのでチェックしてくださいね。

お祝いの場所

初節句のお祝いは自宅や外のお店でできますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。自宅の場合、周囲に気を遣うことなく安心して食事できるのがメリットです。しかし、準備や後片付けなど、やることがたくさんでてきてしまって、ママは大変というデメリットもあります。

お店などで会食するメリットは準備や片付けの必要がなく、ママの負担が減ることです。一方、子供が泣くと大変だったり、希望の日に予約がとれない可能性があったりするのはデメリットといえます。初節句のお祝いをする場所は、子供の月齢や参加する人達の状況なども踏まえて選ぶと良いですね。

<先輩ママのアドバイス>

1番おすすめなのは自宅で出前をとってお祝いすること!ただし自宅でお祝いする場合、小皿に分けたり片付けたりするのが大変なので、ゲストには「持ち寄りはなしで」と伝えておくのがポイントです。

出前をとるときは事前に参加する人の好みをチェックしておくことも大切です。お店を予約してお祝いするなら赤ちゃんを連れての長距離移動は大変なので、ゲストに、家の近くまで来てもらいましょう。

お祝いの料理

端午の節句で食べるお祝いの料理は地域によって異なる場合があるものの、柏餅(かしわもち)・ちまき・ぶり・筍(たけのこ)が一般的です。一つひとつの料理には端午の節句の食べ物として選ばれた理由があります。覚えておけば賢いママになれますよ♪

柏餅・ちまき・ぶり・筍を食べる意味

柏餅は新芽が出るまで落ちない柏の葉にあやかって、「家系が絶えない=子孫繁栄」を、筍は竹のようにまっすぐに育つことを、また、邪気を払うとされている茅(かや)の葉で巻かれたちまきは、「厄除け」を願って食べるようになりました。そして、ぶりは出世魚で縁起が良いという理由で食べるようになったのです。

どれも縁起が良いので、すべて揃えてあげたいところですよね。しかし、すべて用意するのは大変ですし、主役は子供なので子供が喜ぶメニューにしてあげるのがおすすめです。

端午の節句のメニュー

端午の節句のお祝いを、お家で家族だけで行うときは、楽しい手作りメニューを用意してあげましょう。お赤飯やお寿司に好きな具材を入れたりデコレーションしたりすると子供も喜びますね。例えば、ハンバーグにチーズやニンジンを使って鯉のぼりにしてあげると可愛く仕上がります。

♡鯉のぼりハンバーグのレシピはこちら

ケーキやゼリーなど、デザートも端午の節句バージョンにアレンジしてあげましょう。赤ちゃんが、まだ普通の食事メニューが食べられないときは、リンゴで鯉のぼりを作ることもできます。

♡鯉のぼりリンゴのレシピはこちら

<先輩ママのアドバイス>

赤ちゃんはまだ、ちまきやぶりなどを食べられない場合がありますよね。端午の節句のお祝いメニューは、子供の月齢や好みに合わせてアレンジすると良いですよ。絶対に用意しなきゃと気負わず、子供もママも一緒に楽しめる食事にしちゃいましょう!

男の子の初節句の写真はいつ、どこで撮る?

続いて、初節句の写真を撮る時期や撮る場所について解説します。男の子の初節句は一生に一度なので、素敵な記念写真を残しましょう。

写真はいつ撮る?

初節句を迎える月齢は生まれた月によって差があります。初節句を迎えるのが生まれて4カ月以内の場合、無理してその年に写真を撮る必要はありません。1人でお座りできるようになってからなど、子供の成長をみて生後2年以内に撮るのが理想です。ある程度月齢が進んでからのほうが、選べる衣装の幅も広がりますよ。

写真を撮る場所

大切な記念写真はお家だけでなく、写真スタジオで撮ってもらうのがおすすめです。プロに撮ってもらうと、仕上がりが格段に違いますよ☆

写真スタジオはなるべく近所で、また、スタッフが子供の扱いに慣れているところを選びましょう。子供の撮影に力を入れているスタジオなら、子供を笑わせたり機嫌をとったりするのも上手です。

また、撮影時は子供がお気に入りの絵本やおもちゃがあると安心です。撮影が長くなると喉が渇くので、水分補給のドリンクも忘れないでくださいね。

おすすめスタジオ

男の子の初節句の記念撮影におすすめのスタジオを紹介します。

衣装が無料で着替え放題!さらに着付けやメイクもしてくれるスタジオを厳選しました。

初節句に向けてスタジオを探している方はチェックしてくださいね。

スタジオマリオ

スタジオマリオは、老舗ブランド「カメラのキタムラ」が運営する写真スタジオで、兄弟も無料で衣装を借りることができます。子供の対応について、しっかりと研修を受けたスタッフが揃うので安心です。購入した写真はすべて画像データとして販売してくれるのも嬉しいポイントですね。

・STUDIO PALETTE (スタジオパレット)

STUDIO PALETTE (スタジオパレット)のスタッフはみな、子供を笑わせる練習に日々取り組んでいるんだとか…!明るく楽しい雰囲気の中、最高の笑顔の1枚を撮影してくれます。撮影前後には、スタジオ以外の場所で、スマートフォンで撮影できるので、衣装を着た我が子の自然な姿も残せますよ。

・STUDIO ARC(スタジオアーク)

STUDIO ARC(スタジオアーク)は、アンティークな空間でフォトジェニックな仕上がりに撮影してくれるのが特徴。他にはないノスタルジックな雰囲気の写真を撮ってもらえます。A(¥5,555)、B(¥28,800)、C(¥55,500)の3つのコースで料金体系も分かりやすいです。

<先輩ママのアドバイス>

スタジオでの写真撮影は照明やポーズなど何かと時間がかかるものです。お昼寝の時間や夕方など眠くなる時間だと、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうことも。写真スタジオでの撮影は、赤ちゃんの機嫌が良い午前中に済ませるのがおすすめです。

衣装の選び方

「写真スタジオに行く時間がないのでお家で衣装を着せてお祝いしてあげたい」そんなママもいるでしょう。衣装選びも楽しみのひとつですが、子供が着やすいものを選ぶのがポイント。

おすすめの衣装はズバリ!金太郎ファッションと袴ロンパースです。それぞれチェックしてくださいね。

一生に一度しかできない「金太郎」ファッション

赤ちゃんだからこそ似合う金太郎ファッション。大きくなると着てくれない可能性もあるので、いまのうちに記念に残しておきましょう。「金太郎コスプレセット」なら名入れができるうえに、金太郎の「まさかり」がついてきます!

価格:4,180円 (税込)

サイズ:70、 80、 90cm

9ヶ月8.8キロの息子の初節句の写真を自分でとる為に購入しました!ハチマキも調節可能で服もピッタリでした。服の生地もしっかりしていて斧も本格的で大変満足しました。来年も着れたらいいなぁと思っています。

出典:楽天みんなの口コミ

袴ロンパースは男前でとっても楽ちん!

「和風袴ロンパース」は、着ている赤ちゃんも楽ちん!赤ちゃんがご機嫌のままお祝いできます。しっかりお祝いしてあげたいけど、疲れるのはイヤ!そんなママにおすすめですよ♪

価格:2,530円(税込)

サイズ:70、80cm

購入してすぐ届きました。イメージ通りかわいい服で大変満足です

出典:楽天みんなの口コミ

端午の節句のお祝い返しはどうする?

親しき仲にも礼儀ありという言葉通り、お祝いをもらったらお返しの時期や返し方などのマナーを守ることが大切です。ここでは、端午の節句のお祝い返しについて、覚えておきたいマナーを解説します。

お祝い返しはいつまでに渡す?

お祝いのお返しは1週間以内が理想ですが、お返しの仕方や距離によっては難しいこともあります。すぐにお返しができないときは、5月下旬までを目途に用意しましょう。

なお、祖父母から初節句のお祝いを頂いたとき、祖父母が遠方にいる場合は品物でお返しするのがベターですが、近くに住んでいる場合、必ずしも品物でお返しする必要はありません。初節句の食事会への招待も喜んでもらえるお返しになりますよ。

お祝い返しの費用や内容は?

お返しの費用は、お祝いとしていただいた金額の3分の1程度を目安にします。お返しの品物は縁起の良い昆布や豆、お赤飯、紅白の砂糖が一般的ですが、贈る相手にあわせて喜ばれるものを選んでください。

お祝い返しは赤ちゃんを連れてお店に行くとゆっくり選べないので、通販サイトなどを利用するのがおすすめ!通販なら赤ちゃんが寝ている間に、相手の好みを考えながらゆっくり選べます。お返しした相手が自分で選べるカタログギフトも人気です。

お祝い返しに添えるのしの書き方

お祝い返しの品物には、必ずのしを付けます。祝儀袋の飾り紐である「水引(みずひき)」は「何度結んでもほどけ、 また繰り返しあってほしい嬉しいお祝い」を意味する紅白の蝶結びにしましょう。表書きは「内祝」や「初節句内祝」とし、名前は子供の下の名前のみを記入するのがルールです。

お祝い返しを手渡し・郵送するときのマナー

お祝い返しを渡す際、郵送する場合はお礼の手紙を添えるのがマナーです。一緒に、初節句の衣装を着た子供の写真も同封すると喜んでもらえますよ。

手渡しをする際は相手の家を知っていたり近かったりしても、いきなり尋ねるのは失礼です。必ず事前にアポイントをとりましょう。また、お祝い返しと一目で分かるように外のしにして、紙袋や風呂敷に包んで持ち歩きます。

ただし、紙袋や風呂敷に包んだまま渡すのはマナー違反になるので、手渡しするタイミングで取り出しましょう。なお、紙袋や風呂敷は持ち帰るようにしてください。また、祖父母など身内であれば別ですが、友人や上司などに手渡しでお返しを渡しに行く場合は長居しないよう気遣うことも大切です。

男の子の初節句は一生に一度の記念日!ママも一緒に楽しもう

男の子の初節句は一生に一度の大切な記念日です。可愛い我が子のためにもきちんとお祝いしてあげたいですよね。とはいえ、頑張りすぎるとママは疲れてしまいます。力を入れすぎず、子供と一緒にお料理を楽しみながら息子の健やかな成長を願いましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami