話題のオタマトーンを調査!子供の知育にも?音色や遊び方などをリサーチ!

話題のオタマトーンを調査!子供の知育にも?音色や遊び方などをリサーチ!

最終更新日 2021-03-16 by smarby編集部

ご存じですか?オタマトーン!オタマトーンは、今をさかのぼること約10年前に発売された電子楽器の名前なんです。なんともかわいらしい音符型のオタマトーンは子どもたちにも人気で、もちろん、発売当初からファンの多いユニークなトイ楽器ではありました。

それがまた、テレビや雑誌で紹介されるなどしたために再ブレイク!SNSなどで目に留まり、気になっていたという人も多いのでは?この記事では、そんなオタマトーンの仕組みや演奏の仕方についての説明や、「なぜ子どもの知育に効果的なのか」の理由も紹介します。気になる方はぜひチェックしてくださいね。

オタマトーンとは?

かわいらしい音符の形をしたトイ楽器のオタマトーン!このオタマトーンとは一体ナニモノなのでしょうか。この段落ではオタマトーンの生い立ちや構造はもちろんのこと、どんなメロディを奏でることができるのかについても説明します。

オタマトーンは明和電機の電子楽器

オタマトーンの誕生は2009年12月1日!生みの親は、ユニークなガジェット開発で国内外に名をとどろかせる芸術ユニット【明和電機】なのです。

オタマトーンは発売された翌年の2010年に、日本玩具協会が主催する【日本おもちゃ大賞2010】において、大人も楽しめる【ハイターゲット・トーイ部門】の大賞を受賞しています。
※販売元は、(株)キューブとなります

子どもだけではなく大人も楽しめるオタマトーン。実は10周年を迎えた時点で販売累計80万本を記録していたロングセラーアイテムであり、もともと愛好者がたくさんいる電子楽器なのです。

それが最近、テレビ・雑誌などのメディアはもとより、YouTube・ニコニコ動画などで取り上げられることが増えました。それらがきっかけとなり、またもやバズりはじめたというわけです。

オタマトーンに込められた想いとは?

オタマトーンの生みの親でもある明和電機の社長土佐信道氏によると、もともと声の仕組みに興味があり、その仕組みを機械化できないかという発想から作られたとのこと。なるほど!他にはない面白い音が楽しめるのも納得ですね!

 オタマトーンは、声が持つ「機能性」と「呪術性」という二つの面をモチーフとして開発されたそうです。また、オタマトーン以外にも、さまざまな声を発生する機械があるようです。

参照:ボイスメカニクスとは? / What is VOICE MECHANICS | 明和電機 – Maywa Denki

オタマトーンの仕組み

オタマトーンは八分音符の形をした電子楽器です。音符の「ぼう」にあたるフレッド部分(シッポスイッチ)に触れるだけで音が出ます。「はた」に近い上のほうを押すと低い音が、「たま」に近づくにつれて高い音が出る仕組みです。

「たま」の部分はとぼけた表情がか愛らしい顔になっていて、スピーカーが内蔵されています。演奏するときの指使いには決まり事はないので、小さな子どもからご高齢の方々まで広い年齢層に親しまれています。

とにかく触れると音が出る構造なので、楽譜が読めない人でも知っているメロディを思い浮かべながら感覚的に演奏することが可能です。しかもオタマトーンはトイ楽器ながらもビブラートやポルタメント(音階から別の音階へ滑らかに移る演奏方法)が可能で、音に表情を付けることもできるんです。

ゆるく楽しむもよし、がっつり練習して本格的な演奏を目指すもよしですね。

オタマトーンの音色は?

オタマトーンの音色はちょっととぼけたユニークな癒し系の声です。シッポスイッチを触れる指使いを工夫する他、口をパクパク動かすことでもビブラートがかかり、音に表情が生まれます。スイッチパネルの操作で、ボリュームの強弱やオクターブ変更も可能です。

また、OTM Link(オタマトーンミュージックリンク)機能が付いたモデルのオタマトーンは、スマホとつなげることができます。専用のアプリ「オタマトーンスタジオ」をダウンロードすると、オタマトーンの音色を変えて楽しめるようにもなるんです。

アプリの操作はとてもシンプル。基本的にはアイコンとボタンで操作できます。「オタマトーンスタジオ」を使えば、オタマトーンの音色をエレキギター・トランペット・ドラムなど、9種類の音に変えることが可能です。

また、エフェクトをかけることもできます。リバーブで音が広がり、ディレイではエコーがかかったようになり、ディストーションを選べば音が歪みます。

その他にもスケールを変えたり、9種類のリズム伴奏を流したりすることもできますよ。アプリは無料でも楽しめますが、有料のコンテンツで拡張できるようになっています。

オタマトーンは種類もいろいろ!

オタマトーンはすでに発売されてから十余年が経ちましたが、その間にラインナップも増えました。オタマトーンを機能に着目して大きく分けると5種類になります。

販売終了になったモデルもありますが、カラーバリエーションやコラボバージョンも入れるとかなりの種類に!ここではその中からおすすめモデルを7つ抜粋してご紹介します。

1.neo(ネオ)

オタマトーンneoは、誕生10周年を記念してリリースされたモデルです。2009年に発売になった「音符型電子楽器オタマトーン」のスタンダードモデルよりもフレッド部分が少し長く、シッポスイッチの長さや幅も一回り大きめになっています。

そのため音域も少し広くなりました。OTM Link付きなのでスマホとの連携機能も搭載。専用アプリを使って音色の変更もできますよ。オクターブは3種類。電源の切り忘れ予防のためのパワーランプも付いたモデルです。

・希望小売価格 4,620円(税込)
・カラー展開 ホワイト ブラック
・大きさ W67 × H285 × D137mm
・付属品 3.5mm4極ステレオミニケーブル(約90cm) 練習シート(HAPPY BIRTHDAY TO YOU) テスト用電池

2.カラーズ

元気いっぱいのビビッドなビタミンカラーで登場した【オタマトーンカラーズ】は、日本おもちゃ大賞2010でハイターゲット・トーイ部門の大賞に輝いたオタマトーンスタンダードモデルと機能やサイズは同じです。

音量や音域はスイッチパネルで調節が可能。シッポスイッチを指で押したりスライドさせたりすると音のニュアンスも変わります。口をパクパクさせればビブラートも!シンプルながらも練習次第でいろいろな曲を弾きこなせそうです。お手ごろな価格なので、最初の1台にもぴったりなのでは?

・希望小売価格 3,080円(税込)
・カラー展開 ピンク イエロー ブルー
・大きさ W67 × H270 × D133mm
・付属品 練習シート(HAPPY BIRTHDAY TO YOU) テスト用電池

3.スイーツ

こちらは、やはりオタマトーンスタンダードモデルのカラーを変えて登場させたアイテムです。名前の通りスイーツをイメージしたやさしい色使いがかわいいシリーズ。

3色で展開しているのですが、全色コレクションしてシリコンの頭部を付け替えても一層かわいらしくなりそうなカラートーンです。機能や遊び方はスタンダードなオタマトーンと同じですよ。

・希望小売価格 3,080円(税込)
・カラー展開 ストロベリー ミント チョコレート
・大きさ W67 × H270 × D133mm
・付属品 練習シート(HAPPY BIRTHDAY TO YOU) テスト用電池

4.テクノ

テクノは下で紹介している「オタマトーンデラックス」と同じ大きさのビックサイズ。デラックスにスマホとつなげるOTM Link機能をプラスし、アプリを使って楽しめるモデルです。

3.5㎜ステレオジャック装備なので外部機器へのラインアウトができ、ACアダプターも使用可能ですよ。ハイスペックモデルなのでいろいろな楽しみ方ができそうです。

・希望小売価格 10,780円(税込)
・カラー展開 ホワイト ブラック
・大きさ W100 × H440 × D220mm
・付属品 3.5mm4極ステレオミニケーブル(約90cm) ロゴ入り専用ストラップ テスト用電池

5.クリスタル

2012年に「内部構造がよくわかる」クリアーモデルが発売されていましたが、2020年にさらにアップデートして再登場したモデルがこの「オタマトーンクリスタル」です。前モデルのクリアーでは、構造美を見て楽しめるようにフレット部分と顔の後ろ側が透き通った素材でできていました。

このクリスタルでは透明度の高いクリアーシリコンを採用し、顔も透けて内部が見えるのです。サイズや機能はオタマトーンスタンダードモデルと同じになります。

・希望小売価格 3,520円(税込)
・カラー展開 クリアー クリアーピンク クリアーブルー
・大きさ W67 × H270 × D133mm
・付属品 練習シート(HAPPY BIRTHDAY TO YOU) テスト用電池

6.デラックス

オタマトーンの楽しさはそのままでサイズを大きくしたオタマトーンデラックスは、オタマトーンのプロ仕様モデルです。シッポスイッチが長くなったので音域も広くなりました。音量の調節はダイヤル式です。

3.5㎜ステレオジャック装備なのでスピーカーやヘッドホンなどへのラインアウトが可能。DCジャックもあるのでACアダプターが使用できるようになりました!バッテリーを気にせずに遊べますね。ロゴ入り専用ストラップを付けて演奏すれば、ライブ気分も味わえそうです。

・希望小売価格 8,580円(税込)
・カラー展開 ホワイト ブラック
・大きさ W100 × H440 × D220mm
・付属品 ロゴ入り専用ストラップ テスト用電池

7.メロディ

こちらは自分で音程を探る必要が無く、曲のメロディをイメージしながら演奏ボタンを押していくと曲が弾けるカンタンモデル。オタマトーンメロディに収録してある曲は、「オタマトーンメロディ」が11曲、「オタマトーンメロディ2」では10曲です。

いずれも世界の名曲で、みんなで楽しめそうなメロディばかりですよ。オクターブの切り替えが可能で、口パクパクのビブラートができるところはオタマトーンと同じです。上部にはチェーンを通せるホールが付いているので、キーチェーンにしてお出かけのお伴にもできますね。

・希望小売価格 1,760円(税込)
・カラー展開 (メロディ)ホワイト ブラック ピンク ブルー (メロディ2)レッド ブルー イエロー ライム 
・大きさ W42 × H95 × D80mm
・付属品 ボールチェーン テスト用電池

8.カービィVer.

子供を中心に大人気キャラクターの「星のカービィ」とのコラボ商品です。オタマトーンもカービィも丸いフォルムで相性バッチリの可愛らしさです!機能や演奏方法は、他のオタマトーンと変わりません。口をパクパクさせてカービィの曲を演奏するのもおすすめ。子供の興味を惹くこと間違いなしです!

・希望小売価格 4,400円(税込)
・カラー展開 ピンク 
・大きさ W67 × H270 × D133mm
・付属品 練習シート(HAPPY BIRTHDAY TO YOU) テスト用電池

オタマトーンは子供の知育にもおすすめ?

おもちゃの太鼓で遊んでいる子供

カテゴリーは「おもちゃ」ですが、大人も魅了してしまうオタマトーン。トイ楽器とはいえロングセラーの電子楽器です。そんなオタマトーンは子どもの知育玩具としてもおすすめなんですよ。

子供にもおすすめな理由

オタマトーンの仕組みはシンプルで、シッポスイッチを押すと音が出ます。小さな子どもでも楽しみながらメロディと触れ合える仕組みです。普通楽器は正確なリズムと音程で演奏するイメージがありますが、楽器にはオタマトーンのような音痴な楽器もあるということを知ることができます。

また、オタマトーンで曲を演奏したいのならば、バイオリンやチェロのような弦楽器と同様に自分で正しい音階を探る必要が合出てきますよね。

つまり、オタマトーンで遊んでいると自分でも気づかぬ間に、音に集中する能力を鍛えることになります。どこをどんな風に押さえればどのような音が出るのかを探るうちに、考える力も育まれます。多彩な音色を楽しむことは、情操教育にも役立ちますよね。

また、オタマトーンは種類が豊富です。サイズラインナップもいろいろ揃っているので、子どもの成長に合ったモデルをセレクトできます。

子どもには小さめのスタンダードモデル、パパやママには大きなサイズのオタマトーンを用意して、親子で楽しくセッションするのも楽しいですよね。親子で共通の趣味を持つことで会話も弾みそうです。オタマトーンを通して親子間のコミュニケーションもますますアクティブになるのでは?

子供の利用に関してお客様の声は?

では、実際に子供が利用したという方はオタマトーンにどんな印象を抱いたのでしょうか。子供の利用に関して明和電機さんのお客様からは以下のような声があったそうです。

・オタマトーンは簡単に音が鳴らせるので、ほかの楽器に比べて気軽に遊べる。
・顔の部分がかわいいし触り心地もやわらかくて癒される。
・楽器として楽しむだけでなく、オブジェとしても飾っておける。

やはり、可愛らしいルックスや簡単に音が出る仕組みが高評価のようですね!また、楽器として楽しむのはもちろん、オブジェとしても飾っておけるという声も。楽しく遊んで、おしゃれに飾ってまさに色々な楽しみ方ができますね!

子供たちも楽しそう♡

小さな女の子がピンクのオタマトーンクリスタルで遊んでいる写真です。歌いながら演奏しているのでしょうか。楽しそうですよね。

スタンダードモデルと同じ大きさのクリスタルは、小さなお子さんにもぴったりのサイズ感!かわいらしい音符型のフォルムに、ワンちゃんも興味を持ったご様子です。家族の明るい笑い声が聞こえてきそうなショットです。

5歳の女の子がオタマトーンで遊んでいる動画です。どこを触るとどんな音が出るのか?を探しながらオタマトーンの口をぽこぽこ動かしている子が楽しそうですね!ママの「これからうるさくなりそう」というコメントにも愛情が感じられてとてもほっこりします。

遊び方いろいろ!オタマトーンを子供と一緒に楽しもう

電子楽器オタマトーンの魅力をお伝えすることができたでしょうか?子どもから大人まで幅広く楽しめるオタマトーン。さすが明和電機が生みの親のガジェットですよね。

YoutubeやSNSにもオタマトーンにハマってしまった方々の動画がたくさんアップされています。プロの音楽家がコンサートさながらの素晴らしい演奏を披露している動画もあります。

オタマトーンは触れば音が出る仕組みなので、小さな子どもも楽しく遊べるトイ楽器。フォルムもかわいらしく種類も豊富なので、インテリアに合わせて選べるところもいいですよね。子どもと一緒にゆったり遊んだり、プロのようなかっこいい演奏を目指したりと、いろいろな遊び方が可能です。

再ブレイク中のオタマトーン♪ますますオタマニストが増えるかもしれません。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami