子供用のおしゃれな箸「STIIK KIDS」毎日の食卓を彩る大人とお揃いのカトラリー

子供用のおしゃれな箸「STIIK KIDS」毎日の食卓を彩る大人とお揃いのカトラリー

最終更新日 2021-04-27 by smarby編集部

子供の頃、早く大人になりたいと思ったことはありませんか?今の子供たちもきっと、大人への願望を抱いているでしょう。成長するにつれ、大人と同じものを使いたがったり、大人びた言動が増えたりしてくることもありますよね。

「家族の一員である子供にも、大人と同じデザインの箸を使ってもらいたい」というテーマのもと、2021年3月9日にSTIIK PROJECTより子供用箸「STIIK KIDS」が発売されました。

この記事では、子供用箸STIIK KIDSについてのコンセプトや込められた想いなどを詳しく紹介します。

子供用箸STIIK KIDS(スティックキッズ)とは?

色違いの大人用箸と子供用箸

「STIIK KIDS」は、スタイリッシュなデザインの大人用箸「STIIK」を子供が使えるように作られた箸です。子供が使う箸にしてはシンプルで長めですが、美しさが感じられます。

毎日のように使っている箸だからこそ、今までにないコンセプトでデザインされました。

どんな箸なのか、どんなコンセプトがあって生まれたのか、詳しく紹介します。

STIIK PROJECTから発売された子供用箸

STIIK KIDSは、「カトラリーのような箸」をコンセプトにした箸「STIIK」の子供用箸です。

製作しているのは、2017年に発足された「STIIK PROJECT」。箸を通じて世界へ「食の可能性」を発信し続け、KIDSへの展開として、子供用箸STIIK KIDSを発売することになりました。

一般的な子供用箸は、キャラクターが描かれていたりプラスチックで作られたりと、子供の好みや使いやすさに焦点を合わせたものが多く見られます。

一方でSTIIK KIDSは、美しいビジュアルで、大人が使っている箸のようなデザイン。美しく箸を持つ練習にもぴったりです。

また、日本パッケージデザイン大賞2021銀賞を受賞したおしゃれなパッケージ。成長のお祝いにギフトとして、親から子へ贈るのもおすすめです。

STIIK KIDSのコンセプト

大人と一緒のものを使う、より良い道具である、綺麗に食べられる、食事のシーンのすべてが調和し美しいことが、STIIK KIDSのコンセプト。

子供用箸STIIK KIDSは、一般的な子供用箸より細めで先も少し丸くなっています。日本製で職人さんによる手作り、天然の孟宗竹(もうそうちく)使用と、製法や素材にもこだわりが感じられます。食洗機にも対応できるよう加工済み。手軽にお手入れできるのはうれしいですね。

和食だけでなく洋食など世界中のグルメを食べるときにもフィットするデザインで、世界三大デザイン賞のひとつである「レッドドットデザイン賞」を受賞しています。また、STIIK KIDSでは、STIIKの現行カラーを全色発売しているので、親子でおそろいにできますよ。

STIIK KIDSの長さは22センチ

STIIK KIDSの箸

STIIK KIDSの対象年齢は、7歳~11歳ごろの小学生。箸の長さは22cmと、子供が使うには長すぎるように感じられるかもしれません。ところが、最大30㎝ほどの体格差があるこの時期でも「箸の長さは慣れる」ということが判明しました。

子供はどのくらいの長さまで使えるのかを1cm刻みで検証したところ、22cmというサイズが導き出されたのです。サイズアウトしても、長い箸を使い慣れていれば大人用箸STIIKにうまく移行できるでしょう。

一方で大人用箸STIIKは26cmと持ち歩くには長い、食洗機のサイズによっては入れにくいという声も。STIIK KIDSは持ち運びにも便利な22cmなので、子供だけでなく大人が使用する箸としてもおすすめです。

子供用箸STIIK KIDSに込められた想いとは?

綺麗に配置された食事

STIIK KIDSには、食事を通じてのコミュニケーションや子供が大人に成長していくことへの想い、箸の長さへのこだわりが込められています。

どのような想いを込めてSTIIK KIDSが作られたのでしょうか。ここでは、STIIK PROJECTのデザイナーさんやコンセプターさんたちからのコメントをもとに紹介します。

同じデザインで子供用箸を作ろうと思った経緯

STIIKの大きなテーマは、「食事というコミュニケーションをより楽しくすること」。そのため、大人用STIIKは2膳セットとなっています。しかし、当時は子供用のSTIIKがありませんでした。

子供用のSTIIKもあるべきだと考えたデザイナーさんが、娘さんのために手削りでSTIIK KIDSを作ったのがはじまり。その後、2年以上をかけて娘さんの成長を見ながら長さや太さの調整を行って現在のSTIIK KIDSが完成したそうです。

食事は大人も子供も関係なく毎日の生活に欠かせないことです。また、楽しいコミュニケーションの場となる食卓に子供が含まれるのは自然なことですよね。子供も大切な家族の一員だからこそ、「大人と同じ箸で一緒に食事を楽しめるようにしたい」というデザイナーさんの想いが伝わります。

子供用箸の長さが22センチになった理由

STIIK KIDSの箸は22cm

STIIK PROJECTでは、子供に色々な長さの箸を実際に使用してもらい観察しました。すると、「長いかな?」と思ったものでも、使い続けるうちに器用に使いこなしていったそうです。

それにより、「長さは案外簡単に慣れる」ということが判明しました。細くて長いことが特徴のSTllKの箸。STIIK KIDSが誕生したことで、子供でも持ちやすく美しいデザインの箸を持てるようになったのです。

また、成長してSTIIK KIDSからSTIIKに変わる瞬間をどこに設定するのかということも考えられています。箸の長さがスムーズに移行できるタイミングを1cm刻みで検証。その結果、子供のための箸として最適なのは「22cm」というサイズに到達したそうです。

STIIK KIDSは一般的に販売されている女性用の箸と同じ長さですが、子供の成長を考慮したら22cmという結果になったとのこと。ちょっと長い箸からとても長い箸に変えるのは、小さな子には難しいですよね。その点も考慮されている様子が伝わります。

「大人と一緒がいい」理由

STIIK KIDSのデザイナーさんは、「子供はみんな大人になりたがっている」ということを常に意識しているそう。STIIKのコンセプトを子供も一緒に体感していくことで、素敵な大人、家族になっていけたらという思いが込められています。

また、カラーは「ぜひお子さん自身に選ばせてあげて欲しい。」という想いから子供用箸STIIK KIDSも大人用箸STIIKと同じ5色展開となっています。大人と同じカラーにするのか?それとも違ったカラー?という感じに選ぶときもワクワクしますよね。

子供は、本当に大人と違う長さやデザインの箸を望んでいるのか?を問い続けて、誕生したSTIIK KIDS。子供扱いされたくない気持ちや、子供が自分で選びたいという気持ちを大切にしています。

STIIK KIDSを使うことで大人と一緒のものを使うことへの第一歩となり、新しい考えや気づきを得るきっかけができるかもしれません。

STIIK KIDSを使い始めた変化

コンセプターさんはSTIIK KIDSを使い始めてから、大きな変化を体験したそうです。「ものすごく自然に感じる」ようになったという、親子のエピソードを紹介します。

8歳のお子さんはSTIIK KIDSをもらったとき、恥ずかしそうだったけれども嬉しくてニヤニヤしていたとのこと。一方で、STIIK KIDSを使えないので幼児用の箸を使っている4歳のお子さんは、自分以外の家族が同じ箸を使っている様子を見て「みんなといっしょがいいなぁ」というようになったそうです。

大人と一緒のものを使えるという上のお子さんの嬉しさや、自分だけ同じ箸を使えない下のお子さんの早く大きくなりたい気持ちが伝わってくるエピソードですね。

STIIK KIDSなら体型に左右されずお揃いの箸を使えるので、大人の仲間入りができます。食卓で箸を見るたびに、きっと嬉しい気持ちになれるでしょう。

STIIK KIDSはどこで購入できる?

STIIK KIDSのピンク色の箸

STIIK KIDSはどんな商品なのかをお伝えしてきたのでだいたい理解されているかもしれませんが、再度確認できるよう、簡潔に概要をまとめました。購入できる場所についてもご紹介しますので、STIIK KIDSを購入する際の参考にしてみてくださいね。

・ブランド:STIIK
・サイズ:長さ22cm
・カラー展開:ガリ(ピンク)・ユズ(イエロー)・セラミックグレー・ミディアムグレー・チャコールグレー(ブラック)
・材質:竹/表面塗装:ウレタン樹脂
・生産:made in JAPAN
・対象年齢:7歳以上(小学1年生以上)
・価格:1,650円(税込)

子供用箸の概念を見直して作られた、STIIK KIDS。子供が使うことを考慮して、大人用のSTIIKより箸先が少し丸いです。

軽い竹で作られているので、軽くて転がりにくくなっています。カラーは銀色のカトラリーや洋食器に合うセラミックグレーなど全5色です。

STIIK KIDSが購入できるサイト

STIIK KIDSは、主に下記のサイトで購入できます。ぜひ、ご家族でお気に入りのカラーを選んでくださいね。

子供用箸STIIK KIDSで食事のコミュニケーションを楽しく

食事を始める母娘

子供用箸STIIK KIDSのコンセプトや込められた想いなどについて紹介しました。子供と同じデザインの箸を使うことで、食事のコミュニケーションを楽しくすることができます。

「大人も子供も箸をそろえることで、食卓に一体感が出る」ことを実際に体感してもらいたいというコメントもコンセプターさんから寄せられました。

STIIKの美しいデザインと使いやすさを通じて子供と一緒に、家族みんなで食事のコミュニケーションを楽しみましょう!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami