手作り傘体験 SORAKASA KIT 〜大切に「気づく」大切を「築く」〜

手作り傘体験 SORAKASA KIT 〜大切に「気づく」大切を「築く」〜

最終更新日 2021-05-18 by smarby編集部

雨の日の私たちの日常に馴染み深いビニール傘。

便利で人にやさしいはずのビニール傘が、実は地球にとってはやさしくないことを知っていますか?

傘を使い捨てするのは、日本特有の文化。

日本では、誰のものか分からなくなったビニール傘が年間約6000万本、ゴミとして捨てられています。

しかも、金属とビニールが組み合わさって解体しづらいビニール傘は、ゴミの中でも分別できない問題児として扱われ、そのまま日本のどこかの地中深くに今でも埋め立てられ続けているのです。

「SORAKASA KIT」は、楽しく学びながら、子どもたちに傘作りを体験してもらう手作りキットです。

作っていく中で「地球にとって持続可能なものづくりとは?」

そんなサスティナブルな思考が芽生えます。

一から自分で傘を作り、作った後には「ものを大切にする」・「先の未来を想像してものを選ぶ」そんな気持ちが芽生え、自分自身の意識が変わる体験ができる「SORAKASA KIT」。

今回は、そのワークショップが有楽町マルイにて開かれると聞き、娘を連れて傘作りを体験してきました!

「SORAKASA KIT」とは

そら傘キット SORAKASA KIT

「地球との関係」「未来との関係」「ジブンとの関係」「モノとの関係」「大切な人との関係」5つの関係性を大切にしたクリーンエイティブという考え方を掲げるブランド「Caetlaサエラ」が作った、子どもたちが楽しく学べる手作り傘キット。

「Caetlaサエラ」の傘は、「+TIC」といって、単一素材のプラスチックで作られた傘。

オールプラスチックで作られているので、錆びにくく、風速約15メートルの強風にも耐えれる丈夫さ。

そして、骨組みまでプラスチック製なので、分別の必要がなくリサイクルも可能な再生できる傘です。

万が一壊れても、生地や部材を取り替える(リペアブルする)ことができるサスティナブルな新しい傘+TIC。

それを一から手作りすることができるのが「SORAKASA KIT」です。

そら傘キット SORAKASA KIT

使い捨てではなく、リデュース・リユース・リサイクルを大切にし、愛着を持って使い続けられるものづくりを体験しながら学べるキットになっています。

有楽町マルイ ワークショップ体験レポート

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験

2021年3月26日~3月28日に有楽町マルイで開かれた「SORAKASA WORK SHOP」に5歳の娘を連れて参加してきました。

SORAKASAワークショップ 有楽町

こちらが今回のワークショップのポスター。
さて、会場はどんな感じなのでしょうか?ドキドキワクワクです。

Caetlaサエラの傘 SORAKASAワークショップ

少し早くついたので、会場を見てみると、カラフルでさまざまなデザインの傘がディスプレイされていました。

こんなにたくさん種類があるんですね♪見ているだけでも楽しい。

Caetlaサエラの傘 Evereonエバーイオン

この形の持ち手の傘、街で結構見かけるなと思ったんですが、Caetlaサエラの傘だったんですね!「Evereonエバーイオン」という種類のようです。

Caetlaサエラの傘 Evereonエバーイオン

色んなところに引っかけやすく、機能的でおしゃれなデザイン。

Caetlaサエラの傘 Evereonエバーイオン

色とりどりで自分らしい1本が選べます。

Caetlaサエラの傘 Evereonエバーイオン

張り替え生地が売られているので、生地が破れてしまったり、気分を変えたい時に簡単に「リペアブル」出来るのも嬉しいですね。

1つの傘を大切に使い続けることが出来そうです。

Caetlaサエラの傘 Evereonエバーイオン

娘は骨組みがレインボーの傘が気になった様子♪

こんなにカラフルな骨組みなら雨の日でも気分が明るくなりますね。

ワークショップがスタート♪

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

今回のワークショップの会場がこちら。

ブルーのシートで各自床に座って傘作りが出来るようになっています。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

傘を作り始める前に、最初に今回のワークショップのテーマについての話がありました。

Caetlaサエラの取り組みについて。なぜ傘を作っているのか?

今、地球で起きている環境問題の話など。

きっかけがないと、なかなか普段子どもたちに親から教えてあげられないことを分かりやすく伝えてくれます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

クイズを出して、子どもたちに質問しながら進めていくので、娘も興味津々!

「1年間で、日本で傘が捨てられてる量は?」

「世界で一番日本がビニール傘を捨ててるんだよ。」

など、自分でも知らなかったことを娘に教えてもらえたので、親としても嬉しかったです。

SORAKASA KIT(そら傘キット)で傘作り

さて、お話が終わったら、いよいよ傘作りがスタート!

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験
そら傘キット SORAKASAKIT

これが、SORAKASA KIT(そら傘キット)

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

袋から取り出し、中身を確認します。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

このカラフルな防水シールが可愛いですよね。自分で好きな柄にデコレーションできるようです。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

説明された手順通り組み立てていきます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

「これ、傘の骨組みのところだ!」

初めての傘作り、子どもだけでなく、私も興味津々です。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

骨組みを軸に取り付けていきます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

真剣な眼差しです。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

骨を軸につけたら、一気に傘らしくなってきました。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

斜めに傘を支える小骨も取り付けていきます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

いい感じに出来てきました♪

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

傘の骨組み完成♪

自分で作れるなんて凄い!

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

ついにビニール生地を張っていく工程です。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

結構グッと力を入れて骨の先に生地を引っ掛けていきます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

全て引っ掛けたら、ビニール傘が完成!自分でここまで作れた!

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

あとは飾り付け!自分の感性でシールを貼り付けていきます。

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

このシール、全てアルファベットになっていたので、娘は自分の名前と弟の名前を

ぺたぺた貼りつけていました。

記号みたいにデザインされたアルファベットなので、ランダムに貼るだけでもオシャレに仕上がって可愛い♪

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

完成しました♪

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

開いてみました!

「ここの部分のシールね…」

娘が嬉しそうに自分のこだわったデザインのポイントを話しているので、私もなんだか嬉しい気持ちに♪

その後も上機嫌で自分で作った傘を持って帰りました。

今回のワークショップを振り返って

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ 有楽町

今回のワークショップは、自分たちが気づかなかった環境問題に気づけたことが大きな学びになりました。

日本でどれだけのビニール傘が捨てられているのか?

作ったその先を考えながらものづくりをすることがいかに大事か。

普段何気なく見過ごしていて、子どもに教える機会もなかったエシカルな取り組みについて、体験しながら話すことが出来て良かったと思います。

そして、なんといっても楽しい!

傘を作ったことなんて大人の私でもなかったので、

「こんな風に作られてるんだ!」

「意外と自分でも作れるんだな。」

と、新鮮な驚きと発見がありました。

そしてそれは、娘も同じだったようで、

「これわたしがつくったんだよ!」

と言いながら、雨の日は自慢げに自作の傘をさして大事に使っています。

今まで、傘の構造や素材を気にしたことなかったけど、よりよいものを選択していきたいなと意識が変わった体験でした。

私たちにとって「大切」なものに気づき、「大切」を築いていく。

自分の持っているものを大切に手入れしながら、使っていく。

小さなことだけど、それがすごく大事。

そんな気持ちを自分の心の中にも、そして娘の心の中にも、育むことが出来たワークショップでした。

「+TIC SORAKASAKIT ワークショップ」次回は溝口で開催

そら傘キット SORAKASAKIT 手作り傘体験 SORAKASAワークショップ

今回、私たちが参加したワークショップは有楽町マルイで開催されましたが、次回の開催は溝口マルイで開催されるようです。

▼ワークショップの詳細

開催期間

2021年5月29日(土)~5月30日(日)

開催時間

各日 1日2回

1回目:11時~12時

2回目:13時30分~14時30分

開催場所

マルイファミリー溝口 5F イベントスペース

参加料金

2,000円(税込)

参加方法

事前予約制

受付期間

5月30日(日)まで

とても楽しいので、子どもと一緒に行ってみてはいかがでしょうか?

興味のある方は、Caetlaサエラの公式ホームページからチェックしてみてくださいね。

Caetlaサエラ公式ホームページ information

Caetlaサエラの公式ホームページ トップページ

そして、遠方でワークショップになかなか参加できない方も、おうちで「SORAKASA KIT」を楽しむことが出来ます。

ステイホーム中に子どもと一緒におうちで傘を作ってみませんか?

もし良ければチェックしてみてくださいね。

「SORAKASA KIT」ストライプデパートメント販売ページ

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami