【保育士監修】赤ちゃんが寝返りをはじめるのはいつ頃?サポート方法や注意することを解説!

【保育士監修】赤ちゃんが寝返りをはじめるのはいつ頃?サポート方法や注意することを解説!

新米ママやパパにとって、はじめての赤ちゃんに毎日心配することや疑問に思うこともたくさんあるでしょう。その中で、寝返りをするのはいつなんだろうと思っているママやパパも少なくないはず。

寝返りを始める時期や兆候、注意点など、ママやパパに役立つ情報を、保育士の資格を持ち現場で働いていた経験から紹介していきます。便利グッズも併せて紹介するのでぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの寝返りは腰の機能が成長した証拠

うつ伏せで頭を上げて部屋の中で笑う赤ちゃん

寝返りは、腰の筋肉や神経が発達することでできるようになります。つまり、寝返りができたということは、腰の機能が成長した証拠です。腰の機能が成長することで、その後、お座りやハイハイなどもできるようになっていきます。

赤ちゃんが寝返りをするタイミングは、ちょっとした偶然がきっかけになることもめずらしくありません。たまたま気になるものがあって体をねじったり、足を持ち上げて下ろした勢いだったりとさまざまなタイミングでできるようになるようです。

赤ちゃんの寝返りはいつから?

首が座りはじめたら、そろそろ寝返りをするのではと楽しみにしているママやパパもいるでしょう。その反面、なかなか寝返りをしてくれないと、心配に感じているママやパパも中にはいるのではないでしょうか。そこで、赤ちゃんが寝返りをするのはいつ頃からなのか、紹介します。

月齢4~6ヶ月頃が一般的

赤ちゃんが寝返りをするのは、一般的には4~6ヶ月頃からといわれています。3ヶ月頃から首が据わり徐々に体もしっかりとしてきます。腰が据わっておすわりができるようになるのが6ヶ月頃。

首据わりが安定し、ひとりでおすわりができるようになる前後に寝返りができるようになる赤ちゃんが多いでしょう。

7ヶ月になるまでには約9割の赤ちゃんが寝返りをするようになるというデータもあるようです。一方、特に問題がなくてもなかなか寝返りをせず、7~9ヶ月頃にはじめるという赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの寝返りには個人差もある

首が据わる時期やおすわりができるようになる時期など身体の成長は赤ちゃんによって個人差があるものです。

目安の月齢よりも寝返りをするのが遅かったり早かったりすることもあるかも知れませんが、自分の赤ちゃんは成長が遅いのではないか、早すぎるのでは、などあまり心配しすぎる必要はありません。

とはいえ、我が子の成長が気にならない親はいないはず。6ヶ月を大幅に過ぎても寝返りの兆候が見られない場合や身体の発達以外にも何か心配なことがあるなら、医師などの専門家に相談してみるといいでしょう。

あと少し?寝返りの兆候

気が付いたらうつぶせになっていた、ということも珍しくはありません。しかし多くの場合、寝返りをはじめる前にはいくつかの兆候がみられます。では、どのような仕草が寝返りの兆候なのでしょうか。

まず、赤ちゃんが手足を上げて体をひねる仕草をすることがあります。これは、寝返りをするぞ、という意欲のあらわれ。次に、えび反りになる仕草が見られるようになります。これは、寝返りができるようになる兆候。えび反りをすることで、足腰や背中の筋肉も鍛えられていきます。

体を横向きにしてキープできるようになったら、寝返りをするまでもうすぐのサイン。ほんの少しサポートしてあげることで、コツをつかんで自力でゴロンと寝返りができるようになるでしょう。

赤ちゃんの寝返りをサポートしてあげるポイント

ベッドの中で指をくわえて笑っている可愛いらしい赤ちゃん

寝返りは赤ちゃん自身が成長することで自然とできるようになるもの。ですが、ほんの少しサポートしてあげることで寝返りしやすくなるでしょう。

ここでは、どのようなことに気をつけてあげたらよいのか、サポートはどのようなをしてあげたらよいのかを紹介します。

寝返りしやすい服装や環境にしてあげる

手足をあげて体をねじるなど、寝返りの兆候がみえはじめたら赤ちゃんの服装や周りの環境を整えてあげましょう。まずは、ピッタリとした伸縮性の低い洋服や手足が出ない動きづらい服を着ている場合は動きやすい服に変えてあげます。薄くて伸縮性の高いものがおすすめです。

バウンサーなどに寝かせている時間が長いという場合もあるでしょうが、それでは自由に身動きができずなかなか寝返りができません。自由に体を動かせのびのびとできる場所で遊べるゆったりとした時間を増やしてあげるなど環境を整えていきましょう。

寝返りの意欲が見られたら背中や腰をゆっくり押してあげる

手足を大きく動かし体をひねる、横向きになるなど赤ちゃんに寝返りの意欲は見られるけれどなかなか成功しないということもあるでしょう。そういったときは、少しだけサポートしてあげるのも一つの方法です。

赤ちゃんに体をひねる様子がある場合には、腰や背中をゆっくりと押してあげましょう。そのとき、無理に押すことはせず、体に手を添える程度の力で優しく行います。

うつ伏せになるところまでできたものの、腕が上半身の下に挟まっているということがあります。そのようなときはゆっくりと腕を抜いてあげましょう。

寝返りの練習を一緒にしてあげる

成長と共に自力で寝返りをしようとする赤ちゃんがほとんどですが、中にはなかなか寝返りを始めない子もいます。そのようなときにはコミュケーションの一環として寝返りの練習をしてみましょう。

1:赤ちゃんの片足を持ち上げる

2:反対側の足の方へ交差させ、体を横向きにする

3:上半身をひねってうつ伏せにしてあげる

上記の方法以外にも、寝返りをする方向から赤ちゃんの名前を呼んであげたり、赤ちゃんが好きなおもちゃを置いてあげたりということも効果的です。

手をかけすぎず見守ってあげる

本来、寝返りは成長の過程によって赤ちゃん自らできるようになるものです。なかなか寝返りをしようとしない場合は手伝ってあげることも大切ですが、大人が手を貸しすぎることで寝返りのきっかけが生まれないということにもなりかねません。

心配な気持ちもあるでしょうが、なるべく赤ちゃんの成長にまかせ、あまり手を貸さずに見守ってあげることも大切です。

赤ちゃんが寝返りをはじめたら注意すること

帽子を被って目をつぶりほほ笑む赤ちゃんとクマのぬいぐるみ

赤ちゃんの寝返りは成長の証。嬉しい出来事である一方、注意しなくてはいけないことも増えていきます。そこで、赤ちゃんが寝返りをはじめたらどのようなことに注意をしなくてはいけないのかを紹介します。

窒息に注意する

仰向けから寝返りをすることで赤ちゃんの体勢はうつぶせ寝になってしまいます。寝返りをはじめたばかりの赤ちゃんにとって、長い時間顔を上げた姿勢を取ることは難しいことです。

そのため、首が下に下がってしまい、布団などの寝具に顔が埋まってしまう可能性があり窒息の危険が生じます。また、息がしづらい体勢でもあるので苦しそうにしていないかなど、注意して見ていましょう。

うつ伏せになってしまったからといって慌てて仰向けに戻す必要はありませんが、目を離さないようにし、顔が埋まるような枕や柔らかい布団などの寝具の使用は避けてください。

誤飲に注意する

赤ちゃんが寝返りができるようになり首をあげていられるようになると、近くにあるものに手を伸ばすことができるようになります。赤ちゃんは手にしたものを口の中に入れて確認することがあります。小さいものを手にしてしまうと誤飲の可能性があるため大変危険です。

また、寝返りをすることで床をころころと転がり部屋の中を移動することができます。赤ちゃんの行動範囲が広がることで、アクセサリーのような小さな小物やティッシュペーパーなどを口に入れてしまうことも考えられます。

寝返りができるようになったら、誤飲を防ぐためにも口に入れてしまう可能性があるものは片付けておきましょう。

部屋の掃除はこまめにする

寝返りをすることで赤ちゃんは自由に移動ができるようになります。ころころと部屋の中を転がるうちに赤ちゃんがモップのようにホコリをあちらこちらに運んでしまうことも。赤ちゃんがホコリまみれになるだけでなく、部屋の中にホコリが散らばってしまいます。

また、寝返りでころころと動く赤ちゃんと床の距離はとっても近いです。そのため、ホコリを鼻や口から吸い込むなどすることで、ハウスダストの影響も心配。なるべく、ホコリはこまめに取り除くように掃除をしましょう。

周りの環境に注意する

赤ちゃんが寝返りをするとき、その先にどのようなものがあるのか赤ちゃん自身が確認してから寝返りをするということはまずありません。

その先にテーブルがあろうと、いすの脚やテレビ台があろうとお構いなしです。周囲の環境に危険がないか、ママやパパが気をつけてあげましょう。

寝返りをした拍子にタンスなどに当たるということも考えられます。そのとき、タンスの上には落下しそうなものがないかも注意しておきましょう。

また、ベッドで寝ているときに寝返りをすると赤ちゃんが落下してしまう危険があります。柵などで落下防止をしておくといいでしょう。

【赤ちゃんの窒息防止に】寝返り防止クッションおすすめ

ベッドの上でぬいぐるみを抱いてスヤスヤ眠る赤ちゃん

仰向けからころんと寝返りをするとどうしてもうつぶせの姿勢になってしまいます。ふと目を離した瞬間にうつ伏せになっていてヒヤリ、という経験をしたママやパパも少なくないでしょう。

そこで、寝返りをはじめたらうつぶせ寝を防いでくれる寝返り防止クッションを使うと安心です。おすすめの寝返り防止クッションをチェックしてみましょう。

やさしいカラーとデザイン【SANDESICA(サンデシカ)】寝返り防止クッション

元気よく動く赤ちゃんの両脇をガードして、寝返りをしにくいように補助してくれるクション。面テープ敷きで、2つのクッションの間隔を簡単に調節することができるので、赤ちゃんの体型に合わせて使うことができます。

クッション部分のウレタンフォーム以外のパーツはネットに入れて選択することができるので、いつでも清潔に使うことができますよ。

・楽天参考価格:2,970円(税込)
・カラー展開:シュシュ(動物柄)、フラッフィー(雲柄)
・サイズ:マット:横43cm×縦18cm クッション:横10cm×縦20cm×高さ9cm
・素材:綿、ポリエステル、ウレタンフォーム

可愛いいデザイン♡【フェニックス】ベビー寝返り防止クッション

赤ちゃんの寝返りによる移動を防止してくれる寝返り防止クッション。かわいいくまさんとうさぎさんのぬいぐるみが添い寝をしてくれているようなデザイン。ぬいぐるみの中には鈴がついているので人形として一緒に遊んでも楽しい設計です。

マジックテープで調節できるので赤ちゃんの体にピッタリフィットさせることができます。

・楽天参考価格:4,280円(税込)
・カラー展開:ピンク(うさぎ)、ブルー(くま)
・サイズ:長さ45x幅35x高さ12cm
・素材:ベルベットコットン、中綿:PPコットン

柔らかく通気性もいい♪【AORTD】寝返り防止クッション

両側に枕が付いていて、適度な傾斜になっているので寝返りやミルクの吐き戻しなどを防止します。素材は、空気を通すエコ材質のスポンジだから通気性も抜群!両側にあるクッションに寄り添って眠ると、まるで側にママがいるような気分に♡眠りの浅い赤ちゃんもぐっすりと安心して眠れるでしょう。

・楽天参考価格:3,398円(税込)
・カラー展開:ホワイト
・サイズ:約40㎝×59㎝
・素材:トリコット、エコスポンジ

【あお向けに寝やすい】赤ちゃんの寝返り防止ベッドタイプおすすめ

子供用のベッドの上で眠っている赤ちゃん

赤ちゃんをベビーベッドやママパパと一緒のベッドで寝かせているというご家庭もあるでしょう。そうすると、心配なのが寝返りによる落下。そんな時に便利なのが寝返り防止ベッドタイプです。おすすめのベッドインベッドを紹介するので参考にして下さい。

成長に合わせて使える【farska(ファルスカ)】ベッドインベッドエイド

生まれてすぐの添い寝から使うことができるベッドインベッド。赤ちゃんとママ、パパとの間に境界を作り安心安全に添い寝をすることができます。

添い寝クッションの幅を調節することができるので、使用期間は長く寝返り防止としても利用可能。クッションの詰め物以外は全て選択可能なので、清潔に使い続けることができます。

・楽天参考価格:4,950円(税込)
・カラー展開:シープ&ホルン 、エレファント&バナナ
・サイズ:幅60cmx奥行35cm×高さ13cm(使用時)
・素材:マット:生地:綿100%、側生地:ポリエステル100%、詰物:ポリエステル100%、クッション:生地:綿100%、詰物:ウレタンフォーム100%、リングまくら:生地:綿80%、ポリエステル20%、詰物:ポリエステル100%

寝返り防止しながら心地よい眠り【Bebamour(ベビーアムール)】

肌に触れる面がメッシュ素材で肌触りが良く、通気性抜群の設計なので汗をたくさんかく赤ちゃんにおすすめのベッドインベッド。角度調節の回転ボタンで5°~30°まで角度調節ができるので、吐き戻しの防止にもなります。

中身のフレームを外すことで選択もできるので衛生面もバッチリです。折りたたんでコンパクトにできるので、帰省などのお出掛け時にも活活躍してくれるでしょう。

・Amazon参考価格:8,860円(税込)
・カラー展開:ホワイト
・サイズ:縦90x横53x高さ17cm
・素材:ベッド本体:ポリエステル、敷きパッド:ポリエステル、フレーム:PPプラスチック

寝返り防止しながら頭の形も整える【ドリームチーム】天使のねむり

優しく身体にフィットして寝返りを防止してくれる機能性ベビーマット。寝返りができるようになると、赤ちゃんは自由に身体の向きを変えてしまいます。向き癖がついて頭の形が悪くなってしまうことも。

このベビーマットはうつ伏せ寝を防ぐだけでなく、独特のかたちで頭の位置を落ち着かせ、まん丸頭を実現してくれます。

・楽天参考価格:13,999円(税込)
・カラー展開:ホワイト
・サイズ:幅80×奥行45×高さ14cm(最長部)
・素材:外カバー:綿100%、内カバー:底面は綿100%上面はナイロン、生地 綿100%と綿93%、ポリエステル7%、本体:ウレタンフォーム

寝返りをいつはじめるかは個人差が!赤ちゃんのペースでOK

口をとがらせている男の赤ちゃん

赤ちゃんが寝返りをするということは、成長の証。嬉しいことである反面、うつ伏せ寝による窒息やケガの危険、誤飲のおそれなど心配なことも増えていきます。寝返り防止クッションなどを利用して不安を減らしつつ赤ちゃんの成長を楽しんでいきましょう。

また、なかなか寝返りをしようとしない赤ちゃんに心配するママやパパもいるでしょうが、赤ちゃんの成長には個人差があるものです。必要なときはサポートしつつ、赤ちゃんのペースで寝返りをはじめるのを待ちましょう。

どうしても心配なときには専門家のサポートを受け、ママやパパの不安を解消していくこともおすすめです。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami