2021年のお盆休みはいつからいつまで?オリンピックの影響のほか素敵なお盆休みの過ごし方まで解説!

2021年のお盆休みはいつからいつまで?オリンピックの影響のほか素敵なお盆休みの過ごし方まで解説!

最終更新日 2021-06-29 by smarby編集部

「お盆」といえば、お盆休みをイメージするママも多いのではないでしょうか。長期休みはうれしいですが、コロナ禍の過ごし方には頭を悩ませますよね。しかも、2021年のお盆休みはオリンピックの影響で少し変則的になるのです。

この記事では、お盆の具体的な期間やコロナ禍でも楽しく過ごせるコツを紹介します。

お盆ってなに?

精霊流し

そもそもお盆とは、ご先祖様の精霊をお迎えしてもてなし、感謝をする期間のこと。地域によって差はありますが、ナスやキュウリで作ったお供え物の精霊馬(しょうりょううま)は広く知られています。

どの地域でも共通しているのが、ご先祖様を供養するための行事であるという点です。「あの世でも幸せであるように」とお祈りする、日本の古くからの風習がお盆といえるでしょう。

2021年のお盆休みは?

2021年のお盆休みは、8月13日(金)から8月16日(月)の4日間です。

お盆期間自体は地域によって3タイプあり、一般的には8月13日から16日がお盆休みとなっています。

また、今年はオリンピックの影響でお盆休み直前の8月7日(土)から9日(月)が3連休になることにも注目です。

お盆休みの時期は地域によって3種類

1から3までのブロック

お盆休みは一般的に8月13日から16日なのですが、お盆期間は地域によって異なります

東京など一部地域のお盆期間:7月13日~16日
一般的な(そのほかの地域)のお盆期間:8月13日~16日
沖縄地方のお盆期間:8月20日~22日

ここからはなぜお盆の時期が違うか解説していきます。

タイプ1:新暦盆(東京など)

お盆には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という正式名称があります。

お釈迦さまの弟子の一人である「目連尊者(もくれんそんじゃ)」が母を救う話に由来しており、日本ではじめてお盆を行事として執り行ったのは飛鳥時代の推古天皇だとされています。

江戸時代以降は7月15日に霊を供養する行事として一般庶民の間でも広まってきましたが、明治以降、新暦(グレゴリオ暦)の採用により7月15日が従来より1ヶ月以上前倒しになりました。

他の地域は月遅れ盆のようにお盆を8月とするところが多い中で、政府のある東京周辺は新暦通りのお盆となったといわれています。

タイプ2:月遅れ盆(東京以外の多くの都市)

東京以外の多くの都市のお盆は新暦の8月15日前後。8月13日~16日の4日間が一般的なお盆期間となっています。前後が土曜や日曜、祝日の場合、5日間を超える大型連休になることも珍しくありません。

2016年(平成28年)からは、お盆休み期間に近い8月11日が「山の日」という祝日に制定されたため、お盆休みは一層長くなる傾向となっています。

多くの人が「お盆休み」で想像する8月のお盆。現在では全国的に8月半ばに「お盆休み」となりますが、新暦の本来のお盆であ る7月15日から1カ月遅れているので「月遅れの盆」とも呼ばれています。

8月のお盆が一般化したのは、7月のお盆は農作業の忙しい時期にかかってしまうためともいわれています。

また、東京と地方とで盆の時期をずらすことで、家族や親戚が集まりやすく、そろってご先祖さまの供養ができることも一因となっているかもしれませんね。

タイプ3:8月後半から9月初め

祭祀を行う場である「御嶽(うたき)」、霊媒師の「ユタ」など独自の宗教儀式が根付いている沖縄では、お盆期間も他の地域と異なります。

月の満ち欠けによって暦を決める旧暦に基づいてお盆の行事を執り行っているため、期間はその年によって変わり、8月後半から9月にずれ込む年もあります。

<2021年~2025年の旧暦盆 日程>

  • 2021年:8月20日(金)~8月22日(日)
  • 2022年:8月10日(水)~8月12日(金)
  • 2023年:8月28日(月)~8月30日(水)
  • 2024年:8月16日(金)~8月18日(日)
  • 2025年:9月4日(木)~9月6日(土)

2021年のお盆休み、東京オリンピックの影響は?

東京オリンピックの垂れ幕

今年のお盆休みで注意したいのが、東京オリンピックの影響で休日が変更となっている点です。

五輪開催に向けて「改正休日法」という法律が制定され、2020年限定で一部の祝日(海の日、山の日、スポーツの日)が変更されていたわけですが、2021年もオリンピック開催を前提として、同様の措置が取られることになっています。

具体的な祝日の移動

例年であれば7月の第3月曜日と定められている「海の日」。

通常なら2021年7月19日(月)が「海の日」になるところですが、オリンピックの開会式が7月23日(金)に予定されているため、「海の日」は前日の22日(木)に移動となりました。

さらに、10月11日の「スポーツの日(旧「体育の日」)が、開会式が予定されている7月23日(金)に移動。

続いて、通常は8月11日と定められている「山の日」も、2021年は8月8日(日)に移動となり、国民の祝日に関する法律に基づいて翌9日(月)も振替休日となります。

3日休めば10連休!

2021年のお盆休み。全国的な月遅れ盆は毎年変わらず8月13日(金)から16日(月)の4日間です。しかし、今年はオリンピックに向けた措置として山の日が8月8日(日)に移動となり、翌9日も振替休日となりました。

これにより、8月7日(土)から9日(月)が3連休に。もし、10日(火)~12日(木)の3日間休むことができれば、7日から16日が10連休となります。

また、今年はオリンピックに向けた措置で、前月の7月22日(木)~25(日)も4連休になるため、7月下旬から8月下旬は、うれしい連休続きとなりそうです。

オリンピックが中止の場合は?

ここで気になるのが、「オリンピックは本当に開催されるのか」という点ではないでしょうか。オリンピックが中止、または再延期となった場合、変更された祝日はどうなってしまうのでしょうか。

結論としては、オリンピックの有無にかかわらず、2021年(令和3年)の祝日は移動されたままで元に戻ることはありません。直前で連休がなくなってしまうことはないので、安心して予定を立ててくださいね。

コロナ禍でのおすすめのお盆休みの過ごし方

家の中で遊ぶ子ども

ここからはスマービー読者にぴったり!コロナ禍でも子どもと楽しめるお盆休みの過ごし方を紹介していきます。

ドライブ

公共の乗り物は心配という人には、家族だけで移動できるドライブがおすすめです。暑さや天気の影響を受けないから小さな子どもと一緒でも◎

オープンエアな行き先に限定して遠出してみるのも、気分転換に最適です。自然と触れ合ったり、いつもと違う美しい景色を見たり、心身ともにリフレッシュできるはず。

車でのぐずり対策。チャイルドトレイ テーブル

チャイルドシートが苦手な子だと、ドライブも億劫になってしまいますよね。そんなときは、子どもの「楽しい」を引き出すことが大切です。車でのぐずり対策として注目されているのが、こちらのチャイルドトレイテーブル。 

多機能設計で、おもちゃ遊び、お絵かきはもちろん、食事にも使えます。頑丈なつくりとなっているので、すぐに壊れる心配もありません。

強化したサイドがiPadやスマホのスタンドになる点も、ママにはうれしいポイントです。

首カックン対策に。NapUp うたたねサポート ネックピロー 

長時間のドライブとなると、子どもはついウトウト寝てしまいます。ふと後部座席に目をやると、首をダラーンと曲げて寝づらそうな姿勢になっていた、なんて経験はありませんか。

不自然な姿勢だと「首は大丈夫なの…」と心配になりますよね。そんなときに活躍するのが、うたたねサポート ネックピローです。

チャイルドシートに簡単に取り付けできて、しかも丸洗いも可能。いつでも快適・清潔に心地良い睡眠をサポートしてくれます。

自宅でゆっくりする

コロナによる外出自粛を逆手にとって、2021年のお盆はお家でゆっくりするのもよいかもしれません。

せっかく自宅で過ごすのであれば、家族で集中力を養うゲームをしてみてはいかがでしょうか?ここでは、小さい子どもも楽しく遊べる、イチオシのゲームを紹介します。

ホビージャパン ドブル (Dobble)

フランス生まれの大ヒットゲーム「ドブル」。プレイ人数は2~8人用となっているので、大家族にもぴったりです。スピード、観察力、反射神経が鍛えられるカードゲームで、盛り上がること間違いなし!

対象年齢は6歳以上ですが、簡単なトランプができる子なら、きっと夢中になって遊んでしまうおすすめのゲームパーティーゲームです。

ナインタイル 

たった10秒のルール説明で、子どもからお年寄りまで楽しめる「ナインタイル」。遊び方はとっても簡単で、9つのタイル柄をお題に合わせて並び変えるだけ。直感が勝負のゲームなので、子どもも勝ちやすいのがポイントです。

小さな頃から成功体験をさせてあげることで、子どもは自己肯定感の高い、何事にもチャレンジできる子に育ちます。お盆休みこそ、新しいことに挑戦させてみてはいかがでしょうか。

充実したお盆休みを!

手をつないだ家族

新しい生活様式、オリンピックなど、2021年のお盆は例年とは少し違った過ごし方になりそうです。まとまった時間ができるお盆休みだからこそ、子どももパパもママもリフレッシュが大事!

ドライブやおうち遊びなど、充実した家族の時間を過ごしてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami