4歳におすすめの【子供用自転車】14インチ?16インチ?選び方も解説!

4歳におすすめの【子供用自転車】14インチ?16インチ?選び方も解説!

4歳頃になると、友達や上の子が乗っているかっこいい自転車を見て「自転車に乗りたい」と思い始める子供が多いようです!

すでにペダルや補助輪がないキッズバイクに乗っている子供なら自転車の移行も簡単と言われますが、それでも初めての自転車はママもパパも心配だと思います。できるだけ安全な自転車を選んであげたいですよね。

そこで、今回は4歳の子供用自転車の選び方や練習方法について紹介します。
14インチにする?16インチにする?すぐに大きくなるから18インチでもいい?など、サイズの選び方についても見ていきましょう!
安心して乗ることができ、4歳の子供が喜ぶ子供用自転車を見つけてくださいね♪

Contents

4歳の子供用自転車の選び方

14インチの三輪車

4歳の誕生日や、入園・進級祝いに子供用自転車をプレゼントするご家庭も多いかもしれません。

ですが、たくさんある子供用自転車はどれを選べばいいか迷いますよね。ここでは、子供用自転車の選び方をチェックしましょう。

重さをチェック!軽い自転車を選ぶ

4歳の子供にとって、初めての自転車はできるだけ軽い自転車を選ぶことをおすすめします。自転車の本体が軽いと操作もラクで練習がスムーズです。

また、練習を始めたばかりの頃は何度も転倒してしまうことが考えられます。その際に、重たい自転車だと4歳の子供が自分で自転車を起こすことができません。10kg程度の軽い自転車であれば、ママが持ち運ぶ際も楽ですね。

身長に合わせたインチにする

子供の成長は早いので服は大きめを選ぶというママも多いと思いますが、自転車はジャストサイズを選ぶことをおすすめします。

インチとは自転車のタイヤの大きさのことで、身長に合わせたサイズを選びましょう。

<サイズ目安表>

タイヤのサイズ

適正身長

年齢(目安)

12インチ

80~105cm

2〜3歳程度

14インチ

91~108cm

3〜5歳程度

16インチ

98~119cm

3〜6歳程度

参考サイト:SIZE.COM

上記はサイズの目安表ですが、自転車のメーカーによって適正身長が異なる場合もありますので、購入前に確認しておきましょう。

大きい自転車は子供の足が地面につかないので危険です。必ず身長に合ったサイズを購入してくださいね。できれば実際にお店に行って試乗し、サイズ感を確認することをおすすめします。

補助輪が付いている自転車を選ぶ

子供用自転車には補助輪がついている場合がほとんどですが、小さい頃からキッズバイクに乗っている子供の場合は初めから補助輪なしで乗れることもあります。

ですが、自転車はキッズバイクよりサイズが大きいものが多く、すぐにバランス感覚を身につけることが難しい場合もあります。最初から乗れないと練習も嫌になってしまいますので、補助輪付きの自転車が◎。購入時に補助輪がついているかを必ず確認しましょう。

安全基準をクリアした自転車を選ぶ

子供用自転車を購入する際には、安全基準を満たしているかをチェックすることをおすすめします。
自転車協会が定めた90項目以上の安全基準に合格した自転車はBAAマークがついています。

他にも、国に登録された機関から認証を受けた事業者が、鉱工業品等に対して表示するJISマークなどもあります。
自転車に安全に乗るためにも、このようなマークが付いた子供用自転車を選びましょう!

【14インチ】4歳におすすめの子供用自転車6選

子供用自転車にも様々なタイプがあります。

活発で自転車に乗るのが大好きな子供にぴったりの、キックバイクから自転車にかわるタイプ
自転車を怖がっている子供には、初めはママがコントロールできるタイプ

子供の性格に合わせて初めての自転車を選ぶといいかもしれませんね♪

まずは14インチの子供用自転車を紹介します。

1.超軽量!自転車に早く乗れるようになる【ストライダー】14x

【ストライダー】14xは、自転車の練習に最適です!ランニングバイク(ペダルがない、キックバイクの状態)・自転車(ペダルを付けた状態)の2通りの使い方ができ、4歳の自転車デビューを応援してくれます。

ペダルは家庭で付属の工具を用いて簡単に取り付けられるのも嬉しいです。

重さが5.5kg(ペダルバイクモード6.5kg)と超軽量なうえ、低重心でバランスがとりやすく子供の力でもコントロールしやすいのが特徴です。

2.自転車の練習に最適【へんしんバイク】X14シリーズ

【へんしんバイク】X14シリーズ

 出典元:へんしんバイク公式サイト

へんしんバイクX14シリーズは、4歳からの自転車の練習がうまくいくように工夫されています。

ペダルが取り外した状態でまずはキックバイクとしてバランスをとる練習からはじめることができるのが特徴。今までキックバイクに乗ったことがない4歳の子どもにおすすめです。

キックバイクに慣れてきたらペダルを付けて普通の自転車と同じように乗ります。

へんしんバイクX14シリーズは6.3㎏と軽量で、ペダルをつけても8㎏なので重さが気にならないのも◎。前後ブレーキや前後反射板など、充実の安全装置で安心して自転車の練習ができます。

3.ロングユースできるのが嬉しい【ピープル】いきなり自転車

【ピープル】いきなり自転車は、かじ取り棒でママがコントロールしながら自転車に乗ることができるので安心です。

また、カゴが固定されているので、荷物を入れてもハンドルとは連動せずふらつかないのもポイント。

マルチアジャスト機構でハンドルサドルの伸び幅を長くしたり、ハンドル・サドル間が離れるように伸びる特別フレームを実現できるので6歳頃まで乗ることができます。

4.可愛らしいデザインが初めての自転車に◎【CHIBICLE (チビクル)】14インチ子供用自転車

可愛い見た目が特徴の【CHIBICLE (チビクル)】子供用自転車。

前後ブレーキ・反射板・ベル標準装備で、サドルには大人がサポートできる取手がつくなど安全に乗れる工夫がされています。
補助輪付きなので初めての自転車にぴったりです♪

5.バランス感覚を活かせる【 pie-grieche (ピエグリーチェ)】 BMX  ジュニア ストリート

小さい頃からキックバイクに乗り慣れていて、補助輪なしで乗れるという子供におすすめの1台!

【 pie-grieche (ピエグリーチェ)】 ジュニア ストリート 自転車はスポーティーでとにかくカッコいいのが◎。

子供用自転車ですが、大人用と同じスペックです。キックバイクで身に着けたバランス感覚を活かせる自転車です!

6. 乗りやすい子供用自転車【REEDSPORT】 補助輪付き 自転車子供用

カラー・サイズ(14・16・18インチあり)のバリエーションが豊富な自転車で、男の子にも女の子にもおすすめの子供用自転車

子供でも簡単に握れる間隔調整ボルト付きのブレーキレバーを採用しています。

ズボンの裾が汚れにくいチェーンケースや、荷物がぐらつきにくいワイヤーかごなども標準装備され、初めてでも乗りやすい工夫がされています。

【16インチ】4歳におすすめの子供用自転車8選

続いて、16インチの子供用自転車もチェックしてみましょう。

1.シンプルで軽量!【Louisgarneau(ルイガノ)】 K16

自転車本体はもちろん、アクセサリーも扱い人気の自転車ブランド【Louisgarneau(ルイガノ)】。ルイガノの子供用自転車K16は、補助輪付きで軽くてシンプル!

自転車にズボンの裾が巻き込まれないようチェーンケースを付け、弱い握力でも止まれるブレーキシステムやハンドルパッドを採用。4歳の子供でも安全に乗ることができます。補助輪なしでも自転車に乗れるとお子さんには、補助輪なしのK16ライトもおすすめです。

2.カッコいい子供用自転車!JEEP】 JE-16G 2021年モデル

Jeepらしいフレームデザインや極太ブロックタイヤが人気の子供用自転車。ハンドルグリップやサドルにもJeepのロゴが入っています。落ち着いた3色のカラー展開で、ちょっぴりお兄さん・お姉さんなイメージの自転車です。

フルカバーチェーンケース装備で安全面も考慮され、補助輪もついています!(16・18インチあり)

3.BAA安全基準適合車【BRIDGESTONE(ブリジストン)】16型 クロスファイヤーキッズ CK166

【BRIDGESTONE(ブリジストン)】 クロスファイヤーキッズ CK166はBAA安全基準適合車で、初めての自転車に◎

後ろでサポートしやすい取っ手付きサドルや、補助輪の取り外しが簡単なのがポイント。
補助輪外しの練習に便利なところが特徴です。

4.使いやすさにこだわった【asahi(あさひ)】Cream Kids 160-J 16インチ 子供用 自転車

シンプルなデザインが特徴の【asahi(あさひ)】Cream Kids(クリーム キッズ)160-Jは、使いやすさにこだわった子供用自転車です。

バスケット・泥除けなど必要なアイテムは追加で取り付けることができます。足が滑りにくいようにスポーツタイプのペダルを採用。

本体の突起物が頭にぶつからないようなシステムカバーを付けるなど、安全配慮がされています。

5.こだわりの幼児車ブランド【Royalbaby】RB-WE FREESTYLE フリースタイル 16インチ

【Royalbaby(ロイヤルベイビー)】はデザインや品質にこだわった幼児車ブランド!
練習中の水分補給ができるボトル・ケージ付きです。さらに、補助輪とスタンドも付属しているのがうれしいポイント♪車体は耐久性に優れ、スポーティーで快適に乗ることができます。子供が乗りたくなるカッコいいデザインの自転車です。

6.太めのタイヤで安定感抜群【HUMMER( ハマー)】KIDS16-OH 補助輪付き子供用16インチ自転車

アメリカの軍用車ブランド【HUMMER( ハマー)】の子供用自転車。太めのタイヤで安定感があり、フルチェーンケース・前後フェンダー・バスケット・取っ手付きサドルが標準装備されています。
補助輪は折り畳みできるので、取り外しをしなくても自転車の練習ができるのがポイントです!

7.色違いが可愛い♡【a.n.design works(エーエヌデザインワークス)】 v16

シンプルさが可愛い【a.n.design works(エーエヌデザインワークス)】の子供用自転車。

ベル・ブレーキ・タイヤの内側の反射板・フルチェーンケースなどの安全装備がついています。泥よけもついているので、水たまりでも気にせずに乗ることができますね。

8.快適操作で乗りやすい【KhodaaBloom asson】K16子供・ジュニア自転車

【KhodaaBloom asson(コーダーブルームアッソン)】K16はオプションで手押し棒をつけることができ初めての自転車に向いています。取り回しの良い軽量フレームで操作も快適です。

より低位置にサドルを固定できる一体型サドル搭載し、補助輪もついています。フルチェーンカバー標準装備で安全面にも配慮されています。

子供用自転車と一緒に購入したいアイテム4選

親子で自転車の練習をする

お気に入りの子供用自転車が見つかったら、一緒に購入するアイテムもチェックしましょう!

どんなに安全な子供用自転車を購入しても、初めのころは転倒して怪我をしてしまうことがたくさんあります。

子供の安全を考えて、自転車本体と一緒に以下の4つのアイテムを購入することをおすすめします。

1.ヘルメット

道路交通法では、13歳未満の幼児・児童子供が自転車に乗る際には、親はヘルメットをかぶらせるように努力しなくてはならないとされています。
参考サイト:警視庁ホームページ

また、ヘルメットの着用を義務付けしている地域もあるようです。

子供用のヘルメットは可愛いデザインも多いので、子供が好きなキャラクターのデザイン等を選ぶのもいいですね。お気に入りのヘルメットなら嫌がらずに被ってくれるはずです!

女の子が大好きなディズニープリンセスのヘルメットを紹介します。

ヘルメットに関するおすすめの記事も参考にしてくださいね♪
人気の子供用ヘルメット14選〜選び方・安全基準クリアのおすすめを徹底調査〜

2.プロテクター

4歳の子供にはプロテクターも準備してあげましょう。プロテクターを肘や膝に付けていると、転んだ時も怪我をすることが少なくなるので自転車の練習を怖がらずに行えます

また、自転車だけでなく一輪車やスケーターなど他の練習にも使えるのでおすすめです。

3.ミラー

自転車に乗れるようになったらミラーも用意しましょう。初めからミラーで後ろを確認する癖を付けておくと安心です。

子供用自転車のためのかわいいミラーもあるのでチェックしてみてくださいね。

4.空気入れ

自転車のタイヤの空気が抜けてしまうと漕ぎにくくて練習も嫌になってしまいます

空気が抜けるたびに自転車屋さんに行って入れてもらうのは大変ですので1つ持っておきたいですね♪
自転車屋さんの話によると毎日自転車に乗っていなくても空気は抜けるようなので、「1ヶ月おきに空気を入れた方がよい」そうです。

4歳の自転車の練習の仕方

自転車の練習をする親子

子供用自転車と必要なアイテムが揃ったら、さっそく自転車の練習を始めましょう。

キックバイクに乗り慣れている子供なら30分で乗れるようになったという話も聞きますが自転車に乗れるようになるまでの期間は個人差があります。

ここでは、早く自転車に乗れるようになると言われるキックバイクスタイルから練習する方法を紹介します。練習の仕方もそれぞれですが、参考にしてみてください。

練習は焦らずに子供が楽しめるように、ママ・パパがサポートしてあげてくださいね♡

1.キックバイクのように乗ってみる

自転車の練習では、まずバランス感覚を身に着けることが大事です。
キックバイクに乗ったことがない場合、まずは自転車をキックバイクのように乗ってみましょう。

ペダルはない状態のまま両足で地面を蹴り、足を離してバランスをとる練習をします。

普通の自転車でもペダルを外すことはできます。
ママやパパが工具を使って取り外すことができる場合は、まずはペダルなしで練習してみることをおすすめします。

2.ブレーキの練習

バランスをとって前に進めるようになってきたら、自分で自転車を止めることができる練習をしましょう。

まずは、バランスをとって進みながら両足をついて止まります。
上手に止まれるようになってきたらブレーキを握りながら両足をついて止まり練習をします。

最初は上手くいかず転倒してしまうことも多いと思いますが、止まる操作をきちんと覚えておくことが大事です。

3.行きたい方向に曲がってみる

次に自転車の操作方法を練習します。

まっすぐ進みながら右や左へ向きを変えて円を描くように曲がります。その際、曲がりたい方向へ体重をかけることがポイントです。

4.補助輪を付けてペダルを漕ぐ練習

次のステップではペダルを付けて漕ぐ練習をします。
まず、自転車のスタンドを利用して前に進まないようにし、ペダルだけを漕いでみることをおすすめします。

補助輪を付けていれば転倒する可能性は少ないので、安全な場所だったらペダルを漕いで前に進んでみましょう。

5.補助輪を外す

全てできるようになったら、補助輪を外していざ挑戦!

初めは後ろからママやパパが支えてあげながら進んであげてください。ある程度速度が出てきたら、支えている手を離します。最初は曲がったりせずに真っすぐ走ります。
危ないときはブレーキをかけながら止まるように声かけをしてあげてくださいね。

すぐに乗れるようになる子供もいれば、何日も練習を繰り返す子供もいます。自信を持って乗れるようになるまでママやパパが側についてしっかり応援してあげましょう!

4歳の子供にピッタリの自転車を選ぼう!

一人で自転車に乗れた子供

4歳の子供におすすめの自転車を紹介しましたがいかがでしたか?

初めは自転車に乗れなくて自信を失くしてしまう子供も多いかもしれませんが、乗れるようになったら自信もつき、行動範囲も広がります。

自転車に乗れるようになった子供を見ると、さらに成長を感じますね。
4歳の自転車デビューにピッタリの1台を選んでくださいね!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami