フォローアップミルクはいつから?おすすめ商品や離乳食レシピとは?

フォローアップミルクはいつから?おすすめ商品や離乳食レシピとは?

「フォローアップミルクとは?」
「赤ちゃんの時に飲む育児用の粉ミルクや牛乳とは違うの?」
「フォローアップミルクはいつから飲ませていいの?」
「母乳を与えているけど、フォローアップミルクも必要?」

など、ママたちのお悩みを解消すべく、本記事では「フォローアップミルク」について徹底解説します。

アイクレオなど、おすすめのフォローアップミルクや手軽に作れる離乳食メニューもご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

フォローアップミルクとは?

哺乳瓶に入っている粉ミルク

フォローアップミルクとは、離乳食や牛乳では十分に接種できない栄養素(鉄分など)を配合した粉ミルクのことを指します。

育児用粉ミルクとの違いは?

育児用の粉ミルクは乳幼児に必要な栄養素を粉末にした製品のことを言い、「乳児用調整粉乳」とも呼ばれています。粉ミルクの主な原料は牛乳になりますが、栄養成分の置き換えや除去など改良し、母乳の成分に近い仕上がりになっています。

フォローミルクは離乳食だけでは不足する栄養素を補うための粉ミルクになるため、ミルクの成分や赤ちゃんに飲ませる目的が異なります

フォローアップミルクは飲ませた方がいいの?

フォローアップミルクは必ずしも飲ませないといけないものではありません。離乳食でしっかりと鉄分(レバー・赤身の肉・卵黄・ほうれん草・豆腐)などが取れていれば、フォローアップミルクは飲まなくても問題ありません。離乳食を食べなかった日だけ飲ませるのでもOK!

赤ちゃんの栄養面で気になる場合は、かかりつけの小児科やお近くの自治体に確認してみると良いでしょう。

飲み方はなんでもOK

フォローアップミルクの飲ませ方に決まりはありません。赤ちゃんの月齢によって、哺乳瓶・ストロー・コップなどを使ってみてくださいね

「フォローアップミルクでコップ飲みの練習をした」という先輩ママさんもいますよ♪

フォローアップミルクはいつから飲ませる?飲む量は?

ミルクを飲む赤ちゃん

フォローアップミルクを飲ませる場合、与えても良いとされる赤ちゃんの月齢が設けられています。また、飲ませる量にも決まりがあります。

主に生後9ヶ月から3歳ごろまで

生後9ヶ月ごろになると離乳食を1日3食食べる赤ちゃんも増えてきます。栄養源が母乳や粉ミルクから徐々に離乳食へシフトしていくため栄養の偏りが気になり始めるママパパも少なくありません。そのため、この時期にフォローアップミルクを始めると◎。
また、フォローアップミルク缶にも「生後9ヶ月ごろから」飲み始めて良いと表記されている場合が多いです。

フォローアップミルクの終了時期の決まりは特にはありません。ただ、「3歳ごろまで」と記載している商品は多いのでその頃を目安に卒業すると良いと思います。

月齢・離乳食の量によって飲ませる量を変える

フォローアップミルクを飲ませる適量は、赤ちゃんの月齢によって異なります

<飲ませる量の目安>
・1歳~1歳6ヵ月:400~600ml
・1歳6ヵ月~3歳:400ml

離乳食を食べた量によってフォローアップミルクの量を減らすなど調整すると良いでしょう。フォローアップミルク缶などにも記載されていますので、飲ませる前にぜひご確認ください。

初めから上記の量を飲ませるのではなく、赤ちゃんがフォローアップミルクの味に慣れるように徐々に飲ませるといいですね。

フォローアップミルクの選び方

粉ミルク

フォローアップミルクには色々な種類があります。どのメーカーの商品を購入するべきなのか、選び方をまとめました。

1.栄養素で選ぶ

鉄分の他にビタミンCやカルシウム・オリゴ糖など、メーカーによって含まれている栄養素や配合されている分量が異なります

骨を太く強くするなら、カルシウムが多く配合されている商品が◎。便秘ぎみ・下痢気味の赤ちゃんには、腸内環境を整え働きのあるオリゴ糖がおすすめです。

カルシウムの吸収を促進するビタミンDは離乳食で摂りにくい栄養素なので、フォローアップミルクで補えるのは嬉しいですね。

2.味(飲みやすさ)で選ぶ

フォローアップミルクによって甘さ控えめな味やほんのりと甘い味などがあります。料理の中に入れて使う場合は、甘さ控えめのものが無難です。

また、最初からほんのりと甘さがある商品を飲ませてしまうと、甘さ控えめのフォローアップミルクを受け付けない可能性があるので、まずは甘さが薄いものから試してみると良いでしょう

3.使う場面で選ぶ

フォローアップミルクには、缶・キューブ・チューブタイプがあります。自宅で使う場合は、コスパ重視の大容量の缶タイプがベスト!赤ちゃんとのお出かけは荷物が多くなりますよね。そんな時はかさばらないキューブやチューブタイプがおすすめです。

フォローアップミルクを使うシーンに合わせて色々なタイプを使い分けてみるのもいいですね。

4.赤ちゃんの年齢で選ぶ

「生後9ヶ月ごろから飲めるもの」「1歳から与えてよいもの」など、フォローアップミルクによって異なります。購入前に必ず赤ちゃんの年齢に適している商品かどうか確認をしましょう。

フォローアップミルクを使ったおすすめメニュー

続いてフォローアップミルクを使った人気のレシピをいくつかご紹介します。
フォローアップミルクは牛乳の代用になる優れもの!フォローアップミルクをそのまま飲むだけなく、料理にも混ぜることができるので、色々と楽しめますね。

1.シチュー

フォローアップミルクで作ったシチュー

普段作るシチューの牛乳をフォローアップミルクに変えるだけで作れますよ♪決まった具材もないので、冷蔵庫にあるもので作れるのも忙しいママには嬉しいのひと言!

シチューはグラタンやドリアのアレンジもできるので便利ですね。

▼おすすめのレシピはこちら▼
フォローアップミルクのカボチャシチュー

2.ホットケーキ・パン

フォローアップミルクで作ったホットケーキ

ホットケーキやパンは、おにぎりのように食べカスをボロボロ落とすこともないので忙しい朝の強い味方!お出かけ用にもピッタリ。

ホットケーキミックスの粉で簡単に作れるので、お子さんと一緒にクッキングしてみるのもいいですね。フレンチトーストのミルクをフォローアップミルクに変えて作るのも◎。

▼おすすめのレシピはこちら▼
フライパンでフォロミ卵無しきなこプチパン

3.プリン

フォローアップミルクでプリン

子どものおやつフォローアップミルクで作るプリンはいかがでしょうか?離乳食として最適です。

▼おすすめのレシピはこちら▼
離乳食 こどもおやつ 栄養プリン

おすすめのフォローアップミルク6選

最後におすすめのフォローアップミルクをご紹介します。

1.【江崎グリコ】アイクレオ 820g×2缶セット

離乳食の栄養が偏りがちになる9ヶ月から飲むことができるアイクレオのフォローアップミルク。
820gの缶が2つセットになっているので、自宅用におすすめ。専用のスプーン(1杯で20ml)が付いているので便利ですね。
離乳食や牛乳だけでは摂取できない栄養をしっかり補ってくれるので安心です。

<商品詳細>
・対象月齢:9ヶ月頃~3歳頃まで
・主な栄養素:鉄分・カルシウム・ビタミンDなど

2.【雪印メグミルク】たっち 830g×4缶セット

830gの缶が4つに、お出かけ時に活躍してくれるスティックが20本付いたお買い得なセット。
【雪印メグミルク】のたっちは、味にも拘っており、「甘すぎない」ため母乳や粉ミルクからの移行もスムーズに進めることができます。

鉄の吸収を助けるビタミンCも豊富に含まれています。
専用スプーン1杯で40mlのミルクが作れます。

<商品詳細>
・対象月齢:9ヶ月頃~3歳頃まで
・主な栄養素:DHA・オリゴ糖・カルシウム・ヌクレオチド・β-カロテン・リン脂質・鉄分など

※Amazon商品は830g×2セットになります。

3.【和光堂】ぐんぐん 830g×4缶セット

離乳食ではなかなか摂取することが難しい、DHCやカルシウム・鉄分などをバランスよく配合しています。また、牛乳よりも多くの鉄分を含んでいます(100ml当たり1.33mg)。

水や冷ましたお湯でも簡単に溶けるのが【和光堂】ぐんぐんの魅力のひとつ!お水を沸かす必要がないのは忙しいママには嬉しいポイントです。

<商品詳細>
・対象月齢:9ヶ月頃~3歳頃まで
・主な栄養素:鉄分・ガラクトオリゴ糖・ビオチン・カルシウム・DHAなど

4.【ビーンスターク】つよいこ 800g×4缶

100gあたり9.6mgの鉄分を配合した【ビーンスターク】つよいこ。1歳〜2歳ごろの子どもは身体だけでなく、精神的に大きく成長をします。精神発達は社会性を養う上でもとても重要な役割を果たします。
「つよいこ」は、その発達のサポートをしてくれる鉄やDHAを多く含んでいます。

<商品詳細>
・対象月齢:1歳~3歳頃まで
・主な栄養素:鉄分・カルシウム・シアル酸・オリゴ糖・ビタミンD・ヌクレオチドなど

※Amazon商品は800g×2セットになります。

5.【森永】チルミル 800g×2缶

赤ちゃんの腸内環境を整えてくれる2種類の生きたビフィズス菌が配合されている【森永】チルミルのフォローアップミルク。

赤ちゃんがウイルスや細菌などからの感染を防ぐ重要な成分である「ラクトフェリン(たんぱく質)」も含まれています。初乳(母乳)に多く含まれていますが、チルミルでもしっかりと摂取することができるのは嬉しいですね。

水にもさっと溶けてくれるので忙しい朝の時短にもピッタリ!

<商品詳細>
・対象月齢:1歳~3歳頃まで(満9ヶ月ごろからでも使用可能)
・主な栄養素:鉄分・カルシウム・DHA・18種類のビタミン・ミネラル・ヌクレオチドなど

6.【明治 ステップ】らくらくキューブ 28g×16袋

そのまま飲むことはもちろん、他の飲み物や料理にも入れることができる【明治 ステップ】のらくらくキューブ。コンパクトサイズなので荷物の邪魔になりません♪軽量する手間も不要なので忙しい時の強力な助っ人!

子どもの成長に必要な鉄やカルシウムをしっかりと補ってくれます。
1個のキューブで40mlのミルクを作ることが可能です。

<商品詳細>
・対象月齢:1歳~3歳頃まで
・主な栄養素:鉄分・ビタミンC・ビタミンD・ビタミン・ミネラル・DHAなど

赤ちゃんの成長に足りない栄養をフォローアップミルクで補おう!

ミルクを持って笑顔の赤ちゃん

フォローアップミルクは、離乳食が1日3食になる生後9ヶ月ごろから与えて良いと定めている商品が多いです。

必ずフォローアップミルクを飲ませる必要はありませんが、離乳食をあまり食べてくれなかった時や子どもの栄養面での偏りが気になった時などに活用してみてはいかがでしょうか。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami