花の名前がわかる無料アプリ9選|写真で検索する植物図鑑で楽しい散歩に♪

花の名前がわかる無料アプリ9選|写真で検索する植物図鑑で楽しい散歩に♪

最終更新日 2021-11-16 by smarby編集部

子どもとの散歩中に「これは何の花?」と聞かれ、困った経験はありませんか?そんなときに活躍するのが、スマホのカメラ機能で撮影するだけで花の名前がわかるアプリです。

写真から花の名前を判定してくれるアプリは無料で使えるものが多く、気軽にダウンロードできますよ。撮影した写真を記録して、家族だけの植物図鑑をつくりましょう。散歩中だけでなく、自宅に飾っている観葉植物や庭の野草・雑草をチェックするのも楽しいですよ。

人気の「GreenSnap」を始め、2021年時点でダウンロードできるおすすめのアプリをご紹介します。検索機能メインのシンプルなアプリ・SNSでシェアできるアプリ・ゲーム感覚で楽しめるアプリなど、さまざまな種類から自分に合うものを探してみてくださいね。

写真から花の名前がわかる植物図鑑アプリが人気

花の名前をアプリで調べる女の子

子どもと散歩中に花の名前が知りたいと思ったとき、帰宅してから分厚い図鑑を開いて調べるのは大変ですよね。特に子どもは「知りたい」と思ったときに教えてもらえなければ、興味が薄れてしまうことも。

「花の名前が知りたい」と思ったときにスマホをタップするだけで簡単に検索できるアプリは、子どもの好奇心を育てたいママやパパに人気です。写真からすぐに判定され、種類や生息地などの詳細までわかるので、時間をかけずに自信を持って教えてあげられますよ。

花の名前がわかるアプリの選び方

スマホでアプリを検索する女性

アプリを起動して花にかざすだけ、あるいはスマホのカメラ機能で撮影した写真を取り込むだけで花の名前がわかるアプリはたくさんあります。それぞれ精度の高さや機能の豊富さが違うので、自分に合ったアプリを選びましょう。アプリを選ぶ際のポイントをお伝えします。

写真から?名前から?検索方法で選ぶ

アプリの中には、起動してスマホをかざすだけで検索できるもの・撮影した写真を取り込むことで検索できるもの・植物の名前を入力して検索できるもの・花の特徴を選択することで検索できるものなどさまざまな種類があります。

道端で見つけた花や植物の名前が知りたいのか、あるいは名前から花の見た目が知りたいのかによって選びましょう。また、アプリによって登録されている種類の数や正確さも違います。表示される草花の種類が少ないと感じたら、別のアプリを試すのもおすすめです。

アプリの中には、植物に限らず虫や鳥の名前を検索できるものもあります。子どもの興味の幅に合わせて選ぶのも良いですね。

育て方?花言葉?知りたい内容で選ぶ

花の名前を知りたいだけではなく育て方を知りたい場合は、基本的なガーデニングの知識を教えてもらえるアプリがおすすめです。

花を育てていると、花の状態が良くない・成長具合が気になるときもありますよね。そんなときに写真を取り込むだけで病気を診断し、治療法を教えてくれるアプリもあります。あまり植物を育てたことのない人にとっては、水やりや肥料のタイミングなど一からガイドしてもらえるのは助かります。

花言葉が調べられるアプリ・植物にまつわる記事が読めるアプリもあるので、子どもと楽しくコミュニケーションがとれるアプリを選びましょう。

記録機能付き・SNS機能付きなど機能で選ぶ

花の名前がわかるアプリの多くは記録機能やメモ機能があり、自分が撮影した写真を管理できます。世界に一つだけの植物図鑑や観察リストをつくれるため、散歩がより楽しみになりそうですね。

中には、他のユーザーとアクセスポイントを共有した生息地マップが見られるアプリも。休みの日に家族で探しに行く楽しみができるでしょう。

また、自分が撮影した植物を投稿すると、他のユーザーから「いいね」やコメントがもらえるSNS機能の付いたアプリもあります。植物好きのユーザー同士でコミュニケーションがとれるのは嬉しいポイント。アプリでは判定できなかった花の名前を他のユーザーが教えてくれることもあります。

ゲーム感覚で使えるアプリなら飽きずに楽しめる

子どもに花や植物に興味が出てきたら、調べるだけでなく一歩踏み込んだ機能が付いたアプリがおすすめです。植物にまつわるクイズが出題されるアプリなら、さらに好奇心を刺激してくれるはず。結果的に知識が増え、植物博士になれるでしょう。

アプリの中には、指定された植物を見つけて投稿するクエスト機能のあるアプリもあります。ゲーム感覚で使えるため、飽きずに楽しめますよ。

花の名前がわかるアプリおすすめ9選

アプリを起動してスマホをかざすだけ、あるいは撮影した写真を取り込むだけで花の名前がわかるアプリをご紹介します。すべて無料で使えるものばかりなので、利用規約を確認した上で気軽に試してみてくださいね。AndroidはGoogle Playから、iPhoneはApp Storeからダウンロードできます。

「いいね」やコメント機能付き【GreenSnap(グリーンスナップ)】

出典:App Store

スマホで写真を撮るだけで花の名前がわかる【GreenSnap(グリーンスナップ)】は、投稿された植物の写真が1,200万枚を超える人気アプリです。

こちらのアプリの特徴は、他のユーザーの投稿に「いいね」やコメントをつけられるSNS機能。花そのものの写真だけでなく、花を使ったインテリアやハンドメイド作品が見られるため、参考にできます。

育て方や飾り方を調べられる他、自分だけのアルバムが作れる記録機能もあります。自信のある写真はフォトコンテストに出品することも可能。多様な楽しみ方ができるアプリです。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

植物の病気の診断もできる【PictureThis】

出典:App Store

同じく写真から花の名前を調べられるアプリです。タップするだけで瞬時に結果が表示されるので、子どもでも簡単に操作できます。判定の精度は98%と高いため、自信を持って子どもに教えてあげられますね。毒性の有無もわかるため、子どもやペットが触れても安全かどうかわかり安心です。

育て方だけでなく、花や植物の病気を診断してくれる機能もあるのが特徴。困ったときは専門家からアドバイスをもらえる機能もあります。

その他、植物図鑑がつくれる記録機能やSNSにシェアできる機能も。植物好きにおすすめのアプリです。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

シンプルで機能的【ハナノナ】

出典:App Store

千葉工業大学人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab.)が開発したアプリです。日本でつくられたアプリなので、花の名前がきちんとした日本語で調べられるところがポイント。オフラインでも使えるため、子どもに使わせたいときでも安心してスマホを貸してあげられます。

スマホをかざすだけで判定でき、画面に映った花や植物の名前を次々に教えてくれますよ。撮影した写真は保存することもSNSでシェアすることも可能です。こちらは2021年現在、開発が進行中のアプリ。これから判定できる花や植物が続々と増える予定です。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

花好きが集まるアプリ【FLOWERY(フラワリー)】

出典:App Store

写真を撮るだけで身近な草花の名前や花言葉が表示されるアプリです。AIが判定できないときは写真を投稿することで、他のユーザーに意見をもらえます。

SNS機能付きのため、他のユーザーが投稿した写真にコメントを残すことが可能。花好きのユーザーが集まっているため、楽しくコミュニケーションがとれるでしょう。

また、豆知識が得られる記事が閲覧できる他、花や植物にまつわるクイズゲームも搭載。遊びながら知識を増やせますよ。親子で植物博士を目指しましょう。

App Storeはこちらから

楽しいクエスト機能も【Biome(バイオーム‪)】

出典:App Store

写真から日本に生息するほぼ全種のいきものの名前が検索できるアプリです。花や植物だけでなく、虫や鳥の検索もできるのが特徴。好奇心旺盛な子どもにぴったりですよね。

AIでの判定が難しいときは、「しつもん投稿」で他のユーザーから意見をもらえます。「いいね」やコメント機能もついているため、アプリ内で情報や意見を共有できるのがポイントです。

最大の特徴は、ゲーム感覚で使えること。写真を投稿するとレベルアップし、指定された条件をクリアするとバッヂがもらえます。テーマに沿ったいきものを探して投稿する「クエスト」機能もあり、子どもが夢中になる要素が詰まったアプリです。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

植物を大切に育てたいなら【NatureID】

出典:App Store

10,000種以上の植物を判定してくれるアプリです。写真で病気の診断をしてくれるだけでなく、病気へのケアや治療のヒントも見られるのが特徴。ガーデニング初心者や植物を大切にお世話したい人に向いています。

水やり・肥料やりなどのケアリマインダー機能があり、植物を育てるのが初めてな人でも毎日忘れずにお世話できますよ。育て方やガーデニングに関する記事が読めるため、知識が増えること間違いなしです。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

多肉植物やきのこの検索も【PlantSnap】

出典:App Store

花・葉っぱ・樹木・きのこ・多肉植物・サボテンなど世界中に存在する600,000種類を写真から判定してくれるアプリです。名前からも検索できるので、「どんな色・形だったかな?」と思い出せないときにも使えます。

特徴は、写真を拡大して観察できること。細部までよくわかるため、より詳しくなりたい人や絵を描きたい人におすすめです。

こちらのアプリは、登録ユーザーの人数に対してツリーを植える活動をしています。ユーザーが増えれば増えるほど樹木が増えるため、子どもと環境問題について話し合う良いきっかけになりそうですね。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

研究の手伝いができる【Pl@ntNet(プラントネット)】

出典:App Store

このアプリの最大の特徴は、ユーザーが投稿した写真が世界中の研究者に渡り、分析や研究に利用されること。提供したデータが植物の多様性・植物の進化などさまざまな研究材料になるため、研究者の一員になったつもりで植物探しが楽しめますよ。

撮影した写真をもとに「観察地図」がつくられるため、毎日のお散歩がより楽しくなるでしょう。行ったことのないエリアに出掛けるきっかけにもなりそうですね。

Google Playはこちらから
App Storeはこちらから

撮影したものを瞬時に調べる【Google レンズ】

出典:Google Play

使い勝手の良いGoogleのアプリの中にも、花の名前を調べられるものがあります。【Google レンズ】なら、花や植物だけでなく動物や虫などあらゆるいきものを写真から検索できるため、幅広く使いたい人におすすめです。

その他、メニューから料理を検索する・カレンダーに予定を追加する・テキストを翻訳する・電話をかける・宿題をサポートするなどさまざまな機能があります。

生活のあらゆることに使えるアプリなので、1つスマホに入れておくだけで便利です。子どもの「これなに?」に対応できるため、お散歩がより楽しくなりそうですね。

Google Playはこちらから

花の名前がわかるアプリを使って「花育」をしよう♪

スマホ1台で花の名前が調べられると、お散歩や公園遊びがさらに楽しくなりますよね。子どもの「これは何?」に答えるためにママやパパが使うのも良いですし、子ども自身に調べさせて知識欲を満たしてあげるのもおすすめです。

アプリに花の写真が増えてきたら、やさしい心を育む「花育」にチャレンジしてみてください。

花育とは、花や植物を育てることで子どもの感性を育てる教育のこと。子どもと一緒に花を摘んでブーケをつくる・ガーデニングを始めるなど、花や土に触れることでやさしい気持ちを育ててあげてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami