「One for one」~1足買うごとに靴を必要とする子ども達に新しい1足が贈られるシューズブランド『TOMS(トムス)』★遠い国のお友だちにも新しい靴が届きますように。

「One for one」~1足買うごとに靴を必要とする子ども達に新しい1足が贈られるシューズブランド『TOMS(トムス)』★遠い国のお友だちにも新しい靴が届きますように。

最終更新日 2019-04-26 by merletto

TOMSのシンプルな約束「One for One」

あなたの1足が、靴の変えない子ども達の新しい1足に繋がるのです。

 

2006年、アメリカ人Blake Mycoskey(ブレイク・マイコスキー)が、アルゼンチンのある村で、現地の子ども達と出逢い、彼らが自分を守るための靴が買えないという現実を知り、大変ショックを受けました。
そして、裸足で生活する子ども達を救いたいという思いから、TOMS(トムス)を立ち上げました。
これがTOMSのシンプルな約束「One for one」です。

子ども達にとっての靴

なぜシューズなのか?
発展途上の子ども達は、怪我や伝染病といった危険と隣り合わせです。
今、私たちが日常歩いている道のように、平らできれいな道ではありません。
足の裏の怪我から子ども達を守るため、実は靴はとても有効。
土壌汚染を未然に防ぐことで健康を維持することが可能になります。
それが学業の専念に繋がり、子ども達の未来への可能性を無限に広げることができるように。

靴からつながる教育~明るい未来を築けるように

教育は貧困のサイクルを断ち切る大きなカギ!
何気なく履いている靴。意識したことはないかもしれませんが、多くの国では、学校に通うのに靴の着用が義務づけられています。
制服の提供と同様に、TOMSでは多くの国で靴を提供し続け、新しい靴を手にした子ども達は自ら進んで通うようになり、学校への出席率の向上へとつながっています。

よい教育を受けた子ども達が地域社会に貢献できるスキルを身に着け、明るい未来を築けるようになることを願っています。

地域に密着した最大限のサポートを

支援を必要とする各地域に精通している75を超えるギビングパートナーとともに発展途上国の子ども達を救うべく、靴を贈る以外にも日常生活に関わる支援にも数多く携わり、様々な活動を行っています。

新しい靴は手渡しすることで、ギビングパートナーと子ども達の絆を深め、コミュニティを広げることも支援の一環と考えています。

靴を届けるには、送料などのコストがかかります。
輸送費用すべての支援も行っています。時にはロバでの配達も!

 

贈った1足から大人になるまで見守り続けます

どんなに大切に履いていても、汚れたり、破けたり。子どもの足のサイズはあっという間の変わってしまって履けなくなったり。
TOMSは、支援をリピートしていくことを約束し、約半年ごとに新しい靴を届けています。1足買ったら1足贈って終わりではなく、その子どもが18歳になるまで定期的に靴を手渡しで届け、本人に履かせてあげるところまで、TOMSの支援はどこまでも温かく続きます。

CLASSICS-UNIVERSITY CLSC W 

子ども達の住む環境や地形に合わせたデザイン

18歳以下の子どもを対象とし、その地域の環境や地形に合わせてデザインを変えて提供しています。

【BLACK CANVAS】TOMSの代表的なスリッポンモデルは、耐久性のある靴底を採用。

 

【COLORFUL CANVAS】アルゼンチンでは、地元の伝統的な色を使った様々なパターンのキャンバスシューズを届けています。

 

【WINTER BOOT】米国、東欧、中央アメリカなどの寒冷地には、子ども達の足を温かく包むだけでなく、通気性の良い素材の頑丈なブーツを届けています。

 

 

1足の靴で子ども達の人生を豊かなものへ

 

お店で見かけるTOMSのシューズが、こんなに素敵な想いのもと、作られていたなんてご存知でしたか?
私たちが当たり前に履いている靴。
1足の靴があれば、学校に行けるんだ!と喜ぶ発展途上国の子ども達がたくさんいます。
私たちができること、新しく買う靴が、遠い国の子ども達の笑顔を増やすことに繋がるなんて、本当に素晴らしいことですね。

smarbyでは、TOMSの代表的な靴の1つである男女兼用のスリッポンを販売中です。
ぜひこの機会に、素敵な想いのこもったTOMSのシューズを手に取ってみませんか?

TOMSの商品はこちらから→

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami