FICELLE(フィセル)の6重ガーゼ特集 vol.1 あまりの気持ちよさにママもベビーもうっとり♪

FICELLE(フィセル)の6重ガーゼ特集 vol.1  あまりの気持ちよさにママもベビーもうっとり♪

最終更新日 2017-10-05 by smarby編集部

突然ですが、

皆さんは我が子が産まれた時、どのような気持ちでしたか?

小さな手足。

どこを見ているか分からないフワーとした目。

ふやけてしわしわの繊細な肌。

小さくて愛おしくて、強く触れてしまうと壊れてしまいそうで、ベビーグッズを選ぶにも、すごく慎重になったのを覚えています。

赤ちゃんの肌にも、お母さんにもやさしいものづくりをしている『FICELLE(フィセル)』という会社があります。

「生まれたばかりの柔らかい愛おしいその身体をお母さんに抱かれて眠るように、 ふかふかのやさしさで包んであげたい。」

フィセルのものづくりには、共通してそんな母の愛情、想いが息づいています。

スマービーでは、「Hoppetta」「10mois」 「NAOMI ITO」と3つのブランドを出店していただいてますが、共通して使われている 『6重織りガーゼ』の素晴らしさ、魅力について、ご紹介したいと思います。

赤ちゃんが触れるアイテムをつくる中で、フィセルが選んだのが、6重織りガーゼ。

やわらかく肌に優しいとされるガーゼ生地だけど、なんで6枚も?

そこに柔らかさと使いやすさの秘密があるんです。

6重に重ねたガーゼは空気層をたくさん含み、その空気層のおかげで温度を保つことが出来るため、冬でもあたたかです。ただあたたかいだけではなく、ガーゼが本来持つ通気性・速乾性をも併せ持つため汗を吸ってもすぐに乾き、ムレません。

赤ちゃんも気持ち良さそう♪

 

先ほど、お伝えした通り、6枚のガーゼ生地を重ねているのですが、ただ同じ生地を6枚重ねている訳ではありません。

外側の1,6層目の糸は細く2,5層目の糸はやや太く、真ん中の3,4層目の糸はとても太くなっています。こうやって1枚1枚ガーゼの糸の太さや織り間隔を変えて重ねているのです。

これが空気をたっぷり含んで“ふっくら感”を出すひみつ!

寒い時はあったか、暑い時は汗をすばやく吸収しさらさら。1年を通して心地よく使えます。

もう1つ、驚くべき点はお洗濯をするとさらに肌触りが柔らかくなり、空気を含んでふわふわになるところ。

普通タオルなどは最初ふわふわでも洗濯を重ねるうちにボリュームがなくなり、ゴアゴアした質感になってしまうもの。もう暗黙の了解とし て、当たり前、そういうものだと諦めていた事ですが、6重ガーゼは違います。

使うほどに肌に馴染み、ボリュームもアップするなんて。。一度使ったら他は使えなくなる心地よさ。フィセルには「子どもが6重ガーゼを手放せなくて困ってます。」言ったお便りが届くそう。

フィセルのある愛知県蒲郡市(三河地方)は、江戸時代から続く「繊維の街」です。

フィセルの6重織りガーゼ製品は、蒲郡市内やとなりの街の織物工場で、職人さんの手によって大切に作られています。工場では、すごい速さでガーゼが織られていますが、どんなに頑張っても1日に40mしか織ることが出来ないそう。

商品に埃が入らないように、2時間ごとに機械を止めて掃除を行いながらの作業。職人さんの商品に対する責任や真面目さがフィセルの製品の安心に繋がっています。

 

6重織りガーゼの魅力を感じていただけましたか?

フィセルの赤ちゃんとママに対するやさしさが織り込まれたガーゼ。

次回 vol.2『10mois』 編では、実際にこのガーゼを使った製品についてご紹介。

フィセルの3ブランドの世界観や想い、商品についてご紹介したいと思います。次回もお楽しみに。。

 

 

 

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami