自由研究につかえる工場見学特集〜東京編〜

自由研究につかえる工場見学特集〜東京編〜

最終更新日 2019-05-10 by smarby編集部

小学生の夏休みのメインの宿題と言えば。
そう「自由研究」!!
しかし、遊びが優先されてついつい後回しになってしまいがちです。

「なんで今までやらなかったの!?」
「今から取りかかって間に合うの!?」

と、お子さんを叱りたくなる気持ちが夏休みラストに向けじわじわ湧いてきますよね。
最初からきちんとやっている子でも、ラスト追い込み型の子でも、「工場見学」なら、先生や友だちに「すごい!!」と言われる自由研究ができます。

今回は東京でできる「工場見学」にクローズアップ!!
「工場見学」は家族の素敵なお出かけの思い出にもなる、素敵な自由研究ですよ〜
早速ご紹介していきます!

 

自由研究は工場見学で決まり!おすすめの理由

短期間で周りからの評価が絶大な自由研究とは「工場見学」です。
子どもにとって非日常な体験をしたことをレポートすることで、先生は有意義な学習ができた夏休みを過ごしたと認めてくれます。
子どもたちは自分が体験したことない世界の話に夢中になることでしょう。

また、家族みんなで工場見学に行けば、夏休みの思い出になることも間違いなし。
東京には、体験型やお土産もある工場見学があり、おすすめです!

 

では、どのような工場があるのか、「東京」のおすすめをご紹介していきます!

 

こんなにあった!東京の工場見学おすすめ4選

 

1.JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

Erika Yamadaさん(@wildheath1220)がシェアした投稿

 

飛行機は大きく、空を自由に飛ぶ乗り物で、特に男の子の大きな憧れの乗り物といっても過言ではありません。JALの工場見学は子どもたちにとって、ワクワクするとても価値の高い経験になります!

JALの工場見学の内容は次のとおりです。

・飛行機に関するビデオ上映
・飛行機に関わるスタッフによるガイド
・展示エリア(制服を着ての撮影や体験もあり)
・格納庫にある飛行機見学

ビデオや専門スタッフによるガイドは、知識として子どもたちの中にインプットされます。工場見学で見たもの、聞いたものをしっかりと生かして自由研究で発表することで、お子さん自身の思い出にもなりますね!

展示エリアでは、撮影も可能だから、自由研究のレポートに貼る写真もバッチリ!
女の子の憧れ、CAさんになって写真をとったらテンション上がることも間違いなしです。

そして、子どもたちが一番興奮するのは、最後の格納庫見学!
整備されている飛行機を間近でみることができ大迫力。記念撮影もできます。

飛行機を無料でこんなに近くで見れたらきっとパパママも大興奮。素敵な自由研究&思い出になりそうです!

【基本情報】
・住所:東京都大田区羽田空港3-5-1 JALメインテナンスセンター1
・電話:03-5460-3755(9:30~16:30)
・予約方法:完全予約制(インターネット)
・実施日時:毎日 10:00〜17:40(1日5回、1回100分)
・見学料金:無料

JAL工場見学 SKY MUSEUM 公式ホームページ

 

 

2.コカ・コーラ ボトラーズジャパン工場見学 多摩工場

かずよさん(@kazuyo130)がシェアした投稿

子どもから大人まで幅広い世代に飲まれている飲み物「コカ・コーラ」の製造工場の見学です。そもそもコカ・コーラはさかのぼること130年前にアメリカで誕生しました。子どもたち世代のデザインとはまったくかけ離れたレトロなコカ・コーラについて発表するのもおもしろそうですよね。

コカコーラの工場見学の内容は以下のとおりです。

・コカコーラに関する映像や展示通路
・製造ラインの見学
・展示物の見学
・試飲タイム

パッケージの赤が基調となった鮮やかな施設では、エンターテイメント性溢れる展示物を多く見ることができます。

コカ・コーラが作られるまでの製造過程を、映像からそして実際に見ることができ、普段何気なく口にしている飲み物がどのようにして作られるのか、子どもたちの好奇心に火がつくことでしょう。

またたくさん学んだ後には無料の試飲タイムもあり、コカコーラを飲めるから工場見学行こうね!ということもできますねw

【基本情報】
・住所:東京都東久留米市野火止1-2-9
・電話:042-471-0463
・予約方法:完全予約制(電話)
・実施日時:月〜金・祝日 10:00〜14:00(1日3回、1回60分)
・見学料金:無料

コカ・コーラ ボトラーズジャパン工場見学 多摩工場 公式ホームページ

 

 

3.土屋鞄製造所 西荒井本店 (工房併設)

学校に通う子どもたちにとって、ランドセルは身近で当たり前のものとなってきています。教科書をパンパンに入れたり、振り回して戦いごっこの道具になったり、雨に濡らしたり・・・やんちゃな6年間、しっかりと付き合ってくれる頑丈な通学カバンです。
そんなランドセルを作っている工房を見学できるのが、土屋鞄製造所 西荒井本店です。

工房の見学内容は以下のとおりです。

・ランドセル展示コーナー
・ランドセル工房の見学

まずお店に入るとずらりと並んだランドセルに圧巻。いろいろな色があって、女の子なら見るだけで楽しくなるかも。

奥に進むと、ランドセルが作られている工房を間近で見学することができ、職人の技とランドセルができるまでの工程を間近で見ることができます。
ランドセルがどのようにして作られるかを知ったとき、お子さんが自分のランドセルを改めて大事にしようと思えるかもしれませんね。

ランドセルの工房を見学することで、ものづくりにおいて優秀な国である日本の良さを感じずにはいられない発表ができるでしょう。

【基本情報】
住所:東京都足立区西新井7-15-5
電話:03-5647-5124
予約方法:予約なし
実施日時:定休日火曜日 10:00〜18:00(営業時間と同じ)
見学料金:無料

土屋鞄製造所 西新井本店 紹介ページ

 

 

4.朝日新聞東京本社 会社見学

pico picoさん(@picopico_youko)がシェアした投稿

naruさん(@naru1030)がシェアした投稿

インターネットによる情報発信が主流となった現代において、子どもたちは出版物にふれる機会が減ったのではないでしょうか。朝日新聞社の会社見学は、日本の古い時代から普及されている新聞のことを知り、活字への興味を増やせるチャンスになるでしょう。

見学内容は次のとおりです。

・新聞のネタが作られるオフィス見学
・印刷過程の見学
・新聞の梱包、発送現場の見学

新鮮な情報を日本中に届けるためには、スピードが欠かせません。まばたきする間にできあがっていく新聞の印刷工程は、子どもたちの目を奪うことでしょう。

新聞が作られるすべての過程を見学することが可能なので、仕事をする大人の姿をより身近に感じやすい工場見学となっています。

働くということがどういうことなのかをお子さんなりに考えられるきっかけとなる工場見学になるかもしれませんね!

【基本情報】
・住所:東京都中央区築地5-3-2 
・電話:03-5540-7724
・予約方法:小学校4年生以上のみ参加可能 完全予約制(電話)
・実施日時:平日 10:45〜14:30(1日2回、1回105分)
・見学料金:無料

朝日新聞東京本社 会社見学 公式ホームページ

 

工場見学で素敵な自由研究にしよう!

工場見学はまさに自由研究にうってつけの題材

自由研究は言葉のとおり、研究者が自由にテーマについて調べ、まとめていくものです。
日常生活では味わうことのできない体験にふれ、子どもたちの知的好奇心は刺激されます。
「工場見学」なら言われてやったのではなく、自分から進んで取り組んだ自由研究ができることでしょう!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

東京の子供の遊び場10選!子連れのお出かけにおすすめの観光スポットも!

キッザニア東京完全攻略法〜これであなたもキッザニアマスターになれる!〜

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami