抱っこひもの選び方&おすすめ商品6選〜口コミとともにご紹介〜

メニュー

ログイン / 新規登録

ご案内

抱っこひもの選び方&おすすめ商品6選〜口コミとともにご紹介〜

DATE
2017-09-12
WRITER
miipomx

最終編集日:2018年5月23日

 

みなさんは抱っこひもどのようなものを使っていますか?
抱っこひもはどれも同じと思っていても、いざ購入しようとすると意外に種類がありすぎて迷ってしまいますよね。


「先輩ママたちの口コミがあったら選びやすいのにな〜」
「使いやすい抱っこ紐って?」
「新生児から使える抱っこ紐が欲しい!」

などなどママパパたちの抱っこ紐への意見はたくさん。

今回は、抱っこ紐に対する様々な要望に一挙に答えます!!
新生児や赤ちゃんを抱っこするための[抱っこひもの選び方]から[おすすめの抱っこひも]までを口コミとともにご紹介していきます。

抱っこ紐選び、成功させしましょう!

Contents

 

抱っこひもの選び方

4つのポイント

 

 

沢山種類があって何がなんだかわからなくなってしまったとしても全く問題はありません。おすすめの抱っこひもの選び方は、そんなに難しくないんです。

まずは4つの内容を絞る事から始めてみましょう。

 

1.抱っこひもは主にママが使うの?パパが使うの?

2.首は座っているの?座っていないの?

3.重視するポイントは? 首や肩に多少の負担がかかるけど、持ち運び便利な方がいい?それとも多少持ち運びは不便でも首や肩が楽な方がいい?

4.前に抱っこをするの?後ろに抱っこするの?それとも両方?


この4つだけ絞ればもうアイテムを絞ったも同然です。
あとは絞った内容で抱っこ紐を選べば失敗もありません!

 

抱っこひもの3つの種類

抱っこひもは大きく分けて3種類に分かれます。
それぞれ、メリット・デメリットを確認していきましょう。

 

1.スリングタイプ

【メリット】
かさばらない

ベビースリングは手作りもしやすく、何よりお手軽です。
持ち運びの楽さ、すぐ抱けるというのがおすすめのポイントです。


【デメリット】
使い方が最初難しい


ベビースリングは正しく装着をしないと窒息や落下の恐れがあり、成長にも影響を及ぼす事もあります。

 

そうは言ってもスリングは使い方に慣れてしまえば簡単です!

 

ベビースリングについては下記の記事で詳しく紹介しています。
合わせてチェックしてみてくださいね!

必見!ベビースリングをおすすめしたい理由を徹底解説♡

 

 

2.キャリータイプ

【メリット】

がっちりしている

ベビーキャリーは、首や肩が安定し、赤ちゃんも不安定な格好になりにくいです。

【デメリット】

小さくならない

ベビーキャリアは、小さくたたむことが難しいので、携帯用としては使いづらいです。

 

一番一般的なタイプの抱っこ紐で愛用者も多いタイプです!

 

 

3.ウエストポーチタイプ

【メリット】

着脱が楽!早い!

抱っこ〜→降りたい!→抱っこ〜→降りたい!→あぁ〜もうどうしたいの〜!?
という時に役立ち、パパでもママでも身体に負担も少ないです。

【デメリット】

階段などの上り下りは落っこちやすい

しっかりと持っていないと落っこちてしまうので、気をつけて抱いてあげましょう。

 

荷物も入れることができるので、ちょっとしたお散歩などにはおすすめです!

 

ちなみに、パパとママの体型が違う場合には、それぞれの身体に合った抱っこひもを揃えることがおすすめです。身体への負担が減り行動範囲も広がり快適ですよ〜☆

 

 

抱っこ紐の選び方を抑えたところで、次におすすめの抱っこ紐を月齢別にご紹介していきます!

 

実は月齢によって全然違う!おすすめの抱っこひも6選

月齢によって1番気をつけたいのは 首が座っているか?座っていないか?です。特にお出かけすることが多くない首が座るまでは抱っこひも無しの対応でも大丈夫です。

 

《新生児〜6ヵ月におすすめの抱っこひも2選》

1.ベビービョルン ベビーキャリアオリジナル

 

スウェーデン生まれのベビー用品ブランド「ベビービョルン


ベビーキャリアオリジナルは、根強い人気の抱っこ紐です。
コンパクトで簡単な設計なので、一人で楽々抱っこでき、使わない時もかさばりません。

肩紐に厚みがあるので肩に負担がかかりにくく、ママパパにも優しく、対面・前向き抱っこ2way仕様となっています。
首の座っていない赤ちゃんの頭をしっかり支えてくれるのも安心です!

洗濯機でまるまる洗えるのもおすすめポイントの一つです!

【商品情報】
値段:7344円(税込)
タイプ:キャリー
抱っこ:対面・前向き
対象月齢:0ヶ月から14ヶ月頃まで

【口コミ】
実際に使用したのは少し首がしっかりしてきたなと感じられた1ヶ月半頃からでしたが、頭が支えてられている感じがあり、あまり不安を感じることなく使用できました。慣れると着脱がとてもラクで気に入っています。

出典:楽天 みんなのレビュー

ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル 公式通販ページ

 

 

2.エルゴベビー アダプト

 

かおりさん(@goma_kaori)がシェアした投稿 -

抱っこ紐の定番ブランド「エルゴベビー

エルゴベビーのキャリアよりも装着が簡単なのでアダプトが新生児の抱っこ紐にはおすすめです。
クッション入りのヘッド&ネックサポートが新生児の頭と首を優しくサポート。
ママやパパの体型に合わせられることはもちろん、赤ちゃんの体型にも合わせることができ、新生児からなんと4歳ごろまで使うことができます。

エルゴベビーは本当にママ達に絶大の人気ですよね。可愛い赤ちゃんが更に可愛く見えちゃうデザインの良さもおすすめのポイントです!

【商品情報 】
値段:24840円(税込)
タイプ:キャリー
抱っこ:対面・腰・おんぶ
対象月齢:0ヶ月から4歳頃まで

【口コミ】
エルゴを第二子で初めて使用しましたが、腰がとても楽でした。アダプトというシリーズを選びましたが、新生児から、インサート不要でデザインも豊富で、洋服に合わせやすく、とても気に入っています。

出典:楽天 みんなのレビュー

エルゴベビー アダプト 公式通販ページ

エルゴベビー smarbyブランドページ

 

 

《6ヵ月〜1歳におすすめの抱っこひも2選》

1.ポグネー ヒップシートキャリア

機能性抜群のお出かけ用品専門ブランド「ポグネー

お肌に優しいオーガニックコットンにこだわった素材でできているので、赤ちゃんも安心して使えます。
リバーシブル仕様のフロントカバーはおしゃれにも気を使ったデザインとなっています。また、フロントカバーは外せばメッシュになるので、夏場でも涼しく使えます!

ヒップシートは、抱っこしているママパパの姿勢も、抱っこされている赤ちゃんの姿勢もまっすぐに保ち、ウエストポーチタイプにもなります。赤ちゃんを前向き抱っこし、手足を触ってあやしてあげる事も可能です。

おしゃれなデザインと、機能性が高いポグネーは首が座り始めた赤ちゃんの抱っこ紐におすすめです!

【商品情報】
値段:19800円(税込)
タイプ:キャリー・ウエストポーチ
抱っこ:対面・前向き・おんぶ
対象月齢:6ヶ月から3歳ごろまで

【口コミ】
10キロある息子を抱っこ紐で出かける度に肩、腰が痛くいつも大変でした。
そんな中POGNAEのインスタを見て気になってキャベツを購入し発送も早くとても助かりました。
長時間、抱っこしても痛くならないのでお散歩が毎日楽しいです。
単体にもなるので簡単に抱っこできるので腕の疲れがなく本当楽です!!
もっと早く欲しかった。

出典:ポグネー お客様の声

ポグネー ヒップキャリアシート オルガ 公式通販ページ

 

 

2.ホットスリング

アメリカで大人気のスリング「ホットスリング

スリングというと、難しいイメージがありますが、こちらのスリングは、赤ちゃんのお尻が正しい場所にくるように目印のブランドタグがついているので、初めてでも安心して簡単に使えます。

柄がおしゃれなだけでなく、ワイドショルダーなので肩への負担が少ないです。サイズもSからMLまであるので、ぴったりのサイズを見つける事で安全性も増します。
新生児から16kg迄対応してくれるのも嬉しいですよね。

お出かけ用の収納袋もついているので、さっと抱っこできるホットスリングが役立つこと間違いなし!おすすめです☆

【商品情報】
値段:8100円(税込)
タイプ:スリング
抱っこ:対面・横
対象月齢:6ヶ月〜4歳頃まで

【口コミ】
二人目にしてこの商品に出会いました
コンパクトになるし、ちょっとした抱っこにオススメで、両手が離れるのがポイントです
一人目の時からもっと早くに買っておけばよかったです
歩き出す頃にはエルゴではなくこちらの方が絶対に活躍すると思います!!

出典:楽天 みんなのレビュー

ホットスリングス 公式通販ページ

 

 

《1歳〜2歳におすすめの抱っこひも2選》

1.マンジュカ ベビーキャリア

ドイツでデザイン&開発された「マンジュカ」のベビーキャリアをご紹介します。

オムツをつける要領で赤ちゃんを寝かせたまま装着できるインファント・インサート、腰ベルトやヒップベルトなどママパパに嬉しいポイントがたくさん。
20kgまで対応なので4歳位まで抱っこが可能です。

マンジュカの特徴は赤ちゃんの足が自然とM字になっているという点。昔は抱っこやおんぶによって、脱腸になる子が多かったそうですが、その心配がない赤ちゃんにも身体に優しいおすすめの抱っこひもです。

新生児でも別売りのアイテムを買わずに使えるのは珍しく、長く使える抱っこ紐としておすすめです!

【商品情報】
値段:15984円(税込)
タイプ:キャリー
抱っこ:対面・腰・おんぶ
対象月齢:新生児から4歳頃まで

【口コミ】
最初に購入したものが、肩だけで支えるもので子どもが重くなった今はきつくなったために新しくこちらを購入しました。まだ少ししか試していませんが、肩にはほとんど重さを感じず、楽です。
少し装着するのに時間がかかりますが、慣れたら大丈夫そうです。

出典:楽天 みんなのレビュー

マンジュカ ベビーキャリア 公式通販ページ

 

 

2.ポルバン

日本一歴史を持つ抱っこ紐メーカー「ラッキー」からウエストポーチタイプの「ポルバン」をご紹介

肩コリさんへの救世主!!肩ベルトがないので楽々です。
もちろん肩ホルダーを付属でつける事が出来るので、場面に合わせて対応する事が可能です。

ポーチとして使えるので、近くへのお散歩やお買い物に行く時にママパパの小物を入れられ、重宝します。
調整が腰のみなので、お出かけ前にさっとつけられるのも嬉しいですね!

手だけでは難しくなってきた抱っこも、ポルバンがあれば楽々。成長した子供の抱っこ紐におすすめです!

【商品情報】
価格:7020円(税込)
タイプ:ウエストポーチ
抱っこ:対面・前・腰
対象月齢:7ヶ月から3歳頃まで

【口コミ】
抱っこ紐はエルゴオンリーでしたが、1歳過ぎてから歩きたがるようになり、エルゴののせおろしが面倒に。ずっと気になっていたのですが、それなりにお高いので悩んでいました。保育園に送迎するようになったのを機に購入。両手はあきませんが、とても楽です。近場のお散歩はもちろん、遠出の時もベビーカーとこれで大丈夫。しっかり自分で座れてある程度歩けるお子さんの抱っこ補助には最適です。

出典:楽天 みんなのレビュー

ポルバン 公式通販ページ

 

ぴったりの抱っこひもを選んで快適なお出かけを♪

いかがでしたか?

今は可愛いデザインやカッコいいデザインの抱っこひもの新作も毎年どんどん出てきています。
さらに迷ってしまいますが、年々機能がupしてくれるので、抱っこひもの選び方を参考に自分にあったお気に入りの抱っこひもを手に入れてみてくださいね!

 

▼smarby取り扱いの抱っこ紐グッズはこちら▼
抱っこ紐グッズ smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いの抱っこ紐グッズ特集はこちら▼
サラウンドパッド特集♡汗っかきな赤ちゃんの為に首周りに付けれるカバー!毎日抱っこひもはあらえないけど清潔を保ちたい!そんな時にはカバーがおすすめです

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

赤ちゃんのおくるみは必要なの?巻き方からおすすめブランドまでご紹介!

ベビーカーの選び方&おすすめ10選〜プレママさん必見♡〜

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの

アイテムカテゴリーで探す