買うかどうか迷っちゃう…退院時の“ベビードレス”

買うかどうか迷っちゃう…退院時の“ベビードレス”

ママがベビーに選んだ中で
初めて着せてあげるお洋服“ベビードレス”
これから生まれてくる赤ちゃんに
「何を着せようか?どんな物がいいんだろう?
てか、必要?」そんなお悩みがあるママ
小耳に挟んでおきたい情報です♪

ベビードレスって必要?

さん(@kaoriiiii____)がシェアした投稿


必要性だけで言うと・・・
正直かなり低いです 
 が、しかし!

用意しておくとお宮参りでもそのまま使えますし、この時期の様々なセレモニー
例えば退院・お宮参り・100日祝など、多くの記念写真に残る物なので用意をしてあげると
品と思い出の両方が残せるので迷っているなら「買う」方をオススメ!
我が子の記憶には残らなくてもママにとっては特別な一生の宝物になると思います。

ベビードレス、伝統は「白」


所説ありますが「初めて神様の前にお参りするときは、なにものにも染まらない色を」という
意味から色は白と言われお宮参りに重きを置いての言い伝えのようです。
確かに昔は自宅での出産で「入退院」という概念が無かったからかも知れませんね。
他には「汚れの無い」「潔白」といった花嫁衣裳と似た意味合いがあります。

「白じゃない方がいいなぁ~後々も使えそうだし」と思うかも知れませんが、
意味合いを知ると白ほど尊い色はありません。
それに汚れの無い潔白の「白」を意味のままに着こなせるのは、この世に生まれてきたばかりのベビー以外居ない気がします(笑)

男の子のベビードレス


難しいのは・・・
というより、バリエーションが無く「選ぶ」「悩む」以前の問題なのが男の子用。
まだ生まれる前からお洒落が妥協だらけなんですけどー?
これ生まれてきたら一体どうなるのー?との服選びに憤りを感じる事は今後も更にあるので
ベビードレスでの躓きはまだまだ序の口・・・
「可愛く」そして「それっぽく」するのは母の腕に懸かってきます。
そこで“白いおくるみ”が心強いアイテム!
いたって普通の白い肌着を着せ、その上から包んであげるだけです。
女の子と違いヘッドアクセサリーやフリル・リボンなどの可愛らしい装飾も無いので

「お絞りじゃね?」

みたいにならない様フード付きや刺繍つきなら
尚も良し。
参考画像のおくるみは、リボンバンドがママの授乳ストラップ(上記写真3枚目)になっている優れ物。
最近ではこんなアイデアもありつつ且つお洒落な物が登場しているので、女の子に勝るとも劣らない「ベビードレス」が男の子にも見つかるかも!?

~ママの一生の宝物~


「暑いかな?寒いかな?こういうの、私は好きだけど似合うかな?」
服を選ぶ時、こんなに自分以外の人の着心地や
肌触りを思って売り場を歩き回ることって
ママも人生で初めてでは無いですか?
ベビードレスに限らず、肌着もカバーオールも出産準備をしている時間や気持ちは
既に一人増えた生活が始まっています。

ママとベビーの「初めて」が込もった
ベビードレスは、使う回数こそ少ないものの
思い入れの多さは他の衣類とは比べ物になりません。
ベビードレスは褪せかけた「あの時」の記憶の彩度を上げてくれる触ることの出来る思い出としてプレママは是非!
出産準備に向かい入れて下さいね♡

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami