アウターに冬小物。SHIPS(シップス)でキッズの冬支度は完了!

アウターに冬小物。SHIPS(シップス)でキッズの冬支度は完了!

最終更新日 2018-04-20 by smarby編集部

寒いよ。足元から冷えるよ。ここ最近。。

自分の服も必要だけど、毎日外で元気に遊び回る子ども達の冬支度は出来てますか?そろそろ冬の毎日アウターを用意しなきゃ!

ニットやトレーナー。ネルシャツに長パンツ。マフラーやニット小物もそろそろ見始めなきゃ。。

 

そんなこのタイミングで、おしゃれママから定評のあるブランドから新作が登場!

SHIPS KIDS(シップスキッズ)から冬に最適なアイテムがたくさん届きましたよ!!

 

ではではご紹介いたします♪

 

SHIPS KIDS(シップスキッズ)

LONDON TRADITION: ショート ダッフル コート (SHIPS KIDS)

子供の笑顔が似合う服。そんな気持ちをシップスのスタンダードなテイストをベースに表現している『SHIPS KIDS』から新作が届きました。

 

 

ラインとディテールにこだわりぬいたベーシックアイテム

ケーブルショール カラー スウェット、
チェックウエスタン シャツ
リブ ストレッチ パンツシューズ
(SHPS KIDS)

チェックシャツや裾リブパンツはいろんなブランドから出ているけど、ただ普通に着るだけでおしゃれに見えるようにラインにこだわって作られているのが、SHIPS KIDSの素晴らしいところ。シンプルアイテムこそブランドの技術力みたいなものが現れます。

ケーブルショールカラー スウェット
チェックウエスタンシャツ
コーデュロイパンツ
(SHPS KIDS)

どこにデザインのポイントを置くかちゃんと分かっている

バックストライプ 7分袖 ワンピース
17FW リブタートル
MINNETONKA: ダブルフリンジ サイドジップ
(SHIPS KIDS)

子ども服はデザインのプラスの仕方が大人の服に比べて自由。フリルを多めにしても、可愛いキャラクターの絵をたくさん配置しても、子どもの可愛さに相まって、いい感じに見えちゃう。

でも、SHIPS KIDSは闇雲にデザインを盛ったりしない。

セレクトショップ系ストリートカジュアルの最先端を走ってきたSHIPSはデザインを置くべき場所をちゃんと分かっている。

洋服としてセンスの良さを感じるレベル感をちゃんと知っている。

このワンピースはまさにそのことを感じる。

バックのストライプの配置も、前に配置されている片方ポケットのバランスも素晴らしい。(前のデザインは商品ページをご覧ください。)

シルキーケーブル ヘムレース ニット
ベロア ミディ丈 キュロット
MINNETONKA:ダブルフリンジ サイドジップ
(SHIPS KIDS)

女の子ママにとって、やりすぎじゃなく、可愛らしさを服で取り入れるのは、いつでも難しい課題。

フリルやレースが華美につけられていると学校や園から注意されたりもする。

このケーブルニットのヘムレースはちょうどいいボリューム感。ナチュラルさを保ったまま、ちゃんと女の子らしい。

 

スポーティなアイテムの使い方の提案が上手

ALPHA:KIDS LONG MA-1
ベロア ミディ丈 キュロット
キャップシューズ (SHIPS KIDS)

スポーティアイテムの取り入れ方を間違うと、一気に田舎くさくなったり、おしゃれから遠のいたりする。

MA-1のこのコーデはまさに若者に流行っているスポーティMIXコーデを子ども服に落とし込んでいるので、洗練されているし、おしゃれ。

デイパック M 2017
バックストライプ 7分袖 ワンピース
(SHIPS KIDS)

Aラインワンピースにポイントになる赤リュックを合わせたコーデ。

子どもの可愛らしさと相まって、リュックのスポーティさが引き立ち、おしゃれにまとまっている。

 

本格的に寒くなる前に準備しておくべき、冬小物

A:フェイクファーマフラー
B:ケーブル ネックウォーマー
C:フードウォーマー
D:スノー ジャガード キャップマフラーグローブ
(SHIPS KIDS)

冬は突然やってくるから、本格的に寒くなる前にニット小物やファー小物を揃えておくと◎

今回の新作には、大人も欲しくなるような冬小物が多数揃います。

冬支度がすべて完了するSHIPS KIDS是非チェックしてくださいね♪

SHPS KIDSブランドページへ

▼smarby取り扱いのベビー服・子供服はこちらから▼
ベビー服・子供服 smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

おすすめのナチュラルな子供服ブランド9選

子供に腕時計をプレゼントしたい!おすすめブランドはどこ?

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami