お口に入れても無問題♪赤ちゃんの玩具、自然由来シリーズ!

お口に入れても無問題♪赤ちゃんの玩具、自然由来シリーズ!

最終更新日 2019-04-03 by smarby編集部

掴めた物なら何でも口に入れる赤ちゃん(汗)うちの息子は幼い頃一緒に遊んでる友達の足を口に入れる常習犯でした!しかも何度止めに入っても諦めない・・・どんだけ口淋しいのか!?

そんな、日用品も生活雑貨もヒトも(笑)
見境無く頬張る赤ちゃんに買ってあげる玩具はコレ!

「あむあむ」ぐらいならセーフの自然由来玩具たち。

 

おやさいクレヨン

 

Tomoco.kさん(@tomoco_k472)がシェアした投稿

クレヨンの油分はお米から、色は本物の野菜と食用顔料から作られた【おやさいクレヨン】、材料は全て国産で安心と安全を徹底した赤ちゃんと子供用クレヨン。

ナチュラル素材なので発色は本来のクレヨンよりも控えめですが、そこもまた「いい味」になり子供たちの描く絵が一段とアートに♡

ラベルされている色の名前もお野菜で記してあり見た目もお洒落、し・か・も!使われている野菜は規格外で処分されたり出荷時にカットされ廃棄になってしまう部分から作るという、赤ちゃんだけでなく地球にも優しいクレヨンです。

 

クレヨンからもう1点!ベビーコロール

握りやすい!描きやすい!折れにくい!汚れにくい!積んで遊べる!
とイイこと尽くめの【ベビーコロール】こちらも勿論赤ちゃんが誤って舐めてしまっても大丈夫な材料だけで作ってあります。

西松屋などのベビー用品店でも販売されているので手に取りやすくお値段もプチプラなのがママにも嬉しい一品。

 

お米のつみき

見た目もパステル調で可愛い【お米のつみき】は積むだけではなく振ると音が出るものや歯固めのように「あむあむ」する前提となった円形のものなど、一つ一つに工夫がされて1箱の中身が充実♪

生まれてすぐから、じっくりたっぷり楽しめて重宝すること間違い無し!原料は契約農家の国産米、製造工場も国内と純日本製のハイクオリティです。

 

 トイグリップ

 

natsumiさん(@___khr)がシェアした投稿

木目調でシンプルな取っ手のハイセンスな赤ちゃんのガラガラ。

持ち手はブナやカシの木、塗料にはごま油。そしてこだわりは持ち手だけでなくガラガラの中身にも!赤ちゃんの長寿を祈願した金と銀の鈴、成長祈願の大豆・黒豆・花豆(国産無農薬)が入れてあるという「未開封のまま神棚にお供えして代々祭ったほうがいいかな?」と思うほど身に余る細部への計らい。

この【トイグリップ】は市販のペットボトルの飲み口ともピッタリサイズに作ってあるので時々変えてあげると赤ちゃんも飽きることなく楽しめますね♫

 

ベビーブレスレット(ホルダー)

呼び名はベビーブレスレット、ベビーホルダー、おもちゃホルダーなど様々なようですが、用途は赤ちゃんの腕に通すもの。ついているおもちゃを弄ったり観察したり、外出先で落としにくいのが便利です。

ある程度握ったり出来るようになると輪っかの形状で赤ちゃんも持ちやすい♪
勿論歯固めのように使っても天然木なので安心です。

何より見た目が可愛いですよね♡

 

シリコン粘土

商品名と見た目からは「無害」とは程遠いようにも見えるかもしれませんが、粘土に使われているシリコンはベビー用品に多く使用されているものを使用。さすがベビー用品も豊富に取り扱うエジソンだからこその玩具です。

これなら小麦アレルギーの子も遊べますし、放置しても固くなりにくい!絨毯などにくっついても剥がし易いのが素敵!!

しかも驚きなのは「焼くと固まる」という性質。これにはママのほうがハマってしまい、ピアスや指輪などアクセサリー作りを楽しむママが増殖中らしいです!子供の作品も上手に出来たものは焼くと記念にとって置けますし、お風呂に入れて遊ぶことも!!

楽しみ方が無限で大人も一緒に盛り上がれる玩具です♪

 

 

クリスマスはもちろん、記念日やお誕生日にも!

クリスマスももう来月にまで迫ってきましたね。今日紹介した赤ちゃんの玩具はクリスマスプレゼントの選択肢の一つにするのも良しですが、作り手の技術と優しさが込められた温かい物ばかりなので最後に家族からは愛を込め、100日祝やハーフバースデーの記念日にもいかがですか?不思議なもので「想い」は伝染するもの、沢山の人の思いやりを受けて我が子も人を思いやれる子になりますように☆

 

▼smarbyオススメの木のおもちゃ特集はこちら▼
木のおもちゃ特集♡木のぬくもりを感じながら赤ちゃんやキッズの創造力が広がる♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

ハワイで子供服・ベビー服を買うならここ!〜ブランド&お店まとめ〜

2018年にくる日本製ベビー服ブランド5選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami