「凝ってて超大変そ~」なフリ!(笑)モザイクちらしで年末行事は楽勝♪

「凝ってて超大変そ~」なフリ!(笑)モザイクちらしで年末行事は楽勝♪

最終更新日 2019-04-03 by smarby編集部

見た目重視だと「難しそう、料理好きじゃないとムリ」というメニューばかり、かといって簡単重視だと「イマイチ華やかさに欠ける」

クリスマスや年末を控えた今、パーティー料理やおもてなし用料理に頭を悩ませますよね?見た目はお洒落で綺麗なのに、切った材料を格子状に並べるだけの

 

モザイクちらし寿司がオススメ!

■モザイクちらし寿司って?

 

kayochiさん(@kayochi0201)がシェアした投稿

冒頭にも書いたとおり、材料を格子状に並べたちらし寿司を「モザイクちらし寿司」と呼ぶようです。

パっと見は鍛錬と熟練が生み出したプロの一品に見え「すごーーーーーーーーい!」と人事に関心して終るところですが、ちょっと待って!パッと見るんじゃなくジーーーっと見てみると…

「あれ?大したことなくない?」

↑ここに気づいている人がまだまだ少ない今が「モザイクちらし寿司」をテーブルにどや顔で出すチャンス☆!

 

■手間は「並べる作業だけ」と言っても過言ではない

 

@halu1103がシェアした投稿

 

ほ、本当に凄いですよね・・・!もう眩しくて見えないというか、劣等感に苛まれるのが怖くて見てられないというか、分かります「一刻も早くこんなお洒落アカは閉じるかスクロールするに限る。」という気持ち。

色々と直視したくないですが、目が慣れてくると(笑)とーってもシンプル!

使っている食材は、きゅうり・玉子焼きや錦糸たまご・イクラなどの魚卵・サーモンなど赤身魚。

ほぼこの4種類、どれもスーパーの陳列棚から調達出来る寿司ネタばかり。

お刺身用の赤身もたまご焼きも四角く切るのは簡単♪きゅうりはただの輪切りでも可愛く見えます。イクラやとびこに関しては切る必要さえ無し!

 

■失敗無しの並べ方

 

Kasumi Satoさん(@kasumisato)がシェアした投稿

「材料は買えばいいけど、いい感じに並べるセンスって売ってない」と思った方、並べ方も「次に来る列のスタートとゴール地点の食材の色被りを避けて載せる」このコツだけで大丈夫。

4×4の正方形で作るのが1番主流のようですが、例えば1列目が玉子から始まりマグロの赤身で終ったとしたら、次2列目はきゅうりか始め玉子で終らせる!というように、ここだけ気をつけながら並べていくと完成時には色見のバランスもばっちりとれた、インスタ映えの逸品に♡

 

やらず嫌いは損かも!

「あ、無理」「絶対難しい」とシャットアウトしてしまうより「出来そう」という目で見ると自分のレパトリーもどんどん広がります。見てそのまま作るのは確かに難しいですがアイデアだけ貰って後は自分流にしてしまえば案外なんでも簡単かも?

こんなに色鮮やかでお洒落な主食があれば、唐揚やコロッケなど茶色軍勢に包囲されても負ける気がしませんね♪

クリスマスパーティーなどママ友や女の子が多い席では絶対に喜ばれるはず♡一層盛り上がること間違い無しなので、まだ猶予のある今の内から「モザイクちらし寿司」要チェックです!

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

元販売員がおすすめする!成城石井で絶対に買うべき10選

CMで話題TimeTree(タイムツリー)の使い方!家族の1ヶ月をひとつにまとめよう★

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami