《女の子ママ必見の子供服♪》憧れのプリンセスプリキュアになるには⁉︎

《女の子ママ必見の子供服♪》憧れのプリンセスプリキュアになるには⁉︎

最終更新日 2019-12-11 by smarby編集部

2〜3歳ごろからプリンセスになりたい!と目覚める女の子も多いのではないでしょうか♪ 特に女の子に壮絶な人気を誇るプリンセスの中に、日本のアニメ「プリンセスプリキュア」がありますね。

今回は、プリンセスプリキュアに憧れる女の子と、その夢を叶えさせてあげたいママのためにおすすめの子供服をご紹介したいと思います。手作り派のママも購入派のママも必見です☆

▼smarby取り扱いの女の子服はこちら▼
女の子 smarby通販ページ

なりたいプリンセスプリキュアキャラクターを決めよう♡

意外と長いプリンセスプリキュアの歴史・・・

なんとプリキュアが最初に放送されたのは2004年!すでに放送開始から14年目に入るんですね〜♪
プリキュア」の由来は「プリティー(PRETTY=かわいい)」と「キュア(CURE=癒す・治す)」という言葉からきているそうですよ^^

ちなみに、今年アラフォーの仲間入りをした私(笑)は・・・「美少女戦士セーラームーン」にハマっていました〜。親子でそれぞれ好きなプリンセスについて語り合うのも楽しそうですね!

 

 

人気のプリンセスプリキュアキャラクターは?

2017年度だけでもキャラクターは50以上もあるそうです!
その中でも女の子に人気のあるキャラクターは・・・⁉︎

第1位・・・キュアハッピー
第2位・・・キュアビューティ
第3位・・・キュアマリン
第4位・・・キュアピース
第5位・・・キュアパッション

お子さんになりたいプリンセスプリキュアキャラクラーをぜひ聞いてみてくださいね♡

 

ママの愛情たっぷり!プリンセスプリキュアの子供服を手作りしちゃおう☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7.story+houseさん(@na_832)がシェアした投稿

ママがプリンセスプリキュアの衣装を作れたら、周りに自慢をしたくなってしまいそう♡
お子さんと一緒に相談しながら作るのもまた素敵な時間になりそうですね。

 

プリンセスプリキュア衣装に合う生地は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

picoさん(@picomame)がシェアした投稿

・フェルト
・アセテートサテン
・サテン生地

で作られているママさんが多いようですね♪ものによっては100均などお手軽に調達することもできるようので、他のキャラクターのお洋服も作って〜♡とお子さんにお願いされてしまうかも⁉︎(笑)

 

衣装のサイズも大切ですね!

お子さんが可愛くプリンセスプリキュア衣装を着こなすためにもサイズはしっかりと図りたいですね!
衣装を着てテンションマックスになること間違いなし♪

 

キャラクターごとに設定されている衣装カラー♪

なりたいキャラクラーが決まると必然的に決まってくる、衣装カラー。より現実の衣装に近づけるために、色々な生地屋さん巡りもまた楽しそうですね♪

 

aimaruyamaさん(@maru3ai)がシェアした投稿

 

プリンセスプリキュアの子供服を購入することもできます♪

可愛い娘のためにプリンセスプリキュアの衣装を手作りできたらどんなに素敵だろう✧と思うものの、手作りが苦手な私・・・でも娘の夢は叶えてあげたい!

そんな私と同じ状況のママさん、ご安心ください。クオリティーの高いプリンセスプリキュア衣装がオンライショップ購入できちゃうんです♡ありがたい♡

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nanae.m(@nanae_chan.ai)がシェアした投稿

1.Amazon

Amazon(アマゾン) 公式オンラインショップサイト

 

2.トイザらス

トイザらス 公式オンラインショップサイト

 

 3.バンダイ

バンダイ キラキラ☆プリキュアアラモード 変身プリチューム キュアパルフェ

 

 

気分はもうプリンセスプリキュアの仲間入り♡

いかがでしょうか♪手作りとオンラインショップでの購入、それぞれにメリットがあると思いますが、どちらにしても、お子さんが大好きなキャラクラーの衣装を着たら、もう立派なプリンセスプリキュアの仲間入りですね♪

ぜひご参考にしてくださいね!

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

【150サイズの子供服】おしゃれな女の子におすすめブランド17選

女の子向け子供服をプレゼントするなら絶対ここ!おすすめブランド11選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami