簡単!ベビー服・子供服のリメイクアイデア40選!気楽にトライ!

簡単!ベビー服・子供服のリメイクアイデア40選!気楽にトライ!

サイズアウトした!シミができた!そんなベビー服、子供服どうしていますか?
お下がりにまわす?ウエス(雑巾)にする?いっそのこと捨てちゃう?
中には思い出の詰まった手放し難い一着ありますよね。
小さくなったベビー服や子供服、リメイクしてみませんか?
「リメイクして〇〇に変身させる」40のリメイクアイデア、インスタグラムから集めてみました。
リメイクして洋服になったり、インテリアになったり…
男の子の服が女の子になることも!!リメイクの可能性は無限大です。
型紙不要、ミシンなし、針と糸なしでもできるリメイクアイデアもありますよ!どうぞご覧ください♪

▼着なくなった大人服のリメイク編▼
捨てられない大人服から作るベビー服・子供服!リメイクアイデア40選

Contents

 

ベビー服・子供服を「NEW服」にリメイク【アイデア10選】

小さくなったり、穴が空いたりシミができたり。あるいは、そもそも気に入らないデザインだったり。潮時を感じるそんな服。簡単に別れることはありません。「今の我が子に合った服」へとリメイクすれば、きっと出会った頃の気持ちが戻ってくるはず。
トップバッターは、「NEW服」に変身を遂げたベビー服・子供服たち。リメイクアイデア10例ご紹介します。

 

1.Tシャツ+スカートでワンピースにリメイク

 

Yukari Hamajimaさん(@eucaly5955)がシェアした投稿

ワンピースが大好きな娘さんのために、Tシャツの裾にスカートを縫い付けてワンピースに。柄と色の組み合わせがおしゃれですね♪

 

 

2.オーバーオールをジャンバースカートにリメイク

 

てんころりさん(@kaorin5n212)がシェアした投稿

股下にスナップボタンがついていたオーバーオールをスカートに。まだまだ現役アイテムに変身しました。

 

 

3.小さいロンTのシルエットをリメイク

 

aya…toyodaさん(@t.y.d.aya)がシェアした投稿

ロンTのサイドを切り込んで布を足し、ふわりと広がるシルエットへ。お腹のところも苦しくないので着心地◎

 

 

4.プリント柄を無地Tに移動リメイク

 

@f.miiko_がシェアした投稿

ベビー服のプリント部分をカット、無地Tシャツに縫い付けたアイデア。思い出の詰まった服がまた息を吹き返しました。

 

 

5.助け合い合体リメイク

 

@f.miiko_がシェアした投稿

膝が伸びて、生地が薄くなり穴もできた着倒しスパッツ。そしてシミが付いたお魚Tシャツ。お魚部分をカットして、スパッツのお膝部分に縫い付ければ、お膝の穴は隠れて伸びた膝は補強されました。これぞ一石三鳥リメイク。

 

 

6.ディテールをおしゃれにリメイク

 

chiekoさん(@tarohachi)がシェアした投稿

ファストファッションブランドのフリースに、着れなくなったTシャツを縫ったアレンジ。プチプラ&シンプルアイテムがリメイクで、世界に一つのオリジナルアイテムになりました。

 

 

7.フリルをちょい足しアレンジ

 

Mayumi Nakaokaさん(@mayusu7)がシェアした投稿

前開きのフリル袖のトップスがほしかったけど無かったので、ご自分でぬいぬいとのこと!好みがなければ既製品を自分好みにリメイクすればいいのですね。

 

 

8.刺繍をプラスで上級アレンジ

 

Kaorukoさん(@ruko_117)がシェアした投稿

ファストファッションブランドのフリース、友達とのかぶる率が高い!ならば、楽しい刺繍を施してオリジナルに。惚れ惚れする上級者リメイク。オーダーメイドの風格です。

 

 

9.ペットの服にリメイク【人気】

インスタでダントツ多かったのは、小さくなった子供服をペット(主に犬)の服へリメイクしたポスト。中型犬まではサイズ的に子供服がジャストフィット。少しシミがあっても色あせていても、わんちゃんは文句言いません。

 

 

10.ロンパースをキッズTシャツにリメイク

 

Yukariさん(@paaaaaaaaaapo)がシェアした投稿

赤ちゃん時代のロンパースを、キッズのTシャツにリメイク(2枚目pic)。 ミシンも、針も使わずに、布用の接着剤でリメイクしたそうです。大胆ハンドメイド。よれていないしっかり生地のベビー服は、工夫次第で今年も着せよう。

ベビー服・子供服を「身近な小物」に簡単リメイク【アイデア10選】

成長と寄り添ったベビー服・子供服は思い入れのある生地。いつも使う「身近な小物」を、思い出の生地で手作り。ウエスにするのはもったいない。少し手を加えるだけで、こんなに素敵な作品になります。気軽に簡単リメイク!トライしてみませんか?

 

1.【リメイクの定番】・ポーチに

 

aiさん(@ai_mahrubaby)がシェアした投稿

Tシャツのプリント部分を活かしてポーチに。バッグの中で第二の人生を。我が家の息子が幼い頃、スヌーピーのトレーナーを「すみーちゃん(スヌーピー)」と大層気に入っていたのを思い出しました。こういう風にリメイクすればよかったと少し後悔。

 

 

2.【リメイクの定番】・巾着に

 

Chiharu Andoさん(@chiharuando)がシェアした投稿

プリント、タグがアクセントになっている巾着たちです。入園・入学で袋物は数が必要。材料に使えそうな子供服、残っていませんか?縫う時、小さかった頃の思い出が駆け巡ります。

 

 

3.デニムをバッグに【人気】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆうだぁさん(@yudaluke)がシェアした投稿

ショルダーストラップ付きスカートがお散歩バッグに変身。デニムは丈夫なのでリメイクにもってこいの素材。活用しないのはもったいないです。子供のデニムをバッグに仕立てるリメイク人気です。

 

 

4.ナイロンウェアをバッグに【上級】

 

nakachiさん(@n.k.mottainai)がシェアした投稿

2,3歳頃のジャンプスーツをトートバッグにリメイク。元のポケットがそのまま使えるデザインになっています。アウターは、機能性も優れているので、サイズアウトとともに手放すのは確かに惜しいですね。

 

 

5.コースターにリメイク

まとまった時間を取れない毎日を送るママは、ミニマムなハンドメイドはいかがでしょうか?コースターは形もシンプルで製作時間がそれほどかかりません。すきま時間にチクチク進められます。いろんな思い出の服で作ると楽しそう♪

 

 

6.スタイにしてアレンジお下がり

 

ナオクーマさん(@nao.ku_ma)がシェアした投稿

服としてではなくスタイにリメイクして下の子にお下がり、ナイスアイデアですね。よだれの多い少ないは個人差があるもの。上の子はスタイほとんど必要なかったのに、下の子はスタイが必須な場合、新たに買わずにリメイクという手もありますよ。

 

 

7.カフェミナージュでおしりふきケースに

40年前のハワイの子供服のレトロな雰囲気を生かしたおしりふきケース。カフェミナージュの材料に使用されています。「カフェミナージュ」は既製品に生地を貼る手法。針と糸を使わないリメイクです。

 

 

8.ベビーの靴下をシューキーパーにリメイク

 

y.ricoooさん(@y.ricooo)がシェアした投稿

ベビーならではのかわいい靴下。どうしても捨てられない気持ちよくわかります。シューキーパーにリメイクするアイデアなるほど!可愛すぎて、いれる靴を選んでしまいそう(笑)

 

 

9.デニムは優秀!スマホカバーにリメイク

穴があいてしまった子供のジーンズ。2人のキッズが履いた思い出のズボン、今度はスマホカバーとなり命をつなぎました。ポケットの柄がいいアクセントになっています。

 

 

10.買わずに試したい布ナプキンに

 

Ayako Maemotoさん(@sary.m.t)がシェアした投稿

パッチン付きの肌着が布ナプキンになりました。スナップが羽根の部分にうまく活かされています。布ナプキンが気になる人は試してもいいのでは?なんとなく捨てられなくてとってあるベビー肌着、クローゼットにありませんか?

 

ベビー服・子供服をリメイクしてインテリアに【アイデア11選】

小さくなったベビー服・子供服をインテリアとしてリメイクするアイデアの数々。大物作品もはいっているので、気合が十分あるときにトライしてみてはいかがでしょう?
作りたいものに対して子供服の布面積が足りない場合は、パッチワークという手もありますよ。11選ご覧ください。

 

1.クッションカバーにリメイク【人気】

 

RIE*さん(@riekarikari)がシェアした投稿

6枚の子供服からできているクッションカバー。ワッペンやマークがさり気なく配置されていておしゃれです。たくさん着た服だからこその色あせ具合がいい味に!欲しいと思っても売っていません。

 

 

2.ひとをダメにするソファーカバーに【上級】

 

tmkさん(@tmk_mama_1120)がシェアした投稿

通称「ひとをだめにするソファ」=無印良品の体にフィットするソファに、素敵なパッチワークカバーが。驚きの手縫いによるリメイクだそうです。デニムのポケットが面白い。時間をかけて作る楽しみを。

 

 

3.キッズチェアの座面カバーにリメイク

キッズチェアーの座面、汚れやすいですよね。お気に入りのデザインをキッズチェアのカバーに。何枚かあると洗い替えにも!雰囲気を変えて楽しく座ろう。

 

 

4.カットしてくくれば玄関マットに

 

Sonoko Umeharaさん(@sonokoumehara)がシェアした投稿

着なくなった子供服を複数準備。はさみでカット、滑り止めマットにくくりつけます。玄関マットの出来上がり♪工作感覚で子供と作ることができるリメイクアイデア。たくさんの色や素材があると楽しい仕上がりになりますね。

 

 

5.男前な鉢カバーにリメイク

そっけない鉢には、カバーをかけましょう。子供服の生地、バンダナ、デニム…麻紐で結えば雰囲気満点のグリーンコーナーの出来上がり。ギフトにも良さそうですね。

 

 

6.味わい深いウォールポケットにリメイク

 

e-ko.Yさん(@smalletsuko.921)がシェアした投稿

デニムのポッケをウォールポケットのポケットにした作品。デニムは丈夫で収納力抜群。既製品では、なかなかこれ!というものに出会わないので、自分好みに作ることにしましょうか。

 

 

7.ベビー服の数だけオーナメントが

 

Kanoさん(@todokano)がシェアした投稿

ベビー服の端切れをちくちく縫って作ったこちら、クリスマスツリーのオーナメントにされたとのこと。シーズンが過ぎればお手玉として子供と一緒に遊ぶこともできますね。ベビー服の柔らかい素材を手にすることで癒やし効果もありそうです。

 

 

8.子ども部屋にどうぞ!ガーランド【人気】

子供服のカラフルな感じがガーランドに丁度よい!子ども部屋に飾れば、楽しい雰囲気を演出します。お誕生日に使ったり、キャンプでテントに飾ったり、テンションあげグッズ「ガーランド」、おうちで眠っている子供服たちを是非活用したいです。

 

 

9.デニムリメイク鯉のぼり【上級】

 

kenkoさん(@kenko1126)がシェアした投稿

サイズアウトしたキッズボトムスの足の部分をうまく使って鯉に。ボンドや針金を使って形作られているそうです。裾は織り込んで留めておけばカットも不要。ちなみに目玉はフェルト。健やかな成長を願って、サイズアウトしたボトムで作る鯉のぼり、こんなに大きくなりました♪

 

 

10.キッズチェアーの座布団にリメイク

 

yukicoさん(@yukiko_yukiko)がシェアした投稿

キッズのTシャツを座布団カバーにリメイク。キッズの座布団サイズに、子供服なら面積がちょうどいい。慣れ親しんだ生地の座布団なら、「落ち着く〜」なんてコメントが聞こえてきそうですね。

 

 

11.カーテンの裾に揺れるのは思い出の子供時代の服

 

miwaさん(@miwatokame)がシェアした投稿

子どもの頃に着ていた服を、パッチワークにしてカーテンの裾に。やさしい柄の組み合わせが、眺めていると懐かしい気持ちになりますね。 小さな小窓のカーテンなら、リメイクも気軽チャレンジできそうです!

 

ベビー服・子供服を「服飾雑貨」にリメイク【アイデア6選】

ベビー服・子供服のかわいい柄を活かして、おしゃれグッズにリメイクしてみませんか。スキマ時間にチクチク取り掛かれる気軽なものも多いので、リメイクの取っ掛かりには最適。アイデア6選、参考になりますように。

 

1.思い出のくるみぼたん【簡単】

女の子のワンピース、刺繍が施されていたりボタンが凝っていたり。着れなくなっても好きな気持ちは変わらないですよね。100均にも売っているキットを使って、くるみぼたんに変わりました。小さい頃のシーンがぎゅっと凝縮されたぼたん。こんな思い出の残し方、素敵です。

 

 

2.女の子のヘアゴムに変身【人気】

 

tony_cocoさん(@tony_coco31)がシェアした投稿

デニムを使ったリメイク作品。ヴィンテージの風合いが真似出来ないおしゃれです。子供服色々、合わせる材料色々、世界にひとつだけの真似出来ない作品ができる、それがリメイクの醍醐味です。

 

 

3.ママのシュシュに変身【人気】

クローゼットにしまい込まずに、いつも近くに置いておけるアイテムへリメイク。小さい子供服でも、シュシュやヘアアクセサリーなら1着で数ができます。ママと娘でおそろいにして楽しむのはどうでしょうか。

 

 

4.メモリアルにつけるコサージュにリメイク

 

Kyouka Watanabeさん(@kyka.w)がシェアした投稿

シックなチェックを組み合わせた上品なコサージュ。コットンパールがまとまり感を出しています。日常のおしゃれだけではなく、卒園式などメモリアルなシーンにもつけていけるクオリティ。

 

 

5.ベビー服がネックウォーマーに

 

maho.mさん(@mahoayuyu)がシェアした投稿

赤ちゃんの頃着ていた70サイズのカバーオール。リメイクして小学生の娘さんのネックウォーマーになりました。思い出が形を変えてまた活躍してくれるのは素敵ですね。娘さんも母の愛情を身につける度に感じるのではないでしょうか。

 

 

6.ポンポンニット帽になったトレーナー

 

うちゃ子さん(@uchacotton)がシェアした投稿

トレーナーって生地がしっかりしていますよね。ウエスにするにはもったいなさすぎるといつも思っていた私。柔らかくなった着心地がよいトレーナー生地で、こんな素敵な帽子に!収縮性もよさそう。

 

ベビー服・子供服を「おもちゃ」にリメイク【アイデア3選】

見覚えのあるベビー服や子供服が遊びグッズとしてリニューアル♪キッズの喜ぶ顔を想像して作ってみませんか?真似したいリメイクアイデア3選、お届けします。

 

1.人形の洋服にリメイク

 

さとう美樹さん(@chiro.miki)がシェアした投稿

りかちゃん人形のきせかえ用にリメイク。娘さん喜ぶこと間違いなし。着れなくなった子供服、なにも考えずに捨ててしまうなんて本当にもったいない!りかちゃんは着れます。

 

 

2.おままごとのお布団にリメイク

 

あんぱんさん(@ann_pan_maaan)がシェアした投稿

サイズアウトした肌着を使って、テディベアにぴったりサイズのお布団ができました。肌着の柔らかさがお布団に最適。幸せな光景ですね。

 

 

3.くまのぬいぐるみにリメイク【上級】

思い出がいっぱいの子供服から生まれたテディベア。左のベアは、ベビー服・子供服7枚からできているそうです。右のコは、ボンポワンのワンピースとTシャツから。ずっと大事にしたい服は、メモリアルベアにしていつまでも大事に。

 

かわいい!やってみたい!小さくなったベビー服・子供服のリメイク

40のアイデアをご紹介しましたが、試してみたいものありましたか?
どの作品からもママの愛が伝わってきますよね。
小さくなって着れなくなったベビー服・子供服は、すくすく成長した証です。 新鮮アイテムにリメイクして、小さく可愛かったあの頃の思い出をいつもそばに。

我が家のクローゼットにも「お下がりに出せなかったベビー服・子供服たち」が眠っています。一度手にとってリメイクチャレンジしてみたくなりました。簡単なくるみボタンから作ってみようかな。懐かしく眺めながら、リメイクアイデアのいいインスピレーションを得ますように♪

 

▼smarby取り扱いのベビー服・キッズ服はこちら▼
ベビー smarby通販ページ
男の子 smarby通販ページ
女の子 smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

無料型紙で子供服を手作り♡初心者にもおすすめのアイテム8選

型紙から作る子供服!おすすめ手芸本ランキング 《男の子編》

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami