【幼稚園のお受験】子供の服装マナーは?ママは何を着ていけばいい?

【幼稚園のお受験】子供の服装マナーは?ママは何を着ていけばいい?

最終更新日 2019-04-04 by smarby編集部

 

幼稚園のお受験では、願書の受け渡し時や面接など親子共々、服装に気を配らなければならない場面に何度も遭遇します。
そんな時、子供だけではなくパパママどのような服を選んだらいいのか、どんなバッグでいけばいいのか、頭を抱えてしまいますよね。

そんなパパ、ママのために、当日の服装マナーからあると便利な持ち物まで詳しく紹介していきます。

 

子供のお受験向けの服装とは?

幼稚園のお受験の場合、試験や面接は大体10月から11月にかけて行われるところがほとんどです。この時期は肌寒くなる季節でもあるので、防寒対策もしっかりとしておきたいですね。男の子用、女の子用のお受験当日のコーディネートをご紹介しますのでご参考にしてみてくださいね♪

 

男の子のお受験当日コーディネート

MAM et MOIさん(@mam_et_moi)がシェアした投稿

男の子のお受験服装は、ジャケット白シャツネクタイ半ズボンの組み合わせが定番のようです。ジャケットと半ズボンは落ち着いた色の黒や紺色が人気。肌寒ければ、同じ色の無地のベストを中に着ていくのも良いでしょう。

スーツや半ズボンの素材選びも重要なポイントです。男の子の場合、特に動き回る子も多いので、着心地の良い素材を選んであげれば、お受験当日もリラックスして臨めるのではないかと思います♪

 

 

男の子用の服装に合わせる小物のマナー

ネクタイは清潔感のあるベーシックな色の無地タイプが人気です。
小物として蝶ネクタイを合わせる人もいますが、蝶ネクタイは個性的なデザインな上に、結婚式などのお祝いの席で使う事の方が多いため、お受験スタイルには向かないと考えられています。

靴下も、白色や紺色のベーシックな色で統一するとバランス良く仕上がりますね。黒色の革靴が一般的となっています。牛革を使ったような、固めの素材の物もきちんとした印象で人気が高いのですが、柔らかい素材の合成皮革も人気です。特に合成皮革の靴には、面ファスナーでサイズ調整できるような履きやすいタイプもあるので、お子さんに合ったタイプの靴を選んであげてくださいね♪

 

 

女の子のお受験当日コーディネート

kaori⋆さん(@kaoriiii12)がシェアした投稿

女の子のお受験定番スタイルは、ジャケットワンピースの組み合わせが多いようです。選ぶ色も一般的に清楚な色であれば細かい決まりは無いようですが、受験する幼稚園のカラーによっては、紺色や黒色を選ぶ事が必要な場合もあるようです。
また、面接時に、椅子に座った際の、スカートの丈がきちんと膝にかかっているかも身だしなみの重要なポイントとなります。面接当日までに一度着てみて、膝が隠れる長さかどうかの確認をしておくと良いでしょう。

tinyrrさん(@tinyrr_in_tokyo)がシェアした投稿

面接では日頃の生活習慣も見られるため、ハンカチやティッシュなど取り出しやすいようにポケットの位置を事前に確認しておく事も必要です。もしくは、外付けのハンカチ入れもあるので、活用してみてください♪

人気ブランド「familiar (ファミリア)」では、ハンカチやティッシュを取り出しやすくするためにポケット口があえて斜めにデザインされています。子供の使いやすさを考えて選んであげると良いでしょう。

familiar(ファミリア)公式ホームページ

 

女の子用の服装に合わせる小物のマナー

靴下など、女の子の小物類は飾りが付いている物も多いですが、受験時はなるべくシンプルなデザインの物を選ぶのが無難のよう。
靴下白色が良いとされています。女の子の場合もは基本的にはを選ぶのが無難です。全体の雰囲気がまとまっていれば、同一色で無理にまとめなくても大丈夫でしょう。

10月から11月からのお受験シーズンは昼と夜の気温差もあり、急に寒くなる事も。定番のワンピースやジャンパースカートに合わせて、カーディガンジャケットなどを用意しておくと安心でしょう。

 

パパ・ママのお受験向けの服装とは?どんなスーツを着ればいい?

パパ、ママのお受験スタイルには、上品な濃紺タイプのスーツが定番とされているようです。お受験用フォーマルウェアを専門的に扱っているお店もあるので、そこから選んでみるのも良いでしょう。他にも、黒やグレー人気の色となっています。合わせるなどの小物類も、黒で統一するのが良いでしょう。

また、お受験当日の身だしなみも重要なポイント。ママの場合、派手なヘアカラーや化粧は避け、長い髪はひとつにまとめましょう。パパも清潔感を損なうような整髪剤の付けすぎなどには注意が必要。さらに、幼稚園の校風や雰囲気に合わせる事が必要な場合もあるようです。

受験時に浮かないように、事前に調べておくと安心ですね。また、パパ、ママ、子供の着ているスーツの統一感も大切です。面接当日までに一度でも袖を通して、お互いの服装を確認し合っておくことおすすめします。

 

幼稚園のお受験当日の持ち物、持っていくと安心できる物

お受験当日、子供の必要な持ち物はハンカチ、ティッシュ、上履きなどです。パパやママは願書、スリッパ、靴袋、子供のお茶、雨具などが必要となります。更に、幼稚園からの配布資料なども多いので、バッグはこれらのものを入れておける大きめのものを用意しておくと良いでしょう。

 

ママは伝線した時のためのストッキングの替えを2足ぐらい用意しておくと安心です。当日の子供の持ち物は、子供自身で持っていく事ができるよう、親は早いうちから気を配っておく事が大切です。

ハンカチやティッシュは着ていく服のポケットから出し入れしやすいサイズを用意してあげましょう。持ち物には全て名前を書き、持っていく上履きの着脱も子供自身でスムーズにできるよう練習しておくことをおすすめします。
受験経験者のママさんに、用意した持ち物の中に子供の靴下の替えを用意しておらず、汚れた時に履き変えられずに困ったと聞きました。特に白色の靴下なら汚れが目立つので、汚れやすい物は事前に替えを用意しておくと安心ですね。

 

当日の服装も判断基準のひとつ!きちんと感のある格好で受験しましょう!

服装や身だしなみは、面接時には特に重要視されやすい部分です。幼稚園の雰囲気に合わせた服装選びを行い、家族全員で一度袖を通しておくと良いでしょう。

受験当日のリハーサルも行っておくことで、必要な物がより明確になり不安が解消されるかもしれません。事前準備をしっかりとして安心して受験に挑めるといいですね。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【小学校の入学式】女の子の服装を徹底解説!

男の子ママ必見!入学式におすすめ【PiCNiC by mikihousetrade(ピクニックバイミキハウストレード)】より、男の子のフォーマルスーツをご紹介!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami