子供が大好きウインナーいつから食べさせていいの?食べ方も紹介!

子供が大好きウインナーいつから食べさせていいの?食べ方も紹介!

最終更新日 2019-04-04 by smarby編集部

子供が1歳を迎えて離乳食が完了する頃、ウインナーデビューの時期について悩むママがいるようです。
2歳児や3歳児のママでも、どれぐらい食べさせて良いのかな?と疑問に思うこともあります。
子供が大好きなウインナーですが、いつから食べさせてよいのでしょうか。

今回は、ウインナーの食べ始める時期や注意点、子供が喜ぶおすすめの調理法などをご紹介します。ぜひご参考にしてみてください♪

 

子供にウインナーって、いつから食べさせていいの?

 

「いつから食べさせていいの〜?」の答えは、離乳食完了期頃からです。
つまり、子供が1歳の誕生日を迎えて離乳食が完了する頃ということです。
ただ、色々と気を付けなければいけないこともたくさんあるので、その注意点をこれから紹介していきたいと思います◎

まず初めに、ウインナーなどの加工品は離乳食期の食材にはあまり向きません。離乳食完了期ごろから食べさせても構いませんが、小さい子供は内臓の発達も充分ではないため、加工品の塩分量の多さが体に負担をかけてしまうことがあります。肉の加工品は、傷みやすい肉を塩漬けなどにして長期保存できるようにするのが基本の作り方。日本で大量生産されているウインナーも、多くの塩漬液が使われています。

どんなに薄味を心がけていても、加工品を使用するだけで食事全体の塩分量が一気に高くなってしまうので注意が必要です。いくら「◯◯%減塩」と表示されているものを選んだとしても、もとの塩分量が高いため残っている塩分も少なくありません。

また、色味や食感を良くし更に長期保存できるように、保存料やコチニール色素・発色剤などの添加物が使われているウインナーもたくさんあります。保存料は体への害が著しいものではないという見方をされることもある添加物です。

反対に、亜硝酸Naという添加物には注意が必要。なぜなら、肉に含まれるアミンという成分に反応して、発がん性物質に変性することもある添加物だからです。ひと口に添加物と言ってもこのように種類もさまざま。品質表示を見ながら『たまになら良いもの』、『なるべく避けたいもの』を選んでいきましょう。

 

子供向けウインナーの種類

 

子供用ウインナー

吉川 政穂さん(@ryomasa2428)がシェアした投稿

市販されているウインナーの中には、アンパンマンなどの子供向けのキャラクターがプリントされた商品もあります。一般的なウインナーに比べて、サイズが小さいのが特徴。子供用ウインナーの中にはカルシウムビタミンDといった栄養機能が含まれているものや、薄味に仕上げてあるところが小さな子供を持つママには嬉しいポイントです。

他にも皮がなかったり、加熱せずそのまま食べられたりと、子供でも食べやすく加工されたものもあります。

キャラクター絵柄付きのウインナーは、お弁当でも加熱して入れるだけで可愛く仕上がる優れもの。子供の偏食に悩むママの多い1歳半~2歳児の食欲をそそるところは、大きなメリットと言えるでしょう。商品によっては、絵柄はカカオ色素で描かれるなどの工夫もされています。

ただ、子供用だからといって、必ずしもウインナー自体に添加物が入っていないわけではありません。ウインナーは離乳食完了期から食べさせても構いませんが、離乳食が完了したばかりの1歳児や、2~3歳児に食べさせる場合でも2週間に1度程度と、ルールを決めて使う方が体のためには理想的です。

株式会社フードリエ  それいけ!アンパンマン こどもウインナー 公式ページ

 

 

無添加ウインナー

添加物が気になる場合は、子供用にこだわらず安心・安全無添加の商品を選びましょう。

例えば「無塩せき」という表示のあるウインナーは、発色剤を使用していません。ただし、無塩せきでも粘着剤や保存料など、発色剤以外の添加物を使用していることはあります。実は、一般の食品スーパーに並ぶようなウインナーを完全に無添加で作るのは難しいと言われています。なぜならいくら食品素材や天然素材であっても、製造過程で粘着剤の役割として使用していれば表示としては添加物となるからです。

そして、保存料を使わない限りは販売できる日にちも限られてしまいます。しかし、粘着剤としてリン酸塩が使用されているものよりも、貝カルシウムなどの食品素材が使われているウインナーを選ぶなど、日頃の生活でもより無添加に近いものを選ぶことはできるでしょう。

また、通販などで市販されているウインナーの中には、豚肉・砂糖・塩・スパイスだけを使って注文を受けてから作られているものもあります。値段は少し割高で賞味期限も短くなりますが、安心感を重視するママにはおすすめです。

田嶋ハム工房 公式通販ページ

 

ウインナーのおすすめ調理方法

味付け前に取り分ける

ウインナーを使うときは子供の食事は先に取り分けて、調味料での味付けはしないなどの工夫をしてみましょう。ウインナーの添加物は、湯通しするだけで除去できるものもあります。できる限り添加物を減らすためにも、そのまま食べられる商品でも切れ目を入れて1分程度ゆでてから使うようにしましょう。また、誤嚥を防ぐために子供の様子を見ながら食べやすい大きさに切り分けることも大切です。

 

 

ウインナーの可愛い飾り切り!失敗しないで上手に作るコツ

ウインナーの飾り切りといえば、タコさんウインナーを想像する方も多いのではないでしょうか。飾り切り初心者でも挑戦しやすく、お弁当が華やかになりますよね♪最近はウインナーの飾り切りも大変進化しており、タコの他にも恐竜やゾウ、ヒマワリや雪だるまなど、さまざまなバリエーションが人気です。2歳ぐらいになると認識できる動物も増えるので、お弁当の楽しみのひとつにもなります。

ウインナーの飾り切りをキレイに仕上げるには、いくつかのコツをおさえましょう。まず、切れ込みを入れるときは包丁ではなくウインナーを動かすことです。包丁の角度が安定することで、細かい作業がしやすくなります。次に、切れ込みを入れた後は熱湯で1分程度ゆでましょう。熱湯を使うことで、切れ込みがキレイに開きやすくなります。持ち運ぶときに崩れにくいように平らな面を作ってご飯の上に乗せても良いですね。お弁当のすき間を埋めるための一品というよりは、飾りのためだと割り切って上に乗せるイメージで詰める方がキレイに仕上がるかもしれません。

JUNKOさん(@jun.1210)がシェアした投稿

他にも、簡単に飾り切りができる便利グッズをつかっているというママも声も。100円均一にもあるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

Amazon(アマゾン)/パール金属 便利小物 ウインナーカッター 3点セット C-3519 公式販売ページ

 

子供が大好きなウインナー、美味しく可愛く食べてもらおう!

多くの子供が大好きなウインナー。子供が口にするものなので、特に1歳児や2~3歳児に与える場合、なるべく安全なものを選びたいですね。添加物を気にして全く食べさせないというよりも、選び方を工夫しながら食事の楽しみのひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

通信講座で幼児食を学ぶ〜子育てママだからこそ知っておきたい食のこと

【Newリリースアプリ*タベリー*】で、一食3品が面白いほど決まっちゃう♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami