【知育玩具】先輩ママが教える年齢別おすすめアイテムでモンテッソーリ教育

【知育玩具】先輩ママが教える年齢別おすすめアイテムでモンテッソーリ教育

子供が大好きなおもちゃ。しかし、『子供が喜ぶおもちゃ選びは難しい』という人も多いのではないでしょうか。女性医学博士のモンテッソーリによると、0~3歳の時期の子供は「吸収の心」と言われるほど、無意識のうちに色々なことを吸収します。

今回は、月齢別、年齢別におすすめのモンテッソーリの知育玩具を紹介します。

 

0~6ヶ月の赤ちゃんにおすすめ知育玩具

 

0〜3ヶ月向け

生後1ヶ月を過ぎた頃から、顔の近くで動くものを目で追うようになります。最初は白や黒のようにはっきりした色が分かるようになり、3~4ヶ月頃には、赤や黄色などの色も目で追うようになります。

わが家で使用していたのがモンテッソーリの「紙型モビール(イルカ)」です。ベビーベッドに転がった時に見られるようにつけていました。風が吹いていなくてもゆらゆらと揺れ、1ヶ月頃には目で追いかけ、機嫌が良い時には「あーあー」と喃語を発していました。この頃の喃語は後の発語にとても重要です。目で見ることで刺激を与え、脳の発達を促す知育玩具です。

R Yamaさん(@ryo.yama.4)がシェアした投稿

こどもの道具や モンテッソーリセレクト 紙型モビール 販売ページ

 

 

4ヶ月〜6ヶ月向け

生後4ヶ月頃には、上手におもちゃを握れるようになります。そしてとにかく何でも口に入れます。赤ちゃんにとって口にものを入れることは、成長にかかせない行為です。舌や唇などで硬さや味、匂いを感じ、脳がたくさん刺激され、ますます発達していきます。

しかし口に入れると危ないもの、入れてほしくないものもありますよね。色々な素材の口に入れても良いおもちゃを用意するといいかもしれません。

わが子は、ゴム製の噛む玩具が大好きだったので、モンテッソーリの「突起のついたゴムボール」を買ってあげました。突起が赤ちゃんの心をくすぐる形です。

こどもの道具や モンテッソーリセレクト 突起のついたゴムボール 販売ページ  

 

6~12ヶ月の赤ちゃんにおすすめ知育玩具

 

6ヶ月〜

生後6ヶ月頃を過ぎた頃から、おすわりができるようになる赤ちゃんもいます。その頃におすすめの玩具が「立体落とし」です。

モンテッソーリの立体落としは子供心をくすぐる仕掛けがいっぱいです。最初は形に合わせて入れることがなかなか難しいですが、蓋をパタパタ動かしたり、立体を箱にぶつけたりして遊んでいました。そうして遊んでいくうちにぴったりはまって立体が消えて無くなることを発見します。

我が子も何度も何度も繰り返し遊ぶほど大好きなおもちゃでした。子供の知育に大切なことはおもちゃを初めて渡した時に最初から遊び方を教えないことです。子供が自分で遊び方を見つけ、それを楽しいと感じることが知育になるので見守りましょう。

楽天 モンテッソーリ 立体おとし 知育玩具 通販ページ

 

 

12ヶ月前後

1歳が近くなる頃には「いないいないばぁ」と隠れていたお母さんの顔が出てくるのを喜んでくれるようになります。赤ちゃんの顔に薄い布をかけ、「いないいないばぁ」でぱっと取る遊びも大喜びです。それは一瞬見えなくなるけど、「ばぁ」の時に出てくると予測ができるようになったからです。

その頃におすすめの知育玩具が、Montehippo(モンテッヒッポー)で発売している「コイン落とし」です。最初はコインを小さな穴の中に入れるのに苦戦していました。しかし、たまたまコインが穴に入ってからコインを立てて入れることを習得しました。無くなったコインがたまたま引き出しの中に入っているのを見つけてからは何度も何度もコインを入れて出しての繰り返しです。

hoshimamさん(@hoshimam)がシェアした投稿

Montehippo(モンテッヒッポー)コイン落とし 通販ページ

 

1~2歳におすすめ知育玩具

1~2歳の子は指先で小さなものを掴むのが上手になり、より細かな作業ができるようになります。私と子供が入っていた子育てサークルで、先生がひも通しができるおもちゃを持ってきてくれたことがありました。多くの子供たちがひも通しに夢中になり、わが子に対しても「こんなに細かい作業ができるんだ!」と驚いたことがありあす。

Montehippoで発売をしている「形と色あわせのひも通し」は、ひも通しで指先の運動になることはもちろん、次の段階では絵の通りの順で色と形が同じものを通していくという遊びに変化できます。考える力が養われ、問題解決のスキルが身に付きます。

康子さん(@yrinosou)がシェアした投稿

Montehippo(モンテッヒッポー)形と色あわせのひも通し 通販ページ

 

考える力を養うにはパズルもおすすめです。1~2歳の子には木製のパズルが持ちやすく、簡単にはまるので達成感を味わいやすいです。Montehippoで発売している「動物パズル」は部位によって分かれているため、楽しみながら手や足などの存在を知れる知育玩具です。

他にも「昆虫パズル」や「植物パズル」などがあるので、子供が興味を示しそうなものからチャレンジするといいかもしれません。最初に完成した形を見せてからバラバラにすると、より子供が「やってみよう」と興味を持つのでぜひ試してみてください♪

Montehippo(モンテッヒッポー)動物パズル(鳥) 通販ページ

 

2~3歳におすすめ知育玩具

2~3歳の頃の子におすすめの知育玩具はモンテッソーリの「分類のトレイ」です。赤・青・黄・緑の色を教えることもでき、「仲間分け」の概念も身に付きます。

わが家の二人の男児が2~3歳の頃、それぞれがこのおもちゃでよく遊びました。色別にトレイに入れていくだけの単純な作業ですが繰り返し遊んでいました。食器と食べ物に見立てた「ごっこ遊び」になっていたこともありますが、それも子供が考えた遊びなので知育に繋がっていたと考えています。

ただ、玉が直径1.5cmと小さいので誤って飲み込むことがないよう気をつけてください。

Montehippo(モンテッヒッポー)分類のトレイ 通販ページ

 

もう一つおすすめのおもちゃは、Montehippoから発売されている「12枚の青い三角形」です。同じ大きさの三角形が12枚入っていますが、子供たちは色々な形を作って遊びます。子供の発想力の豊かさに驚かされます。

内角が90度・60度・30度の三角形ですが、その他の種類の三角形も販売されているので組み合わせることで作れる形が広がります。ケースに片づけることも小さい子には意外と難しく、最初は時間がかかりますが次第に簡単に収められるようになります。木で作られているため長持ちするので、子供が小学生になり算数の勉強が始まった時にも役に立つでしょう。

Montehippo(モンテッヒッポー)12枚の青い三角形 通販ページ

 

0~3歳までの知育玩具はモンテッソーリを選ぼう

子供におもちゃを買う時や、出産祝いにおもちゃをプレゼントする時、せっかくなら子供が喜ぶおもちゃを選んであげたいですよね。

モンテッソーリの知育玩具が長年愛されてきたのは、子供の月齢や年齢に合った、子供心をくすぐるおもちゃがたくさんあるからです。ぜひ、モンテッソーリの知育玩具を選んでみてくださいね♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

知育玩具「マグフォーマー」が面白い☆ママもパパもみんなで一緒にやりたい!

話題の知育玩具「どうぶつしょうぎ」が人気なのには理由があった!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami