子供服とベビー服のサイズ表記が難しい!買うときに失敗しない方法は?

子供服とベビー服のサイズ表記が難しい!買うときに失敗しない方法は?

最終更新日 2019-04-04 by smarby編集部

さまざまなブランドがある子供服とベビー服ですが、サイズ表記が大人の服と違い分かりにくいと悩むママが多いようです。国内ブランド海外ブランドでも表記の仕方が違うので、どのように選べば良いのかな?と疑問に思うこともあるでしょう。

今回は、そんな子供服とベビー服のサイズ選びのコツをご紹介します♪

 

子供の成長スピードはとっても早い 

出産してすぐに必要になるもののひとつがベビー服ですが、小さいサイズが可愛くてついたくさん欲しくなってしまいがちです。新生児期と言える期間は短く、生後4週間から1ヶ月ほどしかありません。そこからキッズ期と言われる4歳くらいまでの子供の成長スピードもとても早く、ベビー服と子供服はワンシーズンでサイズアウトしてしまう程です。

そんなに成長が早いならと、私自身少し大きめの子供服を買ってみたこともありましたが、袖や裾を折ったりすることを子供が嫌がって着てくれないこともありました。

サイズが合っていないと子供も動きにくく感じるようですね。見た目にもサイズが大きいとだらしなく見えてしまうし、適切なサイズの洋服を選んであげたいですよね♪

 

国内外でのサイズの表記方法を知っておく

国内ブランドは、主に身長(cm)を基準にしたサイズ表記となっていますが、アメリカイギリスのベビー服、子供服ブランドでは月齢を表すMONTHSのMと、幼児を表すTODDLERのTを使用。3ヶ月の新生児なら「3M」、2歳なら「2T」といった表記方法になっています。

ヨーロッパのブランドの場合、国内ブランドと同様に身長で表記されていますが、50・56・56~62・62~68と日本よりも細かくサイズ展開がされているが特徴的です。

 

新生児期〜キッズ期における子供服のサイズ選びのコツとは?

 

新生児期のサイズ選びのコツ

mikana.imaiさん(@mikana.imai)がシェアした投稿

新生児期は動くことが少ないこともあり、ツーウェイオールロンパースがよく選ばれています。

赤ちゃんはすぐに大きくなると言われていますが、あまり大きめのベビー服を着せると窒息などの事故に繋がることも・・・。着られる期間は短くても、新生児期の間は身長とあまり変わらないサイズのベビー服がおすすめです。

また、新生児期のお子さんを持つママは買い物になかなか出掛けられないので、ネット通販サイトを利用している人も少なくないのではないでしょうか。通販サイトの口コミ情報などを参考にしながら選んでみてくださいね♪

 

 

ベビー期のサイズ選びのコツ

Emiさん(@rockmoon21)がシェアした投稿

ベビー期を迎えるとハイハイやつかまり立ちをしてよく動くようになるので、上下が別になったセパレートタイプのベビー服の方がおすすめ。服のサイズ80・90センチが長く使えます。

離乳食がスタートしてからは特に服が汚れることが多くなるので、すぐに着替えやすい服を多めに用意しておくと便利です。また、立ったままオムツを替えることも増えるので、脱ぎ着きのしやすい少し大きめのサイズの子供服を選ぶといいと思います。

国内ブランドの子供服は動きやすさを重視している場合が多く、縫製もしっかりしているので何度も洗濯してもよれないのが嬉しいポイント♪

海外ブランドはジャストサイズに作られている傾向にあるので、胴回りは特にピッタリしている場合が多いです。見た目にはフィットしていてスタイリッシュなのですが、動きやすさの面を考えると少し大きめを選ぶ方が良いかもしれません。

サイズ選びが難しい場合は、女の子だとチュニックやワンピースなど広がりのあるデザインがおすすめです。男の子の場合は、前を開けて羽織ることができるシャツやカーディガンなどを選ぶのもひとつの方法です。

 

 

キッズ期のサイズ選びのコツ

キッズ期は、新生児期などに比べると成長の速度は緩やかになってきます。また、2歳頃になると自分でお着替えしたいと意欲的な子も多くなります。そのため、子供が自分で着替えやすいような服を選んであげると良いでしょう。

着替えやすさを第一に考えて、少々大きめのサイズにするのもおすすめです。この時期の服のサイズは95・100・105。少し大きめを選ぶと袖から腕も通しやすくなります。

トップスの場合、95サイズくらいまでは肩の部分にボタンがついていて頭を被せやすくなっています。100サイズからは肩のボタンがついてないものがほとんどなのでよく確認しましょう。100から上のサイズを選ぶ場合には、伸縮性のある素材を選ぶのがポイント☆

そして、ボトムスのサイズ選びにも注意が必要です。キッズ期の子供はとても活発に動くのでボトムスは大きめサイズにするとズレたり、踏んで転んだりすることもあります。ボトムスに関してはジャストサイズを選ぶ方が良いでしょう。

国内ブランドと海外ブランドでは丈の長さも変わってきます。特に海外ブランドは丈が長い場合が多いので、買う前に試着をするのが理想的です。最近はネット通販で返品や交換を無料で行っている海外ブランドもあるので、ぜひ活用してみてくださいね♪

 

適切なサイズの子供服を選ぼう♪

新生児期・ベビー期・キッズ期と成長過程の特徴を踏まえて、子供にとって着心地の良いサイズの子供服を選びたいですね。

身長や体重を目安に、ぜひその子に合った適切なサイズの子供服・ベビー服を選んでみてくださいね♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

【0〜6才】ベビー子供服のサイズ徹底解説【年齢別目安サイズ一覧表】

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami