【ベビー服・子供服の収納術】圧縮袋がいい仕事するって知ってた?

【ベビー服・子供服の収納術】圧縮袋がいい仕事するって知ってた?

最終更新日 2019-11-18 by smarby編集部

ベビー服・子供服の収納に試行錯誤しているママたちへ、圧縮袋を使った収納を是非知ってほしいです。
圧縮袋というのは、中に衣類やお布団をいれて、袋の中の空気を抜いてぺったんこにするあの袋のことです。
専用の袋ではなくても、キッチンで使っている食品用保存袋(ジップロック)でも、実はベビーキッズ服を収納するには便利なんですよ。詳しくは後述しますね。

ということで、今回は、圧縮袋を使ったベビー服・子供服収納について、おすすめポイントをご紹介したいと思います。

 

ベビー服・子供服の収納に圧縮袋をおすすめしたい理由4つ

 

@naoflowerがシェアした投稿

ベビーや子供の衣類に圧縮袋収納をおすすめする理由を先にご説明します。

 

1.収納スペースをとらない

衣類用圧縮袋の存在意義は、ずばり!服をコンパクトにまとめて、限られた収納スペースを有効活用することですよね。
旅行のときなど、最低限の荷物で身軽に動きたいからトラベル用の衣類圧縮袋が重宝します。ご家庭のクローゼットも同じ。増え続けるベビー服や子供服を、ぎゅっとまとめることで、その分収納スペースに余裕をつくります。

 

2.収納の形の自由度があがる

 

yukaさん(@yuka3246)がシェアした投稿

上のインスタpic2、3枚目をご覧ください。サイズアウトしたお子さんの服を圧縮袋でぺったんこに。(pic2枚目)それを立てて収納ケースにイン。(pic3枚目)

まるで、本のように整然とケースに並べることができました。このように圧縮袋にいれることで、ベビーや子供の服入り圧縮袋を立てたり、重ねたりして収納することができるのです。持っている収納ケースに合わせて、形を変えたりも◎。

 

3.崩れない

ベビー服・子供服の管理でちょっとイラッとするのは、せっかく畳んで収納したのに、すぐに乱れてしまうことではないですか? 目当てのものを取り出したら、隣の1枚がついてきた。下の方にしまってある服を取り出したら、全体が崩れた…などなど。 面積が小さくて細々しているベビー服・子供服は雪崩を起こしがちです。

それが圧縮袋を使えば、1枚のせんべいのようになるので扱うのが楽。独立してくれるので、プチストレスとは無縁になりますよ。

 

4.いる?いらない?を考えるきっかけになる

市販の圧縮袋は、100円ショップで売っている安価なものからサイズ枚数によりますが1000円弱する高価なものまでピンキリです。
いずれにしてもお金を出して買うからには、何から何まで入れようとは思わないはず。入れるものは厳選。入れる際に、「これ取っておく必要あるかな?」と自問自答することになるでしょう。いらないものは処分するいいきっかけになると思います。

 

子供服の圧縮袋収納がより便利になるアイデア

圧縮袋を使った子供服収納を、より使いやすくより便利にするためのアイデアをご紹介します。

 

1.袋ごとにカテゴライズする

わかりやすい収納のために、袋ごとにテーマを決めて収めることが大事です。例えば、サイズ毎。アイテム毎。季節毎。持ち主の名前毎など。 やみくもに突っ込んでしまうと、欲しいものを探す時に困りますよね。一旦服を仕分けしてから、圧縮袋にいれていくというフローにしたほうが◎。

 

2.袋ごとにラベリングする

カテゴライズされた袋に、何が入っているかわかるようにラベルをつけることが大事です。圧縮するとぺったんこになるので、外からの見た目からは、何が入っているかわかりづらくなるものです。「80センチ 冬用」などと書いた紙を衣類と一緒にいれておけば、一目瞭然!

 

3.食品用保存袋が使える

 

***May*white***さん(@mayblue2250)がシェアした投稿

ベビー服・子供服は小さいので、食品用保存袋(ジップロック)が収納するのにちょうどいいんですよ。洋服をたためば、ぴったりのジャストサイズ。きれいに収まります。しかも、専用の圧縮袋に比べて、1枚当たりの単価が安いのでお財布にやさしい。 クローゼット内の収納だけではなく、お出かけ時のお着替え入れにも、食品用保存袋なら気軽に使えますし、おすすめです。

 

圧縮袋収納に向いているベビー服・子供服【アイテム・カテゴリー別】

圧縮袋を使うと便利!わかりやすくなった!と実感すること間違いない、ベビー服・子供服を具体的にご紹介していきますね。

 

1.セットアップのもの

 

福来たroomさん(@fukukita_room)がシェアした投稿

例えば、パジャマやジャージ。習い事の衣類一式。セットで管理したいものは、圧縮袋にまとめて収納するほうが断然便利です。
バラバラになることがないのと、必要なセットがすぐに取り出せるメリットがあります。

我が家の小学生の息子はサッカーを習っており、合宿によく参加しています。
合宿の持ち物を準備する時に、1日目に着る用で1袋、2日目に着る用で1袋…というように、衣類上下・ソックスをワンセットにして、圧縮袋にいれ持たせています。子供にとってわかりやすい収納になるので、是非試してみてください。

 

 

2.厚手の服

 

Akira Egashiraさん(@ega0331)がシェアした投稿

例えば、冬物のニット、厚手のアウター。かさばりますよね。たたみにくい上に収納のスペースをやたらくいます。収納泣かせな厚手のアイテムこそ、圧縮してコンパクトになる恩恵をダイレクトに実感できることでしょう。

もちろん、ベビー服・子供服に限らず、大人の服も圧縮袋を使って減量させれば、効果大。クローゼットが片付きます。

 

 

3.シーズンオフの服

衣替えの時に、シーズンオフの洋服をすっきり収納するために是非、圧縮袋を使ってみてください。その際、来シーズンも着れるサイズ、着せたい服だけに絞って袋に入れましょう。サイズや季節の目印をラベリングをすれば、億劫だった衣替えが毎季ラクラク済んでしまいます。

 

 

4.サイズアウトしたストック服(下の子用)

 

サイズアウトしてもう着れないが、将来の2人目3人目に…下の子用に残しておきたいベビー服や子供服は、出番が来るまで圧縮してコンパクトに収納するのが◎。 サイズごとにまとめて置くと整理しやすいです。特にベビーサイズの服は小さいので、圧縮してかたまりにしたほうが断然扱いやすくなります。クローゼットの隙間にでも入れて置けば、場所をとりませんし気楽ですよね。

 

 

5.お着替えセット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yo_ck(@yo_chin_kuro2)がシェアした投稿

クローゼット以外で使える素敵な収納アイデアをご紹介します。
お子さんの着替え一式を圧縮袋にまとめて、車に予備として置いているそうです。いつ着替えが必要になるかわからないベビーやキッズ。圧縮袋で小さくなっていれば、邪魔じゃありません。お出かけのバッグにいれて、保険として持ち歩くときでも負担になりませんよね。小さい子のママは特に、真似してほしいアイデアです。

 

ベビー服・子供服の圧縮袋収納はいい事だらけ!

圧縮袋を使ったベビー服・子供服の収納術をご紹介してきました。いかがでしたか?
圧縮袋、いい仕事しますよね?
コンパクトにすれば収納スペース、生活空間を広がります。密封することで清潔に保存することもできます。
さらには、子供服の管理にかかっていた手間がなくなります。これは導入しない手はない!是非、検討してみてくださいね♪

 

▼smarby取り扱いの収納グッズはこちら▼
収納グッズ smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

子供服収納はDIYすれば自由自在のフィット感!【実例&アイデア】

あの服どこ行った?とは言わせない子供服アイテム別収納アイデア

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami