春休み・ゴールデンウィークと続く休み、自宅派ファミリーに【クッキングトイ】

春休み・ゴールデンウィークと続く休み、自宅派ファミリーに【クッキングトイ】

卒園式だ卒業式だと我が子の成長を感じ、沸いているところにやってくる春休み・・・からのゴールデンウィーク。

「あれ?入園・入学したよね?いつから始まるの?」と、涙を流しながらハンディカムをまわしたあの門出が幻かのように、毎日子供の顔を見ることになる月間です。

子供の休みが続くと何が大変って、1日の過ごし方ですよね・・・一緒に遊んでも肉体的に続かず、ご飯を食べてても、トイレへ行っても、お風呂の中でも「おかぁさーん!ねぇ、おかあさーん!」「見て!おかあさん!見ててね!おかあさん!」と、止まない「おかあさん」のアンコールに何度も登壇する羽目になる私たち。

それ以外にお母さんは、食事の用意や洗濯に掃除にと裏方にも撤します。

「アアァァー、10分でいいから一息つきたい!お母さん以外の何かに気を取られて欲しい!」

今日は、お母さんの「短いけれど大きな10分!」をサポートする子どもが夢中になりそうな【クッキングトイ】をご紹介!

■定番!【わたあめメーカー】

Midori Tanakaさん(@smurf515)がシェアした投稿 -

amazon わたあめメーカー一覧

もうクッキングトイと言ったらコレ!です。

20年以上の歴史があるんではないでしょうか?当時はザラメまたは砂糖を入れて作るのが一般的でしたが、現代版はキャンディー1個でも作れるから簡単。

キャンディーの色もそのまま綿あめになって出てくるので、見た目もかわいい♡

作っている間も、マシーンが光ったりと子どもが喜ぶ要素が満載!

何色ものキャンディーを使って、今話題の原宿レインボーわたあめ風にして楽しむママとお子さんもいるようです。

なのよりキャンディー1個なので軽量の手間がないのがいいですよね?

 

■遊びながら昼食も済まそう(笑) 【ころころこねパン】

chiaki♡さん(@8chiaki27)がシェアした投稿 -

amazon ころころこねパン一覧

「子どもの遊びは足の踏み場もなくなり、食事の広げどころもなくなる・・・」といった感じですよね?食べるエリアの確保も食べ物も用意するなんて憂鬱すぎます。

普段ならハッピーセットが旦那よりも大活躍ですが、長い休みに毎日というわけには行きません。

そこでパンが作れるクッキングトイはいかがですか?

材料をパンポットに入れてハンドルを回すだけなので、手も汚れず力も要らず子どもにピッタリ♪

出来た生地を5等分してキャラクターにするのが使用例ですが、実は生地が出来てからはアレンジが自由自在!

シートに生地を敷き、切れ目だけ入れて焼き上げちぎりパンにしてもいいですし、チーズやハムをいれて惣菜パンにしても○

遊びの中で「自分で作ったものの美味しさ」と、「おいしいね!」と言いながら一緒に食べることが出来れば、つまみ食い感覚でも幸せな食事です。

 

■たまごを割らずにプリンを作る?!【おかしなたまご】

Yumi.Aさん(@sepialinghihi)がシェアした投稿 -

amazon おかしなたまご一覧

これはちょっと親が興味津々では?

プリンなんて卵を溶くところから勝負は始まっていて、漉したり蒸したりと、工程も洗い物も多い上級者が作るスイーツだと思っていましたが…

生卵を1個セットし、レバーをポンプのように2分間プッシュ→その卵をラップで包んで30分湯銭するだけで殻の中には見た目にもまろやかなプリンが出来てるんです!

一体なぜ???!!子どもがポンプを押している間にママは箱の後ろや説明書をガン見すること間違いなし(笑)

それに使う材料もキャラメルソース以外は卵だけというのも家計に優しくて優秀です!

キャラメルソースを使わなければ1~2才の赤ちゃんのおやつにもなって、おもちゃの枠を飛び出しもはや調理器具!

~番外編~

■お料理よりもお絵かきや塗り絵が好きな我が子には【らくやきマーカー】

Yukanenkoさん(@yukanenko1022)がシェアした投稿 -

amazon らくやきマーカー一覧

一時のブームで終るかと思われた「らくやきマーカー」ですが、オリジナルの食器が作れるという魅力はあせることがないようで、今や誰しもが知るアイテムに。

この春休みはお子さんとお絵かきを楽しみながらオリジナルの器を作りませんか?特に卒園や入学を控えたお子さんは、成長の節目とお礼も兼ねて、じぃじやばぁばにプレゼントするのも素敵♡絶対に喜んでくれますよ!

子どもたちの描く絵は大人には出せない柔らかさと温もりがあって本当にアートですよね。

安全でなくちゃ気が休まらない(汗)

絶対的に子どもが安全で無ければママの一息は不可能ですよね?

今日紹介したものは、最小限の材料と少数の工程で限界まで子どもに任せられる上に、工程上にも危険の少ないものをピックアップしました。

とは言え、心の底からリラックスすることは無理かもしれませんが…美味しいコーヒーを1杯飲む時間・おしゃれなハーブティーを無駄に高い位置からカップに注いで飲む時間くらいの確保になればなぁ~と思います。

 

▼smarby取り扱いのキッチングッズはこちら▼
食器/キッチン smarby通販ページ

▼smarbyキッチングッズ特集ページはこちら▼
【おすすめキッチンアイテム特集】ママを笑顔にするアイテム紹介♪

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

子供が喜ぶ手作りお菓子!休日に親子で一緒に作ろう♪

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

New feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!