子供を一人で寝かせるのはいつから?その方法は?

子供を一人で寝かせるのはいつから?その方法は?

最終更新日 2019-04-04 by smarby編集部

子供の成長を感じる瞬間のひとつである寝かしつけ。寝かしつけや夜泣きなどで苦労してきた時期が過ぎ、一人でなんでもやりたい年齢になるとママやパパも子離れを考えて一人寝をさせようと考えるようです。しかし、ここで疑問なのがいつから一人で寝かせたら良いのかということ。

そこで今回は、一人で寝かせるのに適した時期や方法についてご紹介しましょう。

 

 いつから子供を一人で寝かせる?

子供を一人寝させる時期は家庭環境や住環境によってもさまざま。しかし、多くの意見を集めたのが子供が小学校に上がるタイミングです。

ひとり部屋を持たせて、机とベッドを設置することで子供の自立心を育てるのを目的にしたり、体が大きくなってきて一緒の布団で寝るのが窮屈だと感じたりすることがきっかけになることもあるようです。

 

子供を一人で寝させる3つのメリット

ママとパパが自分の時間を持てる

毎日の子育てに追われていると、ママとパパは自分の時間や夫婦の時間を持ちたいと思うようになりますよね。子供が一人で寝てくれると、ママやパパは今まで寝かしつけにかかっていた時間を自分の時間に充てることができるようになります。

 

子供の自立心を養うことができる

一人寝をしている子どもは、早くから自立心が養われるのもひとつのメリットです。ママやパパが側にいない分、子供は自分で考えることができ、早寝早起きの習慣ができあがることも考えられるでしょう。

 

親子ともによく寝られる

子供を一人で寝かせることは、親にとっても勇気がいること。そのため、ママやパパは慣れるまで不安で眠れないこともあるでしょう。しかし回数を重ねて慣れていくと、子供は物音や話し声が聞こえない分、よく寝られるようになります。これはママやパパにとっても同じこと。子供を気にしながら寝る必要がないのでぐっすりと眠りにつけるようになるでしょう。

 

子供を一人で寝かせる方法

日中に子供をたくさん遊ばせる

日中に子供をたくさん遊ばせることは、寝かしつけを円滑に行う基本でもあります。できるだけ体を使う遊びを取り入れることで、適度な疲労感がでて布団に入ったときにスムーズに眠りにつける環境ができあがります。布団に入ったらすぐに電気を消し、子供の一人寝を手助けしてあげましょう。

 

まずは添い寝からはじめる

いきなり一人で寝かせるのが難しいと考えているママやパパは、まずは添い寝から始めてみましょう。子供も最初から一人で寝なければならないと分かると不安になるもの。寝付くまで一緒に布団に入ってあげることで子供は安心できるでしょう。

また、夜中に目が覚めてママやパパの元にやってきたとしても、同じ布団に入ってあげたり、寝付くまでそばにいてあげたり、焦らずに徐々に慣らしていくようにしましょう。

 

海外では子供の一人寝はどうなっているの?

日本では家族で川の字で寝るということが当たり前だと考える人も多いかもしれませんが、多くの欧米諸国では親子で一緒に寝る習慣がないため、産院から自宅に戻ったときから子供を一人で寝かせるのも珍しいことではないようです。自立心や自尊心を育て、子供がぐっすりと眠りにつける環境であるためと考えられています。

しかし、最近では乳幼児突然死症候群や窒息などの事故を避けるために、一人寝が一般的な海外でも、同じ部屋の中で夫婦のベッドとベビーベッドを分けて寝ているケースも多くなってきているようです。

 

子供を一人寝させるときのポイント

お家の部屋数や広さも大事なポイント

一人寝をさせるには、子供の一人部屋があることが大きなポイントと言えるでしょう。家がアパートで部屋数が限られている場合は、必然的に家族そろって寝るようになります。

子供を一人で寝かせるためには、まずは部屋を確保しなければなりません。それから、勉強机を置いたり、ベッドを置いたりして環境を整えることから始める必要があります。

 

どうしても心配なときはカメラやモニターを使ってみよう

一人寝が心配なママやパパは、カメラやモニターを使って見守るのもひとつの方法と言えるでしょう。

スマートフォンで離れた場所からでも気軽に子供の様子を知りたい人には、「Qwatch(クウォッチ)」がピッタリです。高感度CMOSセンサーが搭載されているため、薄暗い部屋でも子供の様子をカラーで確認することができます。音センサーも内蔵されているため、子供が急に泣き出したときでもすぐに検知することができるでしょう。

Momoiropopyさん(@momoiropoppy)がシェアした投稿

I-O DETA (アイ・オー・データ)機器 Qwatch(クウォッチ)公式ページ

 

子供が強く嫌がる場合は無理にさせない

子供が一人で寝てくれるとママやパパは心身ともに楽になりますが、子供の意思を尊重することも必要です。子供が嫌がる場合は無理強いしない、家族の布団に入って来たときは受け入れるなど、安心感を与えることで一人寝がスムーズにできるようになることもあるでしょう。

 

子供のペースに合わせて一人寝をさせましょう

子供ひとりひとりに個性があるように、一人寝ができるようになる方法も個人差があります。子供を大事に思うなら、他の家庭や意見に惑わされずにしっかりと子供に合った方法を見てあげることが大事です。子供が一人で寝たいと思えるようになるまで、ママやパパは焦らずにゆっくりと子供に寄り添ってあげましょう。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

保育園で使う「お昼寝布団」、集団生活を考えて選ぼう。

スマホが絵本プロジェクターになる【おそらの絵本】で寝かしつけが楽しい時間に★

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami