予防接種を嫌がる子供はどうすればいい?アフターフォローもご紹介

予防接種を嫌がる子供はどうすればいい?アフターフォローもご紹介

「子供が予防接種に行くのを嫌がる」、「毎回大暴れするから予防接種に連れて行くのが憂鬱」とお悩みのママはいませんか?

そんなママに、予防接種を嫌がる子供への対処法やアフターフォローの仕方についてご紹介していきます。

Contents

 

子供が予防接種を嫌がるのはなぜ?

子どもが生まれて生後2カ月を過ぎた頃から、怒涛の予防接種ラッシュが始まりますよね。赤ちゃんの頃は抵抗もなくすんなり予防接種を受けることができたかもしれません。しかし、意思表示ができるようになったり、周りの状況が分かるようになってきたりする1歳前後から予防接種を嫌がる子供が増えてくるようです。

子供が予防接種を嫌がるのは、ズバリ痛いから。まれに痛みに強い子供もいますが、痛いことが好きな子供なんてまずいないでしょう。また、予防接種を行う病院そのものが嫌いで、病院に行くこと自体を嫌がるようになってしまう場合もあるようです。

 

予防接種を受ける場合には事前に伝えておく

事前に伝えておくメリット

予防接種を受けるときは、事前に子供に伝えておくようにしましょう。当日よりも、できれば数日前から伝えておくことをおすすめします。事前に伝えることで子供なりに心の準備をしてくれますよ。

我が家ではカレンダーに子供の好きなシールを貼って、「この日が注射の日!」と分かるようにしています。子供も「あと少しで注射の日だ!」と心の準備をしているようです。

 

 

事前に伝えないデメリット

事前に伝えることなく、いきなり予防接種に連れて行くことはやめましょう。例えば、「お出かけしよう」とあいまいな言葉で連れ出して、病院に着くなり「今から注射するよ!」などと言われると子供はパニックになってしまいます。

「子供に話すと嫌がるから」と思うママもいるかもしれませんが、「事前に伝えられないまま連れて来られた」という思いから、子供は親に不信感を抱いてしまいます。そして、ますます予防接種が嫌いになってしまうかもしれません。

 

子供に注射について聞かれたらどうする?

嘘やごまかしはNG

子供に嘘やごまかしを言うことはやめましょう。「今日は注射しないよ」と嘘をついて病院に連れて行くと、子供は「嘘をつかれた」とショックを受けますし、ママに対して疑心を抱いてしまうかもしれません。

また、よく言ってしまいがちな「痛くないよ」という声かけにも注意が必要。ママは励ますつもりで言っているのかもしれませんが、子供にとっては逆効果になる場合があるので、「注射は痛い」ということはきちんと伝えておくことが大切です。

その際は言い方が重要になります。「痛いよ」とストレートに言うのではなく、「ちょっとチクッとするよ。でもすぐ終わるから大丈夫」というような声かけが良いでしょう。

 

 

予防接種の必要性について説明する

子供になぜ予防接種をしなくてはいけないのかということを、きちんと話して理解させることも大切です。「病気に負けない強い体になるよ」など、子供に分かるような言い方で説明すると子供も理解しやすいですよ。

 

 

泣いてもいいことを伝える

予防接種で泣いてしまう子供に「泣かないの!」と言ってしまいそうになるママもいるでしょう。しかし、「泣いてはいけない」というプレッシャーは子供にとって負担となってしまいます。「痛かったら泣いていいからね」と伝えることで子供も気持ちが楽になりますし、逆に泣かずに済むこともあるでしょう。

 

 

注射後のご褒美を約束する

注射の後のご褒美を決めておくのもおすすめです。ご褒美は、おもちゃなど高価なものでなくてもOK。「好きなお菓子をひとつ買ってあげる」「ガチャガチャが1回できる」などささやかなご褒美でも子供はがんばれます!

我が家ではごほうびシールを使っていました。予防接種が終わったらシールを1枚。「シールが3枚たまると、○○がもらえる」とルールを決めると子供も張り切っていましたよ。子供の好きなキャラクターのシールを選ぶとテンションがさらにアップ!

楽天 ごほうびシール 通販ページ

 

頑張って予防接種を受けたらアフターフォローを忘れずに

予防接種後はたくさん褒めてあげましょう

予防接種を受けた後は子供をたくさん褒めてあげましょう。泣いてしまった子供に「泣いちゃったね」なんて言うのはNG。たとえ泣いたり暴れたりしたとしても、予防接種を受けることができたという結果について、しっかり褒めることが大切です。

 

 

褒めるときは具体的に

褒めるときは「じっとして注射できたね、えらいね」「かっこよくできたから、すぐ終われたね」など、子供の良かった点を具体的に褒めてあげると良いでしょう。子供は「ママはちゃんと自分のがんばりを見てくれている」と安心します。

筆者の場合、上の子に「お兄ちゃんがかっこよくできたから、○○もがんばれたね!ありがとう」と声をかけたことが上の子の自尊心をくすぐったよう。それ以降「お兄ちゃんが先にお手本見せてあげる」と率先して予防接種を受けるようになりました。

 

 

事前に約束をしていたらきちんと守りましょう

予防接種が終わった後は、事前に約束していたことをきちんと守りましょう。子供は約束を大きな心の支えとしています。約束を守らなかったり、あいまいに終わらせてしまったりすると、子供は裏切られたと感じてしまいます。
また、約束をする際は親自身もきちんと守れる約束をすることもポイントです。

 

子供には誠意をもって説明しよう

子供が予防接種を嫌がるのは当たり前のことですが、だからといってその場しのぎの嘘やごまかしを言わないことがとても大切になります。ママがきちんと伝えると、子供は案外納得してくれるもの。ぜひ、ママの工夫で予防接種を乗り切ってみてくださいね。

 

※本記事は、予防注射の効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行っていただくようお願いします。

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

子供を一人で寝かせるのはいつから?その方法は?

シロップや粉薬は?子供にうまく薬を飲ませる方法

Writer’s Profile この記事を書いた人

smarbymomの記事一覧

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

Special feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!