「貰ったお花」「買ったお花」、この時期何かと手に取るお花の豆知識。

「貰ったお花」「買ったお花」、この時期何かと手に取るお花の豆知識。

最終更新日 2019-03-26 by smarby編集部

3月も下旬、この時期のちまたは送別会やら歓送迎会やらと賑わいます。

それにともなって大盛況なのが花屋さんですよね。

予約や飛び込みなどで花束やアレンジフラワーの注文が引っ切り無し。多めに仕入れてオーダーを受けたカラーやイメージで予算に合わせて仕上げますが・・・使い切れず残ったお花はどうするかというと、切花として店頭に並べます。

なので!この時期のお花屋さんは種類と色がとっーーーても豊富♪と、いうわけで・・・今日は読んだら飾りたくなる・欲しくなる!貰う機会も増えるこのシーズン

 

春です、「そうだ!おうちに花を飾ろう!!」

sefa.sanaさん(@sefa.sana)がシェアした投稿

「見かけたら買い!」な花ランキング

まずは人気の花知識!人気の花は比例して1本の金額もなかなかです。

この時期はかなりの値引き額で購入するチャンス☆

1位 バラ@100円~500円 
2位 ダリア @150~200円
3位 ガーベラ@100円~200円
4位 チューリップ@200~300円
5位 ユリ @300円~500円

花の大きさ、色や形、時期によって同じ品種の1輪でも値段の幅は大きく、中でも定番人気の「バラ」と「ユリ」は高価なものだと1輪でも500~800円と・・・「昼に食べたお弁当より高いよオイ」という感じですが、花は心に潤いをくれますし、日持ちもするので自分へのご褒美と女子力に投資と思えば安いもの♡

 

 

8~10分咲きの見切り商品は超!!お買い得!

贈り物に使うお花は長く楽しんで貰うために、これから見ごろを控えたつぼみ又は五分咲き以下のものでアレンジしたり花束にするのが通常です。

なので店頭に出された初日は定価ですが、日にちが過ぎ満開を迎える頃には一気に値段も下がり、日ごろ10本単位などでは手が出ないような「バラ」も、10本で1本分の値段の300円になっていたりと、思わず手が伸びてしまう価格まで値下されます。

普段の価格を知っているお花好きの方は、散るのが目前と思われる大満開のものでもこぞって買っていくほどなので、目に留まったら買うべき!

 

 

見切り花の楽しみ方

Miaさん(@charliette.paris)がシェアした投稿

お得に買って持ち帰ったお花、「見切り品」と言えど少しでも長くきれいに保ちたいですよね?

そんな時は水換えのタイミングで茎を斜めに、そして徐々に短くカットしていくと茎から花弁までの距離が短くなり吸水しやすくなるのでお花も元気に。

終盤には花柄(花の1cm下)から切り、花の部分だけを水面花にアレンジするとおしゃれなうえに最後の最後まで惜しみなく花を楽しめますよ♪

水をサイダーに換えてあげても長持ちするんだとか!

一緒にグリーン系の植物をMIXさせてあげるとボリュームも出てパッと華やかに!グリーンだけならお値段も控えめなのでオススメです。

 

 

花びんにこだわらないのがアレンジのこなれ感

adoさん(@fleur_87_)がシェアした投稿

「うち、花瓶とかないしな・・・」と気に掛けることはありません♪

プリンやゼリーを食べた後の空の容器、コンビニで奮発したスイーツの容器なんて最高です!そのほかスタバドリンクのテイクアウトプラカップや、お酒の入っていたビンに飾って楽しんでいる方々もいます。

せっかくペアで買ってあったのに、子どもに片方割られしまい出番が減ったグラスや湯のみなんてお家にありませんか?1輪挿しにピッタリですよ!

気取って飾らないのが花のある生活に慣れているようで、逆におしゃれですよね?

 

花を「飾る」のではなく、花の「ある」生活

卒園・卒業を迎えたお子さんの居るママは、貰ってきたお花が今ちょうどおうちにある状態では?

画像の花と茎の付け根部分を針で数箇所さしてあげると、花の開くスピードを落とすことができ、開花~満開を楽しむ時間が長くなるという豆知識もあるので、サイダーと合わせて是非ご自宅のお花で試してみてくださいね♪

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

今、人気の北欧子供服ブランド9選!コーデをワンランクUPさせる魅力的な方法♡

キッズ靴下ブランド☆オシャレで可愛いおすすめ26選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami