笑顔になるどころか大爆笑?!そんな話題の絵本5作品

メニュー

ご案内

笑顔になるどころか大爆笑?!そんな話題の絵本5作品

DATE
2018-04-16
WRITER
mamaichi

いまママたちが注目の絵本、それは「子供たちが爆笑する」というもの。

これまでの絵本のイメージと言えば、心が温まるような、読み終わった後に何か教訓を得るような・・・そんな癒しと楽しみながら何かを学ぶというツールだったような気がしませんか?

だから先生が前に出て絵本を読み始めたら「静かに」や、家庭でも「子供がおやすみモードへ切り替りかわるように」と寝る前に読んであげるシーンが多かったと思いますが、本日紹介する5作品は全く別の切り口で子供に楽しんで貰おうと描かれたもの!

結果、子供と一緒にママも爆笑?!

 

絵本でおなかを抱えて笑っちゃおう!

 

『えがないえほん』『ぜったいにおしちゃダメ?』

hasesu☺︎さん(@papu_hrn)がシェアした投稿 -

こちらは爆笑絵本カテゴリーの中での2トップ!!

まず『えがないえほん』ですが「字が読めない子供たちを、どうやって絵なしで楽しませるの?」と率直に思いますよね?しかし開くと理由がわかります。

言葉の音と、なんの脈略もなく唐突で意味不明な上にクレイジーなことが書いてあります(笑)。例えば「ぶりぶりぶー」「しかも ぼくの あたまの なかみは なっとうのみそしる」など、いかにも子供たちが好きそうな言葉が最後のページまでズラ~リ♪

普段口に出さないような言葉を音読しているうちに親も楽しくなってきて、子供と一緒に大爆笑!笑いすぎてなかなか次のページにすすめませんが、次は一体何が書いてあるんだろう?と一緒にワクワクするはずですよ。

 

『ぜったいにおしちゃダメ?』

押してくださいと言わんばかりに押しやすそうなボタンが表紙から最後まで登場します。

なんと91%の子供たちが大興奮したと謳うこの絵本、やはり「ダメと言われるほど押したい」心理が絵本に夢中にさせる鍵♪

ボタンの他に紫色のモンスターのようなキャラクターが登場し、「おしちゃだめなんだよ、できるかな?」や「ねぇ だれもみてないし おしちゃおうか?」など天使と悪魔の声のように止めてみたり誘惑してみたり。

さてさて、子供だけではありませんよ!パパは?ママは?押さない?押しちゃう?押しちゃうなら何ページ目かな?

押しちゃったら?最後まで押さなかったら?

「どうしようか?」と「どうなるのか?」で子供たちの性格もわかりますよね。

 

 

『しかけのない しかけえほん』

Eテレにお世話になっているファミリーなら、見覚えのあるイラストですね♪

この絵本は絵本自体に仕掛けはありませんが、書かれてあることを実際に親子でやるという、「コミュニケーションと遊びを提供してくれる絵本と」でもいうとわかってもらえるでしょうか?

例えば「このページをひらいた 3びょうごに ままが こちょこちょマンに へんしん! 3・2・1・0 にげろ~!!」

と、いった感じでママは実際にこちょこちょマンになり子供を追いかけます♪

絵本をじっとお利口さんにして聞いているより、100倍子供は楽しいですよね?ママも体力をつけて読書のお時間です(笑)

 

 

『もう ぬげない』

Tatsuya Isogamiさん(@readingbooks.etc)がシェアした投稿 -

これは外国語版もあり、既に世界で愛されている面白い絵本!

終始脱ぎかけているえがシュール。そして主人公の男の子の発想や思考、想像が大人にも何となく共感ができ「大人も子供もいっしょだな」という笑いも大人は感じるかもしれません。

服が途中でひっかかり、どうにかしようとすればするほど裏目に出るところから、いちいち大袈裟で最後には一生このままだというテイで話が進んでいくのが可笑しくてたまらない(笑)

これはまさに絵と言葉で笑える絵本です!

 

 

『おならうた』

akiさん(@chericafe)がシェアした投稿 -

もうタイトルだけで子供なら15分くらいは爆笑してくれそうですが、絵のインパクトも凄まじいですよね(笑)

この『おならうた』、「うた」というだけあって語呂と語感が最高!

メロディーがあるわけではありませんが、おそらく読んでるうちに各家庭なりの歌になっていき、絵本を開かなくても口ずさんで絵本の内容が読めるようになってしまいそう。面白いだけでなく「言葉あそび」として上手く出来ていますし、内容に沿って、おならが出ている絵が描かれているのですがシチュエーションが具体的で本当に笑えますよ!

爆笑絵本シリーズの中でもロングセラーです。

 

楽しむことで、きっと何かを学ぶはず。

「こういう事を学ばせよう」が前提にある絵本の読み聞かせも大事かもしれませんが、全てのことはさて置いて。

全く生活で役に立たないような言葉や文章を読みながら、おなかを抱えて倒れてしまうほど大爆笑しながら読み聞かせる絵本の時間って、とても素敵ですよね!

学びのある知育本10冊より、「これ、家族ですごい笑ったやつ」と思い出に残る心育本1冊の方が大事な何かを家族で学べるような気がします。

今日紹介した絵本はすべて手に取って頂きたいほどオススメですよ!!

amazon えがないえほん 通販ページ

amazon ぜったいにおしちゃダメ? つうはん通販ページ

楽天 しかけのないしかけえほん 通販ページ

楽天 おならうた 通販ページ

 

 

▼smarbyよみものからのオススメ記事はこちら▼

【収納術】シルバニアファミリーの片付け方

自分の子供の写真がLINEスタンプに!?ママの間で大流行のスタンプ作成☆

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す