キッズヘアバンドの作り方、教えます!可愛いツイストも簡単◎

キッズヘアバンドの作り方、教えます!可愛いツイストも簡単◎

子供用の「ヘアバンド」を探しているけれど、なかなかいいのが見つからない・・・。大人用だとサイズが合わないし・・・。
そんなお悩みをお持ちのママさんいませんか?

実は、ヘアバンドって意外に簡単に手作りできちゃうんです。
実際に、ハンドメイドにチャレンジしているママもたくさんいるんですよ。

そこで、今回はキッズ用ヘアバンドの作り方をご紹介していきます。
「幅広」ヘアバンドや「リボン」のヘアバンド、おしゃれな「ツイストヘアバンド(クロスヘアバンドとも呼ばれてますね。)」の作り方もあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

思わず真似したくなるような、みんなの手作りキッズヘアバンドも登場するので、デザインの参考にしてくださいね。

Contents

 

まずはざっくり知っておこう!ヘアバンドの作り方


ほとんどのヘアバンドが、2つのパーツから構成されています。
ひとつめが、おでこや頭頂部をおおう、いわゆる「本体部分」。
もうひとつが後頭部・襟足にあたる、くしゅくしゅの「ゴム通し部分」。
この本体部分と、ゴム通し部分をそれぞれ作って、最後にふたつを縫いつけるというのが、一番オーソドックスなヘアバンドの作り方になります。
材料は、大体の場合が布とゴムがあればOKです。

なんとなくイメージできましたか?
では、早速ヘアバンドの作り方に入っていきましょう!

 

シンプル!子供用 幅広ヘアバンドの作り方

 

Junko nakaさん(@ak105ubixx)がシェアした投稿 -

まずは、飾り気のないベーシックなヘアバンドの作り方からご紹介!
アレンジのきくデザインなのでおすすめです。

 

 

キッズ 幅広ヘアバンドの材料

布:(本体用)37cm×35cm、(ゴム通し部分用)26cm×10cm
ゴム:16cm(2.5cm幅)

 

 

キッズ 幅広ヘアバンドの作り方

【まずはゴム通し部分を作る】
1.ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う。
2.縫い代の角を三角に切り落とす。
3.アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す。
4.両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく。

【次に本体部分を作る】
1.本体布の上下にあたる部分を三つ折り縫い(5mm)しておく。
2.ギャザーを作る。
折り紙で扇子を作るときの山折り谷折り(または餃子を閉じるときにひだを寄せる)のイメージでギャザーを寄せる。この時、左右から中央に向かって折りたたむようにすると、よりきれいな立体感に。
3.ギャザーを寄せた両端は、1.5cm程度内側に折り込むようにする。
4.ギャザーを寄せたまま、ゴムとしっかり縫い合わせる。ギャザーにより厚みがでているので、ミシン針は厚手用のものにして、手でゆっくりまわす。

【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】
1.初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせる。
2.反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成!

参考サイト
ヘアバンドをこどもサイズにアレンジ!(作り方)ベビーグッズの手芸キット専門店 nunocoto

 

簡単&人気!子供用 リボンヘアバンドの作り方

 

#simbaさん(@simba_v._.v_)がシェアした投稿 -

続いて人気のリボンヘアバンドをご紹介。
幅広ヘアバンドと同じ材料に、リボン用の布をプラスするだけで作れます。

 

 

キッズ リボンヘアバンドの材料

布:(本体用)37cm×35cm、(ゴム通し部分用)26cm×10cm、(リボン部分)8cm×9cm
ゴム:16cm(2.5cm幅)

 

 

キッズ リボンヘアバンドの作り方

【まずはゴム通し部分を作る】
1.ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う。
2.縫い代の角を三角に切り落とす。
3.アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す。
4.両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく。

【次に本体部分を作る】
1.本体布を中表に二つ折りにして、縫い代1cmで縫い、筒状にする。
2.ひっくり返す。縫い代を端にしてアイロンをかける。
3.一方の端をゴム幅くらいまで寄せて、ゴムを縫い合わせる。
4.リボン布を中表に縫い、バランスを見ながら本体中央に巻き付けて、縫いとめる。

【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】
1.初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせる。
2.反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成!

参考サイト
ヘアバンドをこどもサイズにアレンジ!(作り方)ベビーグッズの手芸キット専門店 nunocoto

 

意外に難しくない!子供用 ツイストヘアバンドの作り方

 

nunocoto、ヌノコトさん(@nunocoto_fab)がシェアした投稿 -

ツイストヘアバンドも、実は手作りできちゃいます!
本体部分の布が2枚必要になりますが、基本的な作り方は変わらないので、ぜひチャレンジを。

 

 

キッズ ツイストヘアバンドの材料

布:(本体用)50cm×26cm×2枚、(ゴム通し部分用)24cm×10cm
ゴム:12cm(2.5cm幅)

 

 

キッズ ツイストヘアバンドの作り方

【まずはゴム通し部分を作る】
1.ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う
2.縫い代の角を三角に切り落とす
3.アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す
4.両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく

【次に本体部分を作る】
1.それぞれ中表に二つ折りにして、縫い代1cmで縫い、筒状にする。
縫い代の角は三角に切り落とす。
2.ひっくり返す。縫い代を端にしてアイロンをかける。
3.ふたつの布を知恵の輪のように交差させる。
4.一方の端をゴム幅くらいまで寄せて、ゴムを縫い合わせる。

【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】
1.初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせます。
2.反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成!

参考サイト
ヘアバンドをこどもサイズにアレンジ!(作り方)ベビーグッズの手芸キット専門店 nunocoto

 

みんなの手作りキッズヘアバンド大公開

 

キッズ 幅広ヘアバンド編

 

yoshimi maedaさん(@pocopocomi0115.2)がシェアした投稿 -

 

fkd153さん(@shima_shima153)がシェアした投稿 -

幅広ヘアバンドは、自分の好みや服装の雰囲気などで、幅を自由にチェンジできるのがいいところ。

 

 

キッズ リボンヘアバンド編

 

❁子育て記録❁さん(@sunsunnies)がシェアした投稿 -

 

wwwさん(@wwww0325)がシェアした投稿 -

生地の質感や、柄の選び方で雰囲気が変わりますね。
リボン部分は今回紹介した、縫いとめる方法以外にも、本体布に直接リボン用布を結びつける方法もあります。

 

 

キッズ ツイストヘアバンド編

パパの洋服から、上手にヘアバンドをリメイクしたママもいます。すごい!
ツイストヘアバンドは、布の色や柄の組み合わせでオリジナリティがでますね。

 

好きなヘアバンドを見つけて、ぜひオリジナルにチャレンジ!

キッズヘアバンドの作り方やデザインは、参考になりましたか?
簡単そうなものから始めて、徐々にステップアップしていくのもいいし、
素材や柄の組み合わせを変えていくのも楽しそうです。

世界に一つしかない、お子さんのためだけのヘアバンド
ママもぜひ楽しみながら作ってくださいね。

 

▼smarby取り扱いのヘアバンドはこちら▼
ヘアバンド smarby通販ページ

 

▼smarbyオススメのベビーヘアバンド特集はこちら▼
ヘアバンド特集♡コーディネートのポイントになるヘアアクセから、吸水タイプのバスアイテムまで大集合!

ベビーヘアバンド特集♡赤ちゃんの頭に華を添える、キュートなアイテム大集合!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

無料型紙で子供服を手作り♡初心者にもおすすめのアイテム8選

「リボン型ヘア」ってこんなに簡単なの?やる!やる!娘の入学式に絶対やる♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

zoeの記事一覧