自転車用レインコートおすすめランキング!ママの顔が濡れないおすすめ雨具10選

自転車用レインコートおすすめランキング!ママの顔が濡れないおすすめ雨具10選

保育園や幼稚園など、自転車で送迎されているママさん、毎日お疲れ様です。

雨の日の送迎、どうされていますか?自転車で頑張っている?
子供はバッチリ雨具完全装備。ママは濡れることを覚悟の出発…。

「いい加減、雨の日顔濡らしたくない!颯爽と自転車こぎたい!ずぶ濡れ避けたい!」
そんなママたちの切実な声が聞こえてきました。

今回は、自転車に乗るときに最適なママ用レインコートをリサーチし、おすすめできるものを10選集めたので、ランキングでご紹介していきます。

今はいい時代!快適で顔さえも濡れない《神・レインコート》があるんですよ!ママも完全防備で安全に自転車に乗ろう♡

Contents

雨の日の自転車は安全運転で!気をつけたいポイントは?

雨の日の自転車送迎、ママもキッズも安全に乗ることが大事!

「濡れない」レインコートを紹介する前に、雨の日自転車に乗る時、気をつけたいポイントをまずは一緒に確認してみましょう。

自転車の傘さし運転NG

傘さし運転NG!

雨といえば傘、でも自転車にのる時の傘差しはNG!道路交通法※でも禁止されています。近いから大丈夫と思わずに、絶対にやめましょうね。

参考:道路交通法 (安全運転の義務)第七十条 

雨の日の自転車送迎!安全のポイント・3か条

ポイントその1・早めに家を出る

時間に余裕が無いと、スピードを出してしまいがち。

雨の日は視界が悪く道路の状態も悪く、自転車を乗るこなすには難易度が高めです。子供にレインコートを着せたりするための時間も必要。

いつもより少し早めに身支度&出発するように行動したいものです。

子供を送った後に出勤するママは、身だしなみをさっと直す時間も必要ですよね。

ポイントその2・ゆっくり走る

スピードを落とした運転を意識しましょう。

特に曲がり角とマンホールの上は滑らないように要注意!無理をせず、ゆっくりと走りましょう。

ポイントその3・自転車を乗らないジャッジも

悪天候な日は、自転車に乗らない決断も潔くしましょう。

自転車の方が早いからと無理せずに、走行中に雨がひどくなった時は、雨宿りしたり、自転車を押して歩くなど、安全第一でベストな判断をすることが一番大事なポイント!

自転車送迎ママの《神レインコート》条件7か条

自転車用レインコートに求める条件をまとめてみました!

自転車ママのレインコート条件

1.手元が濡れない

手が濡れないように手甲カバーがあるレインコートだと◎。

ブレーキ操作の妨げにならないような仕様になっているか確認をしましょう!

2.髪・顔が濡れない

顔まですっぽり入って、顔にかかる部分だけクリアになっているレインコートは、視界を確保しつつ顔が濡れないくて快適。

3.足元濡れない

レインシューズを履くにしても、レインコートは長めの丈のものが◎。

自転車を一生懸命にこぐ太ももはいつの間にかずぶ濡れになりがち。太ももまできちんとカバーできる、余裕をもたせたマチをとってあるレインコートだと安心です。

足の間から吹き込む雨の侵入も防げます。

4.荷物が濡れない

前カゴまですっぽりカバーしてくれるデザインの自転車専用の便利なレインコートがあるんですよ。

フロントの裾が長くなっています。後ほど実物をご紹介しますね。

5.視認性バッチリ

悪天候の日は、見通しが悪く危険が多いです。

車道の端を走行する時は特に、ドライバーに自分の存在に気づいてもらうように、反射材付きのレインコートだと安心。

冬の夕方など薄暗い時間帯でも視認性アップ!反射材がついていないものは、買ったあとに「自分で付ける」でももちろん◎。

6.持ち運びラク

雨が降りそうだから持っていく、脱いだあと収納する、着ていない状態のレインコートを収納する袋がついているタイプだと便利。

レインコート自体もコンパクトに畳めるものだとしまいやすいです。

7.脱ぎ着ラク

雨の日の特に朝は何かと時間がないもの。余裕を持って準備を進めても、子供のお世話に手間取ったりしますよね。

家を出ようとしたら、急に雨が!なんてことも。パッと身につけられるレインコートのほうが助かります。

脱ぐときも、ぴったりサイズだったり、汗でなかなか脱げなかったりすると、イライラ増大。

「かぶるだけ」や「ゆとりがある」などママ用は脱ぎ着ラクな快適さを優先させるのがおすすめです。

濡らさない!自転車ママ向けレインコートおすすめランキング

お待たせしました。ママが自転車乗る時に重宝するレインコートのおすすめをランキングで10選ご紹介します!

1位.マタニティさんにも!ゆったりレインコート【Kids Foret キッズフォーレ】

袖も身頃もゆったりしたサイズ感のレインコート。抱っこ紐で赤ちゃんをだっこしていてもすっぽり覆えるゆとりが安心。

プラス自転車の運転にも適した工夫がたくさんあります!
フードのフロント部分は、広めの透明ビニール仕様。視界が広くとれます。
それから、雨や汚れに強いテフロン加工素材なので、優秀。

デザインは、サイドのボーダーが目立つので、天候不良時でもよく見えるし、なによりおしゃれなので合格ですよね。

裾には、めくり上がってくるのを防ぐゴム入り。自転車をこぐ時裾が気になって片手運転に、なんてことはありません。

ママさんたちからも絶大人気のレインコート!もっていると重宝します。

2位.自転車ママ1000人の声から生まれたレインコート【Hello Angelハローエンジェル】

自転車ママ1000人の声から生まれた、「本当に濡れない」とメディアをざわつかせている噂のレインコートです。
ママたちの日頃の不便を解消する機能が満載。

まずは、雨の日の自転車でも快適に過ごせる点に注目。

薄手で軽い撥水素材を使用。大きなつば付きフードと高い襟元で顔まわりをばっちりガードするので、化粧崩れストップ!

駅や保育園の入り口でもマジックテープで簡単に取り外しができるレッグカバーで足元もガードしています。

止水テープでじわじわ濡れもバイバイ!
脱ぐのも簡単なので、働くママさんには特に、神レインコート確実です。

3位.完全防水! レインポンチョ【43Degrees 43ディグリーズ】

濡れない!蒸れない!生地が厚めでしっかりしているというレビューが多い43Degrees (43ディグリーズ)のレインポンチョ。

スノーボードウェアメーカーが制作する本格派です。浸透防水素材を使用しているので、長時間の装着でも蒸れを軽減してくれます。

縫目には全て止水テープを施しているので、完璧に雨の侵入をシャットアウト。
雨の日の紫外線にも対応したUVカット加工が、かゆいところに手が届いてうれしい。

柄のデザインも可愛いので、憂鬱になりがちな雨の日もお気に入りのレインポンチョで、イライラせずに過ごせそう。

これくらい派手な方が安全にも良さそうですよね。

4位.自転車ママの必需品!サイクリングレインコート

自転車に乗るときに便利なレインコート、鼻や口まで覆える頼もしいフードは取り外しが可能です!透明生地で視界確保。

ファスナーを閉めた上からさらにスナップボタンを留める仕様で、雨の浸入をガッチリガード。袖口もゴムタイプの2重構造になっていますよ!

裾の方のファスナーを開けばスリットが大きくなってゆったりするので、こぐ足の動きがスムーズ。

雨の日だけじゃなく、肌寒い日や雪の日の防寒着にもおすすめです。
サイズ展開があるので、身長や好みの丈からチョイス可能です。

5位.全身守る!ロング丈のレインポンチョ【Winter Cherryウィンターチェリー】


ロング丈のレインポンチョのご紹介です。

撥水加工だけじゃなく、防水処理をしているので、長時間雨に打たれてもしみてきません。徹底的に防水にこだわった仕様です。

ポンチョの形なのですが、袖付き!ムササビのようなドルマンスリーブになっていて、歩くときの手を振る動作、 自転車乗車時の前かがみの動作にしっかりついてきます。だから濡れません。

手の甲まで守る「手甲カバー」は、自転車のハンドルまであるので防寒にも。背中に反射パイピングがあるので、夜や見通しが悪い日でも存在を示してくれるでしょう。男女兼用なのでパパの送迎にも◎。

Winter Cherry(ウィンターチェリー)袖のあるレインポンチョ  通販ページ

6位.派手カラーで目立つ!ツバ付き防水レインコート


透明な大きなつば(バイザー)が付いたレインコート。傘をさす感じで、顔の濡れを最小限に抑えます。雨や風から顔を守りつつ視界良好なのがグッド!
ボディは、派手色カラー中心に全7色。お値段控えめなのに、しっかり生地でコスパ◎というレビューが多いですよ。

首元は、マジックテープとボタンで、脱ぎ着がラクな点も、子供のお世話もしなきゃいけないママにとっては重視ポイントですよね。
自転車ママの強い味方になりそうなレインコートです。

7位.機能性とかわいいの両立レインポンチョ【Chou Chou Poche シュシュポッシュ】

楽天で1位を連続でとっているレインポンチョは、ドット、ボーダー、フラワー、チェックなどおしゃれな柄がかわいい。

小雨の日くらいしか使えないペラペラタイプ?と思いきや、機能性も合格でした。大きめフードと透明ツバが雨を防ぐ。

二重ゴム袖が、袖口からの雨の侵入を防ぐ。大きめ袖がハンドルをもカバーします。

裾のめくれ対策も考えられていますよ。ゴムで絞れるのと伸縮素材で風が気になりません。

背中には反射生地が2箇所に。リュックを背負ったままウェアを着るのもOK。
神レインコートに求める条件をほぼクリアしている優秀レインコートなのでした。

8位.自転車の前カゴまで守る!サイクルポンチョ【sunny feelsサニーフィールズ】

自転車のために設計されたレインポンチョは、前カゴの荷物まで雨から守ってくれます。裾クリップで前カゴに止められるから、裾のめくれの心配なし。

クリアなフードが顔全体を包んでくれるので顔に雨が当たりにくく、ママのお化粧崩れの心配もなし。

前面には、風受けが軽減できる通気口がついていたり、ばたつき防止の内側腰ベルトがあったり、雨の日でもいかに快適に自転車に乗れるかを考えて作られています。

しかも、ボタニカル柄のかわいい。同じ柄の収納バッグが可愛くてちょっとうれしくなります。いつものバッグに忍び込ませておけば安心です。

9位.人気のレイングッズブランドのレインポンチョ【w.p.c】

人気のレイングッズブランドw.p.cのCHALLY PON PON (チャリーポンポン)は、自転車専用のレインポンチョです。

自転車の前かごをすっぽり覆うので、お買い物袋や子供の持ち物などが濡れません。そのままスッポリ被れるので、ママももちろん濡れ知らず!

フードが脱げにくい二重ラップ構造と、ドローコード付きで顔にフィット。絞りで調整もOKです。きれいなお化粧はそのままキープ。

前カゴを覆うようにフロント部分は長く、逆に後ろは後輪に巻き込まれないようショート丈になっていて安心。
(前カゴがないタイプの自転車での使用は想定していないので注意です)

自転車に装着できる収納袋がおしゃれだしすぐに取り出せて便利!さすが、レイングッズブランドのレインコートです。

10位.足元が濡れにくい!ロングレインコート【LOGOS ロゴス】


アウトドアグッズで有名なブランドLOGOS(ロゴス)の手がけたレインコートは、ロング丈が魅力です。

膝まで隠れる丈は、自転車に乗ったときの足の濡れを最小限にします。顔や頭は、すっぽり覆うフードで防備!

雨の染み込みにくさは、なんと傘の10倍!雨をバチバチ弾く頼もしさ。

コートの裏地は、メッシュ素材なので雨の不快な蒸し蒸しはなし、サラッとした着心地です。
使う人のことを考えた機能が充実していて、買ったら速く試してみたくて、雨の日が待ち遠しくなってしまうかも。

自転車ママは濡れないレインコートを備えよ!

雨の朝自転車で幼稚園に行く

ママが自転車に乗る時用のレインコートを10商品、ランキングで紹介してきました。

顔や足、手が濡れない工夫をされた頼りがいのあるレインコートばかりでしたね。

雨の送迎をより安全により快適に、ママもいいレインコートを準備して、スマートに過ごしましょう。

雨の日の大変さや風邪ひきの予感から、ママもキッズもがっちり守ってくれますように。

雨の日も風の日も、自転車送迎をがんばるママたち!応援しています。

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

楽ちんすぎる!!子供乗せ電動自転車おすすめ5選

雨の日もキッズレインコートで楽しく!子供におすすめブランド12選

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami