【赤ちゃんの外出】新生児がお出かけできるのはいつから?

メニュー

ログイン / 新規登録

ご案内

【赤ちゃんの外出】新生児がお出かけできるのはいつから?

DATE
2018-06-14
WRITER
pino

「産後、赤ちゃんとの外出はいつからしていいのか」と疑問に思っているママも多いのではないでしょうか?

生まれたての新生児と言われる頃の赤ちゃんは、外の世界に慣れようとしている真っ最中。そんな生後1か月にも満たない赤ちゃんはとても弱く、未熟です。

新生児との外出はいつからできるのか赤ちゃんとのお出かけに注意したい点用意しておくと安心なグッズおすすめの時間帯おすすめスポットなど、お出かけに関して知っておきたいことをまとめました。

この記事を参考に、赤ちゃんとのお出掛けがスムーズにできるように準備しておいてくださいね。

Contents

 

赤ちゃんとのお出かけに必要な基本知識を持とう

今までお腹にいた赤ちゃんが生まれてきて一緒に過ごすようになると、赤ちゃんを連れてお出掛けにも行きたくなりますよね。でも生まれたての赤ちゃんの体は未熟で、繊細。親として赤ちゃんの体調が悪くならないように気を付けてあげたいものです。

赤ちゃんは、大人にとっては何でもないことでも負担になることがあります。大切な赤ちゃんのためにもお出掛けについて基本的な知識を知っておきましょう。

 

赤ちゃんが新生児と言われるのはいつまで?

世界保健機構(WHO)が定めている新生児期は、赤ちゃんが産まれた日を0日として数え、生後28日以内です。

日齢7日までを「早期新生児期」と呼び、胎児から外の環境に慣れるのに必要な期間とされています。多くの赤ちゃんがこの時期は病院や産院で過ごすことになります。その後、日齢8日から27日までは「後期新生児期」といいます。

生まれて1か月弱経って、新生児期を過ぎると、年齢によって呼び方が変わります。新生児を含む1歳未満は「乳児」、満1歳から小学校に入学するまでは「幼児」、乳児と幼児を総称して「乳幼児」と呼びます。

 

新生児のお出かけはいつから?

Qみやがわさん(@q_miyagawa)がシェアした投稿 -

赤ちゃんとの最初のお出掛けは、生後1か月経った頃に行われる健診である場合が多いと思います。これより前のお出掛けはあまりおすすめできません。赤ちゃんの体は未熟で、体温調整が上手くできません。また免疫力も抵抗力も低く病気にかかりやすいです。体力もないので、ちょっとした変化でもすごく疲れてしまいます。

そして、産後のママにとっても外出は体への負担が大きいので避けた方が無難です。産後1か月くらいは体を回復させるのに最低限必要な期間です。

昔から産後3週間から4週間で「床上げ」の時期と言われます。つまり、それまではいつでも体を休められるようにお布団を敷いたままにしてゆっくり過ごしましょう、という時期ということです。ここで無理をしてしまうと回復が遅くなってしまったり、体調を壊してしまったりすることもあります。

この期間お買い物などの用事は家族にお願いしましょう。今は便利なネットスーパーもあるので、これらを上手に活用してもいいですね。

1か月を過ぎ、医師からの外出許可が下りればママもお出かけはできるようになります。家で赤ちゃんのお世話に追われ、ストレスも溜まってくる頃。赤ちゃんを誰かに頼めるなら、少し気分転換にお出かけしてリフレッシュすることも楽しく子育てを続けていける秘訣かもしれません。

ただし、くれぐれもママの体調と相談しながらしてくださいね。無理は禁物です。

 

初めてのお出かけに最適な時間

赤ちゃんは体温調整が苦手です。屋内と屋外との気温差があまりない時間帯のお出掛けがおすすめです。

夏の暑い時期は午前中や夕方の涼しい時間帯に、冬の寒い時期はお昼過ぎの暖かくなってきてからの時間帯にするとよいかもしれません。また、真冬や真夏など体力を消耗してしまう気候の時期はお出掛けデビューの時期を少し遅らせてもいいかもしれません。

それ以外にも天気や風に体感温度は左右されますから、その時々に合わせるようにしましょう。またお出掛け先で調整できるように、重ね着をしたり、かけるものを用意したりしておくと安心です。

ただし本格的に外出できるようになるのは、首がすわる生後2か月から3か月頃からがおすすめです。それまでは5分から10分程度のお散歩から始めるようにしましょう。

 

赤ちゃんにおすすめのお出かけスポット

makoさん(@moco_moco625)がシェアした投稿 -

赤ちゃんとのお出掛けはすぐに戻ってこられる場所からはじめ、だんだんと時間や距離を延ばして行きましょう。具体的にどんなお出掛けができるのか、実際のママの声も併せて、月齢別におすすめスポットをご紹介します。

 

【新生児期】

新生児期に外気浴をさせたい場合は、ベランダやお庭で少しの時間過ごすので十分です。気温差が少ない時間帯を選んで外の空気に触れさせてあげましょう。

 

 

【生後1か月から2か月】

1か月健診が終わって特になにも問題なければ、近所の公園などをお散歩することから始めるのがおすすめです。人混みはできるだけ避けた方がいいでしょう。また子どもが多く集まるような場所も感染の危険が高くなるので、気を付けた方がいいですね。

もしどうしても人が多い所に出掛けないといけない場合は、比較的空いた時間帯を見計らってお出掛けして、できるだけ早く帰るようにしましょう。

生後1か月経つ頃に里帰りやお宮参りを計画している親御さんも多いと思います。赤ちゃんにとって長い移動や慣れない場所で長時間過ごすのは負担になります。赤ちゃんの様子を十分に考慮して日取りは決めてあげましょう。

 

 

【生後3か月から4か月】

生後3か月を過ぎると抵抗力も付いてきます。そのため、電車やバスを利用してのお出掛けもできるようになるでしょう。ママの気分転換にショッピングモールに出掛けてもいいですね。赤ちゃんの体調の良さそうな日に短い時間からスタートしてみましょう。

ショッピングモールを利用する時は、あらかじめ授乳室やオムツ交換ができる場所をチェックしておくと安心ですよ。

また近所の児童館や子育て支援センターから挑戦してみてもいいですね。同じような月齢の子を連れているママ達と情報交換をすることができて、ママのストレス解消にもなるかもしれません。

 

 

【生後5か月以降】

生後5か月頃になると、首もすわり体力もついてきます。そうなると新幹線や飛行機などを利用するようなお出掛けもできるようになります。ただ、同時にママからもらっていた免疫力が低下してしまうので、感染症が流行っている時期は人混みにでるお出掛けは避けた方がいいでしょう。

レストランで食事をしたり、動物園に行ってみたりとかなり様々な場所に連れていけるようになります。赤ちゃんの体調に合わせて、いろいろな経験をさせてあげたいですね。

 

お出かけの際の持ち物

aaayaさん(@0915aaaya)がシェアした投稿 -

 

持ち物リスト

  • 母子手帳

  • 保険証

  • 乳児医療券

  • おむつ4~5枚(外出する時間の長さによります)

  • おしりふき

  • 汚れものを入れられるビニール袋 2~3枚

  • ガーゼ、もしくはミニタオル 2~3枚

  • (母乳の場合)授乳ケープ

  • (ミルクの場合)哺乳瓶、粉ミルク、お湯

  • バスタオル、もしくはおくるみ

  • 着替え 1~2セット

  • 上着

月齢が上がって離乳食が始まったら、離乳食・おやつ・麦茶なども持ち歩く必要が出てきます。

また赤ちゃんのお気に入りのおもちゃなども1、2個ほどカバンに入れて置くと助かりますよ。電車など公共機関を利用しなければいけない時は、周りの人の迷惑にならないよう音が出ないおもちゃにしましょう。

赤ちゃんとのお出掛けには大荷物が必要です。できれば両手がふさがらないように肩掛けできるカバンやリュックなどに入れて持ち歩きましょう。なかなか赤ちゃんのものを減らすことはできないでしょうから、ママの持ち物をコンパクトにする工夫ができたらいいですね。

お出掛けする距離や場所にもよりますが、どんな場面でも抱っこひもはとても便利です。両手が開きますし、抱っこでつまずいて赤ちゃんを落としてしまうリスクも下げることができます。

 

お出かけにおすすめの赤ちゃんの服装

@ulululunがシェアした投稿 -

赤ちゃんとお出かけする時は、季節に合った服装をしてあげましょう。基本的にどんな季節でも汗を吸いやすい柔らかい素材がおすすめです。着せる枚数は部屋と同じで構いません。温度調整できるように上着やおくるみを持っておくと安心です。

ベースになる服を厚着させるより、重ねる枚数で調整してあげる方がいいですね。お出かけの際は急な気温の変化に対応できるように何枚か着替えを入れて置きましょう。

 

夏の場合

夏の場合は薄手の素材のものを着せてあげましょう。赤ちゃんの肌は弱いので、汗をかいたらまめに拭いてあげ、場合によっては着替えをさせます。

室内の冷房が効いていることを想定して、上着を1枚用意しておきましょう。またレッグウォーマー靴下などもあると便利です。

 

 

冬の場合

冬の場合もベースになる服はあまり厚着させない方がベターです。特に抱っこひもを利用する時は、あまり厚着させると熱がこもってしまい、汗をかいてしまうなんてこともあります。

普段のお洋服に靴下、レッグウォーマー、帽子などの小物で調整してあげましょう。特別に寒い時は抱っこひもの上に付けられるケープなどがあるので、それらを活用しましょう。

ベビーカーの場合は、毛布のような温かい掛け物を用意してあげると暖かくていいですよ。その時は足先まで覆ってあげるようにすると寒くありません。

▼ベビー服の目安枚数についてはこちらの記事もオススメ▼
【生まれ季節別】何枚必要?ベビー服の目安枚数と組み合わせ例

 

赤ちゃんとのお出かけの際の注意点

1か月を過ぎてだんだんと外に出られるようになると、ママの気分転換にもなって嬉しいですが油断は禁物です。いくつか特に注意してほしい点をお話ししましょう。

 

長時間のお出かけは避ける

赤ちゃんはまだ体力がそこまでありません。長時間のお出掛けは負担になってしまいます。また太陽の光、ほこり、風など大人なら何でもないことも赤ちゃんにとっては刺激になります。どうしても必要な場合以外は早めに家に帰るようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの様子をこまめにチェック

赤ちゃんの体調は急に変化してしまうこともあります。どんな時も赤ちゃんの様子には注意してあげて、少しでも気になることがあれば予定を変更して用事を切り上げることも大切です。

 

 

生活リズムを壊さない

生後1か月を過ぎるとだんだん昼と夜の区別がつくようになります。生活のリズムを整えてあげる大切な時期なので、基本的なリズムを壊さないようにしてあげましょう。

長時間お出かけする時でもミルクや授乳、またお昼寝の時間もできるだけ家で過ごしている時と同じようにしてあげるといいですね。また帰宅が遅くなると睡眠時間がズレてしまい、質の良い睡眠がとれない可能性もありますので早めの帰宅を心がけましょう。

 

 

刺激の強い場所は避ける

騒音が激しい場所やライトが強く当たる所、タバコの煙、ほこりが多く舞う所など、赤ちゃんの刺激になりそうな場所はできるだけ避けるようにしましょう。

子ども達が多く集まるような場所も、感染症をもらうリスクが高まるのでなるべくは避ける方がベターです。

 

 

車の移動はベビーシートを必ず使う

車を使って移動する時は、どんなに短い時間でもベビーシートに座らせてあげましょう。赤ちゃんが泣くと抱っこしてあげたくなるかもしれませんが、車に乗っている間は我慢しましょう。いつなんどき事故に巻き込まれてしまうか分かりません。

▼チャイルドシートに関する記事はこちら▼
チャイルドシートはいつからいつまで必要?年齢別シートとは?

▼smarby取り扱いのジュニアシートはこちら▼
ジュニアシート smarby通販ページ

 

赤ちゃんに負担がない程度にお出かけしよう!

赤ちゃんが生まれた最初の1か月頃は特に初めての子育てだと慣れないことばかりで、ストレスや疲れが溜まってしまっている時期です。そんな時は気分転換に外にお出掛けしたくなるかもしれません。

しかし赤ちゃんが新生児と言われる期間は思っている以上に短いです。赤ちゃんとこれだけ密接に過ごせる時間もこの時期だけかもしれません。そんな風に考えて、赤ちゃんとお出掛けできるようになったことを想像して、自宅で赤ちゃんとの時間を楽しみましょう♪実際にお出掛けできるような月齢になったら、赤ちゃんの様子に合わせて少しずつ楽しめると良いですね。

赤ちゃんの成長はかなり差があります。他の赤ちゃんと比べてしまいがちですが、大切なのはお子さんの成長具合。ここでご紹介したお出掛けスポットもあくまでも目安です。月齢に合わせてお出掛けをするのではなく、赤ちゃんの体力や体調に合わせてお出掛けをしましょう。

 

▼smarby取り扱いのベビー服・子供服はこちら▼
ベビー服・子供服 smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いのスリーパー特集はこちら▼
スリーパー特集★赤ちゃんの寝冷え防止に大活躍アイテム!一年中使える快適なスリーパーをピックアップ!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事こちら▼

東京の子供の遊び場10選!子連れのお出かけにおすすめの観光スポットも!

大阪の子供の遊び場10選!子連れでのお出かけにおすすめのイベント情報も

【子供の室内遊び場】雨でも楽しめるお出かけスポット10選

綿100%子供用肌着の魅力を伝授 〜赤ちゃんも安心のおすすめ肌着11選〜

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの

アイテムカテゴリーで探す