チャイルドシートおすすめランキングTOP5!ママ・パパ必見!

チャイルドシートおすすめランキングTOP5!ママ・パパ必見!

最終更新日 2019-09-25 by smarby編集部

6歳未満の子供を車に乗せるときはチャイルドシートの着用義務があると法律で決められており、車のある家庭なら必須となりますが、値段も機能も様々な種類があって悩んでしまいませんか?

そんなあなたのために、全国の人気チャイルドシート値段や機能を比較したチャイルドシートのおすすめランキングを作りました!

生活スタイルに合わせたチャイルドシート選びをしましょう。

▼チャイルドシートの着用義務についての詳しい記事はこちら▼
チャイルドシートの法律を勉強しよう!着用義務対象の年齢、免除例も!

 

人気のチャイルドシートのポイントは?

最近では、座席が360度回転するタイプのチャイルドシートが人気です。ワンタッチで回転させることができて、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりするのがすごく楽になります。頻繁に車移動をする方は、少しでも手間がかからない方が良いですよね。

しかし、回転式のチャイルドシートは本体が大きく、重さもあるため設置する際には重労働になります。また、軽自動車などには設置できない場合があるので注意が必要です。

従来の回転しないチャイルドシートも、持ち運びや設置のしやすいコンパクトなタイプも数多く増えています。

 

チャイルドシートおすすめランキングTOP5!

筆者にも1歳の子供がおり、チャイルドシートを購入するためにたくさんの商品を見比べてきました。そこで今回は筆者がおすすめするチャイルドシートランキングTOP5をご紹介します。

▼チャイルドシート選び方に関する詳しい記事はこちら▼
【チャイルドシートの選び方】選ぶ時の重要ポイントは?おすすめ商品も!

 

5位 アップリカ フラディアグロウ

フラディアグロウでは、成長段階に合わせた3ステップの機能が使用できます。

新生児の赤ちゃんは首がすわっていないので、座る姿勢の状態ではかなりの負担がかかってしまいます。そこで、ベッド型にすることで赤ちゃんへの負担を減らすことができます。また、上半身はW型で下半身はM型の自然なスタイルにより股関節脱臼の予防にもなります。

一歳半頃からは、足を自由に動かせるスペースが嬉しいですね。座ったまま360度回転させることができるので、ママの負担も軽減されています。 

【口コミ】

・後部左座席にセッティング。シートは右回転、左回転と可能ですので使い勝手の良い方に設置したら良いと思います。助手席にも設置可能のようですが、フルフラットにするとかなり運転席側へ迫り出すので運転に支障がでそうなので軽自動車の助手席の設置はしない方が無難かと思います。また、助手席へ設置の際はエアバック作動OFFが無難でしょう。丁寧な説明書を見ながら30分程で完了、設置に難しい所は特にありませんでした。軽自動車ですがチャイルドシートをフルフラットにしても内装に干渉する部分はないようです。まだ子供を乗せてはいませんが、細やかなセッティングが出来そうなのでドライブも快適に出来そうでこれからに期待です。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

          

・以前購入したチャイルドシートは、とても使いにくい物で新生児から使えるとはうたっているものの、シートに乗せるたびにギャン泣きされ、お出かけが億劫になりました。そして、今回この寝かせられるシートの購入を決断、大正解でした!退院の時から使ってもや赤ちゃんは全然辛そうじゃなくむしろスヤスヤ眠ってくれました。ただ、回転がスムーズにいかない所がちょっと難点でした。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

【参考小売価格】   55,000円(税抜)〜

【対象年齢】 新生児(2.5kg)〜4歳(18kg)

【重さ】   14.2kg(フレックスシェードを除く)

アップリカ フラディアグロウ 楽天楽天通販ページ

▼フラディアグロウを実際に使ってみたママがレビューした記事はこちら▼
アップリカ フラディアグロウの口コミや評判を徹底調査しました!

 

 

4位 エールベベ クルットNT2プラウド 

360度片手で簡単に回転させることができるので、ママに優しい設計が評判です。また、取り付けの際に面倒な手間がなく、ベルトを通して引っ張るだけなので、ママの力でも簡単に取り付けることができます。

サンシェード付きで96%の紫外線をカットすることができて、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントですね。

【口コミ】

・サイレントターンがとても使いやすいです。
ISOFIXなので安心だし、ワイドサンシェードLLなどグランスだけの機能に惹かれてこちらに決めました。広々設計なのも嬉しいです。片手で抱きながらクルッと簡単に回転させて乗せられるので便利でした。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

 

・以前までアップリカのフラディアを使用していました。
【車】エルグランド
【取り付け場所】運転席の後ろ
【比較】
●アップリカは回転させるためのレバーはチャイルドシートの背の裏側のため、クルットNT2に換えたことで回転はとても楽。
●アップリカは横向きやフルフラットになるところは大変気に入っていましたが、NT2は後ろか前しかできないので、その点はアップリカの良い点でしょうか。
しかし、NT2プラウドはふっくら深めなので、ベビーはすっぽりハマる感じなので窮屈そうという様子はないかと思います。
●アップリカは肩ベルトの調節は肩ベルトを外して高さの穴に通し直すという方法ですが、NT2は後ろでワンタッチで換えられるのでめんどうくさがらずにできます。
●重さ、取り付けに関しては差はないです

出典:https://review.rakuten.co.jp/

【参考小売価格】   51,369円(税抜)〜

【対象年齢】 新生児(2.5kg)〜4歳(18kg)

【重さ】   14kg

エールベベ クルットNT2プラウド 楽天通販ページ

 

 

3位 コンビ ウィゴーロングサイドプロテクションエッグショックHH

 

 

新生児から7歳頃まで使用できるので、この1台があればチャイルドシート着用義務期間をカバーでき、買い替えがいらないので経済的です。超衝撃吸素材のエッグショックを全体に搭載しているので安全面も安心です。

また、側面からの衝撃を想定して、側壁にはウレタンクッションを内蔵したサイドプロテクションを搭載しています。

【口コミ】

・回転式でisofixで本体が軽いものを探していていましたが、結局子供が大きくなった時自分で下に降りれる高さの固定式にしました。 揺するとisofixはグラグラしましたが、ベルト固定の方が揺すってもぐらつきもほとんどありません。 重さもすごく軽いので乗せ替えもしやすいです。シートベルトでの固定は慣れればそんなに面倒にも感じません。 また0歳から7歳まで一台で義務期間をカバーしているのも良かったです。 シートはメッシュタイプのものより高いですが通気性よりクッションを取りました。

出典:https://www.toysrus.co.jp/

 

・とても軽くて女性一人でも簡単に持ち上げることができます。車への乗せ替えが楽々できるので助かります。新生児から11歳ごろまでと長期間にわたり使用できるのが嬉しいです。ただ、値段も手頃で長期間使用できることが、逆に本当に大丈夫なのか不安でした。しかし、実際に届いてみたら5ヶ月の赤ちゃんも移動中は居心地が良いのか、すやすや眠っていました。ホッと一安心です。とてもいい買い物をした気がします。

出典:https://www.toysrus.co.jp/

【参考小売価格】   38,000円(税抜)〜

【対象年齢】 新生児(2.5kg)〜7歳(25kg)

【重さ】   5.6kg

コンビ ウィゴーロングサイドプロテクションエッグショックHH 楽天通販ページ

 

 

2位 ジョイーチャイルドシートチルド

 

イギリス発祥のジョイー(Joie)ブランドは、ポップな柄と色合いが大人気です。軽自動車やコンパクトカーにも使用できる、コンパクトな大きさがママに嬉しいポイントです。比較的お手頃な価格とポップなデザインが人気ですが、ソフトパッド付きで赤ちゃんにも安心の設計です。

肩ベルトは3段階の調節ができ、リクライニングも4段階の調節が可能なので、赤ちゃんの成長に合わせて細かく調整することができます。

【口コミ】

・コンパクトでありながら、息子も窮屈そうにしておらず心地が良さそうです。頭を守ってくれるパットは取り外して使用してますが、もう少し小さいお子さんだとこれをつけてあげると頭がぐらつかず安定してくれそうです。パットも固すぎず良い硬さです。
取り付けは主人がしてくれましたが、説明書をみてすぐに取り付けれました。みていると私でもできそうです。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

 

・一人目でアップリカのチャイルドシートを使っていたが二人目ができたのでこちらを購入しました。商品本体がとても軽く車への付け替えがとても楽にできます。ロックベルトも簡単にできるし何より値段が安い割にデザインがカワイイです。車への設置も簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

【参考小売価格】   9,334円(税抜き)〜

【対象年齢】 新生児(2.5kg)〜4歳(18kg)

【重さ】   6.1kg

ジョイー チャイルドシートチルド 楽天通販ページ

 

 

1位 アップリカ クルリラAC

クルリラABをリニューアルしたクルリカACが登場しました。衝撃吸収素材である【マシュマロGキャッチ】や【肉厚まもーるクッション】でしっかりと赤ちゃんの安全を守ってくれます。3次元スプリング構造体ブレスエアーにより、座り心地も抜群なチャイルドシートです。

シートベルトではなく、アンカーに差し込むISOFIXという取り付けも可能なので、従来のチャイルドシートのようにシートベルトが邪魔になることも、調節の手間もなくなります。

ほとんどのチャイルドシートはISOFIXかシートベルトのどちらか一つの取り付けになりますが、アップリカのクルリラACではどちらでの取り付けも可能になっています。また、赤ちゃんが乗っていても片手で回転させることができるので、ママには嬉しいポイントですね。

※ISOFIXとは、チャイルドシート固定方式の国際基準規格で、車の座席に付いている金具にはめ込む取り付け方法です。シートベルト方式よりも取り付けや取り外しが簡単で、座席に確実に取り付けられるのでより安全性が高くなります

【口コミ】

・ISO-FIXはホント楽!シートベルト使わずアンカーにはめるだけでいいのでシートベルトの緩みをいちいち調整してーとかやらずに済みます。
回転ボタンやリクライニングも片手でできるので子どもを抱っこしながら乗せる時や逆に降ろす時なんかは便利です。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

・自家用車が妻の分もふくめて3台あり、今あるチャイルドシートはすべてISOFIXで揃えてるのですがISOFIXといえど載せ替えが面倒で、この度3つ目のチャイルドシート購入となりました。
タカタISOFIX04、コンビネムールと比較して、こちらの商品は作りはしっかりしてます。特にコンビと比べるとその差は歴然です。
操作性もシンプルなタカタ(調整機能がない)とは比較できませんが、コンビと比べると回転のしやすさ、ベルトの装着のしやすさ、リクライニングのしやすさは全然こっちが上です。

出典:https://review.rakuten.co.jp/

【参考小売価格】   54.000円(税抜き)〜

【対象年齢】 新生児(2.5kg)〜4歳(18kg)

【重さ】   14.8kg

アップリカ クルリカAC 楽天通販ページ

 

私が使っていたチャイルドシートはこちら!

私はアップリカのクルリカACを使用していました。1番の決め手はなんと言ってもISOFIXと言う、シートベルトを通すのではなく、アンカーに差し込む取り付け型だったことです。

古い車だとアンカーがない車もありますが、シートベルトを通しての設置も可能なので安心です。吸収素材が良いので安心できますし、座り心地が良いのか子供も降りたがらずにずっと座っています。

大きくて重さがあるので、持ち運びなどは大変ですが、女の私1人でも運びから取り付けまで出来るので、旦那さんがいない時でも取り付けに困りませんでした。

アップリカ クルリカAC 楽天通販ページ

 

自分の使いやすいチャイルドシートを選ぼう!

チャイルドシートは大きく分けて回転式と回転しないタイプに分かれます。

回転式は赤ちゃんを乗せたり降ろしたりがとても楽にできますが、本体が大きく重さがあるので取り付けや持ち運びが少し大変になります。

回転しないタイプは乗せたり降ろしたりが少し大変ですが、比較的女の人が1人でも持ち運びや設置が可能になります。

長期間使用するものなのでそれぞれの特徴を見て、自分の使いやすいチャイルドシート選びをしてくださいね。

 

▼smarby取り扱いのジュニアシートはこちら▼
ジュニアシート smarby通販ページ

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事こちら▼

チャイルドシートはいつからいつまで必要?年齢別シートとは?

チャイルドシートの付け方・乗せ方は合ってる?確認してみよう!

子供との長時間ドライブも楽しく♪ outdoorlife by DECOLE(アウトドアライフ バイ デコレ)の便利なカーグッズをご紹介!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami