マタニティウェアはいつから必要なの?詳しくご紹介します!

マタニティウェアはいつから必要なの?詳しくご紹介します!

最終更新日 2020-04-14 by yukari149

妊娠をするとマタニティウェアと呼ばれる洋服を着用すると思います。
ゆったりとしたシルエットが特徴的で、大きなお腹でも楽に着られるのが最大のメリットです。

しかし、マタニティウェアが必要な理由は他にもたくさんあります。妊娠期間中の大切なこともありますので、詳しく紹介していきます!

▼マタニティグッズに関するこちらの記事もオススメ!▼
マタニティグッズの準備はいつ?必要なものを妊娠初期から後期まで解説!

 

マタニティウェアはいつから着ればいいの?

マタニティウェアの着用は、一般的に妊娠5ヶ月頃からがおすすめです。
しかし、マタニティブラなどの下着類は初期から着用しても良いと思います!特につわりが酷い場合や、胸が苦しいときは早めの着用をおすすめします。
おなかの出方や体調には個人差があるので、自分が着たいと思ったときに着るのが一番!ストレスフリーに過ごしたいですものね。

初期からマタニティウェアを着用する場合は、今後おなかが大きくなることを踏まえて購入すると良いでしょう。変化する体に対応できるよう、伸縮性がよいものがおすすめ。
お腹があまり目立たない方や特に体調不良がない方は、妊娠後期に入ってから購入しても遅くありませんよ。

 

マタニティウェアはなぜ必要なの??

つわりの軽減に繋がるため


妊娠初期~中期にかけて、つわりに悩む方は多いです。
まだあまりお腹は目立たない時期ですが、妊娠前の洋服では胸や腹部を締め付けてしまうこともあります。

締め付けがきついとつわりが悪化しやすくなるので、つわりが辛いという方は早めにマタニティウェアを着用することをおすすめします。特に下着は緩めのシルエットのものはおすすめです!

 

 

お腹の締め付けを無くすため

お腹が目立ち始めると、普通の洋服ではお腹が圧迫されてしまいます。
あまりお腹を圧迫してしまうと妊娠中の健康に影響が出てしまうので、伸縮性に富んだマタニティウェアの着用がおすすめなんです!

 

 

お腹を冷やさないから

マタニティ用のズボンなどは胸の下まで生地があるタイプが多く、お腹の冷えを防いでくれます。妊娠中の冷えはよくないので、上手にマタニティウェアを活用しましょう。
お腹のサイズを調整できるものもあるので、初期から後期まで体の変化に対応して長く使うことも可能です。

 

 

母乳のため


マタニティブラなどは、母乳の質や量を良くするためにも着用します。
妊娠が進むと乳腺が発達するのでバストアップする方も多いですが、その際に胸を締め付けてしまうと乳腺が発達しにくくなってしまいます。乳腺が発達しなければうまく母乳が作られなくなってしまいます。
マタニティウェアは母乳をしっかり作るためにも必要なんです。

▼smarby取り扱いのマタニティウェアはこちら▼
マタニティブラ・ショーツ smarby通販ページ

 

 

ストレスを無くすことができるため

妊娠中はストレスが溜まりやすいものです。
ストレスを溜めてしまうのはよくないので、できるだけゆったりとした洋服を着ておだやかな気持ち過ごすといいですよ。

不安な気持ちになってしまうママさんも多いと思います。ゆったりとしたマタニティウェアを着用すれば気持ちが落ち着きますよ。
普段の洋服では不快感を感じてしまう場合もあるので、自分が着やすい洋服を探してみてくださいね。

 

 

オシャレのため

妊娠中でもオシャレを楽しんでいるママさんはたくさんいます。
最近ではマタニティウェアも充実し、可愛いデザインのものもたくさん出てきています。

妊娠しているからといって、オシャレを諦める必要はありませんよ!
妊娠中でも好きなデザインの洋服を着て、明るい気持ちで過ごしていきましょう!

 

マタニティウェアの選び方のポイント

マタニティウェアと言ってもいろいろな種類や形があり、どんなものが良いか迷ってしまいます。ここでは、マタニティウェアの上手な選び方やポイントを詳しく紹介します。

初めてマタニティウェアを購入する方も、ポイントさえ押さえておけば楽しく選ぶことができますよ。

 

自分に合ったサイズを選ぶ

最初のポイントは、自分の体に合ったサイズを選んでみましょう。
妊娠すると当然ウエストやバストが大きくなります。そのため、非妊娠時に着ていた洋服のサイズでは合わないことも多いです。
お店で購入する場合は必ず試着をし、着心地やサイズ感を確かめておきましょう!

 

 

素材をチェックする

妊娠中は肌が敏感になることも多く、マタニティウェアの素材にも目を向ける必要があります。

ズボンのウエスト部分やトップスは直接肌に触れるので、かゆみが出ることもあります。もともと敏感肌の方は特に気を付けましょう。

実際に試着するor肌に優しい素材のものを選んで購入しましょう。
綿素材のものなどは肌に優しく、荒れにくいのでおすすめですよ!

 

 

産後も使えるかチェックする

マタニティウェアは妊娠中だけでなく、産後も使います。産後すぐは体系が戻らず、普段の洋服を着られないことが多いためです。マタニティウェアを選ぶ際は、産前・産後の両方で使えるものを選ぶのがおすすめです。
特にトップスやマタニティブラは、授乳口があるものがオススメ!

産後は授乳ができる服が重宝されるため、産前から産後まで使える洋服を購入しておくと便利ですよ。産後にはなかなかゆっくり買い物に行く機会も少なくなるため、産前に産後のことも考えて用意しておくと良いと思います。

 

 

持ち合わせの服に合わせて選ぶ

妊娠中に着る洋服は全てマタニティウェアにする必要はありません。マタニティパンツにゆるめのチュニックを着たり、ワンピースなどで代用することも可能です。
妊娠中でも着られそうな洋服を持っている場合は、その洋服との組み合わせをかんがえて選ぶのもおすすめですよ♪

 

マタニティウェアは仕事のときどうすればいいの?

 

仕事のときの対応は、職種や仕事の環境によって異なると思います。仕事場で決められた制服などがある場合は、自分のお腹や体調の様子を見ながらサイズアップをしてもらうと良いですね。

どうしてもきつく感じてしまう場合は、職場に相談してみることをおすすめします。ほとんどの場合、自分の体形に合った洋服を着られるように調整してくれると思います。妊娠中のみ、制服以外の着用を許されている企業も多いようです。
決められた制服がない場合は、上手くマタニティウェアを活用しましょう!

いつまで仕事を続けるかにもよりますが、お腹が目立ってくる時期には服装に注意してください。初期でも胸や腹部の締め付けで具合が悪くなることもあるので、体調に合わせて服装を調整していきましょう。

最近では、スキニーパンツやオフィスウェアタイプのマタニティウェアもたくさん登場しています。シンプルな洋服もたくさんありますので、職場の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。

 

どんなマタニティウェアのブランドが人気なの?

マタニティウェアを取り扱うブランドはたくさんあります。ブランドによって特徴が異なり、価格帯や取り扱っているアイテムも違います。
ここでは、マタニティウェアを取り扱うブランドの中から、実際のママさんからの評価が高いブランドを集めました。

それぞれの特徴や価格帯も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

西松屋

西松屋は赤ちゃん用品やべビー服のイメージがありますが、実はマタニティウェアやマタニティ用品も充実しています。

1,000円~4,000円程度で購入できるアイテムが多く、産後まで使える洋服もたくさん取り扱っているのでおすすめです。

仕事にも着ていけるようなマタニティウェアもあるので、幅広いシーンで活躍できます。下着やパジャマ、小物やカフェインレスのドリンクまで取り扱っているのもおすすめのポイント!

また、生まれてくる赤ちゃんのためのグッズも一緒に見ることができるのはいいですよね。さまざまなアイテムを1つのお店で揃えられるので、忙しい方でも安心です。

西松屋 公式ページ

 

 

バースデイ

バースデイはしまむら系列のお店で、西松屋と同じくベビー用品やベビー服をメインに取り扱っています。マタニティウェアやグッズも充実していて、リーズナブルな価格が魅力です!
例えばマタニティパンツであれば、安いものは2,000円以下で購入できちゃいます。

商品数は決して多くはありませんが、下着やパジャマなどある程度はそろっています。全体的にリーズナブルな商品が多いので、いろいろなお洋服を試してみたいという方にもおすすめですよ。

バースディ 公式ページ

 

 

無印良品

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MUJI無印良品(@muji_global)がシェアした投稿

無印良品は質の良さが魅力のお店です。商品の質や生地が良く、長持ちするということで人気があります。シンプルなデザインも魅力で、使い勝手が良いです。

オーガニックコットンなどを使用したマタニティウェアもあり、肌が弱い妊婦さんでも安心して着用できるのもポイントです。

無印良品 公式通販ページ

 

 

UNIQLO(ユニクロ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UNIQLO ユニクロ(@uniqlo)がシェアした投稿

UNIQLO(ユニクロ)はオシャレなアイテムが多いです。妊娠中でもオシャレを楽しみたい、可愛い洋服が着たいというママさんにおすすめですよ。

価格もリーズナブルで、3,000~4,000円程度で購入できます。店舗によってはマタニティウェアの取り扱いがない場合もあるので、お店に来店する前に事前に確認してみるといいと思います。

ユニクロ 公式通販ページ

 

 

Seraphine(セラフィン)

 

ソルレガロさん(@solregaro)がシェアした投稿

Seraphine(セラフィン)はキャサリン妃なども愛用しているブランドで、オシャレで上品なアイテムが取り揃えられている海外ブランドです。

インターネットで購入できるので、なかなかお店に買い物に行けない方にもおすすめです。価格は10,000円~30,000円とやや高めですが、着心地の良さは抜群です。アイテム数も多いので、自分好みの洋服を探してみてくださいね。

セラフィン 公式通販ページ

 

 

ANGELIBE(エンジェリーベ)

 

エンジェリーベさん(@angeliebe_official)がシェアした投稿

エンジェリーベは、マタニティウェアとベビー用品で人気のブランドです。

下着、パジャマ、授乳服、母子手帳ケースなど幅広い取り扱いも魅力のポイント!実店舗だけでなく、オンラインストアもあるので、好きな時に手軽に購入できるのも嬉しいポイントですね!

価格も4,000~7,000円程度と決して高くはなく、産前・産後共に使える洋服もたくさんあって便利です。出産内祝いなども取り扱っているので、いろいろなシーンで活躍してくれる便利なブランドでもあります。

エンジェリーベ 公式通販ページ

 

 

マタニティ服・授乳服の専門店 Milk tea(ミルクティ)

Milk tea(ミルクティ)は、マタニティウェアと授乳服の専門店です。フォーマルなお洋服もあるので、妊娠中に冠婚葬祭に招かれた際にも活用できます。4,000円~10,000円程度でさまざまなアイテムがあり、見ているだけでも楽しいですよ。

またオンラインストアもあり、外出してショッピングを楽しめないママさんには嬉しいですよね。長く使えるワンピースや授乳口付きの洋服もたくさんあり、ママさんのお気に入りの1枚が見つかるはず!

milk tea 公式通販ページ

 

妊娠期間中もマタニティウェアでおしゃれを楽しもう!

 

今回は、マタニティウェアについて詳しく紹介しました。
中にはマタニティウェアを購入せずに妊娠期間を過ごすママさんもいると思います。しかし、マタニティウェアには重要な役目もちゃんとあります!

妊娠中だからと言ってオシャレを諦めず、自分の好きな洋服を着て楽しいマタニティライフを送りましょう!

 

▼smarby取り扱いのマタニティウェアはこちら▼
マタニティウェア smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いのマタニティグッズ特集はこちら▼
マタニティグッズ&授乳服特集♡妊婦だってオシャレがしたい!&出産後も大活躍してくれる洋服をご紹介!

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事こちら▼

おしゃれな韓国マタニティウェアを買うならここ!おすすめブランド10選

安いマタニティパジャマ発見!コレ買い10選【3500円以下限定】

かわいいマタニティパジャマだけ着たい♡妊娠中も産後もハッピーに過ごす!

【マタニティグッズ】妊娠祝いのプレゼント10選!王道〜おすすめまで

買って大正解のマタニティグッズ&人気SHOP情報をお届け!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami