【ベビーベッドはいつまで?】購入とレンタルどっちがお得なのか徹底比較!

【ベビーベッドはいつまで?】購入とレンタルどっちがお得なのか徹底比較!

出産が近づいてくると、ベビー用品の準備を始める方も多いと思います。

そんなベビー用品の一つであるベビーベッドを準備しようと考えるママさんもいるのではないでしょうか。でもベビーベッドについては、「本当に必要?」「すぐ使わなくなるし、レンタルにしようかな」と、いろいろ悩む方も多いと思います。

そこで今回は、ベビーベッドの必要性・使用期間・購入とレンタルそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。また、先輩ママの体験談もご紹介しますので、ベビーベッドについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ベビーベッドはいつまで使うの?

赤ちゃんを寝かしつけるママ

「ベビーベッドを使うのはちょっとの期間だけ」とよく聞きますが、実際はいつ頃まで使うことができるのでしょうか?

ベビーベッドにはいくつかの種類がありますが、国産であれば、使用年齢は2歳ごろまでとされています。しかし、2歳までベビーベッドを使う人はほとんどいません。

赤ちゃんは、およそ8ヶ月になると、つかまり立ちを始めます。つかまり立ちができるようになると柵を乗り越えようとよじ登るようになり、大変危険です。赤ちゃんは頭が重く、柵から身を乗り出すとそのまま落ちる可能性が高いので、つかまり立ちができるようになったら、ベビーベッドを卒業する赤ちゃんが多いようです。

しかし、幼い兄弟やペットがいる場合は、1歳頃までベビーベッドを使うママもいます。家事をしている間に、上の兄弟が赤ちゃんを踏んだり、ペットが上に乗ったりすることもあるからです。こうした家庭では、1歳頃までベビーベッドを使うと安心かもしれません。

 

ベビーベッドはなぜ必要なの?

遠くを見つめる赤ちゃん

赤ちゃんの就寝グッズにはベビーベッドとベビー布団がありますが、ベビーベッドが必要という意見のママさんも多くいます。ベビー布団でも良さそうですが、なぜ、ベビーベッドが必要と言われるのでしょうか?

 

赤ちゃんをホコリや足音から守ってくれるから

ホコリは床にたまりやすく、家族が動き回ると空中に舞ってしまいますが、ベッドに寝ることで影響が少なくすみます。
また、家族の足音や振動が響くこともなく、より静かな環境で寝させてあげることができますよ。

 

 

ママさんの腰へ負担を軽減できるから

出産後すぐは、ママさんの身体に痛みがあって座るのが苦痛な時もあります。
そんな時にベビーベッドの高さは本当に助かります。

もともと家族がベッドで寝ていたり、パパやママが腰痛持ちなど体に負担がかかる場合は、ベビーベッドがあると便利という声をよく聞きます。

 

ベビーベッドはレンタルと購入どちらがおすすめ?

赤ちゃんを抱っこしているママ

ベビーベッドを準備するなら、「購入とレンタル、どっちがいいの?」と考えたことはないでしょうか?そこで、レンタルと購入それぞれのメリットとデメリットをみてみましょう。

 

レンタルするメリット

レンタルの1番のメリットは、使いたい時期だけレンタルすればいいので、お金が安く済むことです。ネットで手軽に手配することもでき、気になったベッドがあれば、短期間だけ試すこともできます。

また、使い終わった後は返却することができるので処分に困ることもなく、とても楽チンだと思いますよ!

 

 

レンタルするデメリット

逆にレンタルをして長期間利用することになった場合、購入した方が安く済むこともあります。

子どもの成長には個人差があるのでどれくらいベビーベッドをレンタルすれば良いのか悩むと思いますが、少なくとも下のお子さんを産む予定があるなら、最初から購入した方がコストは抑えられます。

またレンタル商品を壊してしまったり、傷をつけてしまった場合は別途料金がかかることもあるので要注意です。

 

 

購入するメリット

新品なので衛生的ですし、お子さんだけのものになります。下のお子さんが産まれても、お兄ちゃん・お姉ちゃんのお下がりとして使うことができます。最近のベビーベッドは、ベビーサークルや収納棚としても使えたり、折り畳み式のものもあります。ベッド以外の機能も上手く活用すれば、購入する価値もあると思いますよ!

 

 

購入するデメリット

ベビーベッドは大幅なスペースをとってしまうため、使わなくなった後置き場に困ってしまいます。使わなくなって実家に置いたままにしているという話もよく聞きます。そのため購入前に、使わなくなった後のことも考えておいた方が良さそうです。

 

実際にベビーベッドを購入・レンタルした先輩ママの意見もみてみたいと思います。

【レンタル派のママの意見】

コストを抑えることを1番に考えるなら、レンタルはとても良い方法のようですね。

 

【購入派のママの意見】

自分の赤ちゃんのために…と選んだベッドには愛着がわくようです。少々お金がかかっても、自分の希望するベビーベッドがあるのなら購入することも良いかもしれません。

 

ベビーベッドのレンタルと購入で発生する費用を比べてみました!

指を指す女性

ベビーベッドの価格に関しては、気になるママも多いのではないでしょうか?そこで価格に関して、もう少し詳しく見てみたいと思います。レンタルと購入でどれくらい費用がいるのか調べてみました!

 

ベビーベッドのレンタル料金

今回は、「ダスキン レントオール かしてネッと」のレンタル料金をみてみました。
1番人気のサークルベッド・ベーシックだと
・半年:7,387円
・8ヶ月(つかまり立ちを始める頃):11,491円
・1年:14,774円

これに加えて、マットやかけ布団を用意する必要があります。

【かしてネッと 公式ページ】https://www.kasite.net/

 

 

ベビーベッドを購入する場合の料金

購入に関しては、楽天市場の売れ筋ランキングで、上位5位の価格(H30 6.10の時点)をみてみました。

1位:16,500円(税込)

ベビーベッド ハイタイプ123 カトージ(Katoji)収納棚
 

ベビーベッド ハイタイプ123 カトージ(Katoji)収納棚

 

2位:11,880円(税込)

ヤトミ ミニベビーベッド ミミ 棚板付き
 
 

ヤトミ ミニベビーベッド ミミ 棚板付き

 

3位:6,980円(税込)

 

ベビーサークル カトージ(KATOJI)
 
 

オーボールプレゼント たためるプレイヤード お昼寝マット付き ベビーサークル カトージ(KATOJI)

 

4位:20,000円(税込)

 ホワイト コンパクトヘッド
 

ベビーベッド Wオープン腰楽~ハイミニベッドDX-NEW ホワイト コンパクトヘッド ツーオープンタイプ【RCP】

 

5位:24,840円(税込)

 

ロング ベビーベッド キャスター付き
 
 

大和屋 そいねーるプラス ロング ベビーベッド キャスター付き

 

人気のベビーベッドを見てみると価格は様々のようで、1万円以内のあります。
どのベッドを購入するかにもよりますが、半年程度しか使わないのであればレンタルの方がお得、期間が長くなりそうなら購入を検討した方がお得だといえそうです。

また、自治体からベビーベッドを無料貸し出ししている地域があることをご存知でしょうか?もしかするとお住まいの地域で行われているかもしれません。ベビーベッドの無料貸し出しの取り組みが行われていないか調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

ベビーベッド卒業後はどうするの?

考える女性

ベビーベッドを使わなくなったら、その後はどうやって寝るのでしょう?

私自身は、以前まで家族3人、川の字で寝ていました。赤ちゃんがすぐ横にいるので、移動することなく授乳ができ、とても楽です。夫婦で赤ちゃんを挟むで、ベッドから落ちることもありません。狭いと感じたこともありますが、家族で並んで寝ていると、なんだか幸せな気持ちになれるのが良いと思います。

赤ちゃんの夜泣きがひどい場合や、仕事で疲れているパパがゆっくり休めるように、とパパは別室でママと2人で寝るという意見をよく聞きます。

パパの帰りが遅い場合や、大きくなった時に1人で寝られるように…と、子ども用の布団やベッドを買い直して寝かしつけるママさんもいますよ!

どの方法が正解というのはないと思うので、家庭の状況に応じて1番いい方法を探すようにすると良いのではないでしょうか?

 

赤ちゃんの気持ちを考えながらベビーベッドを選ぼう!

ベビーベッドの置いてある部屋

 

私自身、最初はベビー布団だけで過ごしていましたが、ベビーベッドを使うようになってから子どものお世話が楽になりました。購入かレンタルかも迷うところですが、赤ちゃんのことを思って選んだなら、きっと赤ちゃんは嬉しいのではないかなと思います。

ベビーベッドを上手に活用して、赤ちゃんと楽しく過ごしましょう!

 

▼smarby取り扱いのベビーベッドアイテムはこちら▼
ベビーベッドアイテム smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いのキッズベッド特集はこちら▼
キッズベッド特集♪インテリアに馴染むおしゃれなベッドで素敵な夢を☆

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事こちら▼

ベビー布団はいつまで必要?卒業後のケアまでご紹介します!

《折りたたみ可能なベビーベッド》が便利!おすすめ商品10選

双子用ベビーベッド…買う?レンタル?先輩パパママの意見まとめ

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami