ベビーカーは何歳まで?卒業後の赤ちゃんのケアはどうする?

メニュー

ご案内

ベビーカーは何歳まで?卒業後の赤ちゃんのケアはどうする?

DATE
2018-06-26
WRITER
yusuke

ベビーカーは赤ちゃんとのお出掛けにはとても便利なアイテムなので、頻繁に使っているというママも多いのではないでしょうか?

だけどベビーカーっていつまで使っていいの?卒業させるにはどうしたらいいの?なんて疑問も...

そんなベビーカーの卒業にまつわるアレコレについて実体験も交えてご説明します。

Contents

ベビーカーにはどのような種類があるの?

日本製のベビーカーは、「A型」と「B型」の種類に区分されています。これはメーカー独自のものではなく、「SG基準」という財団法人製品安全協会が定めた基準によって分けられます。

それぞれの特徴についてまとめたので、赤ちゃんの月齢や生活状況に合わせて選んでくださいね。

 

A型

対象年齢が生後1か月、もしくは首がすわった4か月から最長で48か月まで使うことができるベビーカーのことです。
A型の場合、リクライニングが150度以上(4か月からのものは130度以上)あることが定められています。

また、A型の場合、両対面型を採用しているものも多く、赤ちゃんの顔を見ながら使うことも、赤ちゃんが前を向いて使うこともできます。

このような機能が充実している分、一般的にA型の方が重く、サイズも大きめです。小さい赤ちゃんでも使えるように安全性を重視した作りになっています。最近ではA型の基準を満たしながら、より軽く、コンパクトな新A型というタイプも販売されるようになり、人気が高まっています。

赤ちゃんが小さい時から使いたい、お出掛けは車移動が多いという人にはこちらのタイプの方が人気です。

 

 

B型

安定してお座りができるようになる7か月から最長48か月まで使うことができるベビーカーのことです。

リクライニング機能が付いていなくても問題ないことになっています。リクライニング機能があるベビーカーも100度以上が規定です。軽量で、畳んだ時にかなりコンパクトになるので公共機関を多く使う、階段を使うという方にはこちらのタイプの方が便利です。

A型と比べて、お値段が安くなることが多いという点では、兄弟ができて2台目が必要になった人にも人気があります。

▼ベビーカーに関する詳しい記事はこちら▼
ベビーカーの選び方&おすすめ10選〜プレママさん必見♡〜

 

ベビーカーは何歳まで必要?

ベビーカーを何歳までに卒業しないといけないという明確な決まりはありません。ただ体重制限はあるので、そこに達してしまうまでには卒業させたいですね。現在販売されているベビーカーの多くが15㎏までという体重制限を設けています。

しかし一般的には1歳半から2歳頃には卒業する場合が多いようです。この頃には赤ちゃん自身がだいぶしっかりと歩けるようになるので、固定されてしまうベビーカーに座りたがらなくなる子もいます。

普段使わなくなっても大型のテーマパークや沢山ショッピングする予定がある時、子どもの具合が悪い時には使っているという人もいます。またママが妊婦の場合や下の子が幼くて抱っこしないといけない場合には比較的長く使うこともあります。

ベビーカーの卒業時期は年齢で決まるというよりは、「子どもの意思」と「ライフスタイル」が大きく関係します。

 

ベビーカーを卒業させるためには必要なアプローチは?

ベビーカーは抱っこせずに赤ちゃんを移動させることができるので、便利である一方、ある程度の年齢になると「甘やかしている」「違和感がある」などと周りからの目が気になるなんてこともあります。

お子さんの意思だけで卒業できるのが一番いいのですが、なかなか腰が上がらないお子さんも中にはいます。そんな時に卒業へお子さんの気持ちを持っていくにはどうしたらいいでしょうか。

効果的な方法の1つは、「歩くという行為を楽しませること」です。例えば、お気に入りのキャラクターの靴を買ってあげると、お子さん自ら歩きたがってくれるかもしれません。

またゲーム感覚で遊びながら歩いてだんだんと歩ける距離を延ばしていくなんて方法もおすすめです。

それでもなかなか歩きたがらないお子さんの場合、思う存分座らせてあげるという方法はいかがでしょうか?子どもは自分が満足するまで乗ったら、意外にすんなり卒業できたりします。

お子さんの性格に合わせて、徐々に卒業へ気持ちを向けてあげられると良いですね。

 

お子さんのベビーカーを卒業させた先輩ママさんの実体験

ここまでベビーカーを卒業させる方法や時期についてお話ししてきましたが、実際に先輩ママ達はどのように卒業させたのでしょうか?またいつまで使ったのでしょうか?

いくつか口コミをご紹介します!

やはり歩くことが好きなお子さんはすんなりと卒業できるようですね。子どもの意思でベビーカーを卒業できるので、ママさん達の理想ともいえるかもしれません。

 

お子さんが好きなキャラクターグッズは効果的です。傘の他にも靴やバックなど、歩かないと持てないようなアイテムにお気に入りのものを入れてあげると、子どもから歩いてくれるようになるかもしれません。

 

ずっとベビーカーで移動していた子ども達にとって、長い距離を歩くというのは大人が思うより大変なことです。最初は短い距離からかもしれませんが、歩いたことをたくさん褒めてあげましょう。そうすることでお子さんも誇らしい気持ちになり、だんだん歩く距離が長くなっていくはずです。

 

ベビーカーを降りて歩くようになるとあちこちに興味を持ち出し、ベビーカーに乗っていた時の方が楽!なんてこともあるかもしれません。それでも子どもの興味を引き出してあげることで成長したり、子どもにとっていい経験ができたりします。時間と心の余裕をもって対応してあげたいですね。

 

ベビーカーを卒業できると思ったけど、子どもの体調や気分によっては振り出しに戻ることも。子どもの成長には個人差があるので、そういう時は卒業の機会を少し先延ばしにしてみてもいいかもしれません。きっとお子さんに合った卒業の時期がくるはずです。

 

お子さんの意思とライフスタイルを考えてベビーカーを卒業させよう!

ベビーカーの卒業にまつわるお話しをしてきましたがいかがでしたか?いつまでもベビーカーに乗せたくないと卒業を考えるママもいれば、歩き回られては大変と歩ける月齢になってもベビーカーを使っているママもいます。

ある程度の年齢になってくると、ベビーカーを使うのは周りの目が気になってしまうという人も少なくないと思いますが、子どもの成長やライフスタイルは人それぞれです。

周りの意見も大事ですが、ベビーカーを使う時期は子どもの一生のうちの本当に短い時間です。お子さんの気持ちを最優先にベビーカーの卒業時期は決めてあげたいですね。

また、卒業した後は寄り道が増えたり、抱っこの時間が増えたり、ママ達の負担が大きくなってしまう時期もあると思いますが、これも成長の過程だと心と時間に余裕をもって行動してあげましょう。

 

▼smarby取り扱いのベビーカー用品はこちら▼
ベビーカー用品 smarby通販ページ

 

▼smarby取り扱いのベビーカーグッズ特集はこちら▼
ベビーカー背もたれクッション特集♪振動から赤ちゃんの頭をおしゃれに可愛く守ろう♡

 

▼smarbyよみものからのオススメ関連記事はこちら▼

ベビーカーはいつから使えばいいの?選び方のポイントもご紹介!

ベビーカー用レインカバーで雨の日も快適にお出かけ!おすすめ12選

ベビーカーアクセサリー&便利グッズがあれば、赤ちゃんは笑顔♪ママは楽!

mela-B(メラビー)のベビーカーシート♡可愛さと乗り心地はファーストクラス♪

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す